このキーワード
友達に教える
URLをコピー

日本テレビ放送網とは?

移動先: 案内検索
 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年1月)

日本テレビ放送網株式会社
Nippon Television Network Corporation

日本テレビタワー

種類
株式会社
【市場情報】
非上場

【略称】
日本テレビ、日テレ、NTV、AX
【本社所在地】
日本
105-7444
東京都港区東新橋1丁目6番1号
【設立】
2012年4月26日(日本テレビ分割準備株式会社・創業は1952年10月28日)
業種
情報・通信業
法人番号
3010401099553
【事業内容】
放送法による基幹放送事業及び一般放送事業、メディア事業、その他放送に関連する事業
【代表者】
代表取締役社長執行役員 大久保好男
【資本金】
60億円(2012年10月1日現在)
【売上高】
連結:3054億6000万円
単独:2648億2000万円
(2012年3月期)
【総資産】
連結:5432億2800万円
単独:5018億0400万円
(2012年3月期)
【従業員数】
1247人
(2017年4月1日現在)
【決算期】
3月31日
【主要株主】
日本テレビホールディングス(株) 100%
【関係する人物】
正力松太郎(創業者・初代社長)
氏家齊一郎(元社長・元会長)
【外部リンク】
www.ntv.co.jp

日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:Nippon Television Network Corporation)は、関東広域圏放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者である。1953年8月28日に日本国内で初めての民間放送テレビ局として開局した。

一般的には日本テレビ(にほんテレビ)または日テレ(にっテレ、Nittele)と呼ばれる。他に「NTV」(エヌティーヴィー)、コールサイン「JOAX-DTV(東京 25ch)からの「AX」(エーエックス、アックス)という略称もある。

リモコンキーIDは「4」。

スカパー!プレミアムサービスプラットフォームとして日テレジータスの放送を行う衛星一般放送事業者でもある。

なお、認定放送持株会社制移行のために、2012年10月1日に(旧)日本テレビ放送網株式会社(現日本テレビホールディングス株式会社・旧会社)から新設分割され、移管・放送免許を承継した(新)日本テレビ放送網株式会社(現行会社)が現業を行なっている。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 放送免許
    • 1.2 呼出符号(コールサイン)
    • 1.3 保有チャンネル
    • 1.4 ネットワーク
    • 1.5 呼称
  • 2 沿革
    • 2.1 1950年代
    • 2.2 1960年代
    • 2.3 1970年代
    • 2.4 1980年代
    • 2.5 1990年代
    • 2.6 2000年代
    • 2.7 2010年代
  • 3 歴史
    • 3.1 開局当日の番組編成(1953年8月28日)
    • 3.2 開局から1980年代まで
      • 3.2.1 「正力タワー」構想と対抗して計画された2案の「NHKタワー」
      • 3.2.2 正力逝去後の改革
    • 3.3 1990年代以降
  • 4 特徴
  • 5 本社・支社・支局
  • 6 スタジオ
    • 6.1 汐留・日本テレビタワー
    • 6.2 麹町分室
    • 6.3 新社屋・旧社屋の扱いについて
    • 6.4 生田スタジオ
  • 7 番組編成
    • 7.1 傾向
      • 7.1.1 ドラマ
      • 7.1.2 アニメ
    • 7.2 系列局の制作番組
  • 8 制作局
  • 9 情報カルチャー局・スポーツ局
  • 10 報道局
  • 11 役員・社員
    • 11.1 アナウンサー
  • 12 イベント
    • 12.1 総合イベント
    • 12.2 その他の主催イベント
  • 13 主な製作映画
  • 14 オープニング・クロージング
    • 14.1 アナログ放送
    • 14.2 デジタル放送
  • 15 歴代キャッチフレーズ
  • 16 主なグループ会社
    • 16.1 子会社
    • 16.2 関連会社
    • 16.3 出資会社
    • 16.4 財団法人
  • 17 スタジオ技術系協力会社
  • 18 送信所・中継局
    • 18.1 本送信所
    • 18.2 予備送信所
    • 18.3 主な中継局
  • 19 アナログ放送概要
  • 20 区域外再放送
  • 21 情報カメラ設置ポイント
  • 22 不祥事・事件・トラブル
  • 23 沖縄県に日本テレビ系列局が存在しない理由
  • 24 脚注
    • 24.1 注釈
    • 24.2 出典
  • 25 関連項目
  • 26 外部リンク

概要

【日本テレビ放送網】

【英名】
Nippon Television
Network Corporation

放送対象地域
関東広域圏
ニュース系列
NNNキー局
番組供給系列
NNS
【略称】
NTV
AX
愛称
日テレ、NTV
呼出符号
JOAX-DTV
呼出名称
にほんテレビ
デジタルテレビジョン
【開局日】
1953年8月28日
本社
〒105-7444
東京都港区東新橋1-6-1
北緯35度39分51.91秒
東経139度45分35.68秒
座標: 北緯35度39分51.91秒 東経139度45分35.68秒
演奏所
#スタジオを参照
リモコンキーID
4
デジタル親局 東京 25ch
アナログ親局 東京 4ch
ガイドチャンネル
4ch
【主なデジタル中継局】
#デジタル放送参照
【主なアナログ中継局】
#アナログ放送参照
【公式サイト】
日本テレビ
日本テレビ

【基本情報】

【略称(愛称)】
NTV、日テレ
【運営(番組供給)事業者】
日本テレビ放送網株式会社
【本社(本部)】
〒105-7444
東京都港区東新橋一丁目6番1号
【ジャンル】
地デジ難視対策衛星放送
【放送内容】
地上デジタル放送サイマル放送(マルチ編成の場合は主番組のみ)
【視聴料金】
無料
【衛星基幹放送(BSデジタル放送)】

【放送事業者】
社団法人デジタル放送推進協会
【チャンネル番号】
Ch.294
物理チャンネル
BS-17ch
【放送開始】
2010年3月11日
【放送終了】
2015年3月31日終了
公式サイト

特記事項:
地デジ難視対策衛星放送対象リスト(ホワイトリスト)に掲載された地区のみ視聴可能。

放送免許

  • 1952年07月31日 - テレビジョン放送予備免許取得(日本での取得第1号)。
  • 1953年08月27日 - テレビジョン放送本免許取得(日本での取得第2号)。
  • 1957年12月26日 - カラーテレビ実験局予備免許取得。
  • 1957年12月27日 - カラーテレビ実験局本免許取得。
  • 1960年09月02日 - カラーテレビ放送本免許取得。
  • 1978年09月28日 - 音声多重放送実用化試験局免許を取得。
  • 1980年02月09日 - 緊急警報放送用実験局免許を取得。
  • 1981年12月17日 - 音声多重放送本免許を取得。
  • 1983年09月07日 - テレビジョン同期放送実験局免許を取得。
  • 1985年11月29日 - 文字多重放送本免許を取得。
  • 1988年04月13日 - EDTV実験局免許を取得。
  • 1994年11月25日 - ハイビジョン実用化実験放送本免許を取得。
  • 1995年07月13日 - ワイドクリアビジョン放送本免許を取得。
  • 2003年12月01日 - 地上デジタルテレビジョン放送本免許を取得。

呼出符号(コールサイン)

詳細は「日本の放送局所の呼出符号#JO*X_2」を参照
  • 地上デジタルテレビジョン放送:JOAX-DTV にほんテレビデジタルテレビジョン
UHF25ch、周波数545.142857MHz/10kW
  • リモコンキーID - 4

※テレビジョン単営局に対する最初の予備免許であったため、「JO*X-TV」シリーズの中で“A”が与えられた。

保有チャンネル

関東広域圏における地上波放送以外に、以下のチャンネルを放送、供給している。

日テレジータス
自ら衛星一般放送事業者としてスカパー!プレミアムサービス(標準画質放送)で放送しているほか、ハイビジョンチャンネル(「日テレジータスHD」)はスカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者であるスカパー・ブロードキャスティングスカパー!放送事業者であるシーエス日本に供給。一部のケーブルテレビ局へのチャンネル供給も行い、各局においてサイマル放送を行っている。
日テレNEWS24
スカパー・ブロードキャスティング(スカパー!プレミアムサービス)、SCサテライト放送(スカパー!)、一部のケーブルテレビ局へのチャンネル供給を行い、各局においてサイマル放送を行なっている。
日テレプラス
チャンネル運営はシーエス日本が行う。スカパー!ではシーエス日本が自ら放送するほか、スカパー!プレミアムサービスにおけるハイビジョン放送ではスカパー・ブロードキャスティング、スカパー!プレミアムサービス(標準画質放送)の衛星一般放送事業者であるジャパンイメージコミュニケーションズ、一部のケーブルテレビ局へもそれぞれ供給している。

ネットワーク

日本テレビ系列のリモコンキーID地図

1966年4月1日にNNN(Nippon News Network)を、また1972年6月14日にNNS(Nippon television Network System)を形成し、各系列局とネットワークを結んでいる。現在NNN加盟局は30局、NNS加盟局は29局。日本テレビの報道取材地域には関東広域圏の他に沖縄県が含まれる(沖縄県にNNN系列局がないため)。

呼称

開局以来長年「4チャンネル」、「AX」、「NTV」などを略称として使用してきたが、1995年前後よりキャンペーンコピーに「日テレ」を使用し始める。2000年12月には、開局した系列のBS日本のチャンネル名称を「BS日テレ」とした。

2003年の放送開始50周年と汐留移転を契機にコーポレートロゴを「日テレ」とするなど、正式な略称・愛称として「日テレ」が採用された。なお、新聞テレビ情報誌番組表での表示は従来通り「日本テレビ」のままだが、デイリースポーツ東京版では「日テレ」(以前は「NTV」)、一部番組の動画配信や関連商品の版権表記では「NTV」として表記されている。

業界ではコールサインを由来とするCX(フジテレビ)、EX(テレビ朝日)、TX(テレビ東京)に合わせ「AX」と呼ぶこともある。これにちなんで、かつてはSHIBUYA-AX(シブヤ-アックス、2014年5月31日営業終了)というライブスペースを運営していた時期があり、『AX MUSIC-FACTORY』、『AX MUSIC-TV』という番組も放送していた。また、2010年には日本テレビタワーにミニライブハウス「汐留AX」(SHIODOME-AX)を設立した。また、グループ内の番組制作会社『日テレアックスオン』(略称:『AXON』)の社名にも「AX」が使われている。

登記上の社名は「にほん」ではなく「にっん」と読むのが正しい(これはNHKの場合と同様)。ただし呼出名称は「にほんテレビ(デジタルテレビジョン)」であり、アナウンサーも「にほんテレビ」と読むことが多く、局名告知においても全て「にほんテレビ」で統一されている。

沿革

1950年代

  • 1951年08月13日 カール・ムント上院議員が「日本全土に総合通信網を民間資本で建設する」と発表。
  • 1951年09月04日 正力松太郎、日本テレビ放送網設立構想を発表。
  • 1951年10月02日 日本テレビ放送網、テレビ放送免許を申請。
  • 1952年07月31日 NHKに先んじて、日本で最初のテレビ放送予備免許を取得。
  • 1952年10月15日 創立総会を開催し、正力松太郎を社長に選出。
  • 1952年10月28日 会社設立(資本金2億5千万円)。設立資金は正力からの要請を受けた池田勇人大蔵大臣が、財界人に声をかけ資金を調達した。
  • 1953年04月15日 資本金を5億円に増資。
  • 1953年08月17日 名古屋と大阪にテレビ局の免許を申請(後に却下)。
  • 1953年08月18日 街頭テレビ受像機を関東一円(都内29か所、周辺部13か所)に設置。
  • 1953年08月20日 試験電波を発射。
  • 1953年08月27日 テレビ放送本免許を取得。
  • 1953年08月28日 午前10時から「テストパターン」を流し、午前11時20分、『鳩の休日』の映像と共に民放初のテレビ局(地上アナログ)として本放送を開始(この日が開局記念日)。日本初のテレビ局としての開局を目指していたが、多くの機器を輸入に頼っていたため納入が間に合わず、NHKに先行された。日本で初めてとなるテレビCM(精工舎提供)を放送。
  • 1953年08月29日 プロ野球巨人 - 阪神戦(後楽園球場)を民放テレビ局として初中継。
  • 1953年08月31日 民放テレビ局として初のテレビドラマ『NTV劇場・私は約束を守った』放送。
  • 1953年09月04日 民放テレビ局として初の連続ドラマ『パック町を行く』放送開始。
  • 1953年10月27日 プロボクシング世界選手権白井義男 - テリー・アレン戦を中継。街頭テレビ熱高まる。
  • 1953年11月27日 民放テレビ局として初めて競馬中継(船橋競馬場)を行う。地方競馬としても初めてのテレビ中継となった。
  • 1954年02月19日 『力道山木村政彦シャープ兄弟プロレス実況』を放送(3日間)。以後力道山の人気はうなぎのぼりとなり、全国的なプロレス旋風が巻き起こる。
  • 1954年春 日本テレビの協力により、日本で初めてのテレビカー京成電鉄1600形1500形で運転開始。京成電鉄のテレビカー車内では日本テレビの番組を放映していた。
  • 1954年10月04日 ニュース番組『きょうの出来事』放送開始。
  • 1955年02月27日 第27回衆議院議員総選挙、日本テレビとして初の選挙開票速報を実施。
  • 1955年04月01日 資本金を7億5000万円に増資。
  • 1955年05月30日 プロボクシング世界選手権白井義男 - パスカル・ペレス戦を中継。視聴率96.1パーセントを記録。
  • 1955年11月28日 清水与七郎が社長に就任。
  • 1956年08月19日 午前6時30分、日本初のテレビ早朝放送を開始。画面に初めて時分テロップを入れる。
  • 1956年12月01日 中部日本放送(CBC、現在のCBCテレビ)、大阪テレビ放送(OTV、現在の朝日放送=ABC)が開局し、両社とネットワークを形成。
  • 1956年12月31日 精工舎(現・セイコーホールディングス)提供、同局をはじめ民放4社による共同制作の『ゆく年くる年』を放送。
  • 1957年03月17日 『ミユキ野球教室』放送開始(1990年03月終了)。
  • 1957年04月18日 カラーテレビ放送の免許を申請。
  • 1957年10月24日 - 10月27日 日本初のプロゴルフトーナメント試合テレビ実況生中継を行う。(カナダ・カップ 於:霞ヶ関カンツリー倶楽部)
  • 1957年12月27日 カラーテレビ実験局本免許を取得。
  • 1957年12月28日 カラーテレビ実験局開局(民放初)。
  • 1958年04月01日 資本金を10億円に増資。
  • 1958年08月28日 番組編成を日本テレビ主体に置いた系列局として、讀賣テレビ放送(YTV)、テレビ西日本(TNC)が開局。先に開局した西日本放送(RNC)も含め、日本テレビの全国ネットワーク体制のさきがけとなる。
  • 1958年10月01日 (株)レクリエーション・センターを合併し、資本金が12億円に。
  • 1958年12月 米RCA社からアンペックス方式の2インチVTRが導入され、単発ドラマシリーズ『雑草の歌』の一編で使用された。これが同局初のVTRドラマとなる。
  • 1958年 初のスタジオカラーカメラによる実験放送番組『手品教室』が始まる。
  • 1958年12月25日 東海テレビ放送(THK)が開局。中部日本放送から番組ネットワークを引き継ぐ。
  • 1959年03月28日 ネットワークニュース番組『日本テレニュース』スタート。
  • 1959年04月10日 皇太子明仁親王(今上天皇)結婚(成婚)。この日、39台のカメラを駆使してテレビ史上に語り継がれる大規模生中継を行う。その後、成婚当日の模様を同局でテレビカメラとは別に35mmカラーフィルムで撮影した物を、午後9時から特番『このよき日』でカラーで放送した。この番組の中では、日本初のカラーCMも放送された。
  • 1959年04月15日 日本初のカラーテレビドラマ『ヤシカゴールデン劇場・赤い陣羽織』放送。
  • 1959年09月15日 同局の株式がマスコミ業界としては初めて東京証券取引所に上場する。
  • 1959年10月24日 毎日放送(MBS)と日本シリーズ中継を共同制作する。
  • 1959年11月中旬 米RCA社から、日本で初めて2インチの放送用カラーVTRを購入する(値段は当時で約3千数百万円であった)。
  • 1959年12月03日 日本初のカラーVTR放送『ペリー・コモ・ショー』(Perry Como's Kraft Music Hall)(米NBCからダビングされたカラービデオテープを再生)放映。
  • 1959年12月03日 局内のスタジオにて、日本初のカラーVTRを使った収録を開始。
  • 1959年12月05日 2日前に、日本国内のスタジオにおける初のカラーVTR収録を行ったドキュメンタリードラマ番組『シャープクライマックス 人生はドラマだ』第9回「ダニエル建・井上」放送。

1960年代

  • 1960年06月 テレビ視聴率調査にニールセン方式を採用。
  • 1960年09月10日 カラーテレビ本放送開始(NHK、ラジオ東京(KRT)と共に東京地区では初)。当日、記念番組が4時間に渡って放送される。
  • 1961年01月08日 大相撲初場所で初のカラー中継放送を開始。
  • 1961年06月04日 『シャボン玉ホリデー』放送開始(1972年10月01日終了)。
  • 1962年 フランス国営放送(RTF)と番組交換協定締結。朝6時台から深夜12時まで切れ目のない全日放送体制が完成。
  • 1962年04月01日 名古屋放送(NBN、現在の名古屋テレビ放送)が開局。東海テレビ放送からネットワークを引き継ぐ。
  • 1963年01月21日 日本テレビ系列の最長寿ミニ番組キユーピー3分クッキング』放送開始。
  • 1963年11月22日 通信衛星リレー1号を利用して、日米間で初の白黒テレビの電送実験。放送中にケネディ大統領暗殺事件が発生し急遽別番組を編成。
  • 1964年09月30日 テレビ西日本がネットワークから離脱。これにより福岡地区の日本テレビ系番組の大半がRKB毎日放送に移動する(1969年03月31日まで)。
  • 1964年10月10日 東京オリンピック開催。これに関する自社制作におけるカラー放送を強化する。
  • 1964年 多摩丘陵よみうりランド内にカラー公開スタジオ「NTVスタジオ」が完成。
  • 1965年 パキスタンにテレビ受像機200台を寄贈。
  • 1965年11月08日『11PM』放送開始。
  • 1966年04月01日 NNN(Nippon News Network)発足。
  • 1966年05月15日 日本テレビ系列の最長寿バラエティー番組笑点』放送開始。
  • 1966年07月01日 ザ・ビートルズの日本武道館来日公演番組『ザ・ビートルズ日本公演』をカラーで独占中継(VTR録画)し、視聴率は56パーセントに達した。
  • 1966年 世界初、カラーのスポットコマーシャル(日立製作所提供)の放送が開始される。
  • 1967年07月21日 福井近夫が社長に就任。
  • 1967年 ニューヨーク支局を開設。アメリカ・NBC内に特設スタジオを設置し、衛星中継による海外ニュースを放送。
  • 1968年04月 新宿区に独自の送信所を兼ねた日本最大のテレビ塔建設を発表。(後に計画は中止に)
  • 1968年 西本館竣工。
  • 1968年09月30日 『お昼のワイドショー』放送開始。
  • 1969年04月01日 中京テレビ放送(CTV)、福岡放送(FBS)他全国各地に開局したアナログUHF局とネットワークを組む。福岡放送はRKB毎日放送からネットワークを引き継ぎ、4年半ぶりに福岡地区での日本テレビ系マストバイ局が復活した。
  • 1969年10月09日 当時の会長、正力松太郎が死去。
  • 1969年10月11日 大蔵省の指摘により粉飾決算が発覚。過去数年分の有価証券報告書を訂正。
  • 1969年12月01日 資本金を24億円に増資。
  • 1969年 コンピュータ導入(第1世代APM)で本格的な番組運行自動化を開始。

1970年代

  • 1970年01月04日 『NNNドキュメント』放送開始。
  • 1970年05月29日 小林與三次が社長に就任し、読売色が一層強まる。
    • この頃より対外的に使用する社旗を、青地に社章(「NTV」ロゴを丸で囲った物)を白く抜いた物より、読売新聞の社旗を模した上から緑・赤・青色の模様の旗に変更。
  • 1970年10月04日 日本テレビ系列の最長寿紀行番組遠くへ行きたい』の放送開始。
  • 1970年11月10日 同局の送信所を、麹町の本社社屋に隣接したテレビ塔から東京タワーに移行。
  • 1970年 那覇ワシントンモスクワソウルに各支局を開設。世界ネットを強化。
  • 1971年 全国高校サッカー選手権大会毎日新聞社に代わって主催し、独占中継権を得る。自社制作の番組のカラー化率がほぼ100パーセントに達する(日本の民放初)。
  • 1971年10月23日 日本テレビ系列の最長寿アニメ番組ルパン三世』シリーズ(『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』)放送開始。
  • 1972年06月14日 系列18社によるNNS(日本テレビネットワーク協議会)発足。当時のネット局・名古屋テレビ放送(NBN)と番組編成を巡って係争。この結果、12月に東海地区のテレビネットを中京テレビ放送(CTV)へ翌年04月01日付で一本化することに決定(CTV開局後もNBNと2局並列でクロスネット加盟=当時CTVはNET中心の編成=であった)。
  • 1972年05月23日 朝鮮中央放送委員会とテレビフィルムを定期交換する協定に調印
  • 1973年01月14日 ハワイで行われたエルビス・プレスリー・ショーを独占衛星生中継。
  • 1973年 アメリカのABCニュース社と、ニュース提供と衛星中継に関する契約を締結。
  • 1973年10月31日 日本テレビ系列愛の小鳩事業団設立。
  • 1973年12月20日 読売新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社の3社首脳間で日本テレビと東京放送(TBS)の新聞資本を統一する合意が成立。
  • 1974年 石油危機による電力節減のため、郵政省が民放各社に深夜の放送自粛を要請。在京5社の申し合わせで、1月07日から深夜0時30分で放送終了となる。
  • 1974年03月31日 開局以来の3社ニュースの放送が『読売新聞ニュース』に一本化される。
  • 1974年05月 読売新聞社は朝日新聞社と毎日新聞社が持つ全ての日本テレビ株式を購入。これで日本テレビは完全に読売グループの傘下に入る。
  • 1974年 小林社長、バチカンでローマ教皇パウロ6世から勲章を授与される。
  • 1974年12月01日 資本金を37億2500万円に増資。
  • 1975年 同局の「愛の小鳩事業団」が日本で初めての「手話スクール」を開講する。
  • 1975年 UHF局(テレビ神奈川)へのプロ野球リレーナイター供給を開始。
  • 1975年06月29日 『NNNドキュメント 明日をつかめ!貴くん〜4745日の記録』放送。翌年、日本のテレビ番組で初めて国際エミー賞を受賞。
  • 1975年10月08日・15日水曜ロードショー』にて、名作映画『風と共に去りぬ』がテレビで世界初放映される(8日が前編、15日が後編)。
  • 1976年11月25日 日本テレビ放送網文化事業団設立。「フランス美術賞展」などの美術展を開催。
  • 1977年03月20日 資本金を41億円に増資。
  • 1977年10月 視聴者参加型大型クイズ番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』スタート(以後1992年まで毎年1回行われた)。
1978年制定のシンボルマーク
  • 1978年01月 開局25周年に伴い、シンボルマーク(社章)を変更。(「NTV」ロゴを丸で囲った物から、日本テレビの『日』と地球をメルカトル図法的にデザイン化したものに。放送では1992年夏頃まで、社の封筒では2003年夏頃まで使用されていた〈1992年以降は「なんだろう」のマスコットと一緒に〉。電子化以前の株券に使用されていたが、現在は社債のみに使用されている。)
  • 1978年04月01日 無償新株式(1:0.1)発行。資本金が45億1000万円となる。
  • 1978年08月26日 『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』スタート(以後、毎年08月に行われる)。
  • 1978年08月26日 南本館竣工。
  • 1978年09月22日 テレビジョンの音声多重放送の実用化試験局の予備免許を取得。
  • 1978年09月28日 テレビジョンの音声多重放送の実用化試験局の本免許を、放送局として初めて取得。取得直後の午前10時01分、『ミセス&ミセス』の番組内で、世界初の音声多重放送実用化試験放送を開始。この日から、後楽園球場の巨人戦もステレオ放送になる(この日は対広島戦であった)。
  • 1979年02月 四番町別館竣工。
  • 1979年03月05日 日本テレビ系列の最長寿ニュース情報番組『ズームイン!!』シリーズ(『ズームイン!!朝!』)放送開始。
  • 1979年09月03日『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』第99話にて、テレビアニメ初のステレオ放送開始。
  • 1979年12月31日『欽ちゃんの仮装大賞』スタート。

1980年代

  • 1980年02月09日 緊急警報放送の実験放送を開始。
  • 1980年 VTRカメラが初めてエベレストに登る。この登山のドキュメンタリー番組『生と死に賭けた36時間・これがチョモランマだ!』が高い評価を呼び、文化庁芸術祭テレビドキュメンタリー部門で優秀賞を獲得。
  • 1982年06月29日 高木盛久が社長に就任。
  • 1982年10月 北本館竣工。麹町Gスタジオ、Kスタジオ等が完成。
  • 1982年12月 テレビ音声多重放送の本放送を開始。
  • 1983年08月28日 開局30周年を機に正力松太郎会長の遺訓の中から社訓・信条を制定。
  • 1983年09月07日 テレビジョン同期放送の実験放送を開始。
  • 1983年12月31日 『全国高等学校クイズ選手権』スタート(以後1985年まで毎年2回、1986年より毎年1回行われる)。
  • 1984年 民放業界最大の規模のコンピュータグラフィックスシステムを完成。参議院選挙、衆議院総選挙などの報道で稼動。
  • 1985年01月24日 資本金を70億8560万円に増資。
  • 1985年05月20日 無償新株式(1:0.1)発行。
  • 1985年11月29日 文字多重放送の本放送を開始。
  • 1985年 日本テレビニューヨークスタジオ開設、生放送スタート。
  • 1986年 日本テレビ初のミュージカル「アニー」スタート。
  • 1987年01月02日・3日 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)中継放送開始。
  • 1987年10月02日 『お昼のワイドショー』放送終了(後番組は『午後は○○おもいッきりテレビ』)。
  • 1987年10月05日 『ズームイン!!朝!』にて、SNGの実験運用を開始する。
  • 1987年10月 マイケル・ジャクソン横浜スタジアムでの来日公演を録画放送。
  • 1987年10月 ケーブルテレビ局へ日本テレビケーブルニュースの配信開始。
  • 1988年 クリアビジョン放送実験局免許取得。
  • 1988年05月05日 エベレスト(チョモランマ)山頂から世界初の生中継を実施し、成功。日本中にこの模様が中継された(開局35周年記念企画『チョモランマがそこにある!』)。
  • 1988年05月20日 無償新株式(1:0.04)発行。
  • 1988年10月03日 日本テレビ製作の長寿アニメ番組『それいけ!アンパンマン』放送開始。
  • 1989年06月29日 佐々木芳雄が社長に就任。
  • 1989年 バチカンにある ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/22 11:36

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「日本テレビ放送網」の意味を投稿しよう
「日本テレビ放送網」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

日本テレビ放送網スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日本テレビ放送網」のスレッドを作成する
日本テレビ放送網の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail