このキーワード
友達に教える
URLをコピー

日本ハンドボール選手権大会とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年12月)
【日本ハンドボール選手権大会】

【開始年】
1937
【主催】
日本ハンドボール協会
【参加チーム数】
男子16チーム
女子12チーム
【加盟国】
日本
【前回優勝】
男子:大崎電気(14回目)
女子:オムロン(19回目)
【最多優勝】
男子:大同特殊鋼, 湧永製薬, 大崎電気(14回)
女子:オムロン(19回)
【備考】
第66回までは全日本総合ハンドボール選手権大会

日本ハンドボール選手権大会(にほんハンドボールせんしゅけんたいかい)は、日本ハンドボール協会が主催するハンドボールの全国大会である。

目次

  • 1 概要
  • 2 出場枠
  • 3 歴史
  • 4 歴代決勝記録
    • 4.1 戦前
    • 4.2 戦後
  • 5 個人賞
  • 6 放送について
  • 7 脚注
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

概要

日本ハンドボールリーグを始めとする実業団・学生などが集い、男子16チーム、女子12チームが参加。F1レースのノックアウト方式を取り入れた選抜方法により日本一が決定される。大会名が変更された第67回大会からは男子24チーム、女子20チームに拡張される。

開催地は持ち回りで、男女合同開催となるが、年度によっては別日程・別会場となる場合もある。

開催方式はサッカーバレーボールバスケットボールなどで行われる全日本選手権大会に相当するオープントーナメントである。

出場枠

【区分】
【男子】
女子
日本ハンドボールリーグ | 全9チーム | 全9チーム
全日本学生ハンドボール選手権大会 | 2チーム | 2チーム
北海道ブロック | 1チーム | 1チーム
東北ブロック | 1チーム | 1チーム
関東ブロック | 3チーム | 2チーム
北信越ブロック | 1チーム | 1チーム
東海ブロック | 1チーム | 1チーム
近畿ブロック | 2チーム | 1チーム
中国ブロック | 1チーム | 1チーム
四国ブロック | 1チーム | 1チーム
九州ブロック | 2チーム | 2チーム
計 24チーム | 20チーム

歴史

1937年に「全日本選手権兼明治神宮体育大会」として第1回が東京体育研究所球技場で開催され、第4回(1942年)まで行われたが、戦争によって中断。戦後の1946年から日本ハンドボール協会が全国大会の開催を希望していたが、国内情勢・地方協会の復興状況に問題があったことや、ハンドボールが国民体育大会(国体)の種目に採用されたこともあり、開催は見送られていた。

1950年2月に「第1回全日本総合選手権」が愛知県一宮市で開催。同年10月に一宮市で国体が行われることや、東京に専用グラウンドがないこと、大阪府は同年8月に全国高校選手権の開催地だったことから、一宮市が開催地に選ばれた。

1950年12月に行われた第2回大会から国際ハンドボール連盟(IHF)が規定した新ルール(1947年改正)を適用し、オフサイド・ラインが全廃された。同大会の女子は全山梨と東京オールド・ガールズクラブ(東京OG)の2チームのみの参加となった。当時の女子ハンドボールは高校・高等女学校卒業後にクラブチームへ加入する選手は少なく、日本ハンドボール協会も「男子部門の充実」を議題としていたため、1952年の第4回大会では参加チームがおらず、男子のみ開催された。

1953年の第5回大会から女子が復活し、7チームが参加。1954年の第6回大会から翌年の国体開催地で行うことが決まった。第6回女子で優勝した半田高校の主力5人が高校卒業後に愛知紡績へ入社し、女子6連覇を達成することとなる。

1957年の第9回大会からゴールエリアやフリースローラインなどの長さが変更され、35メートルラインを設定。女子は11人制を廃止し、7人制一本化となった。

1958年の第10回大会では、男子に初の実業団(住友化学菊本、宇部曹達)が参加。

1971年の第23回大会から国体開催地での実施が廃止され、東京体育館で実施することが決まり、開催時期も冬季開催へ変更。またトーナメント方式から、予選トーナメント・決勝リーグによって優勝を決める方式となった。

1976年の第28回大会からトーナメント方式(ノックアウト方式)が復活。

2015年の第67回より現大会名の「日本ハンドボール選手権大会」に改名。

歴代決勝記録

戦前

【回】
【年】
【男子】
女子
【開催地】
【優勝】
【決勝】
【準優勝】
【開催地】
【優勝】
【決勝】
準優勝
1 | 1937 | 東京 | 大塚倶楽部 | 6-4 | 日体 | -
2 | 1938 | 東京 | 日体 | 17-9 | 明治大学 | -
3 | 1940 | 東京 | 日体 | 13-5 | 慶應義塾大学 | 東京 | 倉敷高等女学校 | 3-2 | 梅花高等女学校
4 | 1942 | 東京 | 日体倶楽部 | 7-1 | 慶應義塾大学 | 東京 | 倉敷高等女学校 | 3-2 | 津山高等女学校

戦後

【回】
【年】
【男子】
女子
【開催地】
【優勝】
【決勝】
【準優勝】
【開催地】
【優勝】
【決勝】
準優勝
1 | 1950 | 一宮市 | 日体桜 | 6-5 | 全文理大学 | 一宮市 | 愛知クラブ | 4-2 | 山梨師範クラブ
2 | 1950 | 東京 | スワロー松 | 6-2 | 全教育大学 | 東京 | 全山梨 | 2-2
3-2
(再試合) | 東京オールド・ガールズクラブ
3 | 1951 | 小松市 | スワロークラブ | 10-5 | 全教育大学 | 小松市 | 東京芙蓉クラブ | 3-2 | 全山梨
4 | 1952 | 東京 | セントポールA | 14-11 | スワロークラブ | (休会)
5 | 1953 | 富士吉田市 | 全日本体育大学 | 9-6 | 大阪クラブ | 富士吉田市 | 全静岡城北高校 | 7-3 | 全山梨
6 | 1954 | 平塚市 | 全日本体育大学 | 9-6 | 全早稲田大学 | 平塚市 | 全静岡城北高校 | 9-2 | 水海道二高校
7 | 1955 | 明石市 | 西日本日体OB | 11-7 | 教大A | 明石市 | 水海道二高校 | 8-7 | 半田高校
8 | 1956 | 清水市 | 全日本体育大学 | 14-7 | 西日本日体OB | 清水市 | 半田高校 | 9-6 | 全静岡城北高校
9 | 1957 | 氷見市 | 全日本体育大学 | 11-10 | 西日本日体OB | 氷見市 | 愛知紡績 | 10-3 | 日本体育大学
10 | 1958 | 下関市 | 全日本体育大学 | 19-17 | 桜丘会 | 下関市 | 愛知紡績 | 11-3 | 明善クラブ
11 | 1959 | 水俣市 | 芝浦工業大学 | 18-15 | 全日本体育大学 | 水俣市 | 愛知紡績 | 8-7 | 熊本クラブ
12 | 1960 | 大仙市 | 芝浦工業大学 | 13-10 | 大崎電気 | 湯沢市 | 愛知紡績 | 10-5 | 日本体育大学
13 | 1961 | 倉敷市 | 芝浦工業大学 | 17-14 | 大崎電気 | 倉敷市 | 愛知紡績 | 8-6 | 大洋デパート
14 | 1962 | 下松市 | 大崎電気 | 17-11 | 全日本体育大学 | 徳山市 | 愛知紡績 | 6-4 | 大洋デパート
15 | 1963 | 柏崎市 | 立教大学 | 18-17
(延長) | 全日本体育大学 | 柏崎市 | 大洋デパート | 9-8 | 大崎電気
16 | 1964 | 高山市 | 大崎電気 | 15-13 | 全立教大学 | 高山市 | 大崎電気 | 11-4 | 愛知紡績
17 | 1965 | 大分市 | 大崎電気 | 23-11 | 芝浦工業大学 | 大分市 | 大洋デパート | 13-6 | 愛知紡績
18 | 1966 | 浦和市 | 全立教大学 | 21-14 | 芝浦工業大学 | 浦和市 | 大崎電気 | 12-4 | 大洋デパート
19 | 1967 | 福井市 | 大崎電気 | 20-13 | 全立教大学 | 福井市 | 田村紡績 | 7-5 | 大崎電気
20 | 1968 | 長崎市 | 全立教大学 | 23-14 | 大崎電気 | 長崎市 | 大洋デパート | 12-10 | 三菱鉛筆
21 | 1969 | 盛岡市 | 全立教大学 | 18-14 | 大崎電気 | 盛岡市 | 大洋デパート | 13-3 | 大崎電気
22 | 1970 | 打田町 | 大崎電気 | 14-12 | 湧永薬品 | 打田町 | 大洋デパート | 11-4 | 大崎電気
23 | 1971 | 東京 | 大崎電気 |  | 湧永薬品 | 東京 | 日本ビクター |  | ブラザー工業
24 | 1972 | 東京 | 湧永薬品 |  | 大崎電気 | 東京 | 東京重機工業 |  | 大洋デパート
25 | 1973 | 東京 | 大同製鋼 |  | 湧永薬品 | 東京 | 日本ビクター |  | 田村紡績
26 | 1974 | 東京 | 大同製鋼 |  | 三景 | 東京 | 東京重機工業 |  | 日本ビクター
27 | 1975 | 東京 | 大同製鋼 |  | 湧永薬品 | 東京 | 日本ビクター |  | 立石電機
28 | 1976 | 東京 | 湧永薬品 | 17-13 | 大同特殊鋼 | 東京 | 立石電機 | 11-10 | 日本ビクター
29 | 1977 | 東京 | 大同特殊鋼 | 15-10 | 湧永薬品 | 東京 | 日本ビクター | 8-7 | 立石電機
30 | 1978 | 東京 | 大同特殊鋼 | 21-19 | 湧永薬品 | 東京 | ブラザー工業 | 10-9 | 日本ビクター
31 | 1979 | 東京 | 湧永薬品 | 19-14 | 大同特殊鋼 | 東京 | 日本ビクター | 16-13 | ジャスコ
32 | 1980 | 東京 | 湧永薬品 | 20-14 | 大同特殊鋼 | 東京 | ジャスコ | 20-15 | 日本ビクター
33 | 1981 | 東京 | 湧永薬品 | 19-14 | 大同特殊鋼 | 東京 | ジャスコ | 27-24 | 大崎電気
34 | 1982 | 東京 | 湧永薬品 | 16-13 | 大同特殊鋼 | 東京 | 立石電機 | 16-12 | 大崎電気
35 | 1983 | 東京 | 湧永薬品 | 18-14 | 大同特殊鋼 | 東京 | 大崎電気 | 23-21 | 立石電機
36 | 1984 | 東京 | 湧永薬品 | 30-19 | 大崎電気 | 東京 | 日立栃木 | 21-20 | 立石電機
37 | 1985 | 東京 | 湧永薬品 | 26-19 | 大崎電気 | 東京 | 立石電機山鹿 | 22-18 | ジャスコ
38 | 1986 | 東京 | 本田技研鈴鹿 | 24-21 | 湧永製薬 | 東京 | 東京女子体育大学 | 29-22 | シャトレーゼ
39 | 1987 | 東京 | 湧永製薬 | 18-17 | 本田技研鈴鹿 | 東京 | 大崎電気 | 27-25 | 日立栃木
40 | 1988 | 東京 | 大崎電気 | 21-18 | 湧永製薬 | 東京 | 大崎電気 | 21-20 | 立石電機山鹿
41 | 1989 | 東京 | 大崎電気 | 22-20 | 湧永製薬 | 東京 | 大崎電気 | 35-24 | 大和銀行
42 | 1990 | 東京 | 湧永製薬 | 33-31
(延長) | 大崎電気 | 東京 | 大崎電気 | 18-17 | シャトレーゼ
43 | 1991 | 東京 | 日新製鋼 | 28-26 | 大同特殊鋼 | 東京 | 北國銀行 | 35-26 | 大崎電気
44 | 1992 | 東京 | 日新製鋼 | 28-24 | 大同特殊鋼 | 東京 | オムロン | 26-17 | 大和銀行
45 | 1993 | 名古屋市 | 大同特殊鋼 | 20-19 | 本田技研 | 名古屋市 | 北國銀行 | 27-26
(延長) | シャトレーゼ
46 | 1994 | 東京 | 大同特殊鋼 | 26-25 | 中村荷役 | 東京 | オムロン | 21-19 | 北國銀行
47 | 1995 | 東京 | 中村荷役 | 26-19 | 大同特殊鋼 | 神戸市 | オムロン | 34-28 | 大崎電気
48 | 1996 | 東京 | 中村荷役 | 25-22 | 大同特殊鋼 | 東京 | オムロン | 17-16 | 日立栃木
49 | 1997 | 東京 | 中村荷役 | 23-20 | 湧永製薬 | 神戸市 | イズミ | 37-31 | 大崎電気
50 | 1998 | 神戸市 | 本田技研 | 28-24 | 湧永製薬 | 神戸市 | オムロン | 27-11 | 日立栃木
51 | 1999 | 名古屋市 | 大同特殊鋼 | 26-24 | 本田技研 | 横浜市 | イズミ | 34-28 | 立山アルミ
52 | 2000 | 広島市 | 大同特殊鋼 | 24-23
(延長) | 本田技研 | 広島市 | イズミ | 25-24 | オムロン
53 | 2001 | 東京 | 大同特殊鋼 | 22-21 | ホンダ | 千葉市 | 広島メイプルレッズ | 29-23 | オムロン
54 | 2002 | 名古屋市 | ホンダ | 34-29 | 湧永製薬 | 名古屋市 | 広島メイプルレッズ | 35-28 | オムロン
55 | 2003 | 広島市 | 湧永製薬 | 29-24 | ホンダ | 広島市 | 広島メイプルレッズ | 27-16 | シャトレーゼ
56 | 2004 | 大阪市 | 湧永製薬 | 28-26
(延長) | 大崎電気 | 大阪市 | 広島メイプルレッズ | 25-23 | オムロン
57 | 2005 | 福井市 | 大崎電気 | 38-32 | 大同特殊鋼 | 福井市 | オムロン | 35-23 | 広島メイプルレッズ
58 | 2006 | 名古屋市 | 大同特殊鋼 | 39-34 | 大崎電気 | 名古屋市 | オムロン | 33-23 | ソニーセミコンダクタ九州
59 | 2007 | 東京 | 大同特殊鋼 | 35-28 | 大崎電気 | 東京 | オムロン | 35-27 | 広島メイプルレッズ
60 | 2008 | 金沢市 | 大同特殊鋼 | 38-26 | 大崎電気 | 金沢市 | オムロン | 25-24 | 北國銀行
61 | 2009 | 東京 | 大同特殊鋼 | 26-25 | 湧永製薬 | 高松市 | オムロン | 20-19 | 北國銀行
62 | 2010 | 広島市 | 大崎電気 | 36-29 | トヨタ車体 | 広島市 | ソニーセミコンダクタ九州 | 27-25
(延長) | オムロン
63 | 2011 | 横浜市 | トヨタ車体 | 32-29 | 大同特殊鋼 | 横浜市 | オムロン | 29-20 | ソニーセミコンダクタ九州
64 | 2012 | 大阪市 | 湧永製薬 | 28-23 | トヨタ車体 | 大阪市 | オムロン | 20-19 | 北國銀行
65 | 2013 | 名古屋市 | 大崎電気 | 32-24 | 大同特殊鋼 | 名古屋市 | オムロン | 29-25 | 北國銀行
66 | 2014 | 名古屋市 | 大崎電気 | 36-21 | 大同特殊鋼 | 名古屋市 | オムロン | 25-23
(延長) | 北國銀行
67 | 2015 | 名古屋市 | トヨタ車体 | 26-25 | 大同特殊鋼 | 名古屋市 | 北國銀行 | 24-21 | オムロン
68 | 2016 | 東京 | 大崎電気 | 31-30
(延長) | トヨタ車体 | 東京 | オムロン | 28-25
(延長) | 北國銀行
69 | 2017 | 大阪市 | 大崎電気 | 31-30
(延長) | トヨタ車体 | 大阪市 | オムロン | 20-19 | 北國銀行
70 | 2018 | 山鹿市 |  | - |  | 大阪市 |  | - | 

個人賞

回 年度 男子 女子
【最優秀選手賞】
【最優秀監督賞】
【優秀選手賞】
【最優秀選手賞】
【最優秀監督賞】
優秀選手賞
48 | 1996年 |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/18 14:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「日本ハンドボール選手…」の意味を投稿しよう
「日本ハンドボール選手権大会」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

日本ハンドボール選手権大会スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日本ハンドボール選手権大会」のスレッドを作成する
日本ハンドボール選手権大会の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail