このキーワード
友達に教える
URLをコピー

日米関係とは?

この項目「日米関係」は途中まで翻訳されたものです。(原文:Japan–United States relations at 02:25, 15 July 2012 UTC)
翻訳作業に協力して下さる方を求めています。ノートページ履歴、翻訳のガイドラインも参照してください。要約欄への翻訳情報の記入をお忘れなく。(2012年7月)
日米関係

 | 

日本
アメリカ合衆国
アメリカ合衆国大統領(当時)であるバラク・オバマ(左)と日本国天皇である明仁(右)

日米関係(にちべいかんけい)では、日本国アメリカ合衆国の二国間関係について述べる。

日本とアメリカ合衆国はアメリカ合衆国の非常に強力な主導の下に政治的関係を築いている。

目次

  • 1 両国の比較
  • 2 歴史的背景
    • 2.1 最初期の交流
    • 2.2 初期のアメリカ人の日本への探検
    • 2.3 マシュー・ペリー提督
      • 2.3.1 1852年から1853年にかけての最初の訪問
      • 2.3.2 1854年の二度目の訪問
    • 2.4 第二次世界大戦まで
      • 2.4.1 万延元年遣米使節
      • 2.4.2 1865(元治元・慶応元)年から1914(大正3)年にかけて
      • 2.4.3 第一次世界大戦と1920年代
      • 2.4.4 大恐慌のあいだ
    • 2.5 第二次世界大戦
    • 2.6 第二次世界大戦後
      • 2.6.1 占領期
      • 2.6.2 1950年代:被占領後
      • 2.6.3 1960年代:安全保障条約と領土の返還
      • 2.6.4 1970年代:インドシナ戦争と中東危機
      • 2.6.5 1980年代:タカ派の台頭
      • 2.6.6 1990年代:冷戦後
      • 2.6.7 新しいミレニアム:新たな安全保障関係へ
  • 3 経済的関係
    • 3.1 貿易額
    • 3.2 貿易摩擦
    • 3.3 半導体産業における摩擦
    • 3.4 日米構造協議
    • 3.5 直接投資
  • 4 軍事的関係
    • 4.1 南西諸島
    • 4.2 合同軍事演習
  • 5 日米同盟
  • 6 脚注
    • 6.1 注釈
    • 6.2 出典
  • 7 参考文献

両国の比較

2017年 日本 アメリカ合衆国
人口 | 126,490,000人 | 327,830,000人
面積 | 377,873 km (145,883 sq mi) | 9,826,630 km (3,794,066 sq mi)
人口密度 | 337.6人/km (874.4/sq mi) | 31人/km (80/sq mi)
首都 | 東京(事実上) | ワシントンD.C.
最大都市 | 東京 – 人口 9,273,000人 (都市圏人口は36,312,851人) | ニューヨーク – 人口 8,535,000人 (都市圏人口は23,362,099人)
政体 | 単一 議院内閣制 立憲君主制国家 | 連邦 大統領制 立憲共和制国家
公用語 | 指定なし (事実上、日本語を用いる) | 連邦レベルでは指定なし (事実上、英語を用いる)
GDP (名目) | 4,872,135米ドル (国民一人当たり38,440米ドル) | 19,390,600米ドル (国民一人当たり59,501米ドル)
軍事費 | 488億6000万米ドル (2008年度) | 6637億米ドル (2010年度)

歴史的背景

詳細は「日米関係史」を参照
幕末の砲艦外交」も参照

最初期の交流

支倉常長は日本人初の外交官として北アメリカに送られ、1614年にたどり着いた。

北米から日本への間接的な交易は17世紀初頭の南蛮貿易の頃に始まった。しかし、日本と後にアメリカ合衆国となったヨーロッパの北米植民地との間には直接の接触はなく、交易は支配国(宗主国)であるスペインポルトガルを介して行われた。

ヌエバ・エスパーニャ(後のメキシコ)から出航した数隻のスペイン船は日本との接点を築き、クリストファーとコスマスのような日本人の船員は、スペインのガレオン船によって1587年にはアメリカ大陸にたどり着いていたことで知られている。1610年田中勝介は20人の日本の使節団の一員として、ウィリアム・アダムスが建造し徳川家康により貸し出されたサン・ブエナ・ベントゥーラ号によるドン・ロドリゴの帰郷に同行し、後にアメリカによって併合された領域を含むヌエバ・エスパーニャへと渡った。翌1611年には田中勝介らとともにセバスティアン・ビスカイノが答礼使として日本を訪れ、現在のアメリカの州であるカリフォルニアと公式な関係を築くことを提案した。

1613年仙台藩がセバスティアン・ビスカイノの協力を得て建造したサン・ファン・バウティスタ号によってカリフォルニアのメンドシーノ岬にたどり着いた支倉常長慶長遣欧使節はヌエバ・エスパーニャ副王によって歓待され、1614年アカプルコからメキシコシティを経て、ヌエバ・エスパーニャ大西洋岸のサン・フアン・デ・ウルアを出航しヨーロッパへと向かった。しかし、1650年に江戸幕府鎖国令を施行し、日本におけるほぼ全ての海外貿易は終焉を迎えた。オランダ人と琉球人、朝鮮人、中国人のみが日本国内に入国することが許可され、それも限られた人数のみだった。18世紀後半にアメリカが独立を成し遂げたとき、両国の間には何の交流もなかった。19世紀初頭を通じて、アメリカとヨーロッパ諸国は日本に対し外交政策を見直し、開国するよう軍事力で恫喝する事を試みた。

初期のアメリカ人の日本への探検

1846年、江戸湾でのジェームズ・ビドル戦列艦コロンバスとそのアメリカ人乗組員

マシュー・ペリー提督

1852年から1853年にかけての最初の訪問

詳細は「黒船来航」を参照
1854年、マシュー・ペリーの第二次日本訪問のための艦隊

1852年11月マシュー・ペリー提督はアメリカ政府全権代表として日本と通商条約について交渉するため、艦隊を率いてバージニア州ノーフォークを出発した。

1853年7月8日、彼は黒い蒸気フリゲートであるミシシッピプリマスサラトガサスケハナを江戸(現在の東京都区部)の近距離にある浦賀(現在の神奈川県横須賀市東部)に停泊させ、江戸幕府(徳川政権)の代表と会見をした。

日本全権代表として臨んだ徳川幕府側は鎖国令でオランダ人との制限貿易を許可していた長崎に出向くことを勧めた。ペリーは出発を拒否し、もし拒否した場合、軍事力を行使することもちらつかせながら、ミラード・フィルモア大統領の親書を渡すことを要求した。日本は数世紀にわたって近代技術を排斥しており、日本の軍事力ではペリーの艦隊に歯が立たなかった。

これらの「黒船」はのちに日本において「西洋科学技術の脅威」と「植民地主義の象徴」となった。

日本政府(当時は江戸幕府)はペリーの艦隊による砲撃を回避するためには来航を容認し受け入れざるを得なかった。1853年7月14日、ペリーは久里浜(現在の横須賀近郊)に移り使節団に親書を渡し、彼の艦隊は朝の中国に向かい出発した。ペリーは返答するために再訪日することを約束した。 ※ 訳です

1854年の二度目の訪問

詳細は「日米和親条約」を参照

1854年3月、今度はより多くの船とともにペリーは再訪日してきた。

ペリーは使節団がフィルモアの親書において要求していたことを事実上すべて満たす具体的な条約を用意していたことに気付いた。

1854年3月31日、ペリーはアメリカ政府全権代表として神奈川条約に署名し、合意は天皇(当時、孝明天皇)の代理人と交わされたと誤解していたが、日本を出発した。

第二次世界大戦まで

万延元年遣米使節

1860年代、日本の初めてのスクリュー式戦艦咸臨丸は使節団を載せてサンフランシスコに派遣された。
万延元年遣米使節の一行。右端は福沢諭吉。
万延元年遣米使節
詳細は「万延元年遣米使節」を参照

7年後、江戸幕府はある使命を帯びさせ、アメリカへ向けて咸臨丸を派遣させた。それは日本が西洋流の航海および造船技術を習得したことを世界に示すためだった。

1860年1月19日、咸臨丸はサンフランシスコに向かい浦賀水道を出発した。使節団の中には船長の勝海舟中濱万次郎福澤諭吉などが含まれていた。

使節団はアメリカの船に乗りパナマを経由して首都ワシントンに向かった。

使節団の公的な目標は「今までで初めての日本の大使をアメリカに派遣すること」で、また「両国政府間で新しい修好通商条約を批准すること」にあった。使節団はまた、ペリーが締結した条約の条項のうち、不平等である(アメリカには有利でも日本にとっては不利になる)条項を修正しようとしたが、失敗に終わった。

最初の駐日アメリカ合衆国大使タウンゼント・ハリスだった。

二代目の大使はウィリアム・ヘンリー・スワードの政治的盟友で親しい友人であったロバート・H・プルインで、1862年から1865年まで務めた。彼は1842年から1852年までと1854年にオールバニ郡からニューヨーク州議会の議員に選出されたホイッグ党の党員であり、1850年から1854年まで州議会議長を務めた。当時国務長官であったスワードの個人的な求めにより、エイブラハム・リンカーン大統領は彼を日本担当の大使に任命し、彼はその職を1865年まで務め、その後ニューヨーク州へと戻った。日米関係が築かれたのはペリー提督が訪問した1852年から1854年からのことに過ぎない。

プルインが成し遂げた最も優れた業績は、下関戦争後の交渉を上手くまとめたことだった。彼は将軍との取引で高い成功を収めたと考えられている。彼はまた、座礁した船に乗っていた日本人の船員を本国に送還することの合意にも署名した。

1865(元治元・慶応元)年から1914(大正3)年にかけて

1867年(慶応2年・慶応3年)の明治維新の後、アメリカはお雇い外国人などを通じて、日本の経済及び軍事の近代化(殖産興業富国強兵)の手助けをした。明治憲法は部分的にアメリカ合衆国憲法の影響を受けている。

安政五カ国条約の一つとして結んだ日米修好通商条約に代わり、陸奥宗光外相の成果により(第2次伊藤内閣伊藤博文首相)の1894年(明治27年)11月22日栗野慎一郎駐米公使とウォルター・グレシャム国務長官のあいだで「旧日米通商航海条約」が調印され、5年後の1899年(明治32年)7月17日に効力が発生した。陸奥外相時代に締結されたため、日本が他の国と締結した通商航海条約とともに「陸奥条約」と通称される。これによって日本・アメリカ間で、両国の通商航海の自由と内国民待遇が原則となり、アメリカが日本に対し保有していた領事裁判権が撤廃され、日本は関税自主権の一部回復も果たした。ただし、この条約にあっても、その第2条においてアメリカは日本人移民入国旅行居住に対して差別的立法をなしうる規定を有した。

日露戦争中の1905年(明治38年)7月29日に、内閣総理大臣兼臨時外務大臣であった桂太郎と、フィリピン訪問の途中に来日したアメリカ合衆国特使であったウィリアム・タフト陸軍長官(のち第27代大統領)との間で「桂・タフト協定」が交わされた。この協定により、アメリカは日本による韓国併合を承認し、当時の大韓帝国における日本の支配権を確認し、日本はアメリカのフィリピンにおける支配権を確認した。列強が勢力を模索する時代の中で、日米両国の首脳が相手国の権利を相互に承認し合った協定といわれ、その後の日米関係を円滑にするものであった。また、1902年(明治35年)の日英同盟を踏まえたもので、イギリスを含めた日英米の三国による東アジア安全保障について意見が交換された。

日露戦争下、セオドア・ルーズベルト米大統領は日本海海戦の後に小村寿太郎外相から要請を受け、1905年(明治38年)6月6日に日本・ロシア帝国両国に対し講和勧告を行い、ロシア側は12日に公式に勧告を受諾した。ルーズベルト米大統領の仲介により講和交渉のテーブルに着いた両国は、同年8月10日からアメリカ・ニューハンプシャー州ポーツマス近郊で終戦交渉に臨み、1905年(明治38年)9月5日に締結、同年11月25日に発効されたポーツマス条約により講和がなされ、戦争は日本の勝利に終わった。

1908年(明治41年)11月30日アメリカ合衆国国務長官エリフ・ルートと、日本高平小五郎駐米大使の間で行われた交渉を経て、「高平・ルート協定」が調印された。

陸奥条約(旧日米通商航海条約)は、12年後の1911年(明治44年)7月16日が満期日にあたっており、1909年(明治42年)8月、第2次桂内閣(桂太郎首相)はそれに向けて条約完全改正の方針を閣議決定した。1910年(明治43年)には桂内閣の外務大臣小村壽太郎が条約の規定にしたがって、満期日の1年前にあたることからアメリカも含めて13か国に廃棄通告を施行した。

この不平等条約改正のための日米間交渉は1910年(明治43年)4月から実施された。日露戦争の勝利により日本の国際的地位は格段に向上しており、日本における立憲政治の充実が海外にも認知され、日本の法体系への不信感も希薄化していたため、対米交渉は比較的順調に進行した。首相桂太郎も、専任の大蔵大臣を設置せず、これを首相兼任として小村の条約改正を自ら全面的にバックアップした。

1911年(明治44年)2月21日、アメリカ首都ワシントンD.C.で日本の内田康哉駐米大使とフィランダー・C・ノックスアメリカ合衆国国務長官のあいだで新しい「日米通商航海条約」が調印された。陸奥外相時代の旧通商航海条約には日本人移民をアメリカ政府が国内法で制約できる留保条項が設置されていたが、日本人移民はアメリカによるハワイ併合後の1900年(明治33年)以降さらに顕著に増加しており、日本政府は移民に対する差別的法律が合衆国内で制定されるのを回避するため、1907年(明治40年)および1908年(明治41年)に日米紳士協約(en)を締結し、自主的に移民を制限した。しかし、移民問題は解決されなかったので、日本政府は日本人労働者のアメリカ移住に関し過去3年間実施してきた移民の制限と取締りを今後も維持することをアメリカ側に宣言し、旧条約の失効と同時に発効する新しい通商航海条約を結び、従前の留保条項を削除したうえで関税自主権を完全に回復することに成功した。アメリカ上院議会は新条約の批准にあたり、1907年(明治40年)の日本人移民ハワイからアメリカ合衆国本土への転航禁止令の有効性について日本側に確認を求めたが、日本はそれに同意した。

新条約は1911年(明治44年)4月4日に発効し、日本はアメリカに対して関税自主権の回復を伴う改正通商航海条約を締結し、税権の回復を達成し、外交上アメリカとも完全に対等の立場に立つこととなった。しかし、アメリカは1924年(大正13年)、ジョンソン=リード法(通称「排日移民法」)により紳士協約を一方的に廃棄している。

1912年(明治45年・大正元年)、日本の人々は「日米友好の証」として、3020本の桜の木をアメリカに贈呈した。アメリカ合衆国のファーストレディであったヘレン・ヘロン・タフト大統領夫人(Helen Herron Taft)と当時駐米日本大使であった珍田捨巳伯爵の夫人は二本の桜の木をタイダルベイスンの北岸に植樹した。これらの二本の木は現在でも17番街の南端にあるジョン・ポール・ジョーンズ像の近くにある。労働者は残りの木をタイダルベイスンと東ポトマック公園の周辺に植樹した。

第一次世界大戦と1920年代

 | 
この節の加筆が望まれています。 (2009年6月)

第一次世界大戦最中の1917年(大正6年)11月2日ワシントンD.C.日本特命全権大使石井菊次郎アメリカ合衆国国務長官ロバート・ランシングとの間で「石井・ランシング協定」が締結された。これは、中国での特殊権益に関する協定で、公文による共同宣言という形式になった。ワシントン体制への道に通じた日本による対米協調政策の結果であった。

第一次世界大戦が開始した頃から、中国大陸における日米両国の利権問題やアメリカ国内での排日運動の動きなど、日米間には緊張した空気が流れていた。そうした中で、明治期にアメリカ留学の経験のある日本人たち、両国間の友好関係を強く望む日米有識者たち、さらには東京在住の知日派のアメリカ人たちの間で民間レベルでの日米交流団体を立ち上げようという動きが起こっていた。

1917年(大正6年)4月、激動する国際情勢の中で日米両国の有識者たちによって、日米両国人が互いに親しく交流し、相互理解を促進することを誓って「日米協会」(現在は一般社団法人)が設立される。これは、現在も日本で最も歴史と伝統のある日米民間交流団体である。以来、日米両国および世界の平和と安定を願いより良い二国間関係を築いていくため、互いの歴史、文化、慣習、国民性などを尊重しながら、教育・文化交流、人物交流、知的交流などの活動を行ってきた。

初代会長にはハーバード大学を卒業大日本帝国憲法の起草にも関わった金子堅太郎、名誉会長には時の駐日アメリカ合衆国大使ローランド・モーリスが就任、名誉副会長には徳川家達(後、第2代会長、徳川宗家第16代当主)、渋沢栄一(「日本資本主義の父」、理化学研究所創設者)、高橋是清(大蔵大臣二・二六事件犠牲者の一人)、高嶺譲吉など、執行委員には新渡戸稲造(『武士道』著者、国際連盟事務次長)、団琢磨井上準之助(日本銀行総裁、大蔵大臣)など時の政財界や学界を代表する日本人達が名を連ねた。

第一次世界大戦では両国とも連合国の一員として、戦勝国となった後のパリ講和会議に参加した。その中でウッドロウ・ウィルソン大統領が提唱した「十四か条の平和原則」の中で「国際連盟の創設」を掲げていたが、その実現のところで、日本は加盟をして常任理事国の一国ともなり、事務次長職に自国出身者を輩出するなどもしたが、国家元首かつ政府の長が提唱者であった肝心のアメリカ合衆国は連邦議会が加盟を否決したため、第二次世界大戦後の国際連合設立に伴い解散するに至るまで、加盟することはなかった。

1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災直後には、被災しながらも協会はアメリカの「ヘルプ・ジャパン(HELP JAPAN)」の呼びかけのもとに、アメリカからの多額の義援金の受取窓口となり、救援物資や医師、看護婦の派遣受け入れに尽力した。また、初めて大西洋無着陸飛行に成功し世界的な英雄となったチャールズ・リンドバーグが来日した時、滞在中の世話をしたのも日米協会であった。

世界恐慌前の1920年代は「狂騒の20年代」と呼ばれるほどアメリカ経済にとって最盛期だった。

1927年(昭和2年)には、日米関係の改善を狙い、アメリカから日本へ青い目の人形が贈呈された。日本からもその返礼として、答礼人形がアメリカへ贈呈された。

大恐慌のあいだ

 | 
この節の加筆が望まれています。 (2009年6月)

満州事変をはじめとする中国における植民地化を目指した日本の軍事的野心は、同じく中国の経済的支配を狙う米国との間に緊張を増幅させた。アメリカは太平洋に強力な海軍を持っており、オランダとイギリスを含む植民地を持つヨーロッパの国々のいくつかと友好関係にあった(公式には同盟関係を結んではいなかったが)。アメリカ、オーストラリア、イギリスとオランダ亡命政府は禁輸を行い(ABCD包囲網)、日本製品をボイコットした。こうして日本は必要な物資を獲得のため軍事力に頼ることになった。

第二次世界大戦

詳細は「日米交渉」および「太平洋戦争」を参照

真珠湾攻撃による日米開戦に至るまで、日本とアメリカの関係は数年に渡り悪化していた。これには西洋の列強諸国が日本に対して敵意を抱いていたという理由が含まれる。アメリカはこのことを理解しており、そのことが彼らの関係において問題を生起した。

日本人は彼らが劣っていると見られていると信じていた。アメリカが日本の勢力拡張に反対し、外交による日本の要求が受け入れられなかったこともまた関係を緊張させた。

「アメリカ人は彼らが我々よりも優れていると信じている。彼らがこのような意見を持ち続ける限り、我々は彼らと着実な関係を維持することはできない。アメリカ人は我々の要求に応じようとしない。これらの理由により、我々の関係は悪いままであり、改善することはないだろう」。Masakazu Nanbaによる訳 1938年3月5日。

彼らの関係におけるこれらの状況がすべて真珠湾攻撃へとつながった。真珠湾攻撃は大衆の目には驚きをもって見られていたが、攻撃までの長年にわたる日米関係を分析していた者のなかには、両国間の対話において対決は起こりうると考える者もいた。

「日本はエネルギー不足に悩まされており、拡張は彼らが生存するために必要なエネルギー需要を確保する目的のみで行われた」と思われていた。「(真珠湾での)攻撃は太平洋における日米の利害において対立を最大限に高めただけだった」と思われている。

ワシントン海軍軍縮条約ロンドン海軍軍縮条約の下、アメリカ海軍日本海軍が所有する軍艦の比率は10:7と定められていた。

しかし、1934年(昭和9年)の時点において、日本は軍縮政策を事実上放棄し、際限のない軍拡政策へと舵を切った。東京の政府は太平洋における軍事力において、アメリカの艦隊と比較して劣っていることをよく分かっていた。彼らの軍事政策の軌道修正におけるより大きな重要な要素として、日本はアメリカに対する石油の依存から脱却し、新たな石油資源を確保する必要に迫られていた。

1930年代を通じて、日本は石油消費量の90%を輸入に依存しており、その80%はアメリカからだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/13 20:36

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「日米関係」の意味を投稿しよう
「日米関係」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

日米関係スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日米関係」のスレッドを作成する
日米関係の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail