このキーワード
友達に教える
URLをコピー

日進_(装甲巡洋艦)とは?

日進(にっしん)は、日露戦争で活躍した旧日本海軍春日型装甲巡洋艦の2番艦。一等巡洋艦(装甲巡洋艦)に類別された。同型艦は春日

概要

日露戦争開戦直前に、大日本帝国海軍がアルゼンチン海軍から買い取ったジュゼッペ・ガリバルディ級装甲巡洋艦2隻のうちの1隻である。イタリアのアンサルド社にて起工されたのち、アルゼンチン海軍軍籍となり、1903年に「春日 (装甲巡洋艦)」と共に大日本帝国海軍が購入した。同艦をロシア帝国海軍も購入すべく画策していたが、日本の同盟国であった英国の仲介により日本側に売却された。尚、アルゼンチン海軍での艦名は「モレノ」であった。

当初は第3艦隊に所属していたが、旅順封鎖中に触雷により戦艦2隻(八島初瀬)を失った後は、戦艦と同等(射程の長さ)の戦力があるために同型艦「春日」とともに第1艦隊第1戦隊に編入され、黄海海戦日本海海戦の主力として活躍した。日本海海戦では少尉候補生として山本五十六(当時は高野姓)も乗艦している。

明治39年(1906年)5月10日に愛知県愛知郡の香久山、白山、岩崎の3村が合併した際には、日進の日露戦争での活躍と功績にあやかって新村名を日進村(現・日進市)としている。

日本海海戦

日本海海戦後に撮られた「日進」。砲身が根元で断裂している。

日本海海戦において日進は第1戦隊の殿艦を務め、一時は一斉回頭により先頭を進むことがあり、それ故に東郷平八郎の座乗する旗艦「三笠」に次ぐ多数の敵弾を浴び、艦の指揮系統を含めて多数の戦傷者を出した。少尉候補生として乗り込んだ山本五十六(当時は高野姓)も海戦中に砲身爆発(敵弾によるとも砲門内爆発ともいわれている)により重傷を負っている。また第1戦隊司令官の三須宗太郎も左目を失明するなどの重傷を負っている。

アルゼンチン海軍大佐で日進の建造委員長だったマヌエル・ドメック・ガルシア観戦武官として乗艦しており、その記録を「海戦記」としてまとめている。アルゼンチン共和国の首都ブエノスアイレスから車で1時間ほどにあるアルゼンチン海軍博物館には日露戦争関係の資料が展示されているが、その中にガルシアが戦争が終わってアルゼンチンに帰国した時に著した『日露戦争観戦武官の記録』(全5巻 約1400ページ)がある。戦闘現場からの報告に加え作戦の分析から日本海軍の戦略、更に当時の日本国民がロシア帝国に何を思い、戦争にどう挑んだかを記録している。機密資料として長い間アルゼンチンから出ることはなかったが、海上自衛隊の五味睦佳海将補(後に海将・自衛艦隊司令官)は、1993年に練習艦隊司令官として遠洋練習航海の部隊を率いてアルゼンチンを訪問中に、歴史資料館に案内された。その時日本の艦隊にアルゼンチンの観戦武官がいたという事実を知る。そしてアルゼンチンの海軍関係者に日本海海戦の関連資料を日本に提供して欲しいと働きかけ、1998年に日本語訳が出版された。その後、日本海海戦から100年にあたる2005年にその増補・改題版が出版された。

ガルシアの孫から聞いた話として高山正之は、司令官負傷の際に艦長も負傷し、ガルシアが代わりに艦の指揮を執ったという話を紹介した。ただしこれには艦長の負傷などに裏づけ(「海戦記」にも艦長は負傷していないと書かれており、日本側戦史の負傷者リストにも名前がない)がないと水交会が反論している。水交会では戦闘に参加したとしても砲の射手を務めたに過ぎないとしている。

爆発事故

1912年11月18日、演習および観艦式からの帰路の途中で寄港していた清水港で「日進」の火薬庫爆発が発生した。午後6時50分ごろ後部8インチ砲塔付近で爆発が発生したが、火薬庫注水などの措置が迅速に行われ、損傷は軽微なものにとどまった。人的な被害は死者2名負傷者17名であった。航行も可能であった「日進」は横須賀に回航され、「筑波」艦長の鈴木貫太郎大佐を委員長とする横須賀鎮守府の査問会により事故調査が行われた。実質10日間の査問期間で爆発の原因は火薬の自然発火であるとの結論が出されたが、後日真因が明らかとなった。1913年8月に殺人事件を起こした予備役二等兵曹が「日進」の火薬庫を爆発させたと告白した。不満を抱いていたこの人物は艦長に脅迫状を送ったものの反応がなかったため艦の爆破を企んだのであった。

略歴

マルタ島での日進

艦長

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

脚注

  1. ^ 津島勝二訳『アルゼンチン観戦武官の記録―日本海海戦』日本アルゼンチン協会、1998年
  2. ^ 津島勝二訳『日本海海戦から100年-アルゼンチン海軍観戦武官の証言』鷹書房弓プレス、2005年
  3. ^ 軍艦爆沈事故と海軍当局の対応、72ページ
  4. ^ 軍艦爆沈事故と海軍当局の対応、72、75ページ
  5. ^ 軍艦爆沈事故と海軍当局の対応、77ページ
  6. ^ 軍艦爆沈事故と海軍当局の対応、73ページ
  7. ^ 吉村昭 (1979). 陸奥爆沈(新潮文庫). 新潮社. p. 175-177. ISBN 4-10-111707-1
  8. ^ #造船士官の回想 上60頁
  9. ^ #造船士官の回想 上64頁
  10. ^ 『官報』第2486号、大正9年11月13日。
  11. ^ 『官報』第2743号、大正10年9月21日。
  12. ^ 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  13. ^ 『官報』第2830号、大正11年1月11日。
  14. ^ 『官報』第3684号、大正13年12月2日。
  15. ^ 『官報』第3796号、大正14年4月21日。
  16. ^ 『官報』第4105号、大正15年5月3日。
  17. ^ 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  18. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  19. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  20. ^ 『官報』第1166号、昭和5年11月17日。
  21. ^ 『官報』第1478号、昭和6年12月2日。
  22. ^ 『官報』第1778号、昭和7年12月2日。
  23. ^ 『官報』第2064号、昭和8年11月16日。
  24. ^ 『官報』第2218号、昭和9年5月26日。
  25. ^ 『官報』第2257号、昭和9年7月11日。

参考文献

関連項目

大日本帝国海軍装甲巡洋艦
浅間型

浅間 | 常磐

 | 
八雲型

八雲


吾妻型

吾妻


出雲型

出雲 | 磐手


春日型

春日 | 日進


筑波型

筑波 | 生駒


鞍馬型

鞍馬 | 伊吹


戦利艦

阿蘇


戦艦 | 航空母艦 | 巡洋艦(防護巡洋艦・軽巡洋艦・重巡洋艦) | 駆逐艦 | 潜水艦 | 運送艦
大日本帝国海軍艦艇一覧

ジュゼッペ・ガリバルディ級装甲巡洋艦
イタリア海軍

ジュゼッペ・ガリバルディ | ヴァレーゼ | フランチェスコ・フェルッキオ


スペイン海軍

クリストーバル・コロン


アルゼンチン海軍:
ガリバルディ級装甲巡洋艦

ガリバルディ | サン・マルティン | ヘネラル・ベルグラーノ | プエイレドン | リバダビア | モレノ


大日本帝国海軍:
春日型装甲巡洋艦

春日 | 日進


前級:ヴェットール・ピサニ級 次級:ピサ級サン・ジョルジョ級


イタリア海軍艦艇一覧

大日本帝国海軍海防艦
【転用艦】
【一等海防艦】

鎮遠 | 壱岐 [I] | 丹後 | 富士 | 石見 | 相模 | 周防 | 敷島 | 朝日 | 三笠 | 肥前 | 浅間 | 常磐 | 八雲 | 吾妻 | 磐手 | 出雲 | 春日 | 日進 [I]


【二等海防艦】

扶桑 [I] | 沖島 [I] | 見島 | 高千穂 | 厳島 [I] | 橋立 [I] | 千代田 [II] | 秋津洲 [I] | 鈴谷 [I] | 満州 | 豊橋 | 韓崎 | 駒橋 | 若宮 [I] | 千歳 [I] | 須磨 [I] | 明石 [I] | 新高 | 対馬 [I]


【三等海防艦】

筑波 [I] | 金剛 [I] | 比叡 [I] | 済遠 | 海門 | 天龍 [I] | 葛城 [I] | 大和 [I] | 武蔵 [II] | 高雄 [I] | 松江


 | 
【新造艦】
占守型

占守 - 国後 [II] - 八丈 - 石垣


択捉型

択捉 [II] - 松輪 - 佐渡 - 隠岐 - 六連 - 壱岐 [II] - 対馬 [II] - 若宮 [II] - 平戸 [II] - 福江 - 天草 [II] - 満珠 [II] - 干珠 [II] - 笠戸 [II]


御蔵型

御蔵 - 三宅 - 淡路 - 能美 - 倉橋 - 屋代 - 千振 - 草垣


日振型

日振 - 大東 - 昭南 - 久米 - 生名 - 四阪 - 崎戸 - 目斗 - 波太 - 大津 - 友知


鵜来型

鵜来 - 沖縄 - 奄美 - 粟国 - 新南 - 屋久 - 竹生 [II] - 神津 - 保高 - 伊唐 - 生野 - 蔚美 - 室津 - 稲木 - 羽節 - 男鹿 - 金輪 - 宇久 - 高根 - 久賀 - 志賀 - 伊王


丙型海防艦

第1号 - 第3号 - 第5号 - 第7号 - 第9号 - 第11号 - 第13号 - 第15号 - 第17号 - 第19号 - 第21号 - 第23号 - 第25号 - 第27号 - 第29号 - 第31号 - 第33号 - 第35号 - 第37号 - 第39号 - 第41号 - 第43号 - 第45号 - 第47号 - 第49号 - 第51号 - 第53号 - 第55号 - 第57号 - 第59号 - 第61号 - 第63号 - 第65号 - 第67号 - 第69号 - 第71号 - 第73号 - 第75号 - 第77号 - 第79号 - 第81号 - 第83号 - 第85号 - 第87号 - 第89号 - 第93号 - 第95号 - 第97号 - 第101号 - 第105号 - 第107号 - 第205号 - 第207号 - 第213号 - 第215号 - 第217号 - 第219号 - 第221号 - 第223号 - 第225号 - 第227号 - 第229号


丁型海防艦

第2号 - 第4号 - 第6号 - 第8号 - 第10号 - 第12号 - 第14号 - 第16号 - 第18号 - 第20号 - 第22号 - 第24号 - 第26号 - 第28号 - 第30号 - 第32号 - 第34号 - 第36号 - 第38号 - 第40号 - 第42号 - 第44号 - 第46号 - 第48号 - 第50号 - 第52号 - 第54号 - 第56号 - 第58号 - 第60号 - 第62号 - 第64号 - 第66号 - 第68号 - 第70号 - 第72号 - 第74号 - 第76号 - 第78号 - 第80号 - 第82号 - 第84号 - 第102号 - 第104号 - 第106号 - 第112号 - 第116号 - 第118号 - 第122号 - 第124号 - 第126号 - 第130号 - 第132号 - 第134号 - 第138号 - 第142号 - 第144号 - 第150号 - 第154号 - 第156号 - 第158号 - 第160号 - 第186号 - 第190号 - 第192号 - 第194号 - 第196号 - 第198号 - 第200号 - 第202号 - 第204号



【戦利艦】

五百島 | 八十島


a. 1942年7月1日までに除籍もしくは他艦種に類別変更 b. 1931年5月30日等級廃止 c. 1912年8月28日三等廃止、二等に類別換え
d. 就役後他艦種に類別変更 e. 起工済未成艦 f. 特別輸送艦として竣工

大日本帝国海軍艦艇一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/05 17:17

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「日進_(装甲巡洋艦)」の意味を投稿しよう
「日進_(装甲巡洋艦)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

日進_(装甲巡洋艦)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日進_(装甲巡洋艦)」のスレッドを作成する
日進_(装甲巡洋艦)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail