このキーワード
友達に教える
URLをコピー

日震とは?

(日震から転送)
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年1月)

日震学(にっしんがく、英語:helioseismology)とは、太陽の振動や波動現象(日震)に関する研究、特に太陽表面での波動現象の観測をもとに、インバージョンなどの手法による太陽内部構造の推定を目的とする学問分野である。

日震学の始まりは、1960年代初頭にロバート・B・レイトンらが、5分振動を発見したことによる。レイトンらは、太陽表面の速度場の時間変動を調べていて、約5分の周期で変動する振動成分を発見したのである。

1970年代には、太陽で音波的な固有振動モードが励起されていると考えれば、5分振動が説明できることがわかった。太陽の固有振動が観測できるなら、その振動数を測定することができる。固有振動数は太陽の構造によって決まるので、固有振動数を精密に測ってやれば、インバージョンなどによってその内部構造を推定することができることになる。こうした内部構造探査は1980年代後半から急速に進み、当時の太陽標準モデルが概ね正確であることや、太陽の対流層の差動回転の様子などもわかるようになった。

その後、1990年代後半から局所的日震学と呼ばれる手法が進展した。局所的日震学では、固有振動数を測定する代わりに、太陽表面の2点間を波が伝わる時間の測定などから、活動領域直下の構造など、局所的な内部探査を行なうことを目的としている。

関連項目

外部リンク

太陽
内部構造 | 

大気圏 | 
光球 | 

彩層 | 

コロナ | 


太陽変動 | 

太陽圏 | 

単位 | 

関連項目 | 



地震
要素 | 
パラメータ
震源・震源域
震央
発震機構
規模
マグニチュード
震度
PGA
PGV

種類 | 
地震性すべり
プレート間
海洋プレート内
内陸地殻内
火山性地震
人工地震
非地震性すべり
定常すべり
スロースリップ
クリープ断層

メカニズム | 

観測・調査 | 
観測
地震計
地震観測網
測地測量
傾斜計
歪計
SAR
GPS
VLBI
調査
地質調査
文献資料

被害・対策 | 
震災
土砂災害
液状化
地盤変化
海震
津波
対策
地震工学
耐震
制震
免震
耐震基準
耐震診断
感震計
地震警報システム
東海地震関連情報

過去の地震 | 

予知・予測 | 

地震学 | 
関係機関
気象庁
防災科研
東大地震研
USGS
EMSC
CEA
ISC
ITIC
IRIS
IASPEI

地球以外の地震 | 

関連カテゴリ
地震
地震学
地震学者
断層
津波
震度階級
地震の歴史


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/20 04:12

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「日震」の意味を投稿しよう
「日震」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

日震スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日震」のスレッドを作成する
日震の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail