このキーワード
友達に教える
URLをコピー

明治安田生命保険とは?

種類
相互会社
【機関設計】
指名委員会等設置会社
【略称】
明治安田、明安、MY
【本社所在地】
日本
100-0005
東京都千代田区丸の内2丁目1-1
北緯35度40分45.2秒 東経139度45分44.3秒 / 北緯35.679222度 東経139.762306度 / 35.679222; 139.762306座標: 北緯35度40分45.2秒 東経139度45分44.3秒 / 北緯35.679222度 東経139.762306度 / 35.679222; 139.762306
【設立】
1881年(明治14年)7月9日
業種
保険業
法人番号
8010005007932
金融機関コード
9837
【代表者】
鈴木伸弥(取締役会長代表執行役)
根岸秋男(取締役兼代表執行役社長)
【資本金】
9,800億円(基金総額)
【売上高】
4兆733億円(経常収益)
【営業利益】
6,355億円(基礎利益)
【純利益】
2,079億円(当期純剰余)
【純資産】
9兆4,966億円(実質純資産額)
【総資産】
42兆6,138億円(連結)
【従業員数】
43,550人(うち営業職員:32,853人)
【決算期】
3月期
【外部リンク】
https://www.meijiyasuda.co.jp/
明治安田生命保険相互会社のデータ
【英文社名】
Meiji Yasuda Life Insurance Company
種類
相互会社
【保険料等収入】
2兆9,118億円(連結)
【SM比率】
1,015.6%
【格付け】
A (S&P)
A1 (ムーディーズ)
AA- (日本格付研究所)
AA- (R&I)
【関係する人物】
阿部泰蔵
荘田平五郎
安田善次郎
イメージキャラクターの節も参照
【外部リンク】
https://www.meijiyasuda.co.jp/
特記事項:
経営指標は特記なき場合は2019年(令和元年)度第3月期決算におけるもの。SM比率は2019年9月末現在、総資産(連結)、基金は2020年3月末現在。
格付けは2018年11月1日現在。

明治安田生命保険相互会社(めいじやすだせいめいほけん、英称:Meiji Yasuda Life Insurance Company)は、日本の大手生命保険会社。日本で初めて設立された生命保険会社である。

三菱グループの明治生命保険と芙蓉グループの安田生命保険が、明治生命保険を存続会社として合併し発足した。総資産、経常収益、保険料収入で業界第3位(かんぽ生命を除く)、4大生保の一角。

三菱・芙蓉グループに加え官公庁という強固な法人営業基盤を有しており、団体保険契約高は業界第1位である。また、財務の健全性に定評がある。

沿革

詳細は「公式サイトの沿革」を参照

系列

明治安田生命新宿ビル(旧・安田生命本社)

同社は、三菱金曜会三菱広報委員会の会員企業であり、芙蓉会の幹事役でもある。

存続会社が明治生命保険であるのと、芙蓉グループが属するみずほグループには他にも生命保険会社がある(第一生命保険富国生命保険朝日生命保険)ため、三菱グループ系とみなされることが多く、現に三菱東京UFJ銀行とは中小企業分野における業務提携を行っている。だが、一方でみずほフィナンシャルグループ(旧富士銀行)、第一生命保険損害保険ジャパン日本興亜(旧安田火災海上保険→損害保険ジャパン)と共同で新入学児童への黄色いワッペンと称する交通安全ワッペンの配布活動 を行うなど、芙蓉グループとのつながりも依然として強い。

このように、三菱UFJフィナンシャル・グループと、みずほフィナンシャルグループの両方に結び付きをもつため、両行において明治安田生命保険の保険商品が販売されている。独立系だが三和グループと関係の深い日本興亜損害保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)と親密であったが、東京海上日動火災保険(三菱グループ東京海上火災保険芙蓉グループ日動火災海上保険が合併)と提携しており、2011年から同社の保険商品を取り扱っている。

子会社に明治安田損害保険(2005年に明治損害保険と安田ライフ損害保険が合併)があるが、法人向けに特化している。1996年保険業法改正で生損保の相互参入が認められ、「損保系生保」が相次いで設立された一方、「生保系損保」も続々誕生した。ところが現在、大手生保グループの一翼を担うのは同社傘下の明治安田損害保険のみである。 他に、2001年に安田生命とイギリスのダイレクトグループの共同出資による安田ライフダイレクト損害保険も設立されたが、こちらは2004年日本興亜損害保険へ譲渡し、そんぽ24損害保険となったのち、同じSOMPOホールディングス傘下となったセゾン自動車火災保険に合併された。

歴史

前身会社である明治生命保険も安田生命保険も長い歴史を持ち、共に明治初期の創業である。明治生命保険は1881年(明治14年)7月9日に日本最初の生命保険会社として設立された。一方の安田生命保険も1880年(明治13年)に日本最古の生命保険組織として結成された共済五百名社をその起源とする。

なお、安田生命保険の会社としての設立は、1894年(明治27年)。先の共済五百名社の運営に行き詰まった創業者の安田善次郎が、矢野恒太の「相互主義」に賛同し、両者 を中心に共済生命保険が設立された事による。

旧明治生命の旧本社屋(明治生命館)は平成9年5月には昭和時代の建築物として初めて重要文化財に指定された。

主な関連会社・団体

国内

海外 連結子会社・持分法適用関連法人等

本社:ハワイ州ホノルル市。明治安田生命の100%米国子会社。1976年に旧明治生命が同社の株の過半数を取得し、日本の生命保険会社として初めて米国生命保険会社に経営参加した。1985年には100%子会社化。1991年に旧明治生命が株式の100%を取得したハワイアン生命と合併し、ハワイ州内最大の生命保険会社となった。
本社:オレゴン州ポートランド市。2015年に買収し、日本の生命保険会社による海外M&Aとしては過去最大。全米で事業展開しており、団体保険の主要分野において全米トップ10の地位を確立。官公庁や教職員など景気変動に左右されにくい安定した顧客基盤を持ち、14年12月期の純利益は2億1千万ドルだった。

財団法人

主要な保険商品

医療保険

メディカルスタイルF-入院・通院の保障を組み合わせて契約が可能で、加入後も契約の変更が一部可能であることが特徴。

学資保険

つみたて学資-返戻率が最大109%になる学資保険。2020年度現在、学資保険の返戻率としては最高水準となっている。(参考:学資保険返戻率ランキング.com)

広告関係

イメージキャラクター

現在

過去 (旧明治生命)

(旧安田生命)

(明治安田生命)

CMソング

現在

『たしかなこと』と『言葉にできない』は、マイハピネスフォトコンテスト入賞作品を背景に使用した企業イメージCMに使用。
『今日も どこかで』と『ダイジョウブ』は特別協賛している小田のツアーの応援CMに使用。
同年12月25日に放送の『クリスマスの約束』(TBS系列)内の30秒CM(小田が「ご当地紀行」で東北各地を訪れた様子などが放映された)に使用。

過去

(旧明治生命)

(旧安田生命)

脚注・出典

  1. ^ 三菱金曜会 会員会社紹介
  2. ^ 三菱広報委員会 会員会社紹介
  3. ^ 2007/12/11付ニュースリリース「明治安田生命保険と三菱東京UFJ銀行の中小企業分野における業務提携について
  4. ^ 公式ホームページより「社会貢献活動 黄色いワッペン
  5. ^ なおその後、矢野は他の経営陣と対立して袂を分かち、第一生命保険を創業する。
  6. ^ かつては競合企業の1つであるアリコジャパン(現:メットライフ生命)のCMにも出演していた。

関連項目

旧明治生命と関係が深い。東京海上グループ
MY新宿第2ビル(旧安田生命第2ビル)内にあった。現在ビルはヨドバシカメラが所有している。

外部リンク

芙蓉グループ芙蓉懇談会
【あ行】

アキレス - アヴァンティスタッフ - オカモト - 沖電気工業


【か行】

片倉工業 - キヤノンマーケティングジャパン - クオラス - クボタ - クレディセゾン - クレハ - グランドニッコー東京 - 京浜急行電鉄 - KYB - 五洋建設


【さ行】

サッポロビール(注1) - JFEホールディングス(注3) - 昭和電工 - 住江織物 - 損害保険ジャパン(注3)(注4)(注5)


【た行】

大気社 - 大成建設 - 大成有楽不動産 - 大成ユーレック - 大成建設ハウジング - 大成ロテック - 太平洋セメント(注1)(注3) - 大陽日酸 - 宝ホールディングス - 帝国繊維 - TPR - 鉄建建設 - 東亜建設工業 - 東京海上日動火災保険(注2) - 東京機械製作所 - 東京建物 - 東京建物不動産販売 - 東武鉄道 - 飛島建設


【な行】

西松建設 - 日油 - ニチレイ - 日産自動車 - 日清製粉グループ本社 - 日清紡ホールディングス - ニッタン - 日本水産 - 日本精工


【は行】

パレスホテル(注4) - 日立製作所(注3)(注4) - ヒューリック - 芙蓉総合リース


【ま行】

前川製作所 - 前田建設工業 - 松井建設 - 松田平田設計 - 丸紅 - みずほ銀行(注3)(注5) - みずほ証券(注3)(注5) - みずほ信託銀行 - みずほフィナンシャルグループ - 明治安田生命保険(注2)


【や行】

安田倉庫 - ヤマダホームズ (注6) - ユーシーカード - 淀川製鋼所(注6)


【関連項目】

芙蓉 - 富士銀行 - 安田財閥 - 浅野財閥 - 根津財閥 - 日産コンツェルン - 森コンツェルン - 大倉財閥 - フジサンケイグループ(フジ・メディア・ホールディングス) - みずほグループ


(注1)は三井グループでもある。(注2)は三菱グループでもある。
(注3)は第一勧銀グループでもある。(注4)は三和グループでもある。
(注5)は古河グループでもある。(注6)は大輪会グループでもある。

三菱グループ / 三菱広報委員会
太字三菱金曜会のメンバー。
【食料品】

キリンホールディングス

 | 
【パルプ・紙】

三菱製紙


【建設】

ピーエス三菱


【化学・医薬品】

三菱ケミカルホールディングス - 三菱ガス化学 - 三菱ケミカル(注4) - 大日本塗料 - 田辺三菱製薬(注2)


【ガラス・窯業】

AGC


【石油・原子力】

JXTGホールディングス(注1)


【鉄鋼】

三菱製鋼


【非鉄金属】

三菱マテリアル - 三菱アルミニウム


【機械】

三菱化工機 - 三菱重工業


【輸送用機械】

三菱自動車工業 - 三菱ふそうトラック・バス - 三菱造船


【電気機器】

三菱電機


【精密機器】

ニコン - 三菱プレシジョン


【卸売・小売】

三菱商事 - 三菱食品 - アストモスエネルギー - ローソン


【金融】

三菱UFJ銀行(注2) - 三菱UFJ証券ホールディングス - 三菱UFJ信託銀行(注2) - 三菱オートリース - 三菱UFJニコス(注2) - 三菱UFJリース(注2)


【保険】

東京海上ホールディングス(注3) - 明治安田生命保険(注3)


【不動産】

三菱地所


【運輸・倉庫】

三菱倉庫 - 日本郵船 - 三菱鉱石輸送


【情報・通信】

三菱総合研究所 - 三菱スペース・ソフトウエア - 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ


三菱財閥 - 歴代総帥(初代:岩崎弥太郎 - 2代:岩崎弥之助 - 3代:岩崎久弥 - 4代:岩崎小弥太) - 岩崎家 - 旧岩崎邸庭園 - スリーダイヤ - 丸の内 - ダイヤモンドカップゴルフ - 三菱未来館
三菱グループのポータルサイト - 三菱金曜会 - 三菱広報委員会
(注1)日産・日立グループ(春光会・春光懇話会)メンバーでもある。
(注2)三和グループ(三水会みどり会)メンバーでもある。
(注3)芙蓉グループ(芙蓉会・芙蓉懇談会)メンバーでもある。
(注4)三菱金曜会のメンバーであるが、三菱広報委員会のメンバーではない。

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン加盟企業・団体
【理事】
出典:wikipedia
2020/05/29 19:13

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「明治安田生命保険」の意味を投稿しよう
「明治安田生命保険」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

明治安田生命保険スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「明治安田生命保険」のスレッドを作成する
明治安田生命保険の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail