このキーワード
友達に教える
URLをコピー

明治_(企業)とは?

移動先: 案内検索
明治ホールディングス > 明治 (企業)
株式会社 明治
Meiji Co., Ltd.

明治の本社がある京橋エドグラン

種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 2261
2009年3月26日上場廃止
名証1部 2261
2009年3月26日上場廃止

【略称】
明治
【本社所在地】
日本
104-8306
東京都中央区京橋二丁目2番1号 京橋エドグラン
【設立】
1917年(大正6年)12月21日
(極東煉乳株式会社)
業種
食料品
法人番号
4010601028138
【事業内容】
菓子、牛乳・乳製品、食品、一般用医薬品の製造販売等
【代表者】
川村和夫(代表取締役社長)
【資本金】
336億4千万円
(2016年3月31日現在)
【売上高】
1兆613億98百万円
(2016年3月期)
【営業利益】
連結:57,448百万円
(2016年3月期)
【従業員数】
10,805名
(2016年3月31日現在)
【決算期】
毎年3月31日
【主要株主】
明治ホールディングス 100%
【外部リンク】
http://www.meiji.co.jp/
特記事項:明治グループの事業再編に伴い、2011年4月1日付で旧・明治乳業株式会社から商号変更して発足した。

株式会社 明治(めいじ、Meiji Co., Ltd.)は、日本の大手食品会社である。明治ホールディングス完全子会社菓子牛乳乳製品や一般用医薬品製造販売を主軸に事業展開を行う。

企業スローガンは『明日をもっとおいしく』。

2016年明治グループ創業100周年を迎え、同時に本社を中央区京橋に移転した。また、2017年には会社創立100周年を迎える。

目次

  • 1 概要
  • 2 沿革
  • 3 事業所
    • 3.1 工場
      • 3.1.1 旧・明治乳業
      • 3.1.2 旧・明治製菓
  • 4 グループ会社
    • 4.1 菓子ユニット
    • 4.2 乳製品ユニット
    • 4.3 健康栄養ユニット
    • 4.4 その他グループ会社
    • 4.5 日本国外
    • 4.6 過去のグループ企業
  • 5 主な製品ブランド
    • 5.1 菓子・アイス・デザート
      • 5.1.1 チョコレート
      • 5.1.2 スナック
      • 5.1.3 ビスケット
      • 5.1.4 ガム
      • 5.1.5 キャンディ
      • 5.1.6 ファンシー系
      • 5.1.7 アイスクリーム
      • 5.1.8 デザート
    • 5.2 乳製品
      • 5.2.1 牛乳・乳飲料
      • 5.2.2 ヨーグルト
      • 5.2.3 チーズ
      • 5.2.4 バター・マーガリン
      • 5.2.5 クリーム
    • 5.3 食品・飲料
    • 5.4 ベビー&マザー
    • 5.5 スポーツ栄養
    • 5.6 美容・健康
    • 5.7 栄養食品・流動食
    • 5.8 一般用医薬品
  • 6 CM
    • 6.1 CM出演者
      • 6.1.1 女性
      • 6.1.2 男性
      • 6.1.3 グループ
      • 6.1.4 キャラクター
      • 6.1.5 過去
  • 7 スポンサー
    • 7.1 提供番組
      • 7.1.1 現在の提供番組
        • 7.1.1.1 テレビ
        • 7.1.1.2 ラジオ
      • 7.1.2 過去の提供番組
        • 7.1.2.1 テレビ
        • 7.1.2.2 ラジオ
    • 7.2 スポンサー協賛
    • 7.3 オフィシャルサポート・パートナー
    • 7.4 ネーミングライツ
  • 8 備考
    • 8.1 東日本大震災の影響
    • 8.2 放射性セシウム混入問題
    • 8.3 その他
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

概要

旧社名は明治乳業。明治グループの再編で、2011年(平成23年)4月1日を以って、旧明治製菓(現・Meiji Seika ファルマ)から同社の手掛けていた菓子・飲料・食品・一般用医薬品事業、およびドメイン名「meiji.co.jp」も引き継ぎ現社名へ商号変更した。

社内のそれぞれの部門は『ユニット』と呼ばれ、菓子、乳製品、健康・栄養、海外の4つの『ユニット』で構成される。

沿革

江東区新砂にある明治東陽町ビル(旧:本社ビル)
前身である旧・明治乳業の歴史については「明治乳業#沿革」を、旧・明治製菓(現:Meiji Seika ファルマ)の菓子・食料品・飲料事業の歴史については「明治製菓#沿革」を参照
  • 2011年
    • 4月1日 - 明治グループの企業再編に伴い、旧・明治乳業が食品・乳製品・飲料・菓子事業を中心とした新会社『明治』に商号変更。
    • 12月 - 「明治ステップ」(850g缶)の一部製品から放射性物質が検出され、消費者に対し新たな製品との交換を呼びかける(#放射性物質の検出問題を参照)。
  • 2012年8月 - プレミアム系アイスクリーム「meiji THE PREMIUM Grun」発売。
  • 2013年4月 - 連結子会社のフレッシュネットワークシステムズが、傘下の北海道明販・東北明販・東京明販・中部明販・近畿明販・中国明販・九州明乳販売・東京明治フーズを吸収合併し、明治フレッシュネットワークに商号変更。
  • 2014年9月 - 「明治ザ・チョコレート」発売。
  • 2015年3月 - 清涼菓子「カルミン」が製造販売を終了、94年にわたる歴史に幕。
  • 2016年
  • 2017年
    • 会社設立100周年を迎える。
    • 8月 - ロングセラースナック菓子「カール」が中部以東での販売を終了、近畿以西のみの限定販売に移行。

事業所

(2018年(平成30年)1月現在)

  • 本社
〒104-8306 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン
  • お客様相談センター
〒104-0031 東京都中央区京橋2-4-16 明治京橋ビル(※明治HDMeiji Seika ファルマ本社)
  • 明治イノベーションセンター(研究戦略統括部、商品開発研究所、乳酸菌研究所、技術研究所、品質科学研究所)
〒192-0919 東京都八王子市七国1-29-1

工場

旧・明治乳業

戸田工場(埼玉県戸田市、旧・明治乳業関東工場)
  • 札幌工場(市乳)(製造所固有記号、Kイ)
  • 旭川工場(市乳)(製造所固有記号、Kウ)
  • 稚内工場(粉乳・バター)
  • 西春別工場(粉乳・バター・クリーム・濃縮乳)
  • 根室工場(練乳・クリーム・濃縮乳)
  • 十勝工場(ナチュラルチーズ、クリーム、ホエイ粉)
  • 十勝帯広工場(ナチュラルチーズ)
  • 本別工場(粉乳・クリーム・濃縮乳)(製造所固有記号、Kサ)
  • 東北工場(市乳)(製造所固有記号)
  • 茨城工場(冷凍食品)
  • 守谷工場(市乳)(製造所固有記号、KA)
  • 群馬工場(市乳・アイスクリーム)
  • 群馬栄養食工場(液状調整栄養食品)
  • 群馬医薬・栄養剤工場(医薬品)
  • 埼玉工場(粉乳・ベビーフード)
  • 戸田工場(市乳)(製造所固有記号、KZ)
  • 神奈川工場(市乳)(製造所固有記号、Kナ)
  • 小田原工場(乳酸菌スターター、特殊粉乳)
  • 北陸工場(市乳)(製造所固有記号、KQ)
  • 軽井沢工場(プロセスチーズ)(製造所固有記号、KC)
  • 静岡工場(市乳・フローズンデザート)
  • 愛知工場(市乳)(製造所固有記号、Kチ)
  • 京都工場(市乳・アイスクリーム)(製造所固有記号、Kル)
  • 関西工場(市乳)(製造所固有記号、KN)
  • 関西アイスクリーム工場(アイスクリーム)
  • 岡山工場(市乳)(製造所固有記号、Kオ)
  • 広島工場(市乳)(製造所固有記号、Kヒ)
  • 九州工場(市乳)(製造所固有記号、KV)

旧・明治製菓

大阪工場
  • 坂戸工場(チョコレート・スナック・ビスケット・ガム・キャンデー・ココア)
  • 東海工場(チョコレート・スナック・キャンデー)
  • 大阪工場(チョコレート・ビスケット・スナック) - 2011年2月明治ミルクチョコレートの巨大看板が登場して話題になった。

グループ会社

(2014年(平成26年)10月現在。当社では各事業部門を「ユニット」とする)

菓子ユニット

乳製品ユニット

健康栄養ユニット

その他グループ会社

日本国外

過去のグループ企業

詳細は「明治製菓#兄弟・主要系列会社」および「明治乳業#おもな関連会社」を参照

主な製品ブランド

以下は主な製品ブランドの一例である。これ以外にも豊富な製品を扱っている。また、旧・明治乳業で扱っていた冷凍食品、介護食・流動食、宅配用商品、イソジンを中心とした一般用医薬品等も扱っている。なお、一部現在発売されていないものも含む。

太字は新法人発足後に発売された製品。

菓子・アイス・デザート

旧・明治製菓製品

チョコレート

1926年9月13日発売。ロングセラーの板チョコレート。新ブランドロゴの導入に伴い、2009年9月に38年ぶりのデザインリニューアルを行った(ちなみに、「明治ミルクチョコレート」の和文ロゴタイプも新和文社名ロゴタイプに変更されている)。現在のパッケージ(2009年9月 - )が6代目となる。
  • アーモンドチョコ/マカダミアチョコ(なお、旧・明治乳業にて同ブランドのアイスバーも発売されており、商号変更後も引き続き扱う)
  • きのこの山/たけのこの里
キノコタケノコの形をしたチョコスナック。きのこの山は1975年、たけのこの里はその4年後の1979年に発売された。キノコの傘と竹の子の皮はいずれもチョコレートになっているが、キノコの柄はクラッカー、竹の子の中はクッキーになっており、食感が異なる。この2商品は、しばしば「どちらが好きか?」というきのこ、たけのこ戦争が勃発する。2008年からは「きのこの山」のキャラクターとして「きの山さん」が登場し、追って2009年に「たけのこの里」のキャラクター「たけ里ブラザーズ」が登場している。
2014年9月発売。当時のキャッチコピーは「これが、カカオのおいしさです。」であった。当初はスティックタイプ(7本入り)であったが、2016年9月に細かなスリットやギザギザを入れた板形状3枚入りの包装形態に変更して全面刷新(当初は4種類だったが、2016年12月にもう2種類追加して6種類となる)。2017年1月には「力強い深みコンフォートビター」と「濃密な深みと旨味ベルベットミルク」の2種類に個包装・14枚入りのBOXタイプを追加発売した。
形、味などからグリコのムースポッキーと比べられることもある。現在は「フラン プレミアムハードビター&ホイップ」2種類(ショコラ、ベリー)が発売されている。
チョコレート菓子。
チョコレート菓子。魚の形を模したビスケットに、チョコが注入されている。
高濃度のカカオポリフェノールを含有する健康系チョコレート。なお、「カカオ95%」はカカオ分が多いビターチョコレートである製品の特性上、パッケージには「非常に苦いチョコレートです。」と記述されている。
旧・明治製菓最後の新商品として、2011年3月に発売されたチョコレート。 ブラジル・トメアスー産限定のカカオ豆を使用。ミルクとビターの2種類がある。
  • ポポロン
一口サイズのシューにチョコを注入したスナックチョコ。
冬期限定チョコレート
過去の製品
  • チップチョップ
2009年8月より発売されたチョコスナック。CMイメージキャラクターはおそ松くん天才バカボンMATSU(EXILE)。

スナック

1968年に発売され、長きにわたるロングセラーを誇るスナック菓子。当初はチーズあじ、チキンスープあじの2種類。イメージキャラクターは「カールおじさん」。詳しくは同商品のページを参照。
しかしながら、競争激化による販売低迷などを理由に、2017年8月をもって中部地方以東での販売を終了し、9月以降は近畿以西(滋賀県京都府奈良県和歌山県以西)での限定販売になることが発表されている(チーズあじ、うすあじの2種類のみ)(こちらも参照)。
  • ピックアップ
「カール」から遅れること2年後の1970年発売。サクッという間に溶けるノンフライスナック。
こちらも2017年8月末日生産分をもって製造・販売終了となることが決定しており、これにより明治は事実上、スナック菓子事業の全国展開から撤退することとなる。
過去の製品
  • コパン
バター焼きしたパンをイメージにして作られた菓子。映画『容疑者 室井慎次』公開の際、主人公である室井慎次(柳葉敏郎)をCMキャラクターに起用していた。
  • もろこし村
旧・明治製菓がかつて発売していた、焼きトウモロコシをイメージしたスナックを復活。旧明治製菓で発売されていた当時はCMに東八郎を起用していた。
  • ザ・コーン
2010年7月発売。ザクザク食感が特徴のスティック状のカップ入りコーンスナック。以前発売されていた「ガリレオ」の後継商品で、西日本地区で先行発売された。
  • じゃがチーズ
ポテトスナックに濃厚なチーズを閉じ込めた新食感のスナック。CMキャラクターに北斗晶を起用していた。

ビスケット

  • リッチビスケット
「リッチチョコレート」と並ぶ「リッチ」のシリーズ商品。ストロベリー、オレンジ、抹茶の3種類がある。
かつて海外からの輸入発売の形態をとっていたが、現行製品は全て国内製造を行っている。

ガム

現在のCMイメージキャラは福山雅治。かつては沢尻エリカ亀田興毅劇団ひとりおぎやはぎ渡部篤郎中谷美紀広末涼子木村拓哉木村カエラがイメージキャラになっていた。キャンペーンでは商品に書いてあるシリアルナンバーで、携帯から着うたがもらえたり特製ムービーが見られたりなど独特な発想がみられる。
過去の製品
砂糖不使用のデザート系ガム。ストロベリーバニラ、マンゴープリン、桃のヨーグルトの3種類が発売された。

キャンディ

1938年ごろの明治キャラメルの新聞広告
  • 明治キャラメル
森永ミルクキャラメルと共に、古い歴史を誇るキャラメルのロングセラー。クリームキャラメル、ヨーグルトキャラメルの2種類。
  • チェルシー(なお、旧・明治乳業にて同ブランドの飲料やアイスバーも発売されており、商号変更後も引き続き扱う)
キャンデー。CMで流れるチェルシーの唄が有名。この商品名はイギリスを連想する名前という事から300近い商品名の候補があげられ結局ロンドン市南西部にある地名「チェルシー」が選ばれた。
日本で初めて発売されたグミ。現在、大人向けのハードタイプグミとして展開している。
  • ポイフル
2009年8月にチューイングソフトキャンデーの「ポイフル ソフトキャンデー」を追加。
過去の製品
1921年に発売されたロングセラーの清涼菓子。2009年3月に刷新し、過去にも販売されていたイチゴ味が「カルミン イチゴ」として復活した。
2015年3月で販売を終了、発売開始から94年の歴史に幕を下ろした。
1927年10月発売開始。サイコロ型の箱に入ったキャラメル。長年親しまれているロングセラー。なお「1」の目は旧・明治製菓時代の社章である。
2016年3月に全国販売を終了したが、同年6月から生産を担当していた子会社の道南食品により北海道限定で発売している。

ファンシー系

形はマーブル模様から、日本初の色つきチョココーティング・チョコレートとして発売。1962年から子役タレント・上原ゆかりを起用したTVコマーシャルによって爆発的売り上げをあげた。2010年7月に発売50周年を記念した大人向け「マーブル オレンジ&ビター」を発売。また2011年2月には復刻版アトムマーブル」が発売された。
  • コーヒービート
コーヒー豆の形のミニチョコ。コーヒーとチョコを合わせたかのような味。2009年8月にリニューアルし、「コーヒーミルク味」のサブネームがついた。2010年7月に発売40周年を記念した大人向け「コーヒービート ほろにが」を発売した。
1969年発売のチョコレート。形はこの年月に着陸したアポロ11号から。色違いの三角形は、大気圏再突入後、すなわち帰還時の司令船「イーグル号」をイメージしているのであってロケットそのものではない。イメージキャラクターは、うさぎのアポロちゃん。正確な比率や導入年度は不明であるが、数箱に一粒だけ上下の色が逆になっている「さかさアポロ」が入れられている。口コミによる売上増加を狙ったものといわれている。なお、2009年7月より新ブランドロゴ対応パッケージに変更の際、パッケージに記されている「チョコレート」や「明治チョコレート」が和文社名にも使用されている新和文ロゴタイプに変更されている。
形、味などからまろやかで、小さい、食べやすいチョコレート。

ほか

アイスクリーム

旧・明治乳業製品
2012年8月に発売されたプレミアム系アイスクリーム。一時販売が休止された。
  • 明治クオリッチ
  • meiji GOLD LINE(明治ゴールドライン)
2015年4月に発売されたプレミアム系チョコレートコーティングアイスバー。

ほか

過去の製品
  • Aya -彩-
  • ドレア
  • クリスピーズ

デザート

旧・明治乳業製品
  • 明治プリン
  • 明治午後のくつろぎカフェゼリー

ほか

乳製品

このカテゴリはすべて旧・明治乳業のもの

牛乳・乳飲料

  • 明治おいしい牛乳
パック入り牛乳としては近年希に見るヒット商品となり、対抗として森永乳業も「おいしい牛乳」を投入した。なお両社とも「おいしい牛乳」の商標登録は一切行っていなかった。
  • 明治おいしい低脂肪乳
生乳本来のおいしさをそのままに、乳脂肪分を1.5%に抑えた低脂肪乳。2009年9月に500ml入りを追加。
  • 明治おいしい無脂肪乳
  • 明治牛乳
  • 明治ラブ
コップ一杯(200ml)で半日分のカルシウムと鉄分を補給。葉酸も配合した低脂肪乳飲料。
  • 明治あじわう濃いめ

ヨーグルト

ブルガリアから月1回の頻度で空輸した乳酸菌を用いて国内で生産していた(現在は、市販されるブルガリアヨーグルトの乳酸菌は小田原工場(神奈川県)にて培養・維持され、そこから冷凍保存された形で全国のヨーグルト製造工場へと配られている(尚、小田原工場と言っても一般消費者向けの商品は作っていない。作っているのは、ブルガリアヨーグルト用の種菌、プロビオヨーグルトLG21用のLactobacillus gasseri 濃縮菌と先天性疾病を持つ赤ちゃん向けの特殊用途育児用粉ミルクである。特殊用途育児用粉ミルク事業は赤字であるが、育児用粉ミルクトップシェアであるという社会的使命から継続している。))。
1973年に国名使用許可を取得。
これが縁でブルガリア政府と縁が深い。
1987年に内容量を500mlから500gに変更を行うことで売り上げを大きく伸ばす(1-3月期のシェア9.6%→7-9月期にシェア14.9%)。これは、ヨーグルトの密度が水よりも重いことから、中身を減らす(500ml≒518g→500g)ことでコストダウンをし、競合他社と価格競争で勝利した故である。なお、内容量は現在450g入りである(ただし、競合他社の製品においても減容を行っているために結果的に競合他社のプレーンヨーグルトよりも内容量が多くなっており、パッケージに「大満足の450g」と表記している)。
1994 FIFAワールドカップブルガリア代表ドイツ代表を破り、準決勝進出を決めたときには「がんばれブルガリア」の新聞広告を出した。またブルガリア出身の力士琴欧洲に化粧回し(ブルガリアヨーグルトのロゴとブルガリアの国花であるバラをデザインしたもの)を提供したり、琴欧洲が同社のCMに出演したりしたこともある。
LG21乳酸菌を配合したヨーグルト。製法特許取得。
1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルト。
  • 明治プロビオヨーグルトPA-3
PA-3乳酸菌を配合したヨーグルト。
  • 明治北海道十勝ヨーグルト
北海道十勝産の生乳を使用したヨーグルト。
過去の製品

チーズ

  • 明治北海道十勝スマートチーズ
独自の「うま味乳酸菌熟成」により、濃厚でほどけるような口解けが特長。気軽に食べやすい薄型スマートタイプ。
全ラインナップで2008年-2010年モンドセレクションを3年連続受賞したカマンベールチーズで、特に「明治北海道十勝カマンベール」は3年連続で最高金賞を受賞している(「切れてるタイプ」・「ブラックペッパー入り切れてるタイプ」は3年連続金賞受賞)。

バター・マーガリン

  • 明治コーンソフト
70%の ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/02/15 14:40

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「明治_(企業)」の意味を投稿しよう
「明治_(企業)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

明治_(企業)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「明治_(企業)」のスレッドを作成する
明治_(企業)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail