このキーワード
友達に教える
URLをコピー

昭和天皇とは?

第124代天皇

在位期間
1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正15年/昭和元年12月25日午前1時25分 - 昭和64年1月7日午前6時33分

即位礼
即位礼紫宸殿の儀
1928年(昭和3年)11月10日
京都御所
大嘗祭
1928年(昭和3年)
11月14日15日
仙洞御所大嘗宮
【元号】
昭和: 1926年12月25日 - 1989年1月7日
内閣総理大臣
一覧参照

【先代】
大正天皇
【次代】
明仁
摂政宮

在位期間
1921年11月25日 - 1926年12月25日
大正10年11月25日 - 大正15年/昭和元年12月25日

【天皇】
大正天皇
【内閣総理大臣】
一覧参照

【】

【誕生】
1901年(明治34年)4月29日
22時10分
日本 東京府東京市赤坂区
青山御所
【崩御】
1989年(昭和64年)1月7日
午前6時33分
(宝算87)
日本 東京都千代田区千代田
吹上御所
大喪儀
葬場殿の儀
大喪の礼
1989年(平成元年)2月24日
新宿御苑葬場殿
【陵所】
武蔵野陵
(東京都八王子市長房町)
【追号】
昭和天皇(しょうわてんのう)
1989年(平成元年)
1月31日追号勅定
【諱】
裕仁(ひろひと)
1901年(明治34年)5月5日命名
【別称】
昭和帝(しょうわてい)
称号
迪宮(みちのみや)
【印】
若竹(わかたけ)
【元服】
1919年(大正8年)5月7日
【父親】
大正天皇
【母親】
貞明皇后
【皇后】
香淳皇后(良子女王)
1924年(大正13年)1月26日
結婚
【子女】
一覧参照

【皇嗣】
秩父宮雍仁親王
皇太子明仁親王
【皇居】
宮城・皇居
【栄典】
大勲位
学歴
学習院初等科卒業
副業
生物学者
【親署】

束帯姿の昭和天皇。袍は黄櫨染御袍、冠は立纓御冠

昭和天皇(しょうわてんのう、1901年明治34年〉4月29日 - 1989年昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇(在位:1926年大正15年/昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。裕仁(ひろひと)、称号迪宮(みちのみや)。お印若竹(わかたけ)。

1921年(大正10年)11月25日から1926年(大正15年/昭和元年)12月25日までの5年余りに渡って、父帝・大正天皇の健康状態の悪化により、摂政宮となった。

第二次世界大戦前に即位し、日本が復興するまで60年余りに亘って在位し、大日本帝国憲法下の「統治権の総攬者」としての天皇と日本国憲法下の「象徴天皇」の両方を経験した。

人物

1901年(明治34年)4月29日大正天皇(当時:皇太子嘉仁親王)の第一皇子(皇男子)として誕生する。母は、貞明皇后

弟に、秩父宮雍仁親王(淳宮雍仁親王)、高松宮宣仁親王(光宮宣仁親王)、三笠宮崇仁親王(澄宮崇仁親王)の3人がいる。

1916年(大正5年)に立太子。1921年(大正10年)に日本の皇太子として初めて欧州を歴訪(皇太子裕仁親王の欧州訪問)。帰国後に、摂政に就任。

1924年(大正13年)に、久邇宮邦彦王第一女子の良子女王(香淳皇后)と結婚。

東久邇成子(照宮成子内親王)、久宮祐子内親王鷹司和子(孝宮和子内親王)、池田厚子(順宮厚子内親王)、明仁(継宮明仁親王、第125代天皇・上皇)、常陸宮正仁親王(義宮正仁親王)、島津貴子(清宮貴子内親王)の2男5女、皇子女7人をもうける。

1926年(大正15年/昭和元年)12月25日、大正天皇の崩御に伴い皇位継承、第124代天皇として践祚する。

戦前には大日本帝国憲法において「國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬(第4条)」と規定された立憲君主たる地位にあった。歴史学者の多くは、「戦前の昭和天皇は憲法上最高決定権を有していたものの、実際には政府が決定した方針を承認するのみだった」と指摘している。一方で、軍事・外交においては、しばしば独自の判断を示すこともあり、二・二六事件における反乱軍鎮圧や、第二次世界大戦の日本の降伏において、連合国に対するポツダム宣言受諾決定などに関与した。また学者の中には、「満州事変から第二次世界大戦までの日本の拡張主義(「十五年戦争」)の国策決定に、昭和天皇が関与した」と主張する者もいる。1945年(昭和20年)8月に、ラジオでいわゆる玉音放送を行って国民に終戦を宣言した。1946年(昭和21年)には人間宣言(新日本建設ニ関スル詔書)を発して神格化を否定。占領期にはダグラス・マッカーサーとの会見などを通じて独自の政治的影響力を発揮した。

1947年(昭和22年)5月3日に施行された日本国憲法では、「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴(第1条)」である天皇(象徴天皇制)であり「国政に関する権能を有しない(第4条)」とされている。1971年(昭和46年)には天皇として初めて欧州を訪問し、1975年(昭和50年)には同じく天皇として初めてアメリカ合衆国を訪問した(いずれの外国訪問に香淳皇后同伴)。

また、昭和天皇は生物学研究者でもあり、『相模湾産後鰓類図譜』などを著した。

1989年(昭和64年)1月7日に崩御。これに伴い、長男の皇太子明仁親王皇位継承し第125代天皇に即位した。

昭和天皇は、継体天皇以降の歴代天皇の中では在位期間が最も長く(62年及び14日間)、最も長寿(宝算87)であった。

2020年(令和2年)1月1日現在、皇位継承権を有する男性皇族3名(秋篠宮文仁親王悠仁親王常陸宮正仁親王)の最近共通祖先たる天皇にあたる(詳細は「皇位継承順位」を参照)。

生涯

幼少時代

旭日旗を持つ幼いころの迪宮裕仁親王。

昭和天皇は1901年(明治34年)4月29日(午後10時10分)、東京府東京市赤坂区青山(現:東京都港区元赤坂)の青山御所(東宮御所)において明治天皇の第三皇男子で皇太子嘉仁親王(のちに践祚して大正天皇)と皇太子嘉仁親王妃節子(のちに立后して貞明皇后)の第一男子(第1子、のちに第一皇男子→大正天皇第一皇男子)として誕生した。身長は168(約51cm)、体重800(3000g)であった。

祖父の明治天皇が文事秘書官・細川潤次郎に称号・諱の候補複数を挙げさせた。

出生7日目(5月5日)に明治天皇が「称号を迪宮(みちのみや)・諱を裕仁(ひろひと)」と命名している。皇族身位は、親王

他の候補に称号は「謙宮」、諱は「雍仁」「穆仁」があった。

同じ日には宮中賢所皇霊殿神殿において「御命名の祭典」が営まれ、続いて豊明殿にて祝宴も催され出席している皇族・大臣らが唱えた「万歳」が宮中祝宴において唱えられた初めての「万歳」と言われている。

生後70日の7月7日、御養育掛となった枢密顧問官川村純義(海軍中将伯爵)邸に預けられた。1904年(明治37年)11月9日、川村の死去を受け弟・淳宮(後の秩父宮雍仁親王)とともに沼津御用邸に住居を移転した。1906年(明治39年)5月からは青山御所内に設けられた幼稚園に通い、1908年(明治41年)4月には学習院初等科に入学し、学習院院長乃木希典(陸軍大将)に教育された。また、幼少時の養育係の一人には足立たか(のち、鈴木姓。大日本帝国海軍軍人、侍従長鈴木貫太郎総理大臣夫人)もいた。

皇太子時代

闕腋袍に空頂黒幘を被った昭和天皇
1916年頃(少年時代)撮影
1919年(大正8年)4月、陸軍歩兵大尉の正衣を着用して撮影された18歳の裕仁親王。

1912年(明治45年)7月30日、祖父・明治天皇が崩御し、父・嘉仁親王が践祚したことに伴い皇太子となる。大正と改元されたあとの同年(大正元年)9月9日、「皇族身位令」の定めにより11歳で陸海軍少尉に任官し、近衛歩兵第1連隊附および第一艦隊附となった。翌1913年(大正2年)3月、高輪東宮御所へ住居を移転する。1914年(大正3年)3月に学習院初等科を卒業し、翌4月から東郷平八郎総裁(海軍大将)の東宮御学問所に入る。1915年(大正4年)10月、14歳で陸海軍中尉に昇任した。1916年(大正5年)10月には15歳で陸海軍大尉に昇任し、同年11月3日に宮中賢所立太子礼を行い正式に皇太子となった。

1918年(大正7年)1月、久邇宮邦彦王の第一女子、良子女王皇太子妃に内定。1919年(大正8年)4月29日に満18歳となり、5月7日に成年式が執り行われるとともに、帝国議会貴族院皇族議員となった。1920年(大正9年)10月に19歳で陸海軍少佐に昇任し、11月4日には天皇の名代として陸軍大演習を統監した。1921年(大正10年)2月28日、東宮御学問所修了式が行われる。

大正天皇の病状悪化のなかで、3月3日から9月3日まで、軍艦「香取」でイギリスをはじめ、フランスベルギーオランダイタリアヨーロッパ5か国を歴訪した。1921年5月9日、イギリス国王ジョージ5世(現:エリザベス2世女王の祖父)から「名誉陸軍大将(Honorary General)」に任命された。同年11月25日、20歳で摂政に就任し、摂政宮(せっしょうみや)と称した(2020年令和2年〉4月1日現在、日本史上最後の摂政である)。

皇太子裕仁親王の欧州訪問」も参照
日本統治時代の台湾台湾総督府に到着した摂政時の皇太子を出迎える騎兵隊(1923年4月)

1923年(大正12年)4月、戦艦「金剛」で台湾を視察する。

台湾行啓」も参照

9月1日には関東大震災が発生し、同年9月15日に震災による惨状を乗馬で視察し、その状況を見て結婚を延期した。10月1日に御学問開始。10月31日に22歳で陸海軍中佐に昇任した。12月27日虎ノ門附近で狙撃されるが命中せず命を取り留めた(虎ノ門事件)。1924年(大正13年)、良子女王と結婚した。1925年(大正14年)4月、赤坂東宮仮御所内に生物学御学問所を設置。8月、戦艦長門樺太を視察、10月31日に23歳で陸海軍大佐に昇任した。12月、第一女子/第1子・照宮成子内親王(のちの盛厚王妃成子内親王→東久邇成子)が誕生した。

即位

 |  | 
1928年(昭和3年)、即位の礼に際して

1926年(大正15年)12月25日、父・大正天皇の崩御を受け葉山御用邸において践祚して第124代天皇となり、「昭和(読み:しょうわ)」と改元。なお、即位に伴い皇太子は空位となり、長弟の秩父宮雍仁親王皇位継承順位第1位の皇嗣である状態が、7年後の1933年(昭和8年)12月23日皇太子明仁親王(後の第125代天皇、退位後の上皇明仁)の誕生まで続いた。1927年(昭和2年)2月7日に大正天皇の大喪を執り行った。同年6月、赤坂離宮内に水田を作り、田植えを行う。同年9月10日、第二皇女・久宮祐子内親王が誕生した。同年11月9日に行われた愛知県名古屋市での名古屋地方特別大演習の際には、軍隊内差別について直訴された(北原二等卒直訴事件)。

1928年(昭和3年)3月8日、第二皇女/第2子の久宮祐子内親王が薨去(夭折)。9月14日に赤坂離宮から宮城内へ移住した。11月10日、京都御所即位の大礼を挙行。11月14 - 15日、仙洞御所内に造営した大嘗宮で大嘗祭を挙行する。1929年(昭和4年)4月、即位後初の靖国神社を参拝。9月30日、第三皇女・孝宮和子内親王(のちの鷹司和子)が誕生した。

1931年(昭和6年)1月、宮内省(現宮内庁)・文部省(現文部科学省)は、正装姿の昭和天皇・香淳皇后の御真影を日本全国の公立学校および私立学校に下賜する。3月7日、第四皇女・順宮厚子内親王(のちの池田厚子)が誕生する。1932年(昭和7年)1月8日、桜田門外を馬車で走行中に手榴弾を投げつけられる(桜田門事件)。

1933年(昭和8年)12月23日、自身の5人目の子にして待望の第一皇子(皇太子)・継宮明仁親王(のちの第125代天皇(現上皇)・明仁)が誕生し、国民から盛大に歓迎祝賀される。1935年(昭和10年)4月には日本を公式訪問する満州国皇帝溥儀(朝最後の皇帝)を東京駅に迎えた。11月28日には第二皇子・義宮正仁親王(のちの常陸宮)が誕生した。

日中戦争と第二次世界大戦

昭和天皇御前の大本営会議の様子
(1943年(昭和18年)4月29日 朝日新聞掲載)

1937年(昭和12年)11月30日、日中戦争(当時の呼称:支那事変)の勃発を受けて宮中に大本営を設置。1938年(昭和13年)1月11日、御前会議で「支那事変処理根本方針」を決定する。1939年(昭和14年)3月2日、自身の末子になる第五皇女・清宮貴子内親王(のちの島津貴子)が誕生する。

1941年(昭和16年)12月1日に御前会議で対イギリスおよびアメリカ開戦を決定し、12月8日に自身の名で「米国及英国ニ対スル宣戦ノ布告」を出し、大東亜戦争が勃発する。1942年(昭和17年)12月11日から13日にかけて、伊勢神宮へ必勝祈願の行幸。同年12月21日には御前会議を開いた。1943年(昭和18年)1月8日、宮城吹上御苑内の御文庫に良子皇后とともに移住した。同年5月31日に御前会議において「大東亜政略指導大綱」を決定する。

1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲を受け、その8日後の3月18日に昭和天皇は東京都内の被災地を視察した。同年5月26日の空襲では宮城に攻撃を受け、宮殿が炎上した。連合国によるポツダム宣言の受諾を決断し、8月10日の御前会議にていわゆる「終戦の聖断」を披瀝した。8月14日の御前会議でポツダム宣言の受諾を決定し、終戦の詔書を出した(日本の降伏)。同日にはこれを自ら音読して録音し、8月15日ラジオ放送において自身の臣民に終戦を伝えた(玉音放送)。この放送における「堪へ難きを堪へ、忍ひ難きを忍ひ」の一節は終戦を扱った報道特番などでたびたび紹介され、よく知られている。

昭和天皇は9月27日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)を率いるダグラス・マッカーサーとの会見のため駐日アメリカ合衆国大使館を初めて訪問した。11月13日に、伊勢神宮へ終戦の報告親拝を行った。また、同年には神武天皇の畝傍山陵(現在の奈良県橿原市大久保町に所在)、祖父・明治天皇の伏見桃山陵(現在の京都府京都市伏見区桃山町古城山に所在)、父・大正天皇の多摩陵(現在の東京都八王子市長房町に所在)にも親拝して終戦を報告した。

「象徴天皇」として

1956年(昭和31年)11月、国家元首国賓としては戦後初となるエチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世を迎えての宮中晩餐会にのぞむ昭和天皇と香淳皇后。

戦後、昭和天皇は1946年(昭和21年)1月1日の年頭詔書(いわゆる人間宣言)により、「天皇の神格性」や「世界ヲ支配スベキ運命」などを否定し、「新日本建設への希望」を述べた。2月19日、戦災地復興視察のため神奈川県横浜市へ行幸、以後1949年(昭和29年)まで全国各地を巡幸した。行幸に際しては、迎える国民に向かって食事のことなど、生活に密着した数多くの質問をした。行幸の時期も、東北地方行幸の際には近臣の「涼しくなってからでいいのでは」との反対を押し切り、「東北の農業は夏にかかっている」という理由での季節時期を選ぶなど

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/02 03:57

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「昭和天皇」の意味を投稿しよう
「昭和天皇」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

昭和天皇スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「昭和天皇」のスレッドを作成する
昭和天皇の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail