このキーワード
友達に教える
URLをコピー

最多盗塁_(日本プロ野球)とは?

最多盗塁(さいたとうるい)は、日本野球機構における個人タイトルの一つ。盗塁王(とうるいおう)とも称する。

概要

レギュラーシーズン1年間を通じて盗塁の数が最も多い選手に与えられる賞でセントラル・リーグパシフィック・リーグの各リーグ毎に選出される。

セントラル・リーグでは、野手が取れるタイトルの中で唯一、外国人選手の受賞者がいない。

盗塁の数が最も多い選手が規定打席に到達していなくても選出対象となり、現在までに1リーグ時代に1例、セントラル・リーグで7例、パシフィック・リーグで2例ある。また、盗塁成功率は度外視されており、盗塁成功率に差があっても数が同じならば複数人受賞することになる。

歴代盗塁王

1リーグ時代

【年度】
【選手名】
【所属球団】
盗塁数
1936年秋 | 苅田久徳 | 東京セネタース | 16
1937年春 | 山口政信 | 大阪タイガース | 29
1937年秋 | 島秀之助 | 名古屋金鯱軍 | 22
鬼頭数雄 | ライオン軍
1938年春 | 江口行男 | 名古屋金鯱軍 | 14
1938年秋 | 佐々木常助 | 名古屋金鯱軍 | 20
1939年 | 山田伝 | 阪急軍 | 30
五味芳夫 | 名古屋金鯱軍
1940年 | 石田政良 | 名古屋軍 | 32
1941年 | 坪内道則 | 朝日軍 | 26
1942年 | 坪内道則 | 朝日軍 | 44
1943年 | 山田伝 | 阪急軍 | 56
1944年 | 呉昌征 | 阪神軍 | 19
呉新亨 | 東京巨人軍
1946年 | 河西俊雄 | 近畿グレートリング | 39
1947年 | 河西俊雄 | 南海ホークス | 53
1948年 | 河西俊雄 | 南海ホークス | 66
1949年 | 木塚忠助 | 南海ホークス | 59

2リーグ制後

【年度】
セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ
【選手名】
【所属球団】
【盗塁数】
【選手名】
【所属球団】
盗塁数
1950年 | 金山次郎 | 松竹ロビンス | 74 | 木塚忠助 | 南海ホークス | 78
1951年 | 土屋五郎 | 国鉄スワローズ | 52 | 木塚忠助 | 南海ホークス | 55
1952年 | 金山次郎 | 松竹ロビンス | 63 | 木塚忠助 | 南海ホークス | 55
1953年 | 金山次郎 | 広島カープ | 58 | L.レインズ | 阪急ブレーブス | 61
1954年 | 吉田義男 | 大阪タイガース | 51 | 鈴木武 | 近鉄パールス | 71
1955年 | 本多逸郎 | 中日ドラゴンズ | 42 | 森下正夫 | 南海ホークス | 59
1956年 | 吉田義男 | 大阪タイガース | 50 | 河野旭輝 | 阪急ブレーブス | 85
1957年 | 飯田徳治 | 国鉄スワローズ | 40 | 河野旭輝 | 阪急ブレーブス | 56
1958年 | 岡嶋博治 | 中日ドラゴンズ | 47 | R.バルボン | 阪急ブレーブス | 38
1959年 | 岡嶋博治 | 中日ドラゴンズ | 41 | R.バルボン | 阪急ブレーブス | 38
1960年 | 中利夫 | 中日ドラゴンズ | 50 | R.バルボン | 阪急ブレーブス | 32
1961年 | 近藤和彦 | 大洋ホエールズ | 35 | 広瀬叔功 | 南海ホークス | 42
1962年 | 河野旭輝 | 中日ドラゴンズ | 26 | 広瀬叔功 | 南海ホークス | 50
1963年 | 高木守道 | 中日ドラゴンズ | 50 | 広瀬叔功 | 南海ホークス | 45
1964年 | 古葉竹識 | 広島カープ | 57 | 広瀬叔功 | 南海ホークス | 72
1965年 | 高木守道 | 中日ドラゴンズ | 44 | 広瀬叔功 | 南海ホークス | 39
1966年 | 柴田勲 | 読売ジャイアンツ | 46 | 山本公士 | 阪急ブレーブス | 32
1967年 | 柴田勲 | 読売ジャイアンツ | 70 | 西田孝之 | 東京オリオンズ | 32
1968年 | 古葉竹識 | 広島東洋カープ | 39 | 安井智規 | 近鉄バファローズ | 54
1969年 | 柴田勲 | 読売ジャイアンツ | 35 | 阪本敏三 | 阪急ブレーブス | 47
1970年 | 東条文博 | ヤクルトアトムズ | 28 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 75
1971年 | 高田繁 | 読売ジャイアンツ | 38 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 67
1972年 | 柴田勲 | 読売ジャイアンツ | 45 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 106
1973年 | 高木守道 | 中日ドラゴンズ | 28 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 95
1974年 | 中塚政幸 | 大洋ホエールズ | 28 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 94
1975年 | 大下剛史 | 広島東洋カープ | 44 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 63
1976年 | 衣笠祥雄 | 広島東洋カープ | 31 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 62
1977年 | 柴田勲 | 読売ジャイアンツ | 34 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 61
1978年 | 柴田勲 | 読売ジャイアンツ | 34 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 70
1979年 | 高橋慶彦 | 広島東洋カープ | 55 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 60
1980年 | 高橋慶彦 | 広島東洋カープ | 38 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 54
1981年 | 青木実 | ヤクルトスワローズ | 34 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 54
1982年 | 松本匡史 | 読売ジャイアンツ | 61 | 福本豊 | 阪急ブレーブス | 54
1983年 | 松本匡史 | 読売ジャイアンツ | 76 | 大石大二郎 | 近鉄バファローズ | 60
1984年 | 高木豊 | 横浜大洋ホエールズ | 56 | 大石大二郎 | 近鉄バファローズ | 46
1985年 | 高橋慶彦 | 広島東洋カープ | 73 | 松永浩美 | 阪急ブレーブス | 38
1986年 | 屋鋪要 | 横浜大洋ホエールズ | 48 | 西村徳文 | ロッテオリオンズ | 36
平野謙 | 中日ドラゴンズ
1987年 | 屋鋪要 | 横浜大洋ホエールズ | 48 | 西村徳文 | ロッテオリオンズ | 41
大石第二朗 | 近鉄バファローズ
1988年 | 屋鋪要 | 横浜大洋ホエールズ | 33 | 西村徳文 | ロッテオリオンズ | 55
1989年 | 正田耕三 | 広島東洋カープ | 34 | 西村徳文 | ロッテオリオンズ | 42
1990年 | 緒方耕一 | 読売ジャイアンツ | 33 | 秋山幸二 | 西武ライオンズ | 51
野村謙二郎 | 広島東洋カープ
1991年 | 野村謙二郎 | 広島東洋カープ | 31 | 大野久 | 福岡ダイエーホークス | 42
1992年 | 飯田哲也 | ヤクルトスワローズ | 33 | 佐々木誠 | 福岡ダイエーホークス | 40
1993年 | 緒方耕一 | 読売ジャイアンツ | 24 | 大石大二郎 | 近鉄バファローズ | 31
石井琢朗 | 横浜ベイスターズ
1994年 | 野村謙二郎 | 広島東洋カープ | 37 | 佐々木誠 | 西武ライオンズ | 37
1995年 | 緒方孝市 | 広島東洋カープ | 47 | イチロー | オリックス・ブルーウェーブ | 49
1996年 | 緒方孝市 | 広島東洋カープ | 50 | 村松有人 | 福岡ダイエーホークス | 58
1997年 | 緒方孝市 | 広島東洋カープ | 49 | 松井稼頭央 | 西武ライオンズ | 62
1998年 | 石井琢朗 | 横浜ベイスターズ | 39 | 松井稼頭央 | 西武ライオンズ | 43
小坂誠 | 千葉ロッテマリーンズ
1999年 | 石井琢朗 | 横浜ベイスターズ | 39 | 松井稼頭央 | 西武ライオンズ | 32
2000年 | 石井琢朗 | 横浜ベイスターズ | 35 | 小坂誠 | 千葉ロッテマリーンズ | 33
2001年 | 赤星憲広 | 阪神タイガース | 39 | 井口資仁 | 福岡ダイエーホークス | 44
2002年 | 赤星憲広 | 阪神タイガース | 26 | 谷佳知 | オリックス・ブルーウェーブ | 41
2003年 | 赤星憲広 | 阪神タイガース | 61 | 井口資仁 | 福岡ダイエーホークス | 42
2004年 | 赤星憲広 | 阪神タイガース | 64 | 川﨑宗則 | 福岡ダイエーホークス | 42
2005年 | 赤星憲広 | 阪神タイガース | 60 | 西岡剛 | 千葉ロッテマリーンズ | 41
2006年 | 青木宣親 | 東京ヤクルトスワローズ | 41 | 西岡剛 | 千葉ロッテマリーンズ | 33
2007年 | 荒木雅博 | 中日ドラゴンズ | 31 | 片岡易之 | 西武ライオンズ | 38
2008年 | 福地寿樹 | 東京ヤクルトスワローズ | 42 | 片岡易之 | 埼玉西武ライオンズ | 50
2009年 | 福地寿樹 | 東京ヤクルトスワローズ | 42 | 片岡易之 | 埼玉西武ライオンズ | 51
2010年 | 梵英心 | 広島東洋カープ | 43 | 本多雄一 | 福岡ソフトバンクホークス | 59
片岡易之 | 埼玉西武ライオンズ
2011年 | 藤村大介 | 読売ジャイアンツ | 28 | 本多雄一 | 福岡ソフトバンクホークス | 60
2012年 | 大島洋平 | 中日ドラゴンズ | 32 | 聖澤諒 | 東北楽天ゴールデンイーグルス | 54
2013年 | 丸佳浩 | 広島東洋カープ | 29 | 陽岱鋼 | 北海道日本ハムファイターズ | 47
2014年 | 梶谷隆幸 | 横浜DeNAベイスターズ | 39 | 西川遥輝 | 北海道日本ハムファイターズ | 43
2015年 | 山田哲人 | 東京ヤクルトスワローズ | 34 | 中島卓也 | 北海道日本ハムファイターズ | 34
2016年 | 山田哲人 | 東京ヤクルトスワローズ | 30 | 糸井嘉男 | オリックス・バファローズ | 53
金子侑司 | 埼玉西武ライオンズ
2017年 | 田中広輔 | 広島東洋カープ | 35 | 西川遥輝 | 北海道日本ハムファイターズ | 39
2018年 | 山田哲人 | 東京ヤクルトスワローズ | 33 | 西川遥輝 | 北海道日本ハムファイターズ | 44
2019年 | 近本光司 | 阪神タイガース | 36 | 金子侑司 | 埼玉西武ライオンズ | 41

盗塁王に関する記録

脚注

注釈

  1. ^ 1リーグ時代の該当者は、 セ・リーグの該当者は、 パ・リーグの該当者は、
  2. ^ 複数人受賞で盗塁成功率に1割以上差がある例を挙げると、1990年セ・リーグ盗塁王は緒方耕一が7割3分3厘(12盗塁死)なのに対し、野村謙二郎は5割8分9厘(23盗塁死)、1993年セ・リーグ盗塁王は緒方耕一が8割2分8厘(5盗塁死)なのに対し、石井琢朗は6割(16盗塁死)である。
  3. ^ 2016年パ・リーグ盗塁王の糸井嘉男金子侑司は盗塁成功率も一致している。

出典

関連項目

セントラル・リーグ盗塁王
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


パシフィック・リーグ盗塁王
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


盗塁王(日本プロ野球1リーグ時代)

1945年は太平洋戦争のため中断

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/09/21 02:14

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「最多盗塁_(日本プロ…」の意味を投稿しよう
「最多盗塁_(日本プロ野球)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

最多盗塁_(日本プロ野球)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「最多盗塁_(日本プロ野球)」のスレッドを作成する
最多盗塁_(日本プロ野球)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail