このキーワード
友達に教える
URLをコピー

朝日新聞社とは?

種類
株式会社
【機関設計】
監査役会設置会社
【略称】
朝日、朝日新聞
【本社所在地】
日本
104-8011
東京都中央区築地五丁目3番2号
【本店所在地】
530-8211
大阪府大阪市北区中之島二丁目3番18号
【設立】
1879年(明治12年)1月8日
業種
情報・通信業
法人番号
6120001059605
【事業内容】
新聞の制作、発行及び販売
【代表者】
渡辺雅隆(代表取締役社長)
【資本金】
6億50百万円
【発行済株式総数】
3,200,000株
【売上高】
連結:3,750億20百万円
単体:2,454億82百万円
(2019年3月期)
【営業利益】
連結:89億10百万円
単体:42億80百万円
(2019年3月期)
【純利益】
連結:109億77百万円
単体:51億03百万円
(2019年3月期)
【従業員数】
単体:3,957名(2019年3月期)
【決算期】
3月31日
【会計監査人】
有限責任あずさ監査法人
【主要株主】

朝日新聞社従業員持株会 25.05%

株式会社テレビ朝日ホールディングス 11.88%
村山美知子 11.02%
上野聖二 11.02%
公益財団法人香雪美術館10.00%
凸版印刷株式会社 7.31%
朝日放送株式会社 2.31%
上野貴生 1.56%
上野信三 1.54%
小西勝英 1.11%(2019年3月31日現在)
【主要子会社】
(株)朝日学生新聞社 98.9%
(株)アサヒ・ファミリー・ニュース社 100.0%
(株)朝日新聞出版 100.0%
朝日新聞アメリカ社 100.0%
(株)朝日オリコミ 48.8%
(株)朝日プリンテック 100.0%%
(株)朝日エージェンシー 79.9%
朝日新聞販売サービス(株) 100%
(株)朝日ビルディング 100%
(株)朝日カルチャーセンター 66.6%
(株)朝日新聞リアルエステート 100.0%
朝日建物管理(株) 100.0%
朝日新聞総合サービス(株) 100.0%
(2019年3月31日現在)
【関係する人物】
村山龍平(創業者の一人)
上野理一(創業者の一人)
【外部リンク】
https://www.asahi.com/corporate/
特記事項:

株式会社朝日新聞社(あさひしんぶんしゃ、英語: The Asahi Shimbun Company)は、全国紙朝日新聞』を発行する日本新聞社である。新聞以外に雑誌書籍出版や芸術作品の展示・公演、スポーツ大会の開催などの事業活動も行う。

新聞販売店の名称は「ASA」(朝日新聞サービスアンカー, Asahi Shimbun Service Anchor)であり、日本全国で約3000か所、従業員数約7万8,000人を擁する。日本ABC協会の調査によると海外を含む 2019年5月の総販売部数は朝刊約552万部で日本二位

創立は1879年(明治12年)1月8日、日本国内の本支社数は5社、取材拠点は293か所、印刷拠点は24か所であり、日本国外機関は34拠点存在する。

組織体制

2020年6月24日現在


社長人事

政治部出身者が二代続けて社長となった秋山耿太郎木村伊量までは、政治部出身者と経済部出身者が交互に社長になることが5回続いていた。社会部出身者からは現社長の渡辺雅隆が、村山事件を受けて社長に就任した美土路昌一以来の社長となった。

経済部出身の広岡知男社長の後任の社長レースは、同じく経済部出身の渡辺誠毅副社長と社会部出身の田代喜久雄専務が争って渡辺副社長が勝ち、渡辺社長の後任の社長レースは、政治部出身の一柳東一郎副社長(元田代専務派)と社会部出身の伊藤牧夫専務(渡辺社長派)が争って一柳副社長が勝った。このことから、政治部内では社会部のことを「朝日の参議院」と呼んでいる。

2005年(平成17年)、経済部出身の箱島信一社長が武富士広告費問題で辞任。後任には専務三人のうち経済部出身の君和田正夫は別として残り2人の内海紀雄坂東愛彦、さらに常務筆頭の小林泰宏といった社会部出身からは選ばれず、常務第三席で政治部出身の秋山耿太郎が5人抜きで昇格した。

本社・支社・本部

東京本社
大阪本社
西部本社
名古屋本社
北海道支社
福岡本部

取材拠点

国内

44都府県庁所在地には「総局」、都道府県内主要都市には246ヶ所の「支局」を置いている。なお、総局が置かれていない3道府県庁所在地については、当該の本社・支社内に愛知県北海道には「報道センター」、大阪府には「社会部大阪版」が置かれ、総局の機能を担っている。

海外

ワシントンDC(アメリカ)、ロンドン(ヨーロッパ)、カイロ(中東アフリカ)、バンコク(アジア)、北京(中国)には括弧内の名称の総局を置いている。また、総局の配下には29の支局が主要都市に置かれ、重大事件の際は総局・支局が協力して対応する。国際版の印刷拠点はメヘレンニューヨークロサンゼルスシンガポール香港の5ヶ所である。

  • ヨーロッパ総局(ロンドン)
    • パリ支局
    • ベルリン支局
    • ブリュッセル支局
    • ジュネーブ支局
    • ウィーン支局
    • ローマ支局
    • モスクワ支局
    • ウラジオストク支局
  • 中東アフリカ総局(カイロ)
    • エルサレム支局
    • テヘラン支局
    • ナイロビ支局
    • バグダッド支局
    • ドバイ支局
  • アジア総局(バンコク)
    • シンガポール支局
    • ジャカルタ支局
    • マニラ支局
    • ニューデリー支局
    • イスラマバード支局
    • ソウル支局
    • ハノイ支局
  • 中国総局(北京)
    • 上海支局
    • 広州支局
    • 瀋陽支局
    • 台北支局
    • 香港支局
  • アメリカ総局(ワシントン)
    • ニューヨーク支局
    • ロサンゼルス支局
    • サンパウロ支局
    • ハバナ支局

社旗・社章

社旗社章とも同じデザインである。

旭旗を素に白地に赤く朝日を表したもの。朝日の部分に題字と同じ書体で白く「朝」の文字が入る。左から昇る朝日(北海道支社東京本社)と右から昇る朝日(名古屋本社大阪本社西部本社)の2種類がある。

株主

創業家の村山家と上野家の保有割合が多いのが特徴。

2008年(平成20年)6月6日、社主の一人である村山美知子は自身の保有する株式のうち38万株(11.88%)をテレビ朝日に、31万9千株を自身が理事長を務める財団法人香雪美術館に譲渡した。

2009年(平成21年)5月、朝日新聞社従業員持株会が筆頭株主となる。

主要株主(2019年3月31日現在)

沿革

朝日新聞に関する沿革は朝日新聞#沿革を参照
2010Happy Mail