このキーワード
友達に教える
URLをコピー

札幌テレビ放送とは?

この記事はノートページで提案された無出典記述除去の提案議論により、大幅な除去が実施されています。記述復旧の際は特別:固定リンク/73061191を参照の上、必ず出典を明記して復旧するようお願い致します。
札幌テレビ放送株式会社
The Sapporo Television Broadcasting Co.,Ltd.

本社・札幌放送局(札幌テレビ放送会館)

種類
株式会社
【機関設計】
監査役会設置会社
【略称】
STV、札幌テレビ
【本社所在地】
日本
060-8705
北海道札幌市中央区北1条西8丁目1-1
【設立】
1958年4月8日
業種
情報・通信業
法人番号
5430001020206
【事業内容】
一般放送(テレビジョン放送)事業など
【代表者】
根岸豊明(代表取締役社長)
【資本金】
7億50百万円
【発行済株式総数】
3,000株(2016年3月31日現在)
【売上高】
連結:187億91百万円
単体:156億71百万円
(2016年3月期)
【営業利益】
連結:13億88百万円
単体:10億89百万円
(2016年3月期)
【経常利益】
連結:15億28百万円
単体:12億75百万円
(2016年3月期)
【純利益】
連結:11億97百万円
単体:10億20百万円
(2016年3月期)
【純資産】
連結:291億44百万円
単体:247億90百万円
(2016年3月31日現在)
【総資産】
連結:379億9百万円
単体:292億59百万円
(2016年3月31日現在)
【従業員数】
連結:386名
単体:197名
(2016年3月31日現在)
【決算期】
3月31日
【会計監査人】
有限責任あずさ監査法人
【主要株主】
日本テレビ放送網株式会社 24.80%
株式会社読売新聞東京本社 9.87%
公益財団法人日本テレビ小鳩文化事業団 7.30%
北海道電力株式会社 6.33%
株式会社北洋銀行 4.53%
株式会社北海道銀行 4.53%
第一生命保険株式会社 4.00%
讀賣テレビ放送株式会社 4.00%
中京テレビ放送株式会社 3.20%
株式会社福岡放送 3.13%
【主要子会社】
エス・テー・ビー興発株式会社 100%
株式会社札幌映像プロダクション 100%
株式会社エス・テー・ビー開発センター 100%
株式会社STVラジオ 100%
エステービー・メディアセンター株式会社
【外部リンク】
https://www.stv.jp/
【札幌テレビ放送】

【英名】
The Sapporo Television
Broadcasting Co.,Ltd.

放送対象地域
北海道
ニュース系列
NNN
番組供給系列
NNS
【略称】
STV
愛称
札幌テレビ
呼出符号
JOKX-DTV
呼出名称
STVデジタルテレビジョン
【開局日】
1959年4月1日
本社
〒060-8705
北海道札幌市中央区北1条西8丁目1-1
演奏所
本社と同じ
リモコンキーID
5
デジタル親局 札幌 21ch
【主なデジタル中継局】
旭川 23ch
函館 15ch
室蘭 22ch
網走 16ch
帯広 21ch
釧路 31ch
【公式サイト】
https://www.stv.jp/tv/
特記事項:
デジタルテレビジョン放送では、札幌局(親局)以外にコールサインが付与されない。

札幌テレビ放送株式会社(さっぽろテレビほうそう)は、北海道放送対象地域としたテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者。略称はSTV、通称は札幌テレビコールサインはJOKX-DTV。NNN/NNS系列に属する。

会社概要

概要

取材ヘリ(ユーロコプタードーファン)
北海道航空が運航
札幌テレビ放送(STV)中継車

開局当初はテレビ単営局であったが1962年12月15日よりAMラジオ放送も開始し、『テレビが先行開局し、その後ラジオ放送を開始』した全国唯一のラジオ・テレビ兼営局であったが、2005年にラジオ部門を分社しラジオ放送免許は株式会社STVラジオに継承され、STV自体はテレビ単営局に戻った(詳細は後述)。

マスコットキャラクターは「どさんこくん」(2018年1月1日 - )、キャッチフレーズは「どんどんどさんこ」。

視聴率

テレビ視聴率は1992年度から全日(6~24時)で24年連続首位。これは全国民放最長の記録。1993年から2004年まで4冠を続けていたが、2005年、2006年、そして2007年の年間視聴率ではUHBゴールデンタイムプライムタイムの2冠を奪われて視聴率4冠を逃した。2008年からは再び4冠に返り咲き、2016年まで9年連続4冠を獲得している。また2006年7月には、月間視聴率でもUHBに全日・ゴールデン・プライムの3冠を奪われたため、月間全日視聴率首位の記録は153ヶ月(1993年10月-2006年6月)で止まった。

ラジオ部門の分社化

詳細は「STVラジオ#概要」を参照

主要取引銀行

沿革

旧放送会館(1961年頃)

発端は北海道開発庁の諮問機関である北海道開発審議会での黒澤酉蔵議長(北海道製酪販売組合連合会(酪連。現在の雪印メグミルク)創業者。当時北海タイムス会長)、菊池吉次郎特別委員(当時北海タイムス社長。小樽新聞(読売新聞社が戦前道内で発行していた新聞)出身。札幌テレビで初代社長( - 1961年5月25日)、のち相談役( - 1967年5月26日)を歴任)、栗林徳一委員(栗林商会代表。札幌テレビで非常勤取締役を歴任( - 1981年12月27日))、萩原吉太郎(北炭社長)委員らの雑談であった。

北海道に新たな民放向けテレビチャンネルが割り当てられることになり、当時北海道新聞(道新)の対抗紙として発行されていた地方紙の北海タイムス(現在は廃刊)は、道新が北海道放送(HBC)と親密な関係であったことに対抗すべく、放送局開設を決意し免許を申請した。 一方、日本テレビも一企業による全国放送を行うべく、函館放送局、次いで札幌放送局の免許を申請。さらに産経新聞札幌支局を中心に真藤慎太郎(元日魯漁業(現マルハニチロ)副社長)と結びついた一派が免許を申請した他、北海道に進出していた東京急行電鉄毎日新聞社が手を組み、鹿内信隆(由仁町出身。当時フジテレビ専務取締役)とも結びついて免許を申請した。これらの各派を萩原が取りまとめて「札幌テレビ放送」として一本化した。 このため、開局当初から日本テレビとの関係が強く、またフジテレビとの関係も深かった。ただし、当初は「準教育局」として免許されたことから、学校放送を放送するため日本教育テレビ(NETテレビ、現在のテレビ朝日)ともネットを結んだ。創立事務局長は大輪武治北炭財務課長が務めた。

ラテ兼営時代

午前中の学校放送は日本教育テレビから、午後の教養・娯楽番組を日本テレビからネット。

ラジオ分社後

分社後のラジオについては「STVラジオ#沿革」を参照
※これ以降はテレビについての出来事のみ記述する。

ネットワークの変遷

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年4月)

1959年
4月1日 - 開局。一般番組は日本テレビを中心に、教育番組をNETテレビから受けることと定めた。
12月1日 - 北海道放送(HBC)より日本テレビ(YTV含む)制作番組が完全移行。引き換えにラジオ東京制作番組のほとんどがHBCに移行。
1962年
4月1日 - HBCとNETテレビ制作番組を交換(教育番組と一部の一般番組をHBCへ移行。引き換えに一般番組を移行させた)。このほかフジテレビ制作番組も一部HBCから移行。この時点で編成的には日本テレビとフジテレビのクロスネット状態になる。
1964年
10月1日 - FNSの前身である7都市幹線ネットワークに参加。正式に日本テレビとフジテレビのクロスネット局に。
1966年
4月1日 - HBCからフジテレビ制作番組が完全移行。同時にニュースネットワークNNNに加盟。ニュースは日本テレビマストバイと定める。
1969年
4月1日 - NETテレビ制作番組が北海道テレビ放送(HTB)に完全移行(HTBは1968年11月3日に開局したが、全道でのテレビ放送が開始されたこの日までの間は視聴者保護の観点から、NETテレビ制作番組を一般番組に限りHBCとともに引き続き放送していた)。ただし、MBS制作番組は一部残る。
10月1日 - FNSに加盟(ニュースネットワークFNNには最後まで加盟しなかった)。
1972年
3月31日 - FNSを脱退。
6月14日 - NNS発足に参加。
10月1日 - フジテレビ制作番組が北海道文化放送(UHB)に完全移行し、日本テレビ系列のマストバイ局となる(UHBは1972年4月1日に開局したが、全道でのテレビ放送が開始されたこの日までの間は視聴者保護の観点から、引き続きフジテレビの番組を放送していた)。
1975年
3月31日 - いわゆる「大阪腸捻転」解消のため、MBS制作番組がHBCに完全移行。

クロスネット時代の編成

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年4月)

1964年10月に「7都市幹線ネットワーク」へ参加してから、1972年4月にUHBが開局するまでの間は日本テレビとフジテレビのクロスネット局であった。しかしニュースネットワークは日本テレビ系のNNNのみに所属し、フジテレビ系のFNNには加盟しなかった。また、フジサンケイグループはSTVとの上位の資本関係はなかった一方、役員は派遣していた。

ニュース番組に限っては全て日本テレビ制作のニュース番組となっていた。このため、フジテレビは札幌支局を開設し、ニュース取材のみを別に受け持っていた。通常、FNNのニュース取材用支局は系列局がないエリアをカバーするために設置されるが、系列局がありながらニュース取材のみ別対応となっていたのは札幌支局が唯一の例となった。なお、1972年にFNN・FNSマストバイ局のUHBが開局したため、フジテレビ札幌支局は撤退した。

一般番組は双方のキー局から番組供給を受けて編成を組んだため、ゴールデンタイム・プライムタイムでも遅れネットの割合が比較的高かった。

平日20時から放送していたフジテレビ系ナイター中継の兼ね合いなどからゴールデン・プライムの編成は火曜日と木曜日がフジテレビ。土日は日本テレビ。月曜日はややフジテレビ寄り。水曜日はフジテレビと日本テレビで折半。金曜日はやや日本テレビ寄りであった。土曜の日中は大半がフジテレビ。日曜の日中は12時15分からの「ズバリ!当てましょう」以外は日本テレビ中心で編成が組まれていた。ゴールデンで放送できない30分番組は主に平日18時~18時30分に放送。深夜帯は「11PM」が放送された後、フジテレビ系の遅れ番組というパターンが多かった。ゴールデンとプライムの編成比率は日本テレビ系がやや上回っていたものの、平日の帯番組はフジテレビ系の番組が多く放送されていた。

平日の日本テレビ製作番組は「おはようこどもショー」「ロンパールーム」「お昼のワイドショー」「夕方15分アニメ枠」「お笑いネットワーク(読売テレビ制作)」「ごちそうさま」など。フジテレビ製作番組は「小川宏ショー」「東海テレビ制作昼の帯ドラマ」「ライオン奥様劇場」「タワーバラエティ」「3時のあなた」など。平日の帯番組はフジテレビの比率が高めであった。

UHB開局の際、フジテレビ制作番組のうち「3時のあなた」「江崎グリコ枠」「キンカン素人民謡名人戦」「ナショナルエレック料理教室(関西テレビ制作)」といった大型スポンサーがついた番組はVHF波からUHF波のUHBに移る事をスポンサーサイドが拒否したため(UHF対応テレビの普及率の低さから)、引き続きSTVで放送した例もある。ただしUHBは札幌オリンピックを見据え、正式開局前である1972年1月14日からサービス放送を始めるという異例の対応をしたため、1972年1月改編をもってSTVでの放送が打ち切りとなった番組もいくつか存在する(「サザエさん」「タワーバラエティ」など)。

資本構成

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:

2016年3月31日

【資本金】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
7億5000万円 | 25万円 | 3,000株 | 136
【株主】
【株式数】
【比率】
議決権
日本テレビ放送網 | 744株 | 24.80% | 27.33%
読売新聞東京本社 | 296株 | 09.86% | 10.87%
日本テレビ小鳩文化事業団 | 219株 | 07.30% | 08.04%
北海道電力 | 190株 | 06.33% | 06.98%
北洋銀行 | 136株 | 04.53% | 04.99%
北海道銀行 | 136株 | 04.53% | 04.99%
第一生命保険 | 120株 | 04.00% | 04.40%
讀賣テレビ放送 | 120株 | 04.00% | 04.40%
中京テレビ放送 | 096株 | 03.20% | 03.52%
福岡放送 | 094株 | 03.13% | 03.45%
※自己株式 | 278株 | 09.26% | 00.00%

過去の資本構成

1978年3月31日
【資本金】
【1株】
発行済株式総数
7億5000万円 | 500円 | 1,500,000株
【株主】
【株式数】
比率
萩原吉太郎 | 150,000株 | 10.00%
日本テレビ放送網 | 145,000株 | 09.66%
三井観光開発 | 142,010株 | 09.46%
山本達雄 | 092,600株 | 06.17%
読売新聞社 | 086,000株 | 05.73%
第一生命保険 | 060,000株 | 04.00%
1992年3月31日
【資本金】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
7億5000万円 | 500円 | 1,500,000株 | 835
【株主】
【株式数】
比率
萩原吉太郎 | 150,000株 | 10.00%
日本テレビ放送網 | 145,000株 | 09.66%
三井観光開発 | 145,000株 | 09.66%
山本達雄 | 126,260株 | 08.41%
読売新聞社 | 086,000株 | 05.73%
小林與三次 | 079,500株 | 05.30%
第一生命保険 | 060,000株 | 04.00%
2003年3月31日
【資本金】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
7億5000万円 | 500円 | 1,500,000株 | 847
【株主】
【株式数】
比率
三井観光開発 | 200,120株 | 13.34%
北海道不動産 | 199,860株 | 13.32%
日本テレビ放送網 | 145,000株 | 09.66%
伊坂重孝 | 144,840株 | 09.65%
日本テレビ系列愛の小鳩事業団 | 110,000株 | 07.30%
読売新聞社 | 086,000株 | 05.73%
2005年3月31日
【資本金】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
7億5000万円 | 500円 | 1,500,000株 | 802
【株主】
【株式数】
比率
日本テレビ放送網 | 209,000株 | 13.93%
三井観光開発 | 200,000株 | 13.34%
北海道不動産 | 144,000株 | 09.62%
日本テレビ系列愛の小鳩事業団 | 110,000株 | 07.30%
読売新聞東京本社 | 086,000株 | 05.73%
エルムリース | 079,000株 | 05.30%
北商コーポレーション | 071,000株 | 04.70%
第一生命保険 | 060,000株 | 04.00%
北洋銀行 | 050,000株 | 03.33%
北海道銀行 | 050,000株 | 03.33%
ヨミックス | 050,000株 | 03.33%

本社スタジオ

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年4月)

STVニュース情報センター「D・Tera・s」
2010Happy Mail