このキーワード
友達に教える
URLをコピー

朴永訓とは?

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年1月)

朴 永訓(パク・ヨンフン、박영훈、ぼく えいくん、1985年4月1日 - )は、韓国囲碁棋士ソウル出身、韓国棋院所属、崔珪昞九段門下、九段。沖岩高等学校卒業。富士通杯中環杯で世界棋戦優勝3回、棋聖戦4連覇など。ヨセの名手で「第2の神算」と言われる。

目次

  • 1 経歴
  • 2 タイトル歴
    • 2.1 国際棋戦
    • 2.2 国内棋戦
    • 2.3 その他の棋歴
  • 3 脚注
  • 4 外部リンク

経歴

1996年に11歳で全国アマチュア囲碁大会に優勝、また世界青少年囲碁選手権大会少年組優勝。13歳でアマチュア棋戦4冠王となり、「アマ碁界の李昌鎬」と呼ばれる。1999年、韓国棋院初段。2000年に倍達王棋戦で挑戦者決定戦三番勝負に進むが、李世乭に1-2で敗れる。2001年二段で、天元戦優勝し、徐奉洙と並ぶ最低段タイトル獲得記録となる。2003年に三星火災杯世界オープン戦に準優勝し、五段昇段。2004年に世界囲碁選手権富士通杯に優勝し、九段昇段。19歳で九段は最年少記録で、入段から5年で九段昇段は最速記録。

2005年には第1回中環杯世界囲碁選手権戦にも優勝。

2005-08年に棋聖位連覇。

2016年LG杯準優勝。

2017年春蘭杯準優勝。

2018年、第3回Mlily夢百合杯世界囲碁オープン戦で準優勝。

2005年の韓国囲碁リーグでは新星建設チーム主将として、レギュラーリーグ7連勝、プレーオフ決勝2連勝で、優勝に貢献、中韓チャンピオンズリーグでも中国上海チーム戦で2連勝の11連勝を記録した。韓国棋士ランキングでは2007年に3位。2012年から中国乙級リーグにも参戦。

タイトル歴

国際棋戦

国内棋戦

その他の棋歴

国際棋戦

国内棋戦

その他

脚注

  1. ^ 第3回 夢百合杯 世界オープン戦

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/19 14:12

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「朴永訓」の意味を投稿しよう
「朴永訓」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

朴永訓スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「朴永訓」のスレッドを作成する
朴永訓の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail