このキーワード
友達に教える
URLをコピー

李娜とは?

 | 李娜
Li Na
 | 

李娜

【基本情報】

【国籍】
中国
【出身地】
同・湖北省武漢
【生年月日】
(1982-02-26) 1982年2月26日(36歳)
【身長】
172cm
【体重】
65kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1999年
【引退年】
2014年
【ツアー通算】
11勝
【シングルス】
9勝
【ダブルス】
2勝
【生涯通算成績】
624勝238敗
【シングルス】
503勝188敗
【ダブルス】
121勝50敗
【生涯獲得賞金】
$16,709,074
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
優勝(2014)
全仏
優勝(2011)
全英
ベスト8(2006・10)
全米
ベスト4(2013)
【優勝回数】
2(豪1・仏1)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
2回戦(2006・07)
全仏
2回戦(2006・07)
全英
2回戦(2006)
全米
3回戦(2005)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
2位(2014年2月17日)
【ダブルス】
54位(2006年8月28日)
テンプレート プロジェクト テニス

李 娜(リー・ナ、ピン音表記: Li Na, 1982年2月26日 - )は、中華人民共和国湖北省武漢出身の元女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス2位(アジア出身選手世界ランク最高位記録)。WTAツアーでキャリア通算シングルス9勝、ダブルス2勝を挙げた。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長172cm、体重65kg。

アジア出身選手初のグランドスラムシングルス優勝者。アジア出身選手初のグランドスラム決勝進出者。中国人選手初のWTAツアー優勝者。グランドスラム優勝2回・準優勝2回。WTAツアー選手権準優勝。

目次

  • 1 来歴
  • 2 人物
  • 3 WTAツアー決勝進出結果
    • 3.1 シングルス: 21回 (9勝12敗)
    • 3.2 ダブルス: 2回 (2勝0敗)
  • 4 4大大会優勝
  • 5 4大大会シングルス成績
  • 6 脚注
  • 7 外部リンク

来歴

6歳からテニスを始める。1999年にプロ入りし、その年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップ中国代表選手となったが、2002年7月に「ワールドグループ・プレーオフ」でロシアに5戦全敗で敗れた後、しばらくテニスから遠ざかった時期があった。当時のコーチが自身の出世欲から李娜に罵声を浴びせ続けたため、彼女の心はボロボロの状態になった。そのためすでに国内ではトッププレーヤーではあったが、ケガを口実に20歳の時にラケットを置いた。しかしその2年後、平凡な大学生活を送る李娜に国家の方から代表に戻る打診があった。その4年後に北京五輪を控えていたからである。 2003年は全くプレーしなかったが、2004年5月に復帰してから急成長を始める。同年10月、李娜は予選選手の身分で広州国際女子オープンに参加し、決勝戦でスロバキアのマルチナ・スーハに 6-3, 6-4 で勝ち、初めてWTAツアーのシングルス優勝のトロフィーを挙げた。女子中国人選手として史上初のWTAツアーのシングルス優勝である。李娜は2005年全豪オープン4大大会にデビューし、第4シードのマリア・シャラポワとの3回戦まで進出した。2度目の4大大会出場だった全米オープンでは、1回戦で第2シードのリンゼイ・ダベンポートに敗れる。

2006年に入ると、李娜はさらに目覚ましい躍進を遂げ、WTAツアー大会でも上位に進出するトーナメントが増えた。全仏オープンでは初出場で3回戦に進出し、準優勝者となったスベトラーナ・クズネツォワに敗れたが、ウィンブルドンでは3回戦でそのクズネツォワを 3-6, 6-2, 6-3 の逆転で破り、続く4回戦では全仏でベスト4入りしたチェコの17歳、ニコル・バイディソバに 4-6, 6-1, 6-3 で勝ち、女子中国選手として史上初のウィンブルドン8強進出を果たした。それまでの中国選手の4大大会シングルス成績は、鄭潔が2年前の2004年全仏オープンで4回戦進出を記録したが、李娜は鄭潔を上回る「ベスト8」を“テニスの聖地”ウィンブルドンで実現させた。初舞台となった準々決勝では、センター・コートでキム・クライシュテルス(ベルギー)に 4-6, 5-7 で敗れた。

ウィンブルドン選手権の後、7月15日-16日にかけて女子テニス国別対抗戦・フェドカップの「ワールドグループ・プレーオフ」が中国の首都北京で開かれ、中国はドイツを「4勝1敗」で下して2007年度のワールドグループ出場権を獲得した。李娜はシングルス2試合に勝利を収め、中国にとって初めてのワールドグループ進出に大きく貢献した。全米オープンでも李娜は4回戦まで勝ち進んだが、第3シードのシャラポワに 4-6, 2-6 で敗れた。

2007年全豪オープンでは、李娜は4回戦で第6シードのマルチナ・ヒンギスに 6-4, 3-6, 0-6 で逆転負けした。その後胃腸の病気や、右肋骨の疲労骨折を患い、6月以後の試合に出場できなくなる。2008年1月、彼女は半年ぶりの復帰戦となるオーストラリアゴールドコースト大会の決勝でビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を 4-6, 6-3, 6-4 で破り、4年ぶりのツアー2勝目を挙げた。

8月の北京五輪で、李娜は女子シングルスのベスト4に進出する。準決勝でディナラ・サフィナ(ロシア)に敗れた彼女は、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」でもベラ・ズボナレワ(ロシア)に 0-6, 5-7 で敗れ、地元選手としての銅メダルを逃した。この後全米オープンでも2年ぶり2度目の4回戦に進み、第5シードのエレーナ・デメンチェワに 4-6, 1-6 で敗れた。2009年全米オープンで初のベスト8進出があり、中国人選手としての全米オープンシングルス最高成績を出した。2006年ウィンブルドン以来となる準々決勝の舞台では(その時と同じ)キム・クライシュテルスに 2-6, 4-6 で敗れ、ベスト4入りを逃した。

2010年全豪オープンでは、李娜と鄭潔の2人が女子シングルスのベスト4に入った。シングルスでのベスト4は中国では史上初、アジア全体でも伊達公子(現・クルム伊達公子)以来史上2人目だった。李娜は4回戦で第4シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、準々決勝で第6シードのビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)を連破して勝ち進み、初進出の準決勝で第1シードのセリーナ・ウィリアムズに 6-7, 6-7 で敗れた。鄭潔も準決勝でジュスティーヌ・エナン(ベルギー)に敗れたため、中国勢初の4大大会女子シングルス決勝進出はならなかった。

2011年のメディバンク国際キム・クライシュテルスに 7–6(3), 6–3 で勝利してツアー4勝目を挙げた。2011年全豪オープンでは、準決勝で世界ランキング1位のキャロライン・ウォズニアッキを 3–6, 7–5, 6–3 で破り、アジア全体でも史上初となる女子シングルス決勝進出を果たしたが、クライシュテルスに 6-3, 3-6, 3-6 で敗れ優勝はならなかった。

2011年全仏オープンで李娜は全豪に引き続き決勝に進出する。決勝では前年優勝者のフランチェスカ・スキアボーネに 6–4, 7–6(0) で勝利し、4大大会初優勝を果たした。大会後のランキングでは自己最高の4位に上がった。

2012年はシドニー大会で2年連続の決勝に進出したがビクトリア・アザレンカに 2–6, 6–1, 3–6 で敗れ連覇を逃した。全豪オープンでは4回戦で昨年の決勝で敗れたキム・クライシュテルスに第2セットで4本あったマッチポイントを逃し 6–4, 6–7(6), 4–6で敗れた。連覇を目指した全仏オープンでは4回戦で予選勝ち上がりのヤロスラワ・シュウェドワに 6-3, 2-6, 0-6 で敗れた。8月のシンシナティ大会でアンゲリク・ケルバーを 1–6, 6–3, 6–1 で破り2011年全仏以来のシングルスツアー6勝目を挙げた。

2013年は開幕戦の深圳オープンで優勝し、全豪オープンでは2年ぶりの決勝に進出した。 ビクトリア・アザレンカに 6-4, 4-6, 3-6 で敗れ準優勝となった。最終戦のWTAツアー選手権では初めて決勝に進出したが、セリーナ・ウィリアムズにフルセットで惜しくも敗れた。この結果、翌週の世界ランキングで3位となり、クルム伊達公子と共に記録していたアジア人のWTAランキング最高位(4位)を更新した。

2014年1月25日、李は全豪オープンの決勝に進出し、スロバキアドミニカ・チブルコバをストレートで下し、初優勝した。この優勝の時点で、李は31歳11か月であった。これは、1973年に30歳で全豪を制したマーガレット・コートを抜いての最年長記録となった。2014年2月17日付のランキングで自己最高の2位を記録している。

2014年9月19日、李娜は膝の手術からの回復が思わしくないことなどから、引退を表明した。李娜はこれまで3度右膝の手術を行っていたが、2014年7月には左膝の手術を行っていた。9月に自身の出身地である武漢で開催される武漢オープンへの出場を目指していたが、32歳という年齢もあり、以前のような状態まで回復させるのは難しいと判断し、引退を決断した。2014年9月15日付のシングルスの世界ランキングは6位であった。

人物

2006年1月に中国のデビスカップ代表だった姜山と結婚している。左胸にバラのハートのタトゥーを入れている。夫はコーチを務めていたが、2011年前半の成績不振を理由に解任した。2012年シーズンからは再びコーチを務めていたが、8月からジュスティーヌ・エナンのコーチのカルロス・ロドリゲスを招聘した。

2015年6月第1子の長女を出産した。

2016年12月23日夜、長男を出産。。

WTAツアー決勝進出結果

シングルス: 21回 (9勝12敗)

大会グレード
グランドスラム (2–2)
ツアー選手権 (0–1)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (2–0)
ティア IV & V (0–2)
プレミア (2–5)
インターナショナル (3–2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 2004年10月3日 |  広州 | ハード |  マルチナ・スーハ | 6–3, 6–4
準優勝 | 1. | 2005年5月1日 |  エストリル | クレー |  ルーシー・サファロバ | 7–6(4), 4–6, 3–6
準優勝 | 2. | 2006年5月7日 |  エストリル | クレー |  鄭潔 | 7–6(4), 5–7 途中棄権
優勝 | 2. | 2008年1月5日 |  ゴールドコースト | ハード |  ビクトリア・アザレンカ | 4–6, 6–3, 6–4
準優勝 | 3. | 2009年3月8日 |  モンテレイ | ハード |  マリオン・バルトリ | 4–6, 3–6
準優勝 | 4. | 2009年6月14日 |  バーミンガム | 芝 |  マグダレナ・リバリコバ | 0–6, 6–7(2)
優勝 | 3. | 2010年6月13日 |  バーミンガム | 芝 |  マリア・シャラポワ | 7–5, 6–1
優勝 | 4. | 2011年1月14日 |  シドニー | ハード |  キム・クライシュテルス | 7–6(3), 6–3
準優勝 | 5. | 2011年1月29日 |  全豪オープン | ハード |  キム・クライシュテルス | 6–3, 3–6, 3–6
優勝 | 5. | 2011年6月4日 |  全仏オープン | クレー |  フランチェスカ・スキアボーネ | 6–4, 7–6(0)
準優勝 | 6. | 2012年1月13日 |  シドニー | ハード |  ビクトリア・アザレンカ | 2–6, 6–1, 3–6
準優勝 | 7. | 2012年5月20日 |  ローマ | クレー |  マリア・シャラポワ | 6-4, 4-6, 6–7(5)
準優勝 | 8. | 2012年8月13日 |  モントリオール | ハード |  ペトラ・クビトバ | 5–7, 6–2, 3–6
優勝 | 6. | 2012年8月19日 |  シンシナティ | ハード |  アンゲリク・ケルバー | 1–6, 6–3, 6–1
優勝 | 7. | 2013年1月5日 |  深圳 | ハード |  クララ・ザコパロバ | 6–3, 1–6, 7–5
準優勝 | 9. | 2013年1月26日 |  全豪オープン | ハード |  ビクトリア・アザレンカ | 6-4, 4-6, 3-6
準優勝 | 10. | 2013年4月28日 |  シュトゥットガルト | クレー |  マリア・シャラポワ | 4–6, 3–6
準優勝 | 6. | 2013年10月27日 |  イスタンブール | ハード |  セリーナ・ウィリアムズ | 6-2, 3–6, 0-6
優勝 | 8. | 2014年1月4日 |  深圳 | ハード |  彭帥 | 6–4, 7–5
優勝 | 9. | 2014年1月25日 |  全豪オープン | ハード |  ドミニカ・チブルコバ | 7–6(3), 6–0
準優勝 | 12. | 2014年3月29日 |  マイアミ | ハード |  セリーナ・ウィリアムズ | 5–7, 1–6

ダブルス: 2回 (2勝0敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 2000年6月18日 |  タシケント | ハード |  李婷 |  イロダ・ツルヤガノワ
アンナ・ザポロザノワ | 3–6, 6–2, 6–4
優勝 | 2. | 2006年6月18日 |  バーミンガム | 芝 |  エレナ・ヤンコビッチ |  ジル・クレイバス
リーゼル・フーバー | 6–2, 6–4

4大大会優勝

【年】
【大会】
【対戦相手】
試合結果
2011年 | 全仏オープン |  フランチェスカ・スキアボーネ | 6-4, 7-6
2014年 | 全豪オープン |  ドミニカ・チブルコバ | 7–6, 6–0

4大大会シングルス成績

略語の説明
W | F | SF | QF | #R | RR | Q# | LQ | A | WG | Z# | PO | SF-B | S | G | NMS | NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

【大会】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
【2005】
【2006】
【2007】
【2008】
2009
2010
2011
2012
2013
2014
通算成績
全豪オープン | A | LQ | A | A | A | 3R | 1R | 4R | 3R | A | SF | F | 4R | F | W | 34–8
全仏オープン | A | A | A | A | A | A | 3R | 3R | A | 4R | 3R | W | 4R | 2R | 1R | 20–7
ウィンブルドン | A | LQ | A | A | A | A | QF | A | 2R | 3R | QF | 2R | 2R | QF | 3R | 19–8
全米オープン | LQ | A | A | A | A | 1R | 4R | A | 4R | QF | 1R | 1R | 3R | SF | A | 17–8

脚注

  1. ^ [1]
  2. ^ Fed Cup - Tie details - 2006 - China, P.R. v Germany
  3. ^ “李娜が全豪初V…31歳11か月、女子最年長”. 読売新聞. (2014年1月26日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20140125-OYT1T00765.htm 2014年1月26日閲覧。
  4. ^ Li Na | Facebook
  5. ^ Davis Cup - Player - Profile
  6. ^ 全仏オープンで栄冠つかんだ李娜 陰には夫の「内助の功」
  7. ^ リー・ナ、スランプで夫を切り捨てた!?
  8. ^ “元女子テニスの李娜さん、第1子の誕生を発表”. AFPBB News. (2015年6月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3050677
  9. ^ “李娜二胎生子 三年生俩凑“好”字”. 新京報. (2016年12月24日). http://ent.sina.com.cn/s/m/2016-12-23/doc-ifxyxury8314928.shtml

外部リンク

全豪オープン(オープン化以後)女子シングルス優勝者

1969-71 · マーガレット・スミス・コート 1972 · バージニア・ウェード 1973 · マーガレット・スミス・コート 1974-76 · イボンヌ・グーラゴング (1977-1月) · ケリー・レイド (1977-12月) · イボンヌ・グーラゴング 1978 · クリス・オニール 1979 · ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/09/19 09:21

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「李娜」の意味を投稿しよう
「李娜」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

李娜スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「李娜」のスレッドを作成する
李娜の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail