このキーワード
友達に教える
URLをコピー

李晋暎とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります
出典検索: "李晋暎"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2020年7月)
李 晋暎 (イ・ジンヨン)
SKワイバーンズ #72

【基本情報】

【国籍】
大韓民国
【出身地】
全羅北道群山市
【生年月日】
(1980-06-15) 1980年6月15日(40歳)
【身長
体重】
185 cm
90 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
右翼手一塁手
【プロ入り】
1998年 KBO一次ドラフト
【初出場】
1999年5月10日
【最終出場】
2018年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴

  • SKワイバーンズ (2020 - )

【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
五輪
2008年
WBC
2006年2009年2013年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


オリンピック
男子 野球
 | 2008 | 野球

李 晋暎(イ・ジンヨン1980年6月15日 - )は、大韓民国全羅北道群山市出身の元プロ野球選手(外野手一塁手)、野球指導者。左投げ左打ち。

【イ・ジンヨン】

【各種表記】

ハングル: 이진영
漢字: 李晋暎
【発音:】
イジンヨン
ローマ字: Yi Jin-yeong
【本人表記:】
Lee, Jin Young

経歴

アマチュア時代

群山商業高校時代は速球を武器とする投手だった。

サンバンウル・SK時代

1999年サンバンウル・レイダースに入団し、野手へ完全に転向する。この年、財政的に苦しんでドラフトで新人の指名すら保留していたサンバンウルが唯一指名し、1億ウォンの契約金で入団させたほど期待された新人であった。結局、彼がサンバンウルの最後の新人となった。

2000年に同球団が解散すると、新球団SKワイバーンズに受け入れられ、2002年から2004年まで3年連続の打率3割を記録するなど主力選手として活躍した。

2003年にはアテネオリンピック予選を兼ねたアジア野球選手権大会韓国代表、

2006年には第1回WBC韓国代表に選ばれた。

2006年の第1回WBC1次リーグ対日本戦では、日本2点リードの4回裏2アウト満塁の場面で西岡剛のヒット性の当たりをダイビングキャッチして追加点を防ぎ、逆転につなげた。同じく2次リーグの日本戦では2回裏、里崎智也のライト前ヒットでホームに突入してきた岩村明憲を好返球で刺し、先制点を許さなかった。これらの好プレイによって韓国の野球ファンから「国民的右翼手」(국민 우익수)というあだ名を得た。

また、2006年WBC後のインタビューでイチローに対して「どんなにいい選手だとしても、彼のように人格に問題のある選手はプロとは言えない。メジャーリーグで活躍してる選手だからと言ってパフォーマンスは安定してなかったし、聞いたほど怖い選手じゃなかった。イチローは李鍾範李炳圭と同じレベルだった」と痛烈な批判を行ったことで知られている。

2007年アジアシリーズ中日と対戦したときは「中田賢一山井大介レベルの先発は韓国にもいる」という発言も残した。

2008年北京オリンピック野球韓国代表に選ばれたが、ライトのポジションを李容圭(イ・ヨンギュ)に譲り、主に控えの外野手および代打として使われた。しかし、日本との準決勝では1対2でリードされた7回裏二死走者1、2塁の場面で代打で起用され、藤川球児から1、2塁間を抜ける同点打を放った。この一打で、8回の逆転劇へ繋げる役割を果たし、大舞台での勝負強さを再び確認させた。一方レギュラーシーズンでは、故障や他の選手の台頭もあって出場機会が減り、オフにフリーエージェントの権利を獲得すると、LGツインズに移籍した。彼の補償選手には李丞鎬が選ばれた。

LG時代

2009年の第2回WBC韓国代表としても全9試合にフル出場。台湾戦では李振昌から満塁本塁打を放ち、2次ラウンドの日本戦ではダルビッシュ有から先制のタイムリーを放つなど活躍。なお、この試合終了後にチームは準決勝進出を決め、奉重根とともに、マウンド太極旗を立てた。大会通じて打率は.250と低迷したが、打点は金泰均に次ぐ7打点を挙げ今大会でも勝負強さは健在だった。なお同年は新天地のLGで主力外野手として活躍し、3年ぶりに100試合以上に出場すると規定打席にも達し、2ケタ本塁打も記録した。

2010年以降もLGで主力外野手として活躍を続けた。

2015年11月27日、戦力均衡を目的とした2次ドラフト(各チーム40名の保護選手以外から3名まで他チームの選手を指名可能)により、KTウィズより指名され移籍した。

2017年6月16日、ハンファ・イーグルス戦で韓国プロ野球史上10人目の通算2000安打を達成。

2018年10月19日、同年限りでの現役引退を表明した。これによりサンバンウル・レイダース所属経験のあるプロ野球選手は全て現役を引退した。彼がプロ通算で出場した試合数は2159試合で、これは通算2位である(1位は鄭成勲)。

引退後

2019年4月6日から2ヶ月程度、日本プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスでコーチ研修を受けた。同年7月28日、水原KTウィズパークにて引退式が行われた。

2019年10月28日、SKワイバーンズにコーチとして復帰することが発表された。

プレースタイル・人物

現役通算で打率3割を超え、韓国屈指の巧打者だった。三振が少なく、パンチ力と勝負強さとを兼ね備えていた。

元投手ということもあり強肩で、球際に強く韓国でも随一の外野守備を誇っていた。

上述から国際大会とも相性がよかったため、2006年から2013年にかけて韓国代表への選出が多かった。

LG時代の初期応援歌は李炳圭のものを流用している。後期応援歌の原曲は「威風堂々」で、退団後には李炯宗へ受け継がれた。またKT時代の応援歌は韓国でも人気の日本産アニメ進撃の巨人のオープニングが原曲となっている。

詳細情報

年度別打撃成績





|




















































O
P
S

1999 | サンバンウル | 65 | 190 | 14 | 49 | 5 | 0 | 4 | 13 | 5 | 4 | 17 | 40 | 3 | 2 | .258 | .347 | .319 | .666
2000 | SK | 105 | 292 | 34 | 72 | 16 | 4 | 7 | 33 | 2 | 1 | 22 | 64 | 3 | 3 | .247 | .299 | .401 | .600
2001 | 120 | 321 | 49 | 90 | 16 | 1 | 7 | 31 | 9 | 5 | 35 | 64 | 5 | 4 | .280 | .401 | .351 | .752
2002 | 128 | 419 | 73 | 129 | 22 | 8 | 13 | 40 | 11 | 12 | 47 | 57 | 7 | 4 | .308 | .492 | .378 | .870
2003 | 128 | 481 | 81 | 158 | 29 | 6 | 17 | 70 | 10 | 9 | 66 | 76 | 6 | 7 | .328 | .520 | .410 | .930
2004 | 117 | 404 | 74 | 138 | 19 | 1 | 15 | 63 | 8 | 6 | 71 | 49 | 9 | 1 | .342 | .505 | .440 | .945
2005 | 122 | 453 | 76 | 132 | 19 | 1 | 20 | 74 | 8 | 5 | 58 | 60 | 7 | 3 | .291 | .470 | .372 | .842
2006 | 118 | 428 | 54 | 117 | 13 | 0 | 11 | 41 | 3 | 4 | 43 | 52 | 8 | 2 | .273 | .381 | .340 | .721
2007 | 80 | 220 | 40 | 77 | 10 | 3 | 7 | 42 | 6 | 0 | 24 | 20 | 2 | 1 | .350 | .518 | .414 | .932
2008 | 95 | 324 | 53 | 102 | 20 | 0 | 8 | 53 | 12 | 6 | 34 | 26 | 4 | 3 | .315 | .451 | .380 | .731
2009 | LG | 120 | 380 | 50 | 114 | 18 | 1 | 14 | 69 | 5 | 2 | 41 | 30 | 19 | 2 | .300 | .463 | .366 | .830
2010 | 104 | 378 | 56 | 125 | 28 | 0 | 7 | 50 | 10 | 4 | 33 | 40 | 7 | 5 | .331 | .460 | .381 | .841
2011 | 97 | 323 | 43 | 89 | 18 | 1 | 2 | 37 | 3 | 2 | 28 | 29 | 9 | 2 | .276 | .356 | .333 | .689
2012 | 105 | 365 | 39 | 112 | 18 | 0 | 4 | 55 | 4 | 2 | 45 | 41 | 8 | 2 | .307 | .389 | .383 | .772
2013 | 106 | 368 | 41 | 121 | 26 | 1 | 3 | 62 | 6 | 2 | 39 | 42 | 6 | 0 | .329 | .429 | .393 | .822
2014 | 119 | 412 | 53 | 134 | 19 | 2 | 6 | 65 | 4 | 3 | 45 | 48 | 10 | 0 | .325 | .425 | .384 | .809
2015 | 103 | 301 | 32 | 77 | 5 | 1 | 9 | 39 | 2 | 4 | 45 | 55 | 10 | 1 | .256 | .369 | .351 | .720
2016 | KT | 115 | 371 | 49 | 123 | 23 | 1 | 10 | 72 | 2 | 5 | 48 | 44 | 13 | 0 | .332 | .480 | .403 | .883
2017 | 103 | 263 | 28 | 76 | 26 | 1 | 2 | 31 | 0 | 0 | 18 | 34 | 3 | 0 | .289 | .418 | .335 | .753
2018 | 110 | 283 | 40 | 90 | 25 | 1 | 3 | 39 | 2 | 1 | 25 | 35 | 3 | 0 | .318 | .417 | .370 | .787
通 算
【2160】
【6976】
【979】
【2125】
【367】
【33】
【169】
【979】
【112】
【77】
【745】
【906】
【142】
【42】
【.305】
【.439】
【.372】
.811

表彰

脚注

  1. ^ 室井昌也Twitter
  2. ^ https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00001926.html

関連項目

外部リンク

SKワイバーンズ 2020
【監督】

85 廉京燁


【コーチ】

80 朴勍完(監督代行) 74 崔尚徳(投手) 89 諸春模(投手) 76 朴哉相(走塁) 78 金一慶(守備) 86 鄭守盛(作戦走塁)72 李晋暎(打撃) 84 趙東和(作戦走塁)


【二軍監督・コーチ】

73 李鐘雲(監督) 75 孫智煥(守備) 71 金京泰(投手)82 金弼中(バッテリー)83 朴正権(打撃) 81 崔敬哲(バッテリー)70 徐漢奎(作戦走塁)


【ルーキー軍コーチ】

87 金石漣(統括)79 崔敞皓(統括) 91 李承浩(投手) 88 李大秀(内野) 90 全炳斗(リハビリ) 77 白在鎬(打撃)34 洪世完(守備)


【投手】
  • 1 金擇亨
  • 3 金周瀚
  • 10 金勢玹
  • 11 申在雄
  • 13 河載勲
  • 17 李太陽
  • 18 丁栄一
  • 19 金燦浩
  • 21 金正斌
  • 22 徐眞勇
  • 23 李建郁
  • 28 曺永佑
  • 35 リカルド・ピント
  • 36 鄭修玟
  • 39 白承建
  • 40 趙韓昱
  • 41 朴旼鎬
  • 42 文昇元
  • 45 李元俊
  • 47 朴熙洙
  • 49 金情盰
  • 50 朴鍾勳
  • 51 金泰勲
  • 57 金ジュオン
  • 59 呉源錫
  • 65 徐東悶
  • 93 崔宰惺
  • 94 梁宣律
  • 99 姜知光

【捕手】

【内野手】

【外野手】

【兵役】
  • 金燦浩(投手)
  • 奉民浩(投手)
  • 李彩豪(投手)
  • 鄭東潤(投手)
  • 崔民準(投手)


韓国野球委員会ゴールデングラブ(外野手)
【1980年代】
  • 82 金城官,梁承寬,金準桓
  • 83 金鍾模,朴鍾勳,張孝祚
  • 84 張孝祚,金鍾模,洪文鍾
  • 85 李光殷,朴鍾勳,張孝祚
  • 86 張孝祚,李光殷,金鍾模
  • 87 李光殷,金鍾模,張孝祚
  • 88 李順喆,李康敦,李正勳
  • 89 金一權,李康敦,高元富

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


野球韓国代表
野球韓国代表 - 2006 ワールド・ベースボール・クラシック
【監督】

81 金寅植


【コーチ】

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球大韓民国代表 - 2008 北京五輪 1 金メダル
【監督】

74 金卿文


【コーチ】
  • 76 趙啓顯(投手)
  • 77 金光洙(走塁)
  • 88 金杞泰(打撃)

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球韓国代表 - 2009 ワールド・ベースボール・クラシック 2 準優勝
【監督】

81 金寅植


【コーチ】
  • 80 金城漢(ヘッド)
  • 71 孫奕(コンディショニング)
  • 75 姜盛友(バッテリー)
  • 76 金敏浩(守備)
  • 77 柳仲逸(守備走塁)
  • 78 李順喆(打撃)
  • 79 楊相汶(投手)

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球韓国代表 - 2013 ワールド・ベースボール・クラシック
【監督】

75 柳仲逸


【コーチ】
  • 77 韓容悳
  • 78 朴正泰
  • 80 金東洙
  • 86 金翰秀
  • 76 柳志炫
  • 79 楊相汶

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/09/27 01:07

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「李晋暎」の意味を投稿しよう
「李晋暎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

李晋暎スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「李晋暎」のスレッドを作成する
李晋暎の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail