このキーワード
友達に教える
URLをコピー

李賢承とは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


【イ・ヒョンスン】

【各種表記】

ハングル: 이현승
漢字: 李賢承
【発音:】
イヒョンスン
日本語読み: り・けんしょう
英語表記: Lee Hyun-Seung

李賢承 (イ・ヒョンスン、韓国語:이현승、1983年10月11日 - )は、大韓民国仁川広域市出身のプロ野球選手(投手)。

経歴

現代・ソウル時代

2002年に現代ユニコーンズから指名を受けるも拒否し、大学へ進学する。そして大学卒業後の2006年に改めて入団した。この年は中継ぎとして起用され、成績は平均自責点3点台、2勝、19ホールドを記録してホールド部門3位に上がった。

2007年に現代ユニコーンズが解散すると、選手たちは新球団のウリ・ヒーローズに受け入れられた。

2008年以降は先発に転向し、120イニングで平均自責点4点台、6勝8敗となった。

2009年は自身初の2桁勝利を達成した。だが、オフに給料をめぐって球団との交渉が決裂。そこで本人がトレードを希望したことにより琴民鐡との交換で斗山ベアーズに移籍した。

斗山時代

斗山移籍後は再び中継ぎとして起用された。2012年から2013年の間に兵役のため尚武でプレーすると、除隊された2014年には65試合出場で平均自責点5点台、3勝3敗、15ホールドを記録した。

2015年は前年度で抑えを務めていた李庸燦からクローザーの座を奪い、18セーブを挙げた。オフの11月に開催された第1回WBSCプレミア12韓国代表に選出された。同大会で韓国は大会初の優勝を果たした。

2016年には25セーブを挙げた。オフにFA権を行使して3年の大型契約で残留した。

2017年はシーズン開幕前の3月に開催された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表に選出された。しかしシーズンでは成績を落とし、57試合の出場で平均自責点4点台、3勝2敗、5セーブ、9ホールドとなった。

2018年は抑えの役割を咸徳柱と配置転換され、セーブを一つも挙げられなかった。

2019年は2ホールドを挙げたが高齢のため出場機会が大幅に減少。入団以降最小となる9試合の登板かつ未勝利など、自己ワーストとなる記録に終わった。

同年オフにはかつてウリ時代に同僚だった高津臣吾と対談。その時には「僕もあと2〜3年で引退だと思います。」「抑えはチームが2時間以上勝っていても、(自分が投げた)10分間で負け試合にしてしまうこともある。そんなプレッシャーの中で投げるのは本当にきつかった。」と語っている。

通算記録

【年度】
【チーム】
【平均自責点】
【試合】
【完投】
【完封】
【勝利】
【敗戦】
【セーブ】
【ホールド】
【勝率】
【打者】
【投球回】
【被安打】
【被本塁打】
【四球】
【死球】
【奪三振】
【失点】
自責点
2006 | 現代 | 3.79 | 70 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 19 | 1.000 | 182 | 40.1 | 44 | 3 | 14 | 2 | 43 | 18 | 17
2007 | 7.15 | 45 | 0 | 0 | 1 | 2 | 0 | 5 | 0.333 | 105 | 22.2 | 33 | 1 | 9 | 0 | 14 | 19 | 18
2008 | ウリ/ソウル | 4.58 | 40 | 1 | 0 | 6 | 8 | 0 | 1 | 0.429 | 535 | 120 | 132 | 10 | 53 | 5 | 78 | 64 | 61
2009 | 4.18 | 30 | 0 | 0 | 13 | 10 | 0 | 0 | 0.565 | 716 | 170 | 161 | 25 | 66 | 5 | 120 | 84 | 79
2010 | 斗山 | 4.75 | 46 | 0 | 0 | 3 | 6 | 2 | 4 | 0.333 | 327 | 77.2 | 80 | 8 | 25 | 3 | 50 | 45 | 41
2011 | 4.82 | 50 | 0 | 0 | 3 | 5 | 4 | 6 | 0.375 | 325 | 74.2 | 85 | 8 | 26 | 5 | 50 | 43 | 40
2014 | 5.07 | 65 | 0 | 0 | 3 | 3 | 0 | 15 | 0.500 | 259 | 55 | 68 | 2 | 23 | 3 | 39 | 34 | 31
2015 | 2.89 | 41 | 0 | 0 | 3 | 1 | 18 | 2 | 0.750 | 191 | 46.2 | 45 | 3 | 10 | 2 | 41 | 16 | 15
2016 | 4.84 | 56 | 0 | 0 | 1 | 4 | 25 | 1 | 0.200 | 260 | 57.2 | 65 | 8 | 17 | 7 | 41 | 36 | 31
2017 | 3.98 | 57 | 0 | 0 | 3 | 2 | 5 | 9 | 0.600 | 235 | 52 | 62 | 4 | 16 | 4 | 38 | 23 | 23
2018 | 4.99 | 39 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 6 | 1.000 | 140 | 30.2 | 39 | 4 | 14 | 1 | 21 | 18 | 17
2019 | 3.00 | 9 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 2 | 0.000 | 22 | 6 | 4 | 0 | 0 | 0 | 4 | 2 | 2
通算 | 12シーズン | 4.48 | 548 | 1 | 0 | 39 | 42 | 54 | 70 | 0.481 | 3297 | 753.1 | 818 | 76 | 273 | 37 | 539 | 402 | 375

代表歴

脚注

  1. ^ “力投する李賢承”. https://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/10/01/2019100102683.html
  2. ^ “戦友との再会”. https://news.yahoo.co.jp/byline/muroimasaya/20191001-00144907/

外部リンク

斗山ベアーズ 2020
【監督】

88 金泰亨


【一軍コーチ】

【二軍監督・コーチ】
  • 87 朴哲祐(監督)
  • 75 権明哲(投手総括)
  • 89 孔弼聖(野手総括)
  • 91 裵英洙(投手)
  • 95 崔京煥(打撃)
  • 85 李龍昊(ブルペン)
  • 72 曺敬擇(バッテリー)
  • 78 崔海明(守備兼作戦)
  • 83 李光雨(トレーニング)
  • 74 柳志烜(リハビリ)
  • 84 金尚珍(リハビリ投手)
  • 76 張元鎮(リハビリ打撃)
  • 80 金昣秀(リハビリバッテリー)

【投手】

【捕手】
  • 10 朴世赫
  • 12 崔容済
  • 22 張承賢
  • 26 李承旻
  • 44 張圭彬
  • 57 権基栄
  • 58 鄭相昊
  • 62 李承旻
  • 96 申珉哲

【内野手】

【外野手】


野球韓国代表
野球大韓民国代表 - 2015 WBSCプレミア12 優勝
【監督】

81 金寅植


【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球韓国代表 - 2017 ワールド・ベースボール・クラシック
【監督】

81 金寅植


【コーチ】

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/06 02:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「李賢承」の意味を投稿しよう
「李賢承」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

李賢承スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「李賢承」のスレッドを作成する
李賢承の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail