このキーワード
友達に教える
URLをコピー

李鍾範とは?

【基本情報】

【国籍】
大韓民国
【出身地】
全羅南道光州広域市
【生年月日】
(1970-08-15) 1970年8月15日(50歳)
【身長
体重】
178 cm
80 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
外野手遊撃手一塁手三塁手
【プロ入り】
1992年 KBO1次ドラフト1位
【初出場】
KBO / 1993年4月10日
NPB / 1998年4月3日
【最終出場】
KBO / 2011年10月4日
NPB / 2001年4月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


コーチ歴

大韓民国 (2017 - )


【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
WBC
2006年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


【イ・ジョンボム】

【各種表記】

ハングル: 이종범
漢字: 李鍾範
【発音:】
イジョンボム
英語表記: Lee Jong-Beom

李 鍾範(イ・ジョンボム、朝鮮語: 이종범1970年8月15日 - )は、大韓民国全羅南道光州広域市出身の元プロ野球選手(外野手内野手)、野球指導者・解説者。右投げ右打ち。日本プロ野球での登録名の読みは、「リー・ジョンボム」(漢字は同じ)。2020年に中日ドラゴンズに研修コーチとして所属した。

来歴

ヘテ時代

建国大学校野球部在籍中の1992年にアマチュア野球の最優秀選手賞を受賞。1993年ヘテ・タイガースに入団。1年目からレギュラー選手として出場し、1994年には首位打者盗塁王を獲得するなど、主力の一人として活躍。

中日時代

1998年、移籍金4億5000万円、年俸8000万円(推定)で中日ドラゴンズへ移籍。当初は李ではなくロベルト・ペタジーニの獲得が検討されていたが、投手力を中心とした「守り勝つ野球」を重視する当時の監督星野仙一の意向により、結局中日はペタジーニではなく李を獲得する方針に切り替えたというエピソードがある。

バットコントロールの良さや盗塁王3回の実績を評して、打席は違えど『韓国のイチロー』と呼ばれた。移籍1年目の開幕戦にはスタメンで出場を果たした。俊足好打の1番打者であったが遊撃手の守備には問題が多くこの年67試合で12失策を数えた。しかし、守備範囲は広く打球を諦めない姿勢は星野好みであった。また、盗塁も日本の投手の技術の高さ(クイック投法など)を前に、ヘテ時代のようにはできなかった。6月23日に、阪神タイガース川尻哲郎から右肘に死球を受け、骨折し長期離脱。シーズン中に復帰するものの、死球への恐れからか以前のような思い切りの良さが消えてしまった。リハビリ中から守備の不安を解消するため、俊足を生かして外野手に転向。1999年のリーグ優勝にも主力選手として出場したが、外国人枠を使うことを考えると成績は芳しくなかった。同年の福岡ダイエーホークスとの日本シリーズでは最後の打者になった(第5戦、ロドニー・ペドラザから三振)。2000年は開幕二軍スタートだったが、新外国人デーブ・ニルソンの不調で、一軍に昇格。活躍したものの、2001年には強力外野陣に割って入れず、選手起用を不満としてシーズン途中で退団。

起亜時代

起亜タイガース時代

その後帰国し、ヘテ・タイガースを買収した起亜タイガースに復帰した。

ポジションはヘテ時代の遊撃手ではなく、日本での経験を生かし外野へ転向し、主力として活躍した。2004年には7年ぶり4回目の盗塁王のタイトルを獲得。

2006年WBC韓国代表に選出されて主将を務め、大会での活躍が認められ外野のベストナインに選ばれた。しかし、シーズン中は考えられない大不振に陥ってしまい、二軍落ちも経験してしまう。結局この年は打率.242、本塁打1本、打点21と打撃三部門だけでなく、盗塁(10)・長打率・出塁率などが、入団以来最低の記録となった。

2007年は、シーズン当初は2番だったが、調子が上がらず打率も1割台に低迷して9番に降格となった。5月17日の現代ユニコーンズ戦で実に1年ぶりの本塁打を放った。しかし調子は一向に上がらず、このシーズンを84試合、打率.174、1本塁打、18打点、3盗塁と、前年の成績を更に下回り、いよいよ引退かと囁かれた。起亜は李との2008年の契約を、前年から60%もの大幅ダウンとなる2億ウォンで結んだ。同年5月の月間MVPを獲得。計110試合に出場し復活をアピールしたが、オフには引退し指導者への転身を球団から勧められた。しかし本人は現役続行を希望し、2009年も前年と現状維持の年俸2億ウォンで契約を結んだ。

2009年は123試合に出場し、12年ぶりの公式戦、韓国シリーズ優勝を飾ったチームの快進撃に貢献し、韓国プロ野球史上2人目の通算500盗塁を達成した。起亜が優勝を決めた韓国シリーズ第7戦では、試合後に選手達から胴上げされた。

2010年、日韓通算2000本安打を達成した。

2011年からは韓国プロ野球界最年長選手となった。

2012年は海外春季キャンプも順調に消化し、示範競技(日本で言うところのオープン戦に相当)にも出場していたが、宣銅烈監督など首脳陣は開幕一軍から外れ、二軍でプレイングコーチに就任することを提案した。しかしこれを拒否し、公式戦開幕の1週間前の3月31日、突如現役引退を発表した。起亜入団後引退までつけていた背番号7は、宣銅烈に次いで球団史上2人目となる永久欠番となった。4月5日、起亜からの指導者研修の提案を断り、引退後は当面の間解説者など目立った活動をしないことを公式記者会見の場で明らかにした。2012年5月26日、起亜の本拠地・光州無等総合競技場野球場で引退セレモニーが行われた。すでに引退の手続きを取っていたため試合には出場しなかったが、この日すべての起亜の選手が背番号7の李鍾範の名前が書かれたユニフォームを着用した。

現役引退後

2012年10月10日、ヘテ時代の監督だった金應龍が新監督に就任したこともあり、ハンファ・イーグルスの走塁コーチに就任し、指導者に転身。

2014年10月、金應龍監督の退任によりハンファを退団。

2015年より韓国のスポーツ専門チャンネルで野球解説者として活動する。

2017年第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ2018年アジア競技大会野球韓国代表の外野兼走塁コーチを務める。

2018年10月よりLGツインズのコーチに就任。

2019年シーズン終了後にLGのコーチを退任、2020年シーズンは2月28日から古巣である中日ドラゴンズでコーチ研修を受け、9月18日に研修を終え帰国した。

人物

ヘテ時代の先輩である宣銅烈を慕って中日ドラゴンズへ移籍。同時期に在籍した韓国人左腕・サムソン・リーと共に韓国三銃士とも呼ばれた。宣銅烈もそうであったように、将来は日本で指導者の勉強がしたいとも語っている。

「李範」と名前を誤記されることが多いが、正しくは金偏に重の「李範」である。通常NHKでは朝鮮名に対し漢字表記はしないため、NHKでは「リー」とカタカナ表記だったのに対して、民放各局では「李」と漢字表記だった。

起亜での応援歌の原曲は、アントニン・ドヴォルザークの「新世界より」。

息子の李政厚(イ・ジョンフ)は中日在籍時の1998年8月20日に名古屋市内で誕生し、徽文高等学校野球部で内野手として活躍後、2016年7月、韓国プロ野球新人ドラフト一次指名でネクセン・ヒーローズから指名を受け、2017年からネクセンに所属し、同年高卒新人ながらレギュラーシーズン全144試合に外野手として出場、最優秀新人(新人王)を受賞した。

2018年アジア競技大会野球韓国代表のコーチを務めた際は、李政厚も韓国代表に選ばれた。韓国代表はこの大会で優勝したため、自身の2002年アジア競技大会に続いて親子での金メダル受賞となった。

詳細情報

年度別打撃成績




【球

団】


































































O
P
S

1993 | ヘテ | 126 | 525 | 475 | 85 | 133 | 16 | 4 | 16 | 205 | 53 | 73 | 19 | 8 | 4 | 32 | 2 | 6 | 35 | 11 | .280 | .331 | .432 | .762
1994 | 124 | 561 | 499 | 113 | 196 | 27 | 5 | 19 | 290 | 77 | 84 | 15 | 1 | 4 | 51 | 14 | 6 | 31 | 2 | .393 | .452 | .581 | 1.033
1995 | 63 | 272 | 239 | 41 | 78 | 10 | 2 | 16 | 140 | 35 | 32 | 3 | 0 | 3 | 28 | 4 | 2 | 20 | 5 | .326 | .397 | .586 | .983
1996 | 113 | 525 | 449 | 94 | 149 | 28 | 1 | 25 | 254 | 76 | 57 | 12 | 0 | 2 | 67 | 15 | 7 | 39 | 4 | .332 | .425 | .566 | .990
1997 | 125 | 577 | 484 | 112 | 157 | 28 | 3 | 30 | 281 | 74 | 64 | 15 | 0 | 3 | 87 | 30 | 3 | 49 | 9 | .324 | .428 | .581 | 1.009
1998 | 中日 | 67 | 290 | 244 | 38 | 69 | 11 | 3 | 10 | 116 | 29 | 18 | 8 | 3 | 1 | 36 | 2 | 6 | 33 | 4 | .283 | .387 | .475 | .862
1999 | 123 | 484 | 424 | 76 | 101 | 20 | 5 | 9 | 158 | 33 | 24 | 7 | 13 | 2 | 38 | 1 | 7 | 62 | 6 | .238 | .310 | .373 | .683
2000 | 113 | 465 | 414 | 58 | 114 | 26 | 2 | 8 | 168 | 37 | 11 | 8 | 13 | 2 | 28 | 0 | 8 | 70 | 6 | .275 | .332 | .406 | .738
2001 | 8 | 13 | 13 | 2 | 2 | 1 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 0 | .154 | .154 | .231 | .385
起亜 | 45 | 214 | 188 | 45 | 64 | 14 | 1 | 11 | 113 | 37 | 7 | 5 | 2 | 3 | 20 | 0 | 1 | 16 | 5 | .340 | .401 | .601 | 1.002
2002 | 123 | 546 | 485 | 93 | 142 | 25 | 2 | 18 | 225 | 59 | 35 | 5 | 4 | 1 | 43 | 5 | 13 | 63 | 7 | .293 | .365 | .464 | .829
2003 | 132 | 595 | 524 | 110 | 165 | 43 | 1 | 20 | 270 | 61 | 50 | 10 | 1 | 4 | 59 | 5 | 7 | 58 | 8 | .315 | .389 | .515 | .904
2004 | 133 | 577 | 493 | 100 | 128 | 29 | 0 | 17 | 208 | 52 | 42 | 7 | 12 | 2 | 53 | 1 | 17 | 50 | 9 | .260 | .350 | .422 | .772
2005 | 118 | 495 | 430 | 69 | 134 | 25 | 2 | 6 | 181 | 36 | 28 | 5 | 7 | 0 | 47 | 2 | 11 | 49 | 8 | .312 | .393 | .421 | .814
2006 | 93 | 379 | 339 | 41 | 82 | 18 | 1 | 1 | 105 | 21 | 10 | 7 | 11 | 0 | 24 | 2 | 5 | 43 | 3 | .242 | .302 | .310 | .611
2007 | 84 | 282 | 253 | 23 | 44 | 6 | 0 | 1 | 53 | 18 | 3 | 2 | 10 | 4 | 13 | 0 | 2 | 25 | 6 | .174 | .217 | .209 | .426
2008 | 110 | 362 | 317 | 38 | 90 | 19 | 4 | 1 | 120 | 38 | 9 | 3 | 9 | 3 | 32 | 0 | 1 | 26 | 11 | .284 | .348 | .379 | .727
2009 | 123 | 449 | 385 | 63 | 105 | 21 | 1 | 6 | 146 | 40 | 11 | 1 | 12 | 6 | 41 | 1 | 5 | 50 | 9 | .273 | .346 | .379 | .725
2010 | 97 | 289 | 265 | 36 | 65 | 16 | 1 | 4 | 95 | 29 | 2 | 2 | 6 | 0 | 15 | 0 | 3 | 33 | 5 | .245 | .293 | .379 | .619
2011 | 97 | 273 | 235 | 27 | 65 | 15 | 1 | 3 | 91 | 24 | 3 | 2 | 12 | 3 | 22 | 1 | 1 | 35 | 6 | .277 | .337 | .387 | .724
KBO:16年 1706 | 6921 | 6060 | 1100 | 1797 | 340 | 29 | 194 | 2777 | 730 | 510 | 113 | 95 | 42 | 634 | 82 | 90 | 622 | 108 | .297 | .372 | .458 | .830
NPB:4年 311 | 1252 | 1095 | 174 | 286 | 58 | 10 | 27 | 445 | 99 | 53 | 23 | 29 | 5 | 102 | 3 | 21 | 169 | 16 | .261 | .334 | .406 | .741

タイトル

KBO

表彰

KBO
起亜タイガース永久欠番である李鍾範の背番号7

記録

NPB

背番号

関連情報

脚注

  1. ^ ko ic건대 내야 이종범 아마야구 MVPon (朝鮮語) 中央日報 1992.12.10付記事
  2. ^ 戸部 良也著「熱将 星野仙一」より
  3. ^ “李鍾範さんが中日ナインにあいさつ 19年ぶりのナゴヤドーム 今季は研修コーチで主に2軍に同行「考えることを教えたい”. 中日スポーツ. (2020年2月28日). https://web.archive.org/web/20200228105358/https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/202002/CK2020022802100050.html 2020年2月28日閲覧。 ※インターネットアーカイブ2020年2月28日付保存キャッシュ
  4. ^ http://osen.mt.co.kr/article/G1111436618
  5. ^ 1998年に中日に入団した際の背番号8だったが、翌1999年のシーズン中に本人の希望で森野将彦と背番号を交換し、7となった。
  6. ^ 丸目蔵人『アジオン・ラヴァーズ』、1996年12月、大村書店、P170

関連項目

外部リンク

業績
韓国野球委員会韓国シリーズMVP
【1980年代】
  • 82 金裕東
  • 83 金奉淵
  • 84 柳斗烈
  • 86 金正洙
  • 87 金準桓
  • 88 文熙秀
  • 89 朴哲祐

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会最高出塁率
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会MVP
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会首位打者
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会盗塁王
【1980年代】
  • 82 金一権
  • 83 金一権
  • 84 金一権
  • 85 金在博
  • 86 徐定換
  • 87 李海昌
  • 88 李順喆
  • 89 金一権

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】
2010Happy Mail