このキーワード
友達に教える
URLをコピー

村瀬直養とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年8月)
村瀬直養

村瀬 直養(むらせ なおかい、1890年10月12日 - 1968年8月8日)は、日本の商工官僚政治家実業家。商工次官貴族院議員、法制局長官綜合計画局長官。

目次

  • 1 経歴
  • 2 栄典
  • 3 伝記
  • 4 脚注
  • 5 参考文献

経歴

栃木県宇都宮市出身。本籍・愛知県。村瀬七三郎の長男として生まれる。

東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、兵庫県立洲本中学校(現・兵庫県立洲本高等学校)、第五高等学校を経て、1914年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を優等で卒業し銀時計を授与された。1913年11月、文官高等試験に合格し、1914年7月、農商務省に入り農商務属・大臣官房文書課に配属された。

その後、鉱業監督官、兼工場監督官、兼農商務参事官法制局参事官、内閣書記官・内閣官房会計課長、法制局第二部長、商工省商務局長などを歴任。1936年10月、特許局長官、同年12月、商工次官に就任。1939年10月、物価局次長となり同月に退官した。

1940年7月、第2次近衛内閣の法制局長官となり、次の第3次近衛内閣でも留任し1941年10月まで在任。退任後すぐに貴族院勅選議員に任命され、研究会に属し1946年5月18日まで在任した。1945年4月、鈴木貫太郎内閣で再び法制局長官となり、次の東久邇宮内閣でも留任し綜合計画局長官を兼務し1945年10月まで務めた。その他、高等捕獲審検所評定官、商工省顧問などを歴任。

1946年7月に弁護士登録を行い、同年から1950年10月まで公職追放となった。その後、商工組合中央金庫理事長日本電子計算機株式会社社長を歴任した。

栄典

伝記

脚注

  1. ^ 『官報』第5804号、昭和21年5月23日。

参考文献


法制局長官 (第41代:1940-1941 / 第44代:1945)
法制局長官 | 

法制長官(法務庁) | 
  • 佐藤達夫

  • 法制意見長官(法務府) | 
  • 佐藤達夫

  • 法制局長官 | 
  • 佐藤達夫
  • 林修三

  • 内閣法制局長官 | 
  • 林修三
  • 高辻正己
  • 吉國一郎
  • 真田秀夫
  • 角田礼次郎
  • 茂串俊
  • 味村治
  • 工藤敦夫
  • 大出峻郎
  • 大森政輔
  • 津野修
  • 秋山收
  • 阪田雅裕
  • 宮﨑礼壹
  • 梶田信一郎
  • 山本庸幸
  • 小松一郎
  • 横畠裕介


  • 【典拠管理】

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/13 18:17

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「村瀬直養」の意味を投稿しよう
    「村瀬直養」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    村瀬直養スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「村瀬直養」のスレッドを作成する
    村瀬直養の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail