このキーワード
友達に教える
URLをコピー

東アジアとは?

移動先: 案内検索
 | 
この記事の内容の信頼性について検証が求められています。
確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論はノートを参照してください。(2009年1月)

東アジア


国家

特区

面積
【- 計】
11,839,074km (4,571,092mi)
人口
【- 計】
1,601,709,712人
等時帯

東アジア
【中国語】

簡体字
东亚/东亚细亚
繁体字
東亞/東亞細亞
【発音記号】

標準中国語

漢語拼音
Dōngyà or Dōng Yàxìyà
ウェード式
Tung-ya
呉語

ローマ字
ton ia
贛語

ローマ字
Tung1 nga3
客家語

客家語拼音
dung a
粤語

粤拼
dung1 aa3
閩南語

閩南語白話字 Tang-a

【朝鮮語】

ハングル
동아시아/동아세아/동아
漢字
東아시아/東亞細亞/東亞
【発音記号】

2000年式
Dong Asia/Dong Asea/Dong A

【ベトナム語】

クオック・グー
Đông Á
【ロシア語】

ロシア語
Восточная Азия
ローマ字
Vostochnaja Azija
【チベット語】

チベット文字
ཨེ་ཤ་ཡ་ཤར་མ་
【モンゴル語】

モンゴル語
Зүүн Ази
ᠵᠡᠭᠦᠨ ᠠᠽᠢ
【ウイグル語】

ウイグル語
شەرقىي ئاسىي

東アジア(ひがしアジア)は、ユーラシア大陸部にあたるアジア地域の一部を指す地理学的な名称である。北西からモンゴル高原中国大陸朝鮮半島台湾列島、琉球諸島日本列島などを含む。北東アジア(東北アジア)、極東東亜などと呼ぶ場合もある。

目次

  • 1 概要
  • 2 地理
    • 2.1 地図
    • 2.2 地形
    • 2.3 気候
  • 3 歴史
    • 3.1 近代までの東アジア
    • 3.2 近代の東アジア
  • 4 政治
    • 4.1 国家・地域一覧
    • 4.2 国際政治
    • 4.3 国内政治
  • 5 経済
    • 5.1 農業
    • 5.2 工業
    • 5.3 商業
  • 6 軍事
  • 7 文化
    • 7.1 人種
    • 7.2 言語
    • 7.3 宗教
  • 8 教育
  • 9 人間開発
    • 9.1 2016年の東アジアの人間開発指数の順位
      • 9.1.1 最新データから欠けている国
        • 9.1.1.1 国際連合加盟国
        • 9.1.1.2 国際連合非加盟国
  • 10 脚注
  • 11 関連項目

概要

東アジアの範囲

東アジアは太平洋に接するユーラシア大陸東岸に位置し、約1,176万平方キロメートルの面積を占める地域である。地理的な区分として北は天山山脈からモンゴル高原アムール川(黒竜江)まで、南は雲貴高原の地域であり、東は日本列島台湾、西はチベット高原ヒマラヤ山脈までを含む地域である。東アジアの東端は日本海黄海東シナ海南シナ海を経て西太平洋に繋がっている。北にロシアシベリア、南に東南アジアインドシナ半島、西に中央アジア南アジア、そして東に太平洋を経て北アメリカと隣接する地域である。

緯度地帯に位置する広大な陸地でモンスーン(季節風)の影響が大きい特徴がある。西から東にかけて徐々に低い地形であり東西で環境が異なっている。西部の内陸では乾燥気候であるためにゴビ砂漠タクラマカン砂漠があり、またクンルン山脈ヒマラヤ山脈に囲まれたチベット高原や天山山脈に並ぶモンゴル高原がある。東部の沿岸では南は亜熱帯気候で長江が流れ、北は温帯気候で黄河が流れており、それぞれの河川領域では平地が開けている。東アジア沿岸部を囲むように位置する日本列島や朝鮮半島は山岳地帯が多く沿岸部にわずかな平野が広がっている。

生活する民族には大和民族漢民族朝鮮民族などがあり、現在では日本中国韓国台湾などの国家が成立している。温暖な気候と河川流域、モンスーンの影響によって農耕に適した豊かな米作農業地域であることと住める土地が大きい事、太平洋や東シナ海から水産物が豊富に採れる事から人口の規模も大きい。工業化が始まったのは19世紀からであるが、日本、台湾、中国、韓国に工業地帯が形成されており、他の地域との貿易取引も活発である。東アジアでは古来より儒教仏教の思想が各地に広まっており、それに伴って漢字建築様式などの文化において類似性が認められる。軍事情勢においては台湾海峡を挟んだ中華人民共和国中華民国、朝鮮半島における北朝鮮と韓国の緊張がある。

地理

アジアの地理」も参照

地図

渤海西朝鮮湾 黄海 対馬海峡 日本海 オホーツク海 東シナ海 台湾海峡 トンキン湾 南シナ海 太平洋 ルソン海峡 日本 日本 日本 日本 日本 中華民国 韓国 北朝鮮 中国 モンゴル ロシア ロシア ロシア

地形

東アジアの衛星写真(アメリカ航空宇宙局)

東アジアの地形は概ね西高東低の地勢であり、それは二つの造山帯によって形成される内陸部の高原や盆地と、西太平洋の沿岸部に位置する平地、半島、島々に分けて説明することができる。まず内陸では新期造山帯と古期造山帯があり、新期造山帯によってパミール高原を起点としながらアルプス・ヒマラヤ造山帯に属するヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、クンルン山脈、チベット高原、雲貴高原が形成され、これは南アジアや東南アジアとの自然境界ともなっている。 さらに古期造山帯は西部から天山山脈、アルタイ山脈モンゴル高原大興安嶺山脈が古い山脈として形成されている。これはロシア地域との境界線の一部ともなっている。さらにクンルン山脈と天山山脈を南北に挟まれてタリム盆地、そしてタクラマカン砂漠があり、クンルン山脈の東北のふもとにはツァイダム盆地、モンゴル高原の南方にはゴビ砂漠がある。歴史的に知られるシルクロードはこの地域のオアシスや登山道を接続して開発された通商路である。

沿岸部の地体構造としては、中国陸塊と呼ばれる安定陸塊の上に卓状地が形成されている。そのため広大な平原が広がっており、海に流れ込む黄河、長江、珠江の流域または河口で平原が開けている。北から遼河流域の東北平原、黄河流域の華北平原、長江下流の平原が広がっている。 また陸地から離れて東シナ海、南シナ海は中国大陸の大陸棚となり、その大陸棚に沿って日本列島や台湾などが環太平洋造山帯上に列島を構成している。そこはプレートテクトニクスの観点からはユーラシアプレート太平洋プレートフィリピン海プレートの境界であり、比較的火山地震の危険性が大きい特徴がある。

気候

東アジアの気候も地形的区分で示した内陸部と沿岸部で異なっている。山脈や高原で囲まれた内陸部は一般に乾燥しやすく、砂漠やステップが広がっている。一方で東の沿岸部では北緯20度から55度にわたってモンスーンの影響から夏の降雨量が増大する地域である。 特に中国大陸の秦嶺山脈淮河以南、朝鮮半島南端、台湾、日本列島は亜熱帯気候であり、夏は高温多湿で冬は逆の条件となるような変化に激しい地域である。場所によっては梅雨台風降雪などの気象状況も発生する。ただし沿岸部であっても中国北部、朝鮮半島北端、北海道は大陸性冷帯気候であり、年間の降雨量が少なく冬季の気温の低下が亜熱帯気候と比べて著しい。

歴史

詳細は「東アジア史」を参照

近代までの東アジア

古代のユーラシア各地では河川流域を中心に灌漑農業が発達し、東アジアでは黄河流域で中華文明が成立した。鉄製農具の開発や農法の改善、それに伴う社会の複雑化により前17世紀には王朝が成立することで国家が形成される。この頃に長江流域にも勢力が及ぶようになる。前4世紀から3世紀にかけての戦国時代では様々な思想家が活躍し、前3世紀で始皇帝王朝により統合された。 紀元前1世紀までに王朝により再統一され、日本では弥生時代に入る。 3世紀から6世紀にかけて日本列島に大和王権が成立し、朝鮮半島に高句麗新羅百済、またモンゴルでも匈奴柔然といった遊牧民族が盛んに活動した。 一方、中国大陸ではによる短期間の統一を除いて、400年近くに渡って国家の分裂が続いた(魏晋南北朝時代)。

6世紀ごろからモンゴル系やトルコ系の遊牧民族がモンゴル高原から中国大陸へと南下を繰り返すようになるが、7世紀のの時代になると唐はその勢力範囲を朝鮮半島から中央アジアのパミールにまで伸ばした。8世紀から9世紀になると日本では律令国家の制度を整えるに至り、さらに唐は北方のアルタイ山脈やモンゴル高原を拠点とするウイグル、西方のチベット高原やタリム盆地を支配する吐番からの侵攻を受けるようになった。 そして10世紀に唐が滅んでから政治勢力は分裂し、東北平原ではモンゴル系の遊牧民がキタイ帝国を建国して中国に対抗し、また朝鮮半島では新羅から高麗へと王朝が代わった。キタイ帝国は11世紀にモンゴル高原にも進出し、その地域では天山ウイグル西夏の勢力もあった。

キタイ帝国の勢力圏はやがてツングース系女真人によって王朝に取って代わられ、逃れたキタイ人は天山山脈を中心にカラ・キタイを建てた。またチベット高原とその周辺の内陸部ではチベットが勢力を拡大していた。 13世紀にチンギス・ハンがモンゴルを統一するとヨーロッパや中東にも及ぶ遠征を行い、東アジアでは金と南宋を滅ぼし、朝鮮半島を支配下に入れ、日本以外のほとんどの地域を支配するに至った。統一された地域はの下で支配されたが、15世紀に元が崩壊してからはモンゴル高原に拠点を戻し(北元タタル)、中国大陸ではが成立した。 17世紀に明が滅んでが成立すると支配地域を東北地方、モンゴル高原、チベット高原にまで拡大していた。

近代の東アジア

18世紀に東アジアの情勢に変化をもたらした要因の一つは16世紀から17世紀にかけて行われたロシア帝国の勢力の拡大であり、18世紀には清と国境を接することになっていた。また18世紀にはイギリスの貿易活動が東アジアにも及ぶようになっており、清は華南の広州に限定した上で通商を開始し、また日本でも従来の鎖国から開国へと転換するなど経済的、政治的な影響をもたらした。19世紀において清がアヘン戦争日清戦争に敗北してからは、清は急速に欧米列強の植民地化の対象とされる。日本では政治改革や軍制改革、産業転換によって近代化に成功し、日露戦争に勝利してからは朝鮮半島と重要港湾の支配権を確保する。中国では各地で軍閥に別れ、欧米列強を排斥する運動が進められた。その運動から中華民国が新しく成立する。

20世紀に入り、第一次世界大戦後に中国での排斥運動と日本の大陸政策は衝突し、満州事変によって満州を掌握した日本は満州国を建国した。中国では共産党と国民党が連合してこの日本の大陸進出を排除するように呼びかけられ、第二次世界大戦(太平洋戦争)で日本は敗北して中国大陸、台湾、朝鮮半島の支配権を失った。 その直後、中国大陸では国民党が共産党に敗れて台湾に渡り、共産党は中華人民共和国を建てて東北地方からチベット地方までの地域を領有することとなり、国民党は台湾で中華民国を再始動させた。 また日本の敗戦後に朝鮮半島は南北で分断され、北部には朝鮮民主主義人民共和国、南部には大韓民国が建国された。この南北分断はアメリカソ連冷戦構造の下で朝鮮戦争の勃発を招くことになり、東アジアはアメリカの自由主義陣営に属する日本、韓国、台湾とソ連の共産主義陣営に属する北朝鮮、中国に分断され、樺太・北海道、朝鮮半島の北緯47度線、そして台湾海峡では軍事的緊張が高まることになった。 1960年代後半に中国とソ連の関係が悪化したことで中ソ国境紛争が勃発しており、また1970年代後半には中国は「四つの現代化」という路線変更を行った。

政治

国家・地域一覧

東アジアに含まれる国々、地域は以下の通り。

以下の国々、地域を含む場合もある。

およそ12,000,000 km、アジアの28%、ヨーロッパより15%大きい。全ての大陸の面積の約15%を占める。人口は15億7,500万人以上で、アジアの38%、世界全体の22%(1/5強)にあたり、東アジアは世界で最も人口密度の高い地域の一つである。平均人口密度は1km当たり130人であり、これは全世界の平均の3倍に当たる。

広義的には、東北アジアオセアニア東南アジア南アジアなどを指すこともある。

国際政治

古代の頃から東アジアには漢族、満州族、モンゴル族、朝鮮族、大和民族など50以上の民族が存在していたが、最も広大で豊沃な地域であると同時に東アジア地域の中心地でもある黄河・長江流域を中心に東アジア世界の形成と動揺が見られた。特に6世紀末に南北朝を統合したはそれまで黄河を中心とする華北と長江を中心とする華南を大運河によって接続することに成功した。隋の次の王朝となった唐はその成果を受け継ぎながら三省六部の構築、律令制度の整備、均田制の施行など中央集権制の国家体制を確立した。唐は東アジア世界において周辺諸国からの朝貢を得ながら一極集中の中華秩序を構築し、漢字、儒教、律令などが日本や朝鮮など東アジア各地に伝播していった。この唐の時代に形成された東アジア文化圏は唐と周辺諸国の間の使節の交換を盛んなものとし、政治的影響だけでなく文化的影響も与えた。これは唐が滅んだ後にも明王朝や清王朝の時代に受け継がれ、東アジア地域における国際秩序の基礎をもたらしていた。

国内政治

経済

農業

東アジアは東部の沿岸部に農業生産に適した米作・畑作地域を擁しており、西部の内陸部に牧畜に適した地域がある。米作に適した華南の長江領域は年間降水量が1000ミリを超え、気候も温暖であるためにが生産されている。米以外には果物サトウキビなどが季節に応じて生産されている。長江下流の平原には水田が開発されており、二毛作地帯として裏作として小麦、綿花が生産される。水田には適さない丘陵地域は茶や桑、養蚕の生産地域となっている。年間降水量が1000ミリに達しない華北地方では乾燥と冬の気温から畑作と家畜の飼育が行われる地域である。華北平原の特徴として黄土があり、これは微細な粒土から構成される黄褐色の土壌である。この地域の耕作地では灌漑を行って小麦こうりゃんとうもろこし、綿花、落花生たばこ大豆が生産されている。また家畜としては豚、にわとりも生産されている。東北地方でも畑作が行われ、特に夏の高温を利用した米の栽培が盛んである。内陸部ではステップ地域での遊牧が行われ、一部の灌漑が整備された地域では小麦やこうりゃんも栽培されている。砂漠地帯ではオアシスが耕作地として開発されており、自給自足的な灌漑農業が行われている。小麦、綿花、ぶどうなどが主な生産物である。

工業

東アジアは鉱物資源も豊富であり、石炭鉄鉱石タングステンマンガン水銀モリブデンアンチモンの生産が盛んである。さらに石油天然ガスの生産も行われており、東アジア地域の工業化を促している。東アジア地域で本格的な工業化

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/15 19:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「東アジア」の意味を投稿しよう
「東アジア」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

東アジアスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「東アジア」のスレッドを作成する
東アジアの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail