このキーワード
友達に教える
URLをコピー

東京ドームとは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "東京ドーム"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2015年2月)

東京ドーム
Tokyo Dome , The BIG EGG
外観
フィールド全景


【施設データ】

【所在地】
東京都文京区後楽1丁目3-61
【座標】
北緯35度42分21秒 東経139度45分7秒 / 北緯35.70583度 東経139.75194度 / 35.70583; 139.75194座標: 北緯35度42分21秒 東経139度45分7秒 / 北緯35.70583度 東経139.75194度 / 35.70583; 139.75194
【起工】
1985年(昭和60年)5月16日
【開場】
1988年(昭和63年)3月18日
【所有者】
株式会社東京ドーム
【グラウンド】
人工芝(フィールドターフ)
【照明】
照明灯 - 14ヶ所
照度 - バッテリー間:2800ルクス、内野:2500ルクス
【建設費】
約350億円
【設計者】
竹中工務店日建設計
【建設者】
竹中工務店
【使用チーム ・ 開催試合】

読売ジャイアンツ(開場 - 現在)
日本ハムファイターズ(開場 - 2003年)(札幌移転後は年間数試合程度開催)
都市対抗野球大会(開場・第59回大会 - 現在)
全日本大学野球選手権大会(第54回大会 - 現在)
【収容能力】

約46,000人(野球開催時、内野:-席、外野:-席、うち車椅子席12席)
約57,000人(コンサート開催時)

【グラウンドデータ】

【球場規模】
グラウンド面積:13,000 m
両翼 - 100 m (約328.1 ft)
中堅 - 122 m (約400.3 ft)
左右中間 - 110 m (約360.9 ft)
【フェンス】
4.24 m(約13.9 ft)

【東京ドーム(自転車競技場)】


画像をアップロード

【基本情報】

【所在地】
東京都文京区後楽1丁目3-61
【開設】
1988年(昭和63年)
【所有者】
株式会社東京ドーム
【走路】
400m

東京ドーム(とうきょうドーム)は、東京都文京区後楽1-3-61にあるドーム球場プロ野球セントラル・リーグ(セ・リーグ)の読売ジャイアンツ(読売巨人軍)が専用球場(本拠地)としている。

1988年(昭和63年)3月18日に開場した日本初の屋根付き球場であり、株式会社東京ドームが運営する東京ドームシティの中核施設である。野球のほかにも格闘技・プロレスの興行やコンサート、商品の展示会なども行われている。

概要

日本初の全天候型多目的スタジアムである。後楽園球場の実質的な代替球場として後楽園競輪場の跡地に開場。1988年3月17日にオープニングセレモニーが開かれ、3月18日にこけら落としイベントとして、巨人と阪神のオープン戦が行われた。

愛称は「BIG EGG(ビッグエッグ)」 であったが、2000年の時点でこの呼称は公式に廃止されている

空気膜構造屋根を持つアメリカのメトロドームをモデルとして設計された。2002年からロングパイル人工芝を日本の野球場で初めて採用した。天然芝に近い感触の特殊な繊維とクッション材を採用し、選手の負担を軽減している。ドームの広さは約216メートル四方で建築面積は46,755m、容積は約124万m。

2015年度の実績では、撤去・設営も含めた稼働実績は87.4%となっている。そのうち野球が占める割合は4割程度であり、その他はコンサートなどの各種イベントである。

野球での使用

日本プロ野球(NPB)

後楽園球場から引き続き、読売ジャイアンツとパシフィック・リーグ日本ハムファイターズ(当時)の2球団が専用球場(本拠地)とした。日本ハムは2004年度に北海道札幌ドームに移転したため、以降は読売ジャイアンツのみが専用球場としている。巨人は一軍だけでなく、二軍の公式戦でも年に数試合使用する。

読売ジャイアンツ

開場以来、レギュラーシーズンに年間60試合強の主催試合を開催する。2019年までにクライマックスシリーズが9度、日本シリーズが11度開催されている。

読売ジャイアンツ以外による主催試合

日本ハムの本拠地ではなくなった2004年以降は、日本ハムも地方開催という形で年間10試合近くを継続して主催試合を開催しているほか、パシフィック・リーグの他球団も東京ドームで主催試合を行うようになった。日本ハム以外では、2004年に初めてオリックスが2試合、ダイエーが1試合の主催試合を東京ドームで開催したのを皮切りに、2005年と2007年から2009年にかけてはオリックスが2試合を、2010年以降は2019年までで、楽天が毎年1試合を、ソフトバンクが2012年以降毎年1試合(2018年と2019年は2試合)を、ロッテが2016年と2018年・2019年に1試合を、西武が2018年に1試合を、それぞれ東京ドームで開催した。このように、パ・リーグの現存する6球団は全球団が主催試合の開催実績を持つ。一方、巨人以外のセ・リーグ各球団についてはこれまで開催実績はないものの、オリンピック・パラリンピック開催の関係でヤクルトとDeNAが2020年に初開催する予定であったが取り止めとなった(後述)。

なお、1952年に日本プロフェッショナル野球協約第38条によって制定された「プロ野球地域保護権」により、東京都の同権利を持たない球団が主催試合を開催する場合、権利を持つ読売ジャイアンツ・東京ヤクルトスワローズの両球団に予め承諾を得る事が前提条件となっている。

北海道日本ハムファイターズ

移転前年の2003年11月に東京ドームで開催された東京時代最後のファンフェスティバルで球団社長(当時)の今村純二が「移転後も、東京ドームで12から15試合を引き続き開催します」とファンの前で宣言した。東京ドームでの開催を継続する理由として、東京都にも球団事務所がある事、二軍施設は隣県の千葉県鎌ヶ谷市のまま継続されている事に加え、旧来の東京のファンの存在を考慮したものなどが挙げられた。

2004年は東京ドームでの主催試合が12試合行われ、2005年は10試合、2006年以降は毎年7〜9試合の主催試合が組まれている。ただし2020年は、当初の発表では東京オリンピック・東京パラリンピック開催に伴う他球団の主催試合との兼ね合いで、4試合の開催に留まる予定だった。

一塁側より撮影(日本ハムファイターズ東京本拠地最終戦)
オリックス・バファローズ

オリックス・バファローズは親会社オリックスの本社が東京にある関係で、ブルーウェーブ時代の2004年から2009年まで年間2試合の主催試合が組まれた。2010年以降は開催していない。

福岡ソフトバンクホークス

福岡ダイエーホークス時代の2004年に1試合の主催試合を開催。ソフトバンクが親会社となって以降では2012年から「鷹の祭典in東京ドーム」として2017年までは主催試合を毎年1試合を開催し、2018年は7月9日と10日に、2019年も4月22日と7月8日に、それぞれ2試合ずつ開催した。2020年は当初から開催予定がなかった。

東北楽天ゴールデンイーグルス

東北楽天ゴールデンイーグルス2010年から「楽天グループデー」として主催試合を毎年1試合開催している。2020年は当初から開催予定がなかった。

千葉ロッテマリーンズ

千葉ロッテマリーンズ は2016年7月12日にマリーンズ誕生・本拠地千葉移転25周年の記念事業として39年ぶりの都内主管試合の会場として使用した(地方開催自体が11年ぶり)。2017年は開催しなかったが、2018年は8月21日に、2019年は8月22日に、それぞれ開催された。2020年は当初から開催予定がなかった。

埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズは2018年4月17日に「ライオンズクラシック2018」として、初めて東京ドームでの主催試合を開催した。2020年4月21日にも主催試合が開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響でプロ野球の開幕が延期となり、中止となることが決定した。

東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワローズは2020年の東京オリンピック・東京パラリンピック開催期間中とその前後は、本拠地である明治神宮野球場が資材置き場・VIP待機場所として使用されるため7月6日から9月13日の2か月以上にわたり利用不能になることから、東京ドームでの主催試合を7月上旬から9月上旬にかけて11試合行う予定であったが、新型コロナウイルスの影響で東京オリンピック・パラリンピックとも開催延期となったため、東京ドームでの主催試合分はすべて明治神宮野球場での開催に変更になった。2021年は延期となった東京オリンピック・東京パラリンピック開催期間中とその前後は、本拠地である明治神宮野球場が資材置き場・VIP待機場所として使用されるため7月中旬から9月上旬まで利用不能になることから、東京ドームでの主催試合が8月27日から29日(対DeNA・3試合)、および9月3日から5日(対広島・3試合)の計6試合が予定されている。

横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズは2020年の東京オリンピックにおいて本拠地の横浜スタジアム野球ソフトボールの会場として使用することから準備を含め6月9日から8月23日までの約2か月半利用不能になることから、東京ドームでの主催試合を6月下旬から7月上旬にかけて6試合行う予定としていたが、東京ヤクルトスワローズと同じく、東京オリンピックの開催が延期になったことを受けて、すべて横浜スタジアムでの開催に変更になった。2021年は延期となった東京オリンピックの野球・ソフトボール競技の会場として横浜スタジアムが使用することから準備を含め6月中旬から8月中旬まで利用不能となることから、東京ドームでの主催試合が6月18日から20日(対広島・3試合)、および8月17日から19日(対阪神・3試合)の計6試合が予定されている。

オールスターゲーム

その他

メジャーリーグベースボール(MLB)

MLBの開幕戦が、下記の日程で行われた。10試合のうち6試合がオークランド・アスレチックスのホームゲーム扱いとなっている。2003年3月25日・26日にもオークランド・アスレチックスVSシアトル・マリナーズが行われる予定だったが、米英によるイラクへの武力行使によりMLBとMLB選手会が選手などの渡航の安全を十分に確保できない恐れがあると判断し、中止となった。

【開催日】
【ビジター球団(先攻)】
【スコア】
【ホーム球団(後攻)】
【観客動員】
出典
2000年03月29日 | シカゴ・カブス | 5-3 | ニューヨーク・メッツ | 55,000人 | 
2000年03月30日 | ニューヨーク・メッツ | 5-1 | シカゴ・カブス | 55,000人 | 
2004年03月30日 | ニューヨーク・ヤンキース | 3-8 | タンパベイ・デビルレイズ | 55,000人 | 
2004年03月31日 | ニューヨーク・ヤンキース | 12-1 | タンパベイ・デビルレイズ | 55,000人 | 
2008年03月25日 | ボストン・レッドソックス | 6-5 | オークランド・アスレチックス | 44,628人 | 
2008年03月26日 | ボストン・レッドソックス | 1-5 | オークランド・アスレチックス | 44,735人 | 
2012年03月28日 | シアトル・マリナーズ | 3-1 | オークランド・アスレチックス | 44,227人 | 
2012年03月29日 | シアトル・マリナーズ | 1-4 | オークランド・アスレチックス | 43,391人 | 
2019年03月20日 | シアトル・マリナーズ | 9-7 | オークランド・アスレチックス | 45,787人 | 
2019年03月21日 | シアトル・マリナーズ | 5-4 | オークランド・アスレチックス | 46,451人 | 

野球その他

野球以外での利用

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "東京ドーム"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2018年4月)

東京ドームは野球興行以外にも多目的利用ホールとして活用されている。多目的ホールとして1990年代半ばまでは首都圏最大級の規模であり、東京中心部のランドマークとして存在感も大きかった事から、主に関東域外の地方自治体や観光協会が開催する地方物産展などの物販催事、富士通をはじめとした大手企業の新製品展示会など、いわゆる見本市会場的な用途としてもコンスタントな需要があった。

コンサート会場

東京ドームでコンサートをする場合、音がかなりこもるために、スピーカーの設置などに注意を要する。年々、残響音対策や騒音対策のノウハウが蓄積されてゆき、現在はドーム内全体を黒いカーテンで覆うようにしている(1階席のみ)。

コンサートで利用する場合、消防法警視庁からの指導、および観客の転落防止のため、2階席と外野席の最前列(1列目)は、緩衝地域となり、原則として客席として利用できない。ただし、近年は一部の公演で客席として使用する場合がある。

演奏は近隣住民の騒音への配慮により、原則として午後9時30分(年末のカウントダウン公演は、午前0時30分)以降は音を出さない。ただし終演が規定時刻を超過した公演もある。

コンサートを開催したミュージシャン

詳細は「東京ドームコンサートを開催したミュージシャンの一覧」を参照

自転車競技

グラウンド地下には一周400メートルのバンク(競走路)が収納されている(後楽園競輪場跡地に建てられており、将来の後楽園競輪復活も視野に入れているため)。かつては「サイクルスポーツフェスティバル」と題して、模擬競輪など競輪自転車競技に関するイベントが行われたが、2008年を最後に開催が途絶えている。世界選手権自転車競技大会オリンピックは走路の周長と設備面から、現状は国際自転車競技連盟の特別承認を得ないと開催できない。

格闘技

アメリカンフットボール

その他スポーツ

イベント・その他

2010Happy Mail