このキーワード
友達に教える
URLをコピー

東京メトロポリタンテレビジョンとは?

この項目「東京メトロポリタンテレビジョン」は加筆依頼に出されており、内容をより充実させるために次の点に関する加筆が求められています。
加筆の要点 - 開局当日(1995年11月1日)から1995年11月12日までの番組編成、1995年12月31日と1996年1月1日の番組編成、1996年12月31日と1997年1月1日の番組編成、東日本大震災発生以降の番組編成
貼付後はWikipedia:加筆依頼のページに依頼内容を記述してください。記述が無いとタグは除去されます。
(2015年12月)
 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 雑多な内容を羅列した節があります。(2009年3月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2012年2月)

東京メトロポリタンテレビジョン株式会社
Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corporation

本社屋の「半蔵門メディアセンター」
(旧「東条インペリアルパレス」)

種類
株式会社
【市場情報】
非上場

【略称】
MXTV
【本社所在地】
日本
102-8002
東京都千代田区麹町1丁目12番地
【設立】
1993年4月30日
業種
情報・通信業
法人番号
4010001101676
【事業内容】
放送法によるテレビジョン放送事業
【代表者】
後藤亘(代表取締役会長)
河内功(代表取締役社長)
(2014年6月18日現在)
【資本金】
48億3,562万9,209円(2011年8月31日現在)
【売上高】
157億55百万円(2014年度)
【営業利益】
13億30百万円(2014年度)
【経常利益】
13億3百万円(2014年度)
【純利益】
8億19百万円(2014年度)
【総資産】
69億81百万円(2010年3月31日現在)
【従業員数】
104人(2010年3月31日現在)
【決算期】
3月31日
【主要株主】
エフエム東京:(20.07%)
中日新聞社:(6.27%)
東京都:(3.51%)
鹿島建設:(3.51%)
凸版印刷:(3.51%)
東京ドーム:(3.51%)
東映:(3.51%)
日本電気:(3.51%)
(2016年3月31日現在)
【外部リンク】
http://s.mxtv.jp/
【東京メトロポリタンテレビジョン】

【英名】
Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corporation
放送対象地域
東京都
ニュース系列
-
番組供給系列
全国独立放送協議会
【略称】
MXTV
愛称
TOKYO MX
呼出符号
JOMX-DTV
呼出名称
とうきょうメトロポリタンテレビジョンデジタルテレビジョン
【開局日】
1995年11月1日
本社
〒102-8002
東京都千代田区麹町1丁目12番地
(半蔵門メディアセンターと呼称)
北緯35度41分5.06秒
東経139度44分38.14秒
座標: 北緯35度41分5.06秒 東経139度44分38.14秒
演奏所
本社と同じ
リモコンキーID
9
デジタル親局 東京 16ch
アナログ親局 東京 14ch
ガイドチャンネル
14ch
【主なアナログ中継局】
八王子 40ch
多摩 61ch
青梅 44ch
ほか
【公式サイト】
http://s.mxtv.jp/

東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(とうきょうメトロポリタンテレビジョン、略称:トウキョー・エムエックス英語:Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corp.、略称:TOKYO MX)は、東京都を放送対象地域とするテレビジョン放送の特定地上基幹放送事業者である。
株式会社エフエム東京(TOKYO FM)の持分法適用会社である。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 愛称・略称
    • 1.2 本社・支局
  • 2 資本構成
    • 2.1 2016年3月31日
    • 2.2 過去の資本構成
  • 3 沿革
    • 3.1 開局から経営権移行の経緯
    • 3.2 開局日の番組編成
  • 4 番組編成
    • 4.1 ニュース・情報番組
    • 4.2 スポーツ中継
      • 4.2.1 サッカー
      • 4.2.2 競馬
      • 4.2.3 アマチュア野球
      • 4.2.4 プロ野球
      • 4.2.5 その他
    • 4.3 アニメ番組
      • 4.3.1 製作に関与した番組
    • 4.4 インターネットの活用
  • 5 地上デジタル放送への対応・マルチチャンネル化
  • 6 スタジオ
  • 7 送信所
    • 7.1 親局
    • 7.2 中継局
    • 7.3 アナログ放送
  • 8 送受信状況
    • 8.1 関東地方
    • 8.2 離島
  • 9 再放送
    • 9.1 CATV
      • 9.1.1 群馬県
      • 9.1.2 栃木県
      • 9.1.3 茨城県
      • 9.1.4 埼玉県
      • 9.1.5 千葉県
      • 9.1.6 神奈川県
      • 9.1.7 山梨県
      • 9.1.8 静岡県
      • 9.1.9 広域
    • 9.2 IPTV
  • 10 アナウンサー
    • 10.1 現在
    • 10.2 異動
    • 10.3 過去
    • 10.4 その他
  • 11 海外姉妹放送局・提携局
  • 12 関連企業
  • 13 問題・不祥事
  • 14 その他
  • 15 脚注
    • 15.1 注釈
    • 15.2 出典
  • 16 関連項目
  • 17 外部リンク

概要

1993年4月30日、東京都で6番目の地上波民間放送テレビ局として設立。1995年11月1日、地上アナログテレビジョン放送を開始。2003年12月1日、地上デジタルテレビジョン放送を開始。

尚、全国独立放送協議会に加盟している独立放送局で、群馬テレビ・とちぎテレビ・サンテレビKBS京都へ『5時に夢中!』が同時ネットされるなど、一部番組のネットワーク番組販売による他局との取引関係はあるが、東名阪ネット65いっしょ3ちゃんねるなどには参加していない。

開局当初は東京都域テレビ局としてのカラーを出すために、他の在京キー局に見られる特定新聞社の影響力を抑えていた。ただし、現在でも他局ほど親密ではないが、東京新聞を発行する中日新聞社が株主に名を連ねており、スポットCMも流れている。

2012年に開局15周年を迎えたことを契機に、大幅な改革に乗り出している。地上デジタル放送への完全移行により、事実上キー局と横並びになり、東京ローカルながらも経営・編成・番組制作における質の向上や拡大が必然となったためである。以降は、既存の番組のリニューアルや出演者の刷新、報道における東京都の情報強化などを推し進めている。

愛称・略称

略称には呼出符号の「JOMX-TV」に由来した「MX」を使用しているが、記者会見やインタビューなどでは「東京MXテレビ」と言っている。

会社設立当初は、社名の「Tokyo Metropolitan Television」の各語の頭文字を採った「TMT」を使っていたが、開局時には「MXTV」または「MXテレビ」、さらに「東京都のテレビ局」であることをアピールする目的で「東京MXテレビ」と変遷。そして、千代田区麹町の半蔵門メディアセンターに本社を移転した2006年7月27日からは現在の「TOKYO MX」を使用している。これと同時に、マスコットキャラクターの「ゆめらいおん」が誕生した。

また2009年5月からは、地上デジタル放送のリモコンキーIDである「9ch」をアピールする目的で「キュ〜ト!9ch(きゅうちゃん)」というキャッチコピーを使用しており、ステーションブレイク等のCM内で頻繁に見られる。

本社・支局

本社(登記上の本店)
〒102-8002 東京都千代田区麹町1丁目12番地(半蔵門メディアセンター)
支局
〒190-0022 東京都立川市錦町1丁目10番25号 Y.S錦町ビル7F(多摩ニュースセンター)

資本構成

企業・団体は当時の名称。出典:

2016年3月31日

【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
48億3562万円 | 350,000株 | 98
【株主】
【株式数】
比率
エフエム東京 | 70,250株 | 20.07%
中日新聞社 | 21,950株 | 06.27%
東京都 | 12,300株 | 03.51%
鹿島建設 | 12,300株 | 03.51%
凸版印刷 | 12,300株 | 03.51%
東京ドーム | 12,300株 | 03.51%
東映 | 12,300株 | 03.51%
日本電気 | 12,300株 | 03.51%
NTTコミュニケーションズ | 10,350株 | 02.96%
KADOKAWA | 07,500株 | 02.14%

過去の資本構成

2003年3月31日
【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
150億円 | 300,000株 | 141
【株主】
【株式数】
比率
エフエム東京 | 15,500株 | 5.16%
東京都 | 12,300株 | 4.10%
鹿島建設 | 12,300株 | 4.10%
ソニー・放送メディア | 12,300株 | 4.10%
東京急行電鉄 | 10,200株 | 3.40%
みずほコーポレート銀行 | 09,700株 | 3.23%
中日新聞社 | 09,600株 | 3.20%
特別区協議会 | 07,200株 | 2.40%
イオン | 07,200株 | 2.40%
東京ドーム | 07,200株 | 2.40%
三井住友海上火災保険 | 07,200株 | 2.40%
三越 | 07,200株 | 2.40%
三菱商事 | 07,200株 | 2.40%
日本経済新聞社 | 06,600株 | 2.20%
産業経済新聞社 | 06,300株 | 2.10%
共同通信社 | 05,700株 | 1.90%
毎日新聞社 | 05,700株 | 1.90%
朝日新聞社 | 04,800株 | 1.60%
読売新聞東京本社 | 04,800株 | 1.60%
学習研究社 | 04,650株 | 1.55%
2008年3月31日
【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
43億3562万円 | 300,000株 | 125
【株主】
【株式数】
比率
エフエム東京 | 30,000株 | 10.00%
中日新聞社 | 21,950株 | 07.32%
東京都 | 12,300株 | 04.10%
鹿島建設 | 12,300株 | 04.10%
NTTファイナンス | 08,850株 | 02.95%
東京急行電鉄 | 08,700株 | 02.90%
ソニー・放送メディア | 07,200株 | 02.40%
特別区協議会 | 07,200株 | 02.40%
イオン | 07,200株 | 02.40%
東京ドーム | 07,200株 | 02.40%
三井住友海上火災保険 | 07,200株 | 02.40%
三越 | 07,200株 | 02.40%
新井隆二 | 07,200株 | 02.40%

沿革

地上デジタルに関する事項は地上デジタル放送への対応・マルチチャンネル化も参照

開局から経営権移行の経緯

長年、東京都域にはいわゆる「ローカルテレビ局」(都域テレビ局)が存在しなかった。これを受け、かつて東京都知事であった鈴木俊一や、東京商工会議所などの意向で「東京都に密着した放送局」として開局に至った。開局前にはジャパンキャピタルテレビとの競願となったが、最終的には東京メトロポリタンテレビジョンに免許が与えられた。

1995年の開局当初は多くの番組でのワイドクリアビジョン放送・自らカメラを持ち取材を行う「映像記者」制の導入・延べ12時間以上にわたる地域ニュース番組枠『東京NEWS』を中心に置いたニュース番組主体の編成を行い、他局との差別化を図った。その一方でバラエティ番組は、一切放送されなかった。これは、「テレビは儲かる」という神話を信じて多くの企業が出資したものの、テレビに詳しい人物がいなかったため、元テレビマンユニオン村木良彦をゼネラル・プロデューサーという形(役員ではない)で招聘し、村木の構想に基づいて編成されたものである。

しかし地上アナログ放送時代は放送大学を除いて長年UHF波送信のテレビ局が存在しなかった東京23区部と多摩東部では、慣例的に東京タワーに向けたUHFアンテナを立てていないために実質的な受信可能世帯が少なく、経営面で苦戦が続いた。また当初は、一部上層部による「会社と経営の私物化」や、営業局部長級社員が開局番組を販売する努力すらせず、会社を私物化していたとの情報もあり、それに起因すると思われる経営悪化に伴う安易な辞任などがあった。(一律UHF波送信の)地上デジタル放送の開始とその普及により、都内の多くの地域ではようやくNHKやキー局とほぼ同じ土俵に立てた事になる。

1997年6月、エフエム東京(以後、「TOKYO FM」と表記)の代表取締役社長であった後藤亘(現・TOKYO FM相談役)が取締役社長(2007年より取締役会長)に就任。就任当初は東京NEWSの12時間化に理解していたが、ここから経営体制や番組編成を大幅に見直し、番組編成において一般番組の他に通販番組や各種娯楽番組の充実に努めた結果、2002年度以降8期連続で黒字を達成。2009年度決算で累積損失を解消した(2004年度で一度累積赤字を一掃したが、翌2005年度に減損会計の導入や社屋移転による原状回復等で巨額の特別損失が発生、再び累積赤字を抱えることになった)。なお後藤は、マスメディア集中排除原則により2局で同時に代表権を持てなかったため、MXでは代表権を有していなかった(2010年6月から代表権が付いた)。代表権を外すことで2局の社長になるという入れ知恵を行ったのは、当時の郵政省である。

開局日の番組編成

番組編成

アニメ関連を除く一般番組については「TOKYO MX番組放送一覧」を参照のこと。

原則として5:00を基点とする24時間放送であるが、月曜未明・早朝2:30 - 5:00は放送機器メンテナンスを行うため休止としている。また、不定期で平日にも休止する場合がある。

ニュース・情報番組

開局時は目玉としてニュース番組の集中編成を行った。『東京NEWS』はニューヨークの24時間ローカルニュースチャンネルNY1と似ており、1人で取材を行う、長時間編成するなどの特徴を持つ。しかしその後、経営改善のために『東京NEWS』を段階的に縮小させ、最終的に『TOKYO MX NEWS』ブランドへ移行する。

東京NEWS終了後は字幕ニュースと映像作品を放送する『Healing Time』、『おしゃべりなフレンズ』、『5時に夢中!』・『バラいろダンディ』・『モーニングCROSS』などの生放送(情報・バラエティ番組)、ブルームバーグ(2009年からストックボイス)の金融ニュースの同時放送を行っている。報道を重視した放送体制を採っていたためか、時には既存の報道組織に束縛されにくい身軽な立場を生かした報道体制を取ることがある。

首都圏トライアングル各局では、市町村の首長選挙が統一地方選挙以外で行われた場合、即日開票の結果を特別番組等を設置し結果を報道するが、TOKYO MXでは市区町村の首長選挙の即日開票結果を統一地方選挙以外では当日の詳細報道は行わず(L字画面で結果を報道)、翌日の『TOKYO MX NEWS』まで詳細な報道は行わない。一方で都知事選、都議選については開票特番を編成しており、特に2013年東京都議会議員選挙2014年東京都知事選挙では池上彰をメインキャスターに据えるなど力を入れている。また、2013年都議選や第23回参議院議員通常選挙の開票特番ではTwitter上での視聴者の反応を選挙とは無関係な物も含めてそのまま流した事が話題となった。

2004年9月9日の衆議院総務委員会において、当時発生していた一連のNHKの不祥事問題に関して、当時のNHK会長海老沢勝二の参考人招致が行われた際、国会中継生放送を行わなかった日本放送協会に代わって、急遽TOKYO MXが通常の編成を取り止め、異例ともいえる同委員会の生中継を実施した。地上波で中継を実施したのはTOKYO MXと、東京MXテレビが編成の変更を決定した直後、この内容をネットすることを決定したテレビ神奈川(tvk)のみであった。

スポーツ中継

サッカー

開局当初は放送対象地域外である千葉県柏レイソルの公式戦を放送していたが、1999年より地元サッカークラブ・FC東京Jリーグ公式戦を放送している他、応援番組『F.C. TOKYO魂!』を放送している。

なお、それ以外の東京都に本拠地を置くクラブの東京ヴェルディFC町田ゼルビアの主催試合の中継は実施しておらず、試合結果等を『TOKYO MX NEWS』で取り上げる程度であり、応援番組の類も今のところ存在していない。

競馬

開局当初から大井競馬場のレース実況を『東京シティ競馬中継』で中継している。ただし、競馬が昼間の開催になる冬季は東京都議会中継と重複する場合があり、その際は都議会中継が優先される。

アマチュア野球

他の独立局と同様に、毎年夏の高校野球の予選シーズンには、地元である東西の東京大会を中継・放送している。開局当初は1回戦から決勝まで放送していたが、11:00 - 13:00までは『東京NEWS』を放送して、この間は中継を中断していた。その後は中断こそなくなったものの、神宮球場で行われる準々決勝以降のみの中継・放送となった。ダイジェスト番組は一切放送しておらず、『TOKYO MX NEWS』内で試合結果などを伝えるにとどまっている。また1996年から数年の間は東京六大学野球の中継も行っていた。

プロ野球

1998年にプロ野球の放送を開始して以来、東京都を保護地域とする東京ヤクルトスワローズの主催試合(主に対中日ドラゴンズ戦)を年間数試合程度自社制作で放送し、対中日戦はぎふチャン三重テレビへネットしていた。また「六甲おろしが、東京に吹く」というキャッチコピーの下で、サンテレビ制作の阪神タイガース主催試合中継(『サンテレビボックス席』)を毎年20〜30試合ほどネットしていた。

しかし、2007年にソフトバンク本社が放送枠を買い取る形で『STRONG!ホークス野球中継』と題して福岡ソフトバンクホークスの主催試合の中継(映像制作は球団が関与)を開始してからは状況が大きく変化する。ホークス戦の中継試合数は年々増加し、MXにとって貴重かつ絶大な収入源となるまでに至った。この影響で、阪神戦中継は2008年限りでネットが打ち切られ、東京ヤクルト戦中継も2012年を最後に全廃された。現在、タイガースおよびスワローズの公式戦がMXで放送される機会は、ソフトバンク主催の交流戦だけとなっている。

これに加えて、2011年には『「がんばろう東北」東北楽天ゴールデンイーグルス野球中継』として東北楽天ゴールデンイーグルスの主催試合を中継したが(こちらも映像は球団制作)、わずか1年限りで取り止められている。

また、2013年は日本女子プロ野球機構の試合を『夢・応援!女子プロ野球中継』と題し、主に関東を本拠地とする「イースト・アストレイア」に関係する試合を中心に週末に放送していた。

なお、東京ヤクルトと同じく東京都を保護地域とする読売ジャイアンツ(巨人)の主催試合については放映権を与えられていないため1度も中継したことがなく、ビジター試合も現在は全く放送していない(上記の阪神戦中継には対巨人戦も中継対象に含まれていたが、ネットの打ち切りにより巨人戦の放送も消滅した。また、ソフトバンク主催の交流戦中継でも対巨人戦だけは1度も放送されたことがない)。

MXスタジアム、STRONG!ホークス野球中継も参照

その他

1996年頃より、株主の鹿島建設の影響もあってXリーグを中継している。

2007年7月18日にボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ(ポンサクレック・ウォンジョンカム内藤大助戦)の生中継を行った。内藤の所属する宮田ジムと交流のあったフジテレビの都合がつかなかったことから、中継先にTOKYO MXが名乗りを上げたもので、TOKYO MXとしては異例といえる格闘技の中継放送実施となった(以前には総合格闘技『D.O.G』を中継したことはあった)。なお、2016年よりは総合格闘技『パンクラス』の中継放送を行っている。

2008年より、ツアー・オブ・ジャパンにおける東京ステージの生中継を開始した。国内の自転車ロードレース大会の生中継は異例である。

かつては東京都を本拠地としていたプロバスケットボールチームである東京アパッチの試合中継は行われておらず、ニュース番組などで特集された程度である。

アニメ番組

詳細は「TOKYO MXアニメ番組放送一覧」を参照

近年では東名阪の独立局を中心に放送されているアニメ番組群(いわゆる独立局アニメ・UHFアニメ)も積極的に放送している。

当初は上記の理由から実質視聴世帯が少なかった事もあり、近隣の独立局に比べて番組数は少なく、本数も時期によりばらつきがあった。しかし地上デジタル放送が普及し出した2006年以降は日本テレビ出身のプロデューサー(当時。現・顧問)が「アニメを放送すれば勝てる」と発案した事が発端となって、次第に増加傾向にあり、東京スカイツリーに送信所を移転した2012年10月以降、関東地方における独立局アニメは本局独占放送の作品が主流となった。日によっては2 - 3時間にわたってアニメ番組が続く(土曜は情報系番組含めると4時間連続)。『大図書館の羊飼い』『つぐもも』など、全国の地上波では本局が独占放送するアニメもある。

また、早朝(S2・092チャンネルの朝6時台)と夕方(16時台以降)には主に番組販売を通じて購入した旧作を日替わりで編成。さらに、全国ネットの民放ではほとんどなくなったプライムタイム(主に夜の19時台や22時台)での放送を行っており、2000年以降に放送されたUHFアニメやキー局・WOWOW専門チャンネルが制作に関与した作品の(実質)再放送も行っている。

一般に各局ローカルの編成となる独立局アニメの同時ネットにも力を入れており、2011年4月以降は『E!TV』枠で放送される番組の一部において群馬テレビやとちぎテレビと(一週間遅れあるいは同時でBS11もネット)、2013年4月からは一部番組においてサンテレビやKBS京都との同時放送を実施している。

近年は、東京国際アニメフェアの実行委員会にも参加し、特別番組や国内外の各種コンペティションで受賞に輝いた作品を放送したこともある。

また、アニメ・声優などに関連する情報番組やバラエティ番組も放送している。

このように先進的な取り組みをいくつも行なっている傍ら、2014年4月にアニメ事業部を設置し近年ではかねてからアニメ番組に力を入れている毎日放送(MBS)の丸山博雄プロデューサーからもアドバイスを受けていた。また、アニメ事業部の尾山仁康部長は「アニメ業界にお世話になったので、その恩返しをしたいなと」「TOKYO MXアニメ祭りを開催したいですね」と語るなどアニメ事業の拡大に意欲を強めている。

製作に関与した番組

独立局がアニメ作品の製作に関与するケースは少ないが、本局では2013年頃から増加の傾向を見せている。

「Category:TOKYO MXのテレビアニメ」を参照

インターネットの活用

開局前の1995年より東京NEWSを日本語・英語で伝えていた。また、映像記者紹介をするなど、インターネットの活用をしていた。2006年8月から『Blog TV』の本編をYouTubeなどの動画共有サイトで配信している。このような形で、日本の放送事業者が動画共有サイトを活用して自社の放送コンテンツをほぼリアルタイムに無料配信する試みは初めてであった。

2007年7月には日本の地上系放送事業者として初めて、衛星放送を含めればスカパーJSAT(当時スカイパーフェクト・コミュニケーションズ)に続く2社目としてGoogle及びYouTubeと提携、YouTube内にブランドチャンネルを開設し、『TOKYO MX NEWS』『石原都知事会見』『談志・陳平の言いたい放だい』などの番組をCMをカットした形で配信を開始した。また2008年1月からは『芸能サプリ』(現・『芸能うらら』)の一部も放送日当日のみ配信される形となっている(翌日の配信時に削除)。

2009年からは局および主要各番組が公式Twitterアカウントを開設し情報発信を行っているほか、2010年4月から開始の『ホワイトボードTV』や『IJP イジュウインパーク』ではTwitterやUstreamを使った視聴者参加企画も実施するなど、積極的にインターネットの活用を進めている。

2015年7月から、インターネット経由のサイマル放送を受信するためのスマートフォン専用アプリ「エムキャス」の実証実験を始めた。ただし、配信される番組はアニメ番組や情報番組などのうち一部に留まる(エリア制限により受信できない地域がある)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/07/17 05:34

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「東京メトロポリタンテレビシ…」の意味を投稿しよう
「東京メトロポリタンテレビジョン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

東京メトロポリタンテレビジョンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「東京メトロポリタンテレビジョン」のスレッドを作成する
東京メトロポリタンテレビジョンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail