このキーワード
友達に教える
URLをコピー

東京競馬場とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年1月)
東京競馬場

手前のフジビュースタンドと奥のメモリアル60スタンド

航空写真(1989年)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
【施設情報】

【通称・愛称】
府中競馬場
【所在地】
東京都府中市日吉町1番地1
【座標】
北緯35度39分44秒 東経139度29分8秒 / 北緯35.66222度 東経139.48556度 / 35.66222; 139.48556座標: 北緯35度39分44秒 東経139度29分8秒 / 北緯35.66222度 東経139.48556度 / 35.66222; 139.48556
【開場】
1933年11月8日
【所有者】
日本中央競馬会
【管理・運用者】
日本中央競馬会
【収容能力】
メモリアルスタンド、フジビュースタンド
【コース】

【周回】
左回り
【馬場】
芝・ダート

東京競馬場(とうきょうけいばじょう、英: Tokyo Racecourse)は、東京都府中市にある中央競馬競馬場。所在地から府中競馬場(ふちゅうけいばじょう)とも通称される。施行者ならびに管理者は日本中央競馬会である。

敷地内施設として、JRA競馬博物館・乗馬センターの他、馬車(ホースリンク)・水遊び広場やミニ新幹線など遊園地のような遊具やイベントが行われている。

目次

  • 1 歴史
  • 2 コース概要
    • 2.1 芝コース
    • 2.2 ダートコース
    • 2.3 障害コース
  • 3 主な設備
    • 3.1 入場門
      • 3.1.1 正門
      • 3.1.2 東門
      • 3.1.3 西門
      • 3.1.4 南門
    • 3.2 メインスタンド
      • 3.2.1 指定席
    • 3.3 メモリアルスタンド
    • 3.4 馬場内
    • 3.5 ターフビジョン
    • 3.6 パドック
    • 3.7 レストラン・軽食・売店
    • 3.8 場内ミニFM
  • 4 アクセス
  • 5 重賞競走
    • 5.1 備考
  • 6 レコードタイム
    • 6.1 芝コース(2歳)
    • 6.2 芝コース(3歳以上)
    • 6.3 ダートコース(2歳)
    • 6.4 ダートコース(3歳以上)
    • 6.5 障害
    • 6.6 改修前を含めたレコードタイム(2歳)
    • 6.7 改修前を含めたレコードタイム(3歳以上)
  • 7 府中の大欅
  • 8 府中千八展開要らず
  • 9 姉妹提携
  • 10 その他
  • 11 主な元所属調教師
  • 12 関連項目
  • 13 脚注・出典
    • 13.1 注釈
    • 13.2 出典
  • 14 参考文献
  • 15 外部リンク

歴史

東京競馬倶楽部時代の東京競馬場
1940年の東京競馬場

東京競馬場の前身は目黒競馬場である。1907年(明治40年)に約65000坪の敷地面積の目黒競馬場が開設されたが、その後目黒競馬場周辺の都市化が進み、借地が大部分だった目黒競馬場は借地料の増加に加え、馬券発売による競馬人気で手狭になったにもかかわらず、施設拡張の余地がなかったため、移転を余儀なくされた。

小金井や羽田、世田谷なども移転先候補地となったが、府中町(当時は町)が競馬場誘致活動に力を入れ、地形もよかったので府中に決定し、1933年(昭和8年)11月8日、東京競馬場は開場した。10日後の11月18日に東京競馬場での初めての開催を行い、目黒競馬場は完全閉場となった(目黒記念は目黒競馬場にちなんでいる)。移転した競馬場の総面積は駐車場や道路、厩舎地区を含めて約24万坪と目黒競馬場時代の3倍以上になった。本馬塲は一周2100メートル、幅は30メートルで芝を植え、本馬塲内側には練習馬塲(調教用コース)を設け練習馬塲には川砂を敷いた。

元々の用地は現在よりフラットであった。現在の競馬場の第三コーナー手前とホームストレッチにある勾配は人為的に作ったものである。これは競走馬にスピードよりも強靭さを求めた陸軍の意向を取り入れたもので、多摩川向かいの川崎の山土を運びコースに盛ってアップダウンを設けた。コースには山土を盛って芝を植えた。この山土を取るために南武線沿いにある山も買った。

目黒にあった各厩舎も競馬場移転に伴い府中に移転した。1936年(昭和11年)東京競馬場所属の厩舎は30厩舎。その多くは東京競馬場内の厩舎地区に入ったが、尾形藤吉厩舎、北郷五郎厩舎は競馬場外の府中町清水が丘に自前の土地建物を用意した。

開場時の東京競馬場のレースは、春・秋の2回開催で各季8日間の開催であった。手狭だった目黒競馬場が、1場所8日間の開催で最高で観客8万人あまりだったが、移転して広大になった東京競馬場第1回開催では8日間で10万人を超えた。記念すべき東京競馬場の初開催は1933年(昭和8年)11月18〜20・25〜26日、12月1〜3日である。

東京優駿(日本ダービー)は第三回1934年(昭和9年)から東京競馬場で行われ、開設時の重賞競走としては帝室御賞典(今の天皇賞)や農林省賞典、目黒記念などが行われていた。

1937年(昭和12年)、全国的な競馬施行団体である日本競馬会が設立された。これに伴って東京競馬場のみの競馬運営体の東京競馬倶楽部は解散して日本競馬会に合流し、東京競馬場は日本競馬会東京競馬場となる。

1940年(昭和15年)の開催が決まっていた東京オリンピックでは、馬事公苑や中山競馬場とともに馬術競技で使用されることとなっていたが、日中戦争の影響で東京オリンピックの開催そのものが中止となった。

1943年(昭和18年)12月、政府は競馬を中止し、1944年(昭和19年)以降は東京・京都でのみ能力検定試験を行うことにした。したがってこの年の日本ダービーや横浜農林省賞典四歳呼馬(現在の皐月賞)は馬券は売らず観客は入らないなかで、関係者のみが見つめる前でおこなわれている。中山競馬場で行われていた重賞レース(中山記念や中山四歳牝馬特別など)も東京で行われた。

1944年(昭和19年)5月 横浜競馬場閉鎖にともない横浜農林省賞典四歳呼馬(現在の皐月賞)が東京競馬場で行われる。横浜農林省賞典四歳呼馬は1947,48(昭和22,23)年も東京で行われ、1949(昭和24)年から中山に移って皐月賞になる。

1945年(昭和20年)、東京競馬場は陸軍燃料廠に貸与され、東京競馬場は閉鎖された。東京競馬場所属馬は一部は京都競馬場や阪神競馬場に送られ、その他は地方で種馬になったり運搬車曳馬などに転用された。調教師や馬丁(厩務員)などの人員は一部は京都競馬場や宇都宮競馬場に移転を命じられたり、一部は転業が命じられて曳馬機動隊(運搬車曳馬の隊)や馬匹修練場などに配置替えされた。。

東京競馬場施設は軍に貸与されたが、戦時中の食糧難の為に競馬場は全面が畑になり、馬場はサツマイモ畑になっていた。

1946年(昭和21年)、軍から返還され10月17日から競馬は再開された。

1947年(昭和22年)、それまで阪神で行われていた優駿牝馬競走(オークス)が東京で開催された。

1948年(昭和23年)日本競馬会は独占禁止法によって解散。日本競馬会傘下の9か所の競馬場は国営競馬として再開する。東京競馬場は農林省管轄下になり、国営競馬東京競馬場となる

1954年(昭和29年)新競馬法によって日本中央競馬会発足、東京競馬場は日本中央競馬会東京競馬場となる。

1957年(昭和32年)11月19日1号館新館「万歳館」竣工。

1961年(昭和36年)2月26日ダートコースの使用が開始。

1968年(昭和43年)6月4日スタンド改築工事竣工。府中競馬正門前駅からの屋根付歩道橋を設置。

1974年(昭和49年)東京競馬場の厩舎数や在籍馬数は徐々に増え、この年には馬房を貸し付けられている東京競馬場所属の調教師の人数は38人(JRA全体で162人。またこの人数とは別に馬房貸付されていない調教師がJRA全体で23人いる。)馬房数は定期貸し付け馬房と出張馬房の合計で1098馬房、預託契約頭数はサラ系が1005頭、アラブ系が31頭の合計1036頭。東京競馬場の総馬房数1098に対し40馬房貸し付けられている調教師が3人いるのに対し10馬房しか貸付されていない調教師もいるなど厩舎ごとの規模の差は現在より大きかった。この年までに栗東トレーニングセンターはすでに開業していたが美浦トレーニングセンターは造成中である。

1978年 (昭和53年) 3-4月、東京競馬場内にあった厩舎は新設なった美浦トレーニングセンターに移動した。調教師や厩務員なども移転した。それまで東京競馬場には1111の馬房があったが、東京競馬場所属馬はすべて美浦に移動。1982年には東京競馬場の馬房の数は397に減り、それらは出張馬房や国際馬房として使われた。

1981年(昭和56年)ジャパンカップ創設。2002年を例外として東京競馬場で開催される。

昭和の終りから平成の初めにかけて、武豊オグリキャップなどの人気による空前の競馬ブームが起こり、1990年(平成2年)5月27日第57回東京優駿(日本ダービー)当日には史上最高の入場者196,517名を集めた。

2000年(平成12年)に東京競馬場スタンド改築等施設整備計画を発表し、3期に分けての改築を行うことになった。2002年(平成14年)6月の第4回東京競馬終了後、馬場改修工事と2期スタンド工事に本格的に着手、その年の秋競馬は中山競馬場新潟競馬場で代替開催された。1期スタンドはその年の10月に完成し、翌11月からパークウインズとして利用開始。その後馬場改修工事も終わり、2003年(平成15年)4月26日にリニューアルオープンした。以前のコースとの主な変更点は次のとおりである。

  1. ゴール板が移動し、ホームストレッチ(最後の直線)の長さがコースでは従来の500.4mから525.9mに延長された。ダートも500.1mに延長されている。
  2. 内枠の馬に対して危険・外枠の馬の不利が指摘されていた芝2000mコースのスタート直後のカーブが緩やかになった。ただし依然として、第104回天皇賞(1991年)においてメジロマックイーン降着となったような事例に対する影響については様々な意見がある(第104回天皇賞を参照)。
  3. 各コーナーが以前よりも緩やかなカーブに変更された。
  4. 芝3400m, ダート1300m/2400mのコースを新設し、芝2200m/3200mおよびダート1700m/2300mのコースを廃止した。
  5. 移動柵の名称をA1,A2,B,C→A,B,C,D,Eに変更した(ただし、Eコースは現在のところ使用されていない)。
  6. 障害コースのうち襷コースを廃止して、内馬場に勝馬投票券発売所を増設した(1998年秋から)。
ホースプレビューから見える地下馬道と検量室(2009年1月31日撮影)

2005年4月に完成したスタンド改修工事・第2期分では、パドックとレーストラックをつなぐ地下馬道が1階座席からガラス越しに見ることができるようになった(ホースプレビュー)。

2007年4月にスタンド改修工事・第3期分が終了。新スタンドが全面完成となった。新スタンドの名称は公募により決定し、富士山を眺望できるスタンドであることから「フジビュースタンド」と命名された。また、このフジビュースタンド完成を記念し、2007年の2回・3回の東京競馬では東京競馬場グランドオープンと銘打って、引退騎手によるエキシビションレース「ジョッキーマスターズ」をはじめ様々なイベントが行われた。

2008年2月3日2月10日と2週連続で日曜日の開催が降雪の影響で中止され、それぞれ2月4日2月11日に代替開催された。中央競馬における同一競馬場での2週連続開催中止は、こちらも降雪のため中止された1987年12月の中山2日目、4日目以来21年ぶり。

2014年2月8日9日15日16日には、の影響により4日連続で開催中止。それぞれ2月10日17日18日24日に代替開催された。中央競馬における4日連続の開催中止は史上初。

2019年5月4日には、降雹の影響で10レース以降のレースを中止。ダービートライアルのプリンシパルステークスがこの中に含まれており、翌週5月12日の開催に移行されることになった。

コース概要

芝コース

芝コースは主要4場(東京・中山・京都・阪神)の中で最も大きく、JRAの全10競馬場でも新潟競馬場に次ぐ大きさである。起伏も変化に富んでおり、第1コーナーから向正面半ばまで高低差1.9mの長い下り坂が続き、直後の第3コーナー手前には高低差1.5mの上り坂。これを上りきると短い平坦部分を挟んだ下り勾配が続き、第4コーナーから上り勾配に転じる。ゴールまでの直線には残り480m地点 - 260m地点にかけて高低差2mの長い上り坂があり、「だんだら坂」とも呼ばれ東京競馬場の名物となっている。ゴールまでの直線距離も新潟競馬場(外回り)に次ぐ長さで、非常にタフなコースとされている。

カーブも半径がゆったりしているうえ、幅員も広いためコースは4通りに使い分けることができ、馬場の傷みの進行も最小限に抑えることができるようになっている。

かつて芝には1000m・1100m・1200m、ダートには1000m・1100mの距離が右回りで設定されていた。このうち芝1200mの競走については1984年まで施行された。

ダートコース

ダートコースは1周距離・ゴールまでの直線距離ともに日本の競馬場で最大。起伏構成は芝コースとほぼ同様であるが、最後の直線部分の坂は高低差が2.4mあり、芝コースよりも大きくなっている。

2010年の第4回開催より、ダート1600mのスタート位置及び2コーナーのシュート部分の線形が若干変更された。これによるレコードタイムの抹消措置は行われない。

障害コース

現在の障害コースはスタート後に順回りで周回するコース形態のみで、周回コースには8個の障害を設置。向正面(バックストレッチ)には3つの連続障害が設けられている。また、正面の4つの障害のうち、グリーンウォール以降の3つの障害がユニット状になっており、重賞の東京ジャンプステークスは3つ目の竹柵が大竹柵(高さ150cm, 幅155cm)、4つ目のいけ垣が大いけ垣(高さ150cm, 幅150cm)に変更され、さらに東京ハイジャンプでは2つ目のグリーンウォールが大いけ垣(高さ150cm, 幅150cm)に変更される。その変更作業には1日かかる事から、当該週は他に東京で平場の障害戦を組むことができないため、東京ジャンプステークスが宝塚記念開催前日に移行した2013年以降、宝塚記念当日にあたる日曜日は障害戦が東西で行われないケースが発生する。

1998年までは第3コーナーから第1コーナーにかけて襷コースが配置されており、年2回の東京障害特別の時のみ使用していた。襷コースには通常より難易度の高い大土塁障害(10号障害 高さ155cm, 幅260cm; 通称「けやき」)、大竹柵障害(11号障害 高さ150cm, 幅150cm)、土塁障害(12号障害 高さ150cm, 幅250cm)の3連続障害があり名物であった。

戦前の竣工時には、襷コースがX字状にクロスした形で存在し、さらに3コーナーから4コーナーにかけては、馬場の内側にもう一つS字状にカーブしたコースが存在していた。

東京優駿(日本ダービー)・天皇賞(秋)ジャパンカップの施行日は、障害コースのうち正面スタンド前にあたる部分が観客席として開放されることがある。

3300m戦(直線芝・ダート共に)は2012年以降施行されていない。

2009年5月23日の東京競馬第4競走(サラ系障害3歳以上オープン、発走11時40分)において、発馬機を「直線ダート3300mのスタート地点」に設置すべきところを「直線3300mのスタート地点」に誤って設置、結局当初発表の距離より15m短い直線ダート3285mで行われた。レース終了後に係員が気づき、決勝審判員に報告。裁決委員がパトロールフィルム等で確認し同日の13時10分に誤りを認めたが、既にレースは確定し払戻金も発表された後であったため、レースは成立したものとされた。1着馬のタイムは当初3300mのコースレコードと発表されたが取り消され、実施行距離(直線ダート3285m)の基準タイムとして残された。

主な設備

府中競馬正門前駅高架橋脇の黄金の馬「アハルテケ」

入場門

正門・東門・西門・南門の4ヶ所ある。開門時刻は通常9:00であるが、GI開催時など混雑が予想される場合は開門時刻が早まることがある(ダービー、JC当日は概ね7:20 - 8:00)。

正門

正門は2層構造になっており、2階は京王競馬場線府中競馬正門前駅と高架橋でメインスタンド3階と直結している。正門の北側に立川段丘(府中崖線)が東西方向に横切る。 平日払戻所が併設されている。

東門

JRA競馬博物館や4コーナー付近の芝生ゾーンに近い。京王線東府中駅南口から徒歩10分。

 |  | 
正門
 |  | 
東門

西門

1コーナー・ゴール・内馬場に近い。開門時は1階は入場券・回数入場券を事前に確保済みの者のみ利用可能である。JR南武線及び武蔵野線府中本町駅の臨時改札口から専用歩道橋で徒歩5分。正門同様2層構造になっており、上層部が専用歩道橋と直結している。

南門

西武多摩川線是政駅から徒歩10分。コースのメインスタンドより向正面に位置する。

 |  | 
西門
 |  | 
南門

メインスタンド

内馬場から見るフジビュースタンド(2009年2月22日撮影)

2002年(平成14年)11月から段階的に供用され、2007年(平成19年)4月に完成した。愛称は「フジビュースタンド」で、地上9階・地下1階。天気が良ければ富士山が見えることや、富士山が日本一を連想させること、富士山が世界的にも有名なことからこの名が付いた。スタンド内の現在位置を把握するのに便利な「柱番号」は1コーナー寄りの「2」から始まり、4コーナー寄りに「34」までの番号が付されている。各階の主な施設は以下のとおり。

西門寄りの101番投票所は岩手県競馬組合(盛岡水沢)の場外発売所
この階には投票所が一切なく、『棲み分け』が徹底されている。またJRAの競馬場では初めてコンビニエンスストアサークルK東京競馬場イースト店」「サークルK東京競馬場ウエスト店」が入居したが、2013年以降「サークルK東京競馬場ウエスト店」のみの営業となっている。2017年10月14日からセブンイレブンが開店。
本場開催日のみオープン。レストランは指定席券がなくても利用可。
7階・8階へは通常一般客は出入りできない(特別なイベントなどで出入りできる場合はある)。

コースの全体を見渡すことができるのは6階より上の席となる。 スタンドは全館禁煙で、喫煙は指定された喫煙ルームでのみとなる。

指定席

フジビュースタンドの指定席はA・B・Cの3種類あり、4コーナー寄りからB指定席・A指定席・C指定席と配置されている。料金の違いは観戦場所によるもののみであり、座席の仕様に違いはない。全席が屋外にあり、2人掛けで各ペア席にチャンネル切り替え可能なモニターが1台、PC利用のためのコンセントが2口ある。全席で公衆無線LAN(Wi2 300)が無料で利用可能である。料金に入場料は含まれない。指定席エリアには投票所(自動・有人)、オッズボックス、酒や軽食を販売する売店、喫煙コーナーなどがあるが、原則として下位の指定席利用者は上位の指定席エリアに立ち入ることができない(A指定席利用者はB指定席エリアおよびC指定席エリアの施設を利用できるが、B指定席およびC指定席利用者はA指定席エリアの施設を利用できない)。なおメモリアルスタンド(後述)S指定席利用者は、フジビュースタンドのすべての指定席エリアの施設を利用出来る。

インターネット予約は従来、専用クレジットカード「JRAカード」でしか予約できなかったが、2014年11月にJRAカード以外のクレジットカードも利用できるようになった経緯もあり、2015年第1回開催分よりインターネット予約分の指定席が若干増やされ、当日発売分の指定席が若干減らされている。

当日発売分の指定席はフジビュースタンド3階の当日指定席発売所で販売しているが、5階席は正門から、6階席は西門からの入場者が利用しやすいように列が作られる。また、東京優駿(日本ダービー)時は通常より高い特別料金が設定されるほか、東京優駿や天皇賞(秋)など大きなGIレースが開催される日は当日発売を行わず、インターネット予約についてはJRAカード限定の事前予約抽選で、またそれ以外については事前はがき抽選で当選者に引換券を送付する形で販売を行う。

メモリアルスタンド

コースのゴール手前300m付近にあるスタンドで、東京競馬場開設60周年を記念して1993年9月に完成したスタンドである。完成当時は「メモリアル60」と呼ばれていた。フジビュースタンド同様に全館禁煙(喫煙は専用の部屋を利用)。「柱番号」は「42」から「54」。これはフジビュースタンドができる前の旧スタンドの柱番号からの通し番号であり、フジビュースタンド完成後もメモリアルスタンドの柱番号は変更されずそのまま残された。

地上7階・地下1階で、座席のある場所はすべてガラス張り。3階・4階の4コーナー寄りの部分が一般席(1階・2階相当部分は屋外の芝スタンド)で、3階・4階のゴール寄りの部分の748席は65歳以上の入場者が利用できるシニア席(料金は無料)、5階・6階部分はi-Seat69席及びS指定席(738席、クレジットカードによるインターネット予約のみで、インターネット予約で満席にならなかった場合のみ当日発売がある)となっている。メモリアルスタンド竣工からフジビュースタンド完成までの期間は3階・4階部分はE指定席であった。全席禁煙である。なお、本場開催時以外(パークウィンズ時)にはi-Seat、S指定席が当日発売で開放される(指定席券は正門および西門の入口にある窓口で発売)。メモリアルスタンド5階・6階のレストラン・売店も通常どおり営業している。

馬場内

西門及びフジビュースタンドからの地下道を利用して行けるコース内のエリアである。フアフアターフィーやミニ新幹線など子供向けの遊具があるエリアである。

ターフビジョン

ゴール前に設置されているターフビジョン(2007年5月撮影)

1984年に日本初のターフビジョンが設置され、10月6日の開催から運用開始。ターフビジョン設置後最初の大レースがミスターシービーカツラギエースサンオーイが叩き合いを演じた毎日王冠であった。最後方を追走するミスターシービーが大欅の手前でスパートをかけるシーンが映し出されると場内は大きく沸いた。

2006年8月に三菱電機長崎製作所製の世界最大規模の超大型ビジョン(ターフビジョン)が設置され、10月7日から正式運用された。ゴール前のそれがこれまでの電球管形式からLED方式に変更され、高さ11.2m, 幅66.4m, 面積743.68m(テレビサイズでいうと2651型)と旧来の3倍に相当するものが採用された。これによって画面全体を使用した高画質映像の放映、画面を1:2に分割して別角度からの映像を放映、画面を3分割して本場の競走・パドックの映像と他場の競走・パドックの映像を同時に放映、といった様々な使い方で情報提供ができるようになった。「世界最大の大型映像スクリーン」としてギネス世界記録に認定された。「マルチターフビジョン」と称している。

パドック

正門脇にあるパドック(2007年5月撮影)
安田伊左衛門像

「下見所」とも言う。出走馬を下見する場所であり、トータリゼータオッズボードを兼ねたパドックビジョン(フルカラーLED電光掲示板)が設置されている。パドック周辺とパドックビジョンの前側通路と下は禁煙エリアとなっている。

無敗の2冠馬トキノミノルの馬像と、中央競馬初代理事長安田伊左衛門の胸像があり、待ち合わせスポットの定番となっている。安田像は安田記念の開催日には献花が捧げられる。

以前は30頭分表示できる風格のある大型手書き出走板があり、名物であった。レースごとに白墨でレース名、距離、馬名、騎手名、斤量、馬体重が書かれたプレートを付け替えていた。馬名表示欄の横幅は狭かったため、8文字以上の馬名の場合は2行に分けて書かれていた。フルゲートの削減に伴い、電光型の出走掲示板(現在のパドックビジョン)に建て替えられた。カタカナは全角で表記される。

レストラン・軽食・売店

東京競馬場はレストランや売店などが充実していて、飲食店はラーメン・焼きそば・カレーライスなどのファストフードから有名ホテルがプロデュースするレストラン・カフェまで約75店舗が軒を構える。フジビュースタンド2階西側・1階東側およびメモリアルスタンド地下にはフードコートがある。フジビュースタンド5階及び6階の指定席エリアの外には9店舗のレストランがあり、ゆっくりと腰を据えて食事ができる。また、コンビニエンスストアやスポーツ新聞競馬新聞を販売する売店もある。なお、店舗の中には本場開催時しか営業していない店舗もある(パークウィンズ時はフジビュースタンド5階及び6階の店舗はすべて休業となる)。

場内ミニFM

1986年から2001年末まで場内サテライトスタジオに「ミニFM放送局」を送信周波数78.0MHz(後に87.0MHz・ターフサウンドステーション TSS)で開局・放送業務を開始したが、現在は下記の場内実況放送の他、各放送局の音声を再送信している。

アクセス

京王競馬場線府中競馬場前駅側2F入り口。金の像。

最寄駅は京王線京王競馬場線府中競馬正門前駅で、専用歩道が用意されている。東京競馬開催時は競馬場線の増発と京王線と接続する東府中駅に特急や準特急が臨時停車するほか、府中競馬正門前駅から新宿駅方面に直通する急行電車が運行される。京王線では府中駅東府中駅よりアクセスする人も多い。また、少し離れた東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線武蔵野線府中本町駅からも専用歩道(フジビューウォーク)が用意されている。東京競馬開催時は南武線の川崎方面行き、武蔵野線の東所沢・南越谷行きの電車が増発される。かなり離れているものの南門には西武多摩川線是政駅からもアクセス可能である。京王線東府中駅から徒歩で向う場合、南口改札を出て南の方角へ歩いて行くと東門へアクセス可能。

1973年4月1日までは、競馬場西側に中央本線支線、通称「下河原線」の東京競馬場前駅があった。かつてはこの駅が国鉄で最も長い駅名であった。

中央高速バス(事前予約が望ましい)中央道府中バス停からもアクセスが可能。主に山梨県郡内・上野原方面の利用客が多い。高速バス停からは南門が至近で、中央自動車道北側沿いに八王子方面へ歩いて1kmほどで南門に着く。

重賞競走

障害も含めた全26のGI級競走中、この東京競馬場で開催される競走は3分の1に当たる8競走に及ぶ。2007年まではジャパンカップダートも当競馬場で開催されていた(2002年は中山、2008年から2013年まで阪神、2014年よりチャンピオンズカップに名称変更し中京に移設)。

GI


GII


GIII
2010Happy Mail