このキーワード
友達に教える
URLをコピー

東北地方太平洋沖地震とは?

【東北地方太平洋沖地震】

東京
仙台
東北地方太平洋沖地震 (日本)

地震の震央の位置を示した地図

【本震】

【発生日】
2011年3月11日
【発生時刻】
気象庁発表
14時46分18.1秒(JST)
05時46分18.1秒 (UTC)
米国地質調査所発表
14時46分24.1秒 (JST)
【持続時間】
160 - 170秒
震央
日本 三陸沖(仙台市の東方70 km)
気象庁発表
北緯38度6分12秒
東経142度51分36秒
座標: 北緯38度6分12秒 東経142度51分36秒
米国地質調査所発表
北緯38度17分49秒
東経142度22分23秒

【震源の深さ】
24 km
規模
気象庁マグニチュード (Mj)8.4
モーメントマグニチュード (Mw) 9.0, 9.1
最大震度 震度7:宮城県栗原市築館
(計測震度6.6)
津波
9.3 m以上: 相馬港
最大遡上 40.1 m: 綾里湾
浸水面積 561 km以上(地盤沈下によるものも含む)
【地震の種類】
海溝型地震衝上断層
【余震】

【回数】
震度1以上: 13,861回
震度4以上: 400回
M5以上: 950回
最大余震 2011年3月11日15時15分34.4秒、茨城県沖、M7.6、最大震度6強
【被害】

【死傷者数】
日本国内
死者 19,689人
行方不明者 2,563人
負傷者 6,233人
日本国外
死者 2人
行方不明者 5人
【被害総額】
震災被害のみで16 - 25兆円
【被害地域】
岩手宮城福島茨城太平洋岸を中心とした東日本など
注1:全て2018年3月6日現在、気象庁の統計。
注2: 2019年3月1日現在、総務省消防庁発表。
注3: 詳細は#日本国外の節参照。
注4: 2011年3月23日発表の日本政府による試算。原発事故によるものは含まない。

プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害

東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)は、2011年(平成23年)3月11日()14時46分ごろに、日本三陸沖太平洋を震源として発生した地震である。

地震の規模はマグニチュード (Mw) 9.0で、日本の観測史上最大規模だった。また宮城県最大震度7が観測された。気象庁により震度7が記録されたのは、1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、2004年の新潟県中越地震以来、観測史上3回目である。

この地震による被害は「東日本大震災」と呼ばれる。本震の地震動とそれに伴う津波、およびその後の余震東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらし、日本において第二次世界大戦後最悪の自然災害とも言われている。また、国際原子力事象評価尺度で最も深刻なレベル7と評価された福島第一原子力発電所事故も併せて発生した。

目次

  • 1 概要
  • 2 名称
  • 3 本震
  • 4 メカニズム
    • 4.1 規模
      • 4.1.1 日本観測史上最大の規模
      • 4.1.2 海溝型地震・広い震源域
    • 4.2 連動型地震
    • 4.3 地震波・揺れの特徴
  • 5 過去の地震・想定地震との比較
    • 5.1 地震調査委員会の想定
    • 5.2 想定に入れられなかった過去の巨大地震
  • 6 予知および前兆現象
    • 6.1 静穏化
    • 6.2 前震活動
    • 6.3 電離層全電子数
    • 6.4 すべり欠損
  • 7 余震・誘発地震活動
    • 7.1 余震
      • 7.1.1 余震の多発
      • 7.1.2 余震の広域性
    • 7.2 誘発地震
      • 7.2.1 表面波による動的誘発
      • 7.2.2 本震後の陸側プレート内部での誘発地震
      • 7.2.3 本震後のプレート境界での誘発地震
      • 7.2.4 スロースリップ現象の誘発
  • 8 地殻変動
    • 8.1 地震活動の変化
    • 8.2 地殻変動・沈降(地盤沈下)
    • 8.3 自転への影響
    • 8.4 副振動
    • 8.5 火山活動
    • 8.6 液状化
  • 9 津波
    • 9.1 日本国内
      • 9.1.1 津波警報
      • 9.1.2 大津波警報等が発表された地域
      • 9.1.3 観測された津波
        • 9.1.3.1 計器観測された津波高
        • 9.1.3.2 推定された津波高
      • 9.1.4 津波の波形と発生メカニズム
      • 9.1.5 地滑りのメカニズム
      • 9.1.6 各地で被害を出した津波
    • 9.2 日本国外
    • 9.3 太平洋を往復した津波
  • 10 緊急地震速報
  • 11 被害・影響
  • 12 対応・支援と復興
  • 13 教訓
    • 13.1 長期評価の見直し
    • 13.2 津波想定の見直し
    • 13.3 津波警報の見直し
    • 13.4 情報
      • 13.4.1 情報開示・広報
      • 13.4.2 災害時のメディア
  • 14 注釈
  • 15 出典
  • 16 関連項目
  • 17 外部リンク

概要

この地震は、2011年3月11日14時46分18.1秒、牡鹿半島の東南東約130 kmの太平洋(三陸沖)の海底(北緯38度06.2分、東経142度51.6分)、深さ約24 kmを震源として発生した。太平洋プレート北アメリカプレートの境界域(日本海溝付近)における海溝型地震で、震源域は岩手県沖から茨城県沖にかけての南北約500 km、東西約200 km、およそ10万平方キロの広範囲にわたった。地震の規模を示すマグニチュードMw9.0(Mj8.4)で、大正関東地震(1923年)のMj7.9, Mw8.2を上回る日本観測史上最大であるとともに、世界でもスマトラ島沖地震(2004年)以来の規模で、1900年以降でも4番目に大きな超巨大地震であった。

地震によって大規模な津波が発生した。最大で海岸から6 km内陸まで浸水、岩手県三陸南部、宮城県、福島県浜通り北部では津波の高さが8 - 9 mに達し、明治三陸地震(1896年)の津波を上回る最大溯上高40.1 m(岩手県大船渡市)を記録するなど、震源域に近い東北地方の太平洋岸では、その急峻な地形もあいまって高い津波が甚大な被害をもたらした。津波は関東地方の太平洋岸でも被害をもたらしたほか、環太平洋地域を中心に世界の海岸に達した。また、宮城県北部で最大震度7、岩手県から千葉県にかけて震度6弱以上を観測するなど広範囲で強い揺れとなり、関東地方の埋立地で大規模な液状化現象が発生した。一方東北太平洋岸では、地盤沈下により浸水被害が長期的に続いている。余震も過去例に無いペースで発生したうえ、通常の余震域外でも地震活動が活発化している。

津波、液状化、建造物倒壊など、東北の岩手県、宮城県、福島県の3県、関東の茨城県、千葉県の2県を中心とした被害は大きく、この地震による死者・行方不明者計約1万8,500人の大半は東北の3県が占めた。また、発電施設被害による大規模停電や一連の震災により、日本全国および世界経済的な二次被害がもたらされた。

一方、地震と津波を要因とする人災により福島第一原子力発電所事故が発生し、10万人を超える被災者が屋内退避警戒区域外への避難を余儀なくされた。警戒区域外でも、放射性物質漏れによる汚染が起きているほか、日本の原子力発電所の再稼働問題、電力危機なども発生した。

本地震の特徴として、いくつかが挙げられる。

海溝型地震であったこと
北アメリカプレートと、その下に沈み込む太平洋プレートの境界部、日本海溝と呼ばれる地域で発生した海溝型地震であった。
連動型地震であったこと
数十年 - 百数十年間隔で発生する海溝型のM8前後の大地震ではなく、それらが複数同時に発生する連動型地震であった。日本では19世紀終盤の近代観測開始以来初めて明瞭に連動型地震と断定されるものであった(スーパーサイクル参照)。
東北太平洋沖でこのような連動型地震が発生する事態は「想定外」であったといわれている
地質調査や文献調査では、南海トラフ沿いにおいて20世紀中盤から、関東地域において20世紀終盤から広く認識されていた一方、東北太平洋沖、北海道千島列島の太平洋沖、九州南西諸島の太平洋沖ではそれぞれ21世紀に入ってから(特に2004年のスマトラ島沖地震以降)その可能性を示す知見が得られつつあった程度で、地震学界でも強く認識されていなかった。そのため、被害想定でもM8前後の海溝型地震までしか想定されていなかった。本地震後、新たな知見の集約や地震想定を見直す動きが活発化している(#教訓参照)。
超巨大地震であったこと
Mw9.0は「超巨大地震」に分類され、19世紀終盤からの世界観測史上数回しか発生していない未曾有の規模であり、日本国内では観測史上最大の規模であった。
広範囲で強い揺れを感じたこと
規模が大きく震源域が南北に長かったため平行する本州・東日本の広範囲で強く揺れた。また、減衰しにくい長周期地震動によって名古屋、大阪など遠方でも揺れを観測し建物が損壊した。
揺れが長時間続いたこと
本震の地震動は東日本全域で6分間以上継続し、長い揺れとして体感された。長周期地震動は10分間以上、地球を自由振動させる超長周期地震動に至っては数十時間にわたって観測された。断層が滑る過程で、強い地震波を放出する破壊が数回に分けて断続的に発生したことが原因だとする説が発表されている。
短周期の揺れが主体であったこと
地震の規模に比して長周期の揺れは小さく、短周期の揺れが主体であったため、地震による直接の家屋被害は比較的起きにくかったといえる。ただし、家屋被害は宮城県と福島県を中心に広範囲に渡って発生している。
高い津波が発生したこと
東北・関東・北海道などの太平洋岸に数m以上の津波が到達、内陸の浸水が広範囲に及んだ。津波地震でみられるような海溝寄りにおけるゆっくりとした断層の滑りや、津波が高さを増すような複数回にわたる滑りが生じていたことなどが原因だとする説が発表されている。
大きな地殻変動が生じたこと
東日本全域にわたる東方向への地殻変動や東北太平洋岸の地盤沈下などが、本震により急激に発生、その後も速度を緩めながらゆっくりと進行している。
液状化現象が多発したこと
関東地方の津波の影響を受けなかった埋立地を筆頭に液状化が顕著に現れた。
前震とみられる地震があったこと
本地震発生2日前の3月9日、前震とみられるM7.3、最大震度5弱の地震が三陸沖で発生した。その地震による震度1以上の余震は、本地震発生当日の3月11日午前まで発生している。
余震や誘発地震が多発していること
その規模の大きさに比例して余震の回数・規模ともに大きく、地震学で通常「余震域」とされる地域の外で「誘発地震」が発生した。研究者・行政双方から、東日本では本地震による地殻変動の影響などで、被害をもたらすような地震の発生が促されているとの発表がなされており、警戒が強められている。

名称

東日本大震災#名称」も参照

地震が発生した3月11日、気象庁はこの地震を「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名した。

英文による名称として

などがある。

地震発生後、しばらくの間は各メディアや組織・団体において震災としての名称は統一されておらず、「東日本大震災」や「東北関東大震災」などの呼称が用いられていたが、日本政府は2011年4月1日の持ち回り閣議で、この地震による災害およびこれに伴う原子力発電所事故による災害を「東日本大震災」とすることを了解、発表し、それ以降は各メディアでの呼称も「東日本大震災」に収束した。

その後、略称として月日より取られた「3.11」という記述(読みはさんてんいちいち、もしくはさんいちいち)も、メディアではしばしば見られる。なお、「3.11」は2011年新語・流行語大賞トップテンに選出された。

本震

3月11日14時46分に発生したM9.0の本震のCMT解(下半球等積投影法、気象庁による速報)

気象庁や防災科学技術研究所などによると、この地震の要素は以下の通り。なお、発生時刻や震源は既知の地下構造モデルによって算出された理論上の精密値であり、実際の要素と多少のずれが生じている可能性がある。

この地震により震度6弱以上を観測した地域は以下の通り(震度5弱以上を観測した地域の一覧は東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録#本震を参照)。3月30日と6月23日に一部の震度データが修正されている。この地震では発生から約3分後(14時49分)の震度速報で震度7が発表された。速報の段階で震度7が発表されたのはこの地震が初めてである。ちなみにこの地震における計測震度6.67は観測当時、史上最大のものである。また、仙台市で震度6強を観測したが、政令指定都市で震度6弱以上の揺れを観測したのは2005年福岡県西方沖地震以来6年ぶりである。

本震における日本各地・地域ごとの震度分布図
本震における震度7の観測点および気象庁の観測点の震度分布図
本震における震度分布図
震度6弱以上が観測された気象庁の発表地点
震度 都道府県 観測点名
7 宮城県 | 栗原市築館
6強 宮城県 | 涌谷町新町・栗原市若柳・栗原市高清水・栗原市一迫・登米市米山町・登米市南方町・宮城美里町木間塚・大崎市古川三日町・大崎市古川北町・大崎市鹿島台・大崎市田尻・名取市増田・蔵王町円田・宮城川崎町前川・山元町浅生原・仙台宮城野区苦竹・石巻市桃生町・塩竈市旭町 東松島市矢本・大衡村大衡
福島県 | 白河市新白河・須賀川市八幡町・国見町藤田・鏡石町不時沼・天栄村下松本・楢葉町北田・富岡町本岡・大熊町下野上・双葉町新山・浪江町幾世橋・新地町谷地小屋
茨城県 | 日立市助川小学校・日立市十王町友部・高萩市本町・笠間市中央・常陸大宮市北町・那珂市瓜連・小美玉市上玉里・筑西市舟生・鉾田市当間
栃木県 | 大田原市湯津上・宇都宮市白沢町・真岡市石島・市貝町市塙・高根沢町石末
6弱 岩手県 | 大船渡市大船渡町・大船渡市猪川町釜石市中妻町・滝沢村鵜飼・矢巾町南矢幅・花巻市大迫町・一関市山目・一関市花泉町・一関市千厩町・一関市室根町・一関市藤沢町奥州市前沢区・奥州市衣川区
宮城県 | 気仙沼市赤岩・気仙沼市唐桑町・栗原市栗駒・栗原市瀬峰・栗原市金成・登米市中田町・登米市東和町・登米市豊里町・登米市登米町・登米市迫町・南三陸町志津川・南三陸町歌津・宮城美里町北浦・大崎市松山・白石市亘理町・仙台空港角田市角田・岩沼市桜・大河原町新南・亘理町下小路・仙台青葉区大倉・仙台青葉区作並・仙台青葉区雨宮・仙台青葉区落合・仙台宮城野区五輪・仙台若林区遠見塚・仙台泉区将監・石巻市泉町・石巻市門脇・石巻市北上町・石巻市鮎川浜・石巻市相野谷・石巻市前谷地・東松島市小野・松島町高城・利府町利府・大和町吉岡・大郷町粕川・富谷町富谷
福島県 | 福島市五老内町・郡山市朝日・郡山市開成・郡山市湖南町・白河市表郷・須賀川市八幡山・須賀川市長沼支所・二本松市金色・二本松市油井・桑折町東大隅・川俣町五百田・西郷村熊倉・中島村滑津・矢吹町一本木・棚倉町棚倉中居野・玉川村小高・浅川町浅川・小野町中通・小野町小野新町・田村市大越町・田村市常葉町・田村市都路町・田村市滝根町・福島伊達市前川原・福島伊達市梁川町・本宮市白岩・いわき市小名浜・いわき市三和町・いわき市錦町・相馬市中村・福島広野町下北迫大谷地原・川内村上川内小山平・川内村上川内早渡・大熊町野上・飯舘村伊丹沢・南相馬市原町区高見町・南相馬市鹿島区西町・猪苗代町千代田
茨城県 | 水戸市金町・水戸市千波町・水戸市中央・水戸市内原町・日立市役所・常陸太田市高柿町・高萩市安良川・北茨城市磯原町・笠間市石井・笠間市下郷・ひたちなか市南神敷台・ひたちなか市東石川・茨城町小堤・東海村東海・常陸大宮市中富町・常陸大宮市野口・常陸大宮市山方・那珂市福田・城里町石塚・城里町阿波山・小美玉市小川・小美玉市堅倉・土浦市常名・土浦市下高津・石岡市柿岡・石岡市石岡・取手市井野・つくば市天王台・つくば市苅間・茨城鹿嶋市鉢形・茨城鹿嶋市宮中・潮来市辻・美浦村受領・坂東市山・稲敷市役所・稲敷市結佐・筑西市門井・かすみがうら市上土田・行方市麻生・行方市山田・行方市玉造・桜川市岩瀬・桜川市真壁・鉾田市鉾田・鉾田市造谷・鉾田市汲上・常総市石下・つくばみらい市加藤
栃木県 | 大田原市本町・那須町寺子・那須塩原市鍋掛・那須塩原市あたご町・真岡市田町・真岡市荒町・芳賀町祖母井・那須烏山市中央・那須烏山市大金・栃木那珂川町馬頭・栃木那珂川町小川
群馬県 | 桐生市元宿町
埼玉県 | 宮代町笠原
千葉県 | 成田市花崎・印西市大森・印西市笠神

宮城県栗原市で最大震度7を観測し、激しい揺れは2分間続いた。震度7を観測したのは、2004年の新潟県中越地震以来7年ぶり、観測史上3回目。仙台では震度6強を観測した。このほかにも宮城県、福島県、茨城県、栃木県の一部で震度6強を観測するなど、震源域が広かったことから強震が広範囲にわたった。また、気象庁の震度推計分布図によると、福島県いわき市で局地的に震度7相当の揺れがあったほか、防災科学技術研究所強震観測網によると、栃木県芳賀町にある観測点で震度7相当の揺れ(計測震度6.51)を観測していたことも分かっている。ただし前者は震度計による観測ではないため、後者は気象庁の震度発表対象の震度計ではないため、いずれも観測点の震度には反映されていない。

このほかに、北海道・東北・関東・東海・甲信越で震度4、北海道・東北・関東・東海・甲信越・近畿では震度3を観測した。遠く鹿児島市でも震度1を観測しており、震源から1,300 km以上離れていることから、地震波はS波だけでも5分以上かけて到達している。東京大学地震研究所の解析によると、本震の揺れは東日本全体で約6分間続いた。 日本で体に感じる揺れがなかったのは中国地方四国地方、九州地方のそれぞれ一部と南西諸島のみ。長野市松代町の気象庁精密地震観測室(現・気象庁松代地震観測所)は、地震発生から2時間半おきに、この地震によると見られる5回の表面波を確認。地震波は時速14,000 km(大気中のマッハ11相当)で地球上を5周したと見られる。

メカニズム

詳細は「東北地方太平洋沖地震及び津波のメカニズム」を参照

規模

日本付近のプレートの分布および、本震震源域・余震域の分布とメカニズム

日本観測史上最大の規模

気象庁は当初マグニチュードを、気象庁マグニチュードで7.9と速報値を発表したが、16時00分に8.4という暫定値を発表した。その後、新たにモーメントマグニチュードで17時30分に8.8と発表し、1900年以降で最大だった1933年昭和三陸地震のMw8.4や1963年択捉島沖地震のMw8.5を上回って、日本の近代地震観測史上最大となった。さらに、3月13日には外国の安定した遠地波形データと50分間の観測データを用いて9.0と発表した。通常、日本の地震で使用されるマグニチュードは「気象庁マグニチュード (Mj)」と呼ばれるもので、発表されたM7.9、8.4は気象庁マグニチュードの値であったが、M8.8、9.0は「モーメントマグニチュード (Mw)」の値であった。M9.0は、大正関東地震(Mw 8.2,1923年)の約16倍、兵庫県南部地震(Mw 6.9,1995年)の約1450倍のエネルギーに相当する。

気象庁は、地震発生3分後にMj7.9と推定した時点ではマグニチュードの「頭打ち」が起こっているとは認識できず、従来から想定されていた宮城県沖地震が発生したものと判断した。しかし実際には地震があまりに巨大だったため、地震発生から約1時間14分後(16時)に発表された暫定値の気象庁マグニチュード8.4でも正確な規模の把握はできなかった。通常15分程度で算出できるモーメントマグニチュードも、国内の広帯域地震計がほぼ振り切れたため対応できず、国外の地震波形データを用いMw8.8と算出したのは約54分後(15時40分)と時間が掛かった(報道発表は精査後の17時30分、地震発生から約2時間44分後)。しかし、気象庁松代地震観測所では、アメリカ地質調査所 (USGS) が運営するライブ・インターネット地震サーバー (LISS:Live Internet Seismic Server) などのデータを解析し地震から約10分後にはM9を算出していたがこの計算結果は警報に使用されなかった。また、アメリカ地質調査所は当初、モーメントマグニチュードを8.8と発表、地震発生から約34分後に8.9、約6時間後に9.0と速報値、同15日に確定値を発表し、1900年以降に世界で発生した地震の中で4番目の規模と発表した。

発表値の推移

海溝型地震・広い震源域

気象庁や東京大学地震研究所などによると、この地震は、断層面が水平に対して10度と傾きが浅く、西北西-東南東方向(ほぼ東西方向に近い)に圧縮される、低角逆断層(衝上断層)型のずれであった。水平方向の変位量が大きく、東北地方の太平洋沖地域に特徴的なタイプの海溝型地震である。断層の破壊が始まった震源地は三陸沖だが、最終的に断層が破壊した震源域は日本海溝下のプレート境界面に沿って南北に長く、岩手県沖から茨城県沖までの南北約500 km、東西約200 km、深さ約5 km - 40 kmの範囲で、合計約10万 kmの広範囲に及ぶ。一方、スマトラ島沖地震 (2004年)では破壊域が長さ1,000 kmを越えたが、東北地方太平洋沖地震ではわずか500 kmの破壊域でM9を発生させていて、これは宮城県沖の震央付近での変位量が極めて大きかったことを意味している。

連動型地震

気象庁は地震発生後、この地震は単一ではなく、3つの地震が連動したもの(連動型地震)と解析した。会見で同庁地震予知情報課の課長は、「5分前後かけて連続して発生するという、複雑な起こり方をしている。極めてまれで、気象庁の観測で初めての経験」と述べた。文部科学省地震調査委員会は13日に臨時会を開き、破壊断層は南北に400 km、東西に200 kmの広範囲で、少なくとも4つの震源領域で3つの地震が連動発生したと述べた。東京大学地震研究所は、「大きな断層破壊が、1.宮城県沖、2.宮城県のさらに沖合、3.茨城県北部沖の陸に近い部分、の順に起こった」と説明している。このうち第2の断層破壊で非常に大きな地殻変動が起きており、最大滑り量は30 m超あるいは60 mと推定されていたが、最終的にこの滑り量は平均で62 mと計算された。この最大滑り量は2004年スマトラ島沖地震など世界の他の超巨大地震よりも大きく世界最大のものである。震源域の中で強い地震波を放出した点(破壊が大きいところ、セントロイド)は大きく震源の東側付近と茨城県沖の2つに分かれており、連動型地震特有の長く複雑な破壊過程を経た。震源域が広いため広範囲で揺れを観測し、プレート境界深部が破壊したため震源域近部では強震となった。また、プレート境界浅部が2度にわたって破壊したことで2つのピークを持つ大津波を生じた。

地震波の解析により、プレート境界の海溝側の浅い部分と陸地側の深い部分で往復する形で破壊が進行したことが判明し、2011年5月20日付けのサイエンスに発表された。海溝側の浅い部分の破壊は津波地震の特徴でもあり、これにより津波が巨大化した可能性も指摘されている。

  1. 発生から3秒間は浅い(約25 km)海溝側で、3月9日に発生したM 7.3の前震よりも小さい、緩やかな初期破壊。
  2. 40秒かけて深部(約40 kmまで)に破壊が伝播し、短周期の地震波により陸上の激しい揺れをもたらす。
  3. 続いて発生60 - 75秒後にかけて浅い海溝付近でダイナミックオーバーシュート(dynamic overshoot、動的過剰滑り)により長周期の地震波と大規模な津波を発生。
  4. その後、再び深部へ破壊が伝播し、発生90秒後にかけて短周期の地震波により再度陸上の激しい揺れをもたらす。大きな破壊は100秒後までに止む。

この蓄積された歪を超える滑りであるダイナミックオーバーシュートによる強大な津波の発生メカニズムが明らかとなり、1896年の明治三陸地震津波は海溝側の浅部の滑りにより強大な津波が発生したものと理解される。

また、海底活断層や約100万年前に日本海溝から北米プレート

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/09/10 03:28

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「東北地方太平洋沖…」の意味を投稿しよう
「東北地方太平洋沖地震」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

東北地方太平洋沖地震スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「東北地方太平洋沖地震」のスレッドを作成する
東北地方太平洋沖地震の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail