このキーワード
友達に教える
URLをコピー

東日本大震災による鉄道への影響とは?

東日本大震災による鉄道への影響(ひがしにほんだいしんさいによるてつどうへのえいきょう)では、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が鉄道へもたらした影響・被害について詳述する。

目次

  • 1 概要
  • 2 帰宅困難者
  • 3 各路線
    • 3.1 新幹線
      • 3.1.1 東北地方の新幹線
      • 3.1.2 その他の地域の新幹線
    • 3.2 在来線
      • 3.2.1 運休の続く区間
      • 3.2.2 JR東日本以外のJR各社
    • 3.3 私鉄、第三セクター鉄道、公営鉄道など
      • 3.3.1 東北地方以外の鉄道会社
  • 4 震災で廃車された車両の一覧
  • 5 注釈
  • 6 出典
  • 7 関連書籍

概要

駅で足止めされる帰宅困難者(2011年3月11日、新宿駅)

この地震では、地震による直接的な被害のほか、太平洋沿岸部において大津波による被害が多数発生している(後述)。

地震発生直後より東日本旅客鉄道(JR東日本)は新幹線在来線の運転を終日見合わせ、関東・首都圏では私鉄地下鉄の全線が運行を停止した。午後9時前より夜半にかけ、一部の私鉄や地下鉄が運転を再開し、東京地下鉄都営地下鉄では終夜運転を行った。

3月14日以降は、首都圏の各路線で計画停電の影響で、また東北地方の非電化路線では、気動車の燃料供給の問題により、運休や減便が行われた。

この震災に伴い、JR各社と私鉄・第三セクターは、期限が過ぎた乗車券・特急券も含めて、乗車券や特急券などの払い戻し手数料を無料とする措置を長期にわたって発動した。また、通常は払い戻しに制限があるか、払い戻しができない特別企画乗車券についても、使用途中の切符も含めて、特例として手数料無料で払い戻すことができる措置を行った。

帰宅困難者

詳細は「東日本大震災による帰宅困難者」を参照

枝野幸男官房長官は午後5時40分頃の記者会見で、交通機関の復旧のめどが立たないため「中・遠距離の方は無理に帰宅されないことをお願いする」と職場待機を呼びかけたが、警察庁によると午後8時時点で、1都3県の主要駅で足止めされた帰宅困難者が24,000人以上発生した。東京都は都庁舎をはじめとした公的施設を帰宅困難者に一時避難場所として開放し、横浜市埼玉県千葉市も同様の措置を採った。日本国政府も、新宿地方合同庁舎を始めとした国所有施設を一時滞在先として提供した。

各路線

新幹線

東北地方の新幹線

東北新幹線仙台駅など5つの駅が被害を受けたほか、電柱や架線、高架橋の橋脚など約1,100か所が損傷した。

また、仙台駅から北に4.5キロの地点で、試験走行中だった新幹線E2系電車(列車番号:7932B)が脱輪した。 この脱輪について運輸安全委員会は、「高架橋が地震動に共振したことが原因」とする調査報告書をまとめた。

3月15日に東京駅 - 那須塩原駅間が再開、同22日に盛岡駅 - 新青森駅間が再開、4月7日に一ノ関駅 - 盛岡駅間が再開、しかし同日夜に起きた強い余震により八甲田トンネル内で下り最終列車が立ち往生した。この余震で約450か所の新たな損傷が生じ、一ノ関駅以北は再び運転見合わせとなった。

4月12日に那須塩原駅 - 福島駅間が再開し(「なすの」を郡山駅まで延伸、一部「やまびこ」も設定)、福島駅 - 新庄駅間で折返し運転を行っていた山形新幹線も東京までの直通運転を再開。これに合わせ、東北本線を経由して福島発の東京行き新幹線と仙台駅を結ぶ新幹線リレー号が同日から福島駅 - 仙台駅間が運転再開する前日まで13日間にわたって運行された。

4月13日に盛岡駅 - 新青森駅間が再開、同23日に一ノ関駅 - 盛岡駅間、同25日に福島駅 - 仙台駅間が再開、同29日に全線再開、秋田駅 - 盛岡駅間で折返し運転を行っていた秋田新幹線も同時に東京までの直通運転を再開。復旧工事のため、那須塩原駅 - 盛岡駅間は速度を落とした臨時ダイヤでの運行となっていたが、7月9日に減速運転区間短縮(福島駅 - 一ノ関駅間のみ)に伴うダイヤ改正が実施された後、9月23日、減速運転を終了し、震災前のダイヤに復帰した。

東北新幹線#東日本大震災の影響」を参照
(左)損傷した東北新幹線の架線(2011年3月13日、福島県伊達郡国見町付近)
(中)広瀬川に架かる橋梁上に緊急停止したMaxやまびこ(2011年3月27日、宮城県仙台市太白区)
(右)仙台駅を出発した直後の福島行き新幹線リレー号(2011年4月17日、宮城県仙台市若林区)

その他の地域の新幹線

上越新幹線長野新幹線(当時の通称)は3月12日午後4時ごろから運転を再開した。

東海旅客鉄道(JR東海)は、3月17日に東京駅 - 新富士駅間では節電のため通常より速度を落として運転していると発表した。

九州新幹線 (鹿児島ルート)は大震災翌日の3月12日に全線が開業、山陽新幹線との相互直通運転開始は共に予定通り行われたが、被災者の心情に配慮して出発式典等はすべて中止になった。開業100日後、「百日祝出発式」として改めて行われた。

在来線

(左)津波により常磐線坂元駅はホームがえぐれ、跨線橋とコンクリート造のトイレ以外は流失した(2011年5月18日)
(中)同じく常磐線の新地駅。駅舎は全壊、跨線橋は損壊、列車(E721系電車)は脱線した(2011年4月4日)
(右)仙石線野蒜駅を西側から撮影。線路は家屋や車両の残骸で塞がれている(2011年3月27日)

東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線では新地駅坂元駅が津波により崩壊。新地駅では4両編成の列車が脱線、大破したが、乗客・乗員は事前に全員避難し死傷者はなかった。浜吉田駅 - 山下駅間で日本貨物鉄道(JR貨物)のコンテナ貨物列車が脱線したが、機関士は無事であった。勝田駅 - 水戸駅間で盛り土が変形し、レールは100メートル以上にわたってゆがんでいた。

仙石線では東名駅 - 野蒜駅の間を走行中の4両編成のあおば通駅行き普通列車が津波に流されて脱線した。乗客は津波の到達前に乗務員の誘導によって近傍の野蒜小学校へ避難したが、その後小学校を襲った津波によって数名が亡くなった。また野蒜駅 - 陸前小野駅間を走行中の石巻駅行き快速列車も緊急停止時に脱線したが、辛うじて津波の被害を免れ、乗客は翌日救出された。この快速列車の乗客の中にはプロレスラーの近藤修司もいた。

山田線では宮古駅 - 磯鶏駅間で第34閉伊川橋梁が流出した。気仙沼線では最知駅 - 松岩駅間で列車が脱線し、運転士から旅客を救助した旨の報告があった後連絡が取れなくなり、列車が一時行方不明となっていた。

大船渡線では、盛駅付近および大船渡駅 - 下船渡駅間の列車から避難の連絡があった後、一時連絡が取れなくなった。これらの一時的に連絡が取れなくなったすべての列車で、乗客全員が事前に避難し、乗務員が無事であったことが3月12日までに確認された。

(左)津波に流された仙石線のあおば通駅行き列車(2011年3月27日)
(中)石巻線女川駅に停車中の列車は丘の麓まで200メートル流された(2011年3月30日)
(右)仙台臨海鉄道のSD55 102機関車とタンク車は被災し、横転した(2011年4月30日)
大船渡線の鹿折唐桑駅。ホームの周辺には津波で流されたがれきが散乱し、車が線路を塞いでいる(2011年4月11日)
橋の右側土手上にあった気仙沼線の陸前小泉駅は津波により跡形もなく流失した(2011年4月6日)
東北本線で地震により停止した貨物列車(2011年3月25日)
ホームとエレベーターシャフトを残し津波に流された石巻線の女川駅
(2011年3月30日)
池袋駅と目白駅の間に止まった埼京線の列車(2011年3月11日)

東北本線は3月12日に上野駅 - 宇都宮駅間が再開、同15日に花巻駅 - 盛岡駅間が再開、同16日に宇都宮駅 - 黒磯駅間が再開、同17日に北上駅 - 花巻駅間が再開、同20日に一ノ関駅 - 北上駅間が再開、同29日に郡山駅 - 本宮駅間が再開、同31日に仙台駅 - 岩切駅間が再開、4月2日に安積永盛駅 - 郡山駅間、名取駅 - 仙台駅間が再開、同3日に岩沼駅 - 名取駅間が再開、同5日に本宮駅 - 福島駅間、岩切駅 - 松島駅間、岩切駅 - 利府駅間が再開、同6日に花泉駅 - 一ノ関駅間が再開、同7日に福島駅 - 岩沼駅間が再開したが、同日深夜に起こった余震により黒磯駅 - 盛岡駅間、岩切駅 - 利府駅間で運転見合わせとなったが、同9日に、安積永盛駅 - 本宮駅間、北上駅 - 盛岡駅間が再開、同10日に本宮駅 - 福島駅間が再開、同11日に水沢駅 - 北上駅間が再開、同12日に福島駅 - 仙台駅間が再開、同15日に一ノ関駅 - 水沢駅間が再開、同17日に黒磯駅 - 安積永盛駅間が再開した後、震災発生から41日後の同21日に全線再開。

大湊線は3月17日に全線再開。

北上線は3月19日に北上駅 - ほっとゆだ駅間が再開、同20日に全線再開。

花輪線は3月18日に好摩駅 - 松尾八幡平駅間が再開、同19日に全線再開。

田沢湖線は3月15日に盛岡駅 - 赤渕駅間が再開、同18日に全線再開。

八戸線は3月18日に八戸駅 - 鮫駅間が再開、同24日に鮫駅 - 階上駅間が再開、8月8日に階上駅 - 種市駅間が再開、震災発生から1年後の2012年3月17日のダイヤ改正で、全線再開。

山田線は3月18日に盛岡駅 - 上米内駅間が再開、同26日に上米内駅 - 宮古駅間が再開。

釜石線は3月25日から代行バスを運転、同28日に花巻駅 - 遠野駅間が再開、4月6日に全線再開。

奥羽本線は3月14日に秋田駅 - 青森駅間が再開、同15日に大曲駅 - 秋田駅間が再開、同16日に横堀駅 - 大曲駅間が再開、同20日に米沢駅 - 山形駅間、院内駅 - 横堀駅間が再開、同23日に山形駅 - 新庄駅間が再開、同27日に新庄駅 - 院内駅間が再開、同31日に全線再開。

五能線は3月18日に東能代駅 - 岩館駅間、鰺ケ沢駅 - 川部駅間が再開、同19日に全線再開。

米坂線は3月14日に坂町駅 - 小国駅間が再開、同20日に全線再開。

左沢線は3月28日に全線再開。

陸羽西線は4月1日に全線再開。

陸羽東線は4月3日に全線再開。

石巻線は4月17日に小牛田駅 - 前谷地駅間が再開、5月19日に前谷地駅 - 石巻駅間が再開、2012年3月17日に石巻駅 - 渡波駅間が再開、2013年3月16日に渡波駅 - 浦宿駅間が再開、2015年3月21日に全線再開。

気仙沼線は4月29日に前谷地駅 - 柳津駅間が再開。2012年8月20日に柳津駅 - 気仙沼駅間がBRTで再開。

仙石線は3月28日にあおば通駅 - 小鶴新田駅間が再開、4月7日の余震で再び運転見合わせとなったが、同15日に再開、同19日に小鶴新田駅 - 東塩釜駅間が再開、5月28日に東塩釜駅 - 高城町駅間が再開、7月16日に石巻駅 - 矢本駅が再開したが、この区間は変電所が復旧していないため全線再開までは小牛田所属のキハ110気動車を使用してスタフ閉塞で運行された。2012年3月17日に矢本駅 - 陸前小野駅間が再開、2015年5月30日、一部線路を内陸に移設して、全線再開。

仙山線は4月1日に山寺駅 - 羽前千歳駅( - 山形駅)間が再開、同4日に仙台駅 - 愛子駅間が再開、その後、同7日の余震により再び全線で運転見合わせとなったものの、順次運転を再開し、同23日に全線再開。

大船渡線は4月1日に一ノ関駅 - 気仙沼駅間が再開。2013年3月2日に気仙沼駅 - 盛駅間がBRTで再開。

磐越西線は3月26日に全線再開。4月にはDD51重連+タキ1000形10両を使用した緊急燃料輸送列車に使用された。久々に見られたDD51重連+貨物列車のシーンもあり、この輸送シーンを収録したDVDが発売された。

磐越東線は3月31日に船引駅 - 郡山駅間が再開、4月13日に小野新町駅 - 船引駅間が再開、同15日に全線再開。

只見線は、3月30日に会津若松駅 - 会津坂下駅間が再開、4月8日に会津坂下駅 - 会津川口駅間が再開、同12日に会津川口駅 - 只見駅間が再開、同14日に全線再開。

常磐線は3月12日に日暮里駅 - 取手駅間が再開、同18日に取手駅 - 土浦駅間が再開、同31日に土浦駅 - 勝田駅間が再開、4月7日に勝田駅 - 高萩駅間が再開、同11日に高萩駅 - いわき駅間が再開、同12日に亘理駅 - 岩沼駅間が再開、同17日にいわき駅 - 四ツ倉駅間が再開、5月14日に四ツ倉駅 - 久ノ浜駅間が再開、10月10日に久ノ浜駅 - 広野駅間が再開、12月21日に原ノ町駅 - 相馬駅間が再開、2013年3月16日に浜吉田駅 - 亘理駅間が再開、2014年6月1日に広野駅 - 竜田駅間が再開、2016年7月12日に小高駅 - 原ノ町駅間が再開、12月10日に相馬駅 - 浜吉田駅間が再開、2017年4月1日に浪江駅 - 小高駅間が再開、10月21日に竜田駅 - 富岡駅間が再開。

水戸線は4月7日に全線再開。

鹿島線は3月18日に佐原駅 - 延方駅間が再開、4月16日に全線再開。

飯山線は3月12日の長野県北部を震源とする地震により戸狩野沢温泉駅 - 越後川口駅間が運転見合わせとなったが、同22日に十日町駅 - 越後川口駅間が再開、4月29日に全線再開。

3月16日に、JR東日本は八戸線気仙沼線の全線と山田線(宮古駅 - 釜石駅)、大船渡線(気仙沼駅 - 盛駅)、石巻線(前谷地駅 - 女川駅)、仙石線(東塩釜駅 - 石巻駅)、常磐線(いわき駅 - 岩沼駅)の8路線450kmについては復旧のめどが立っていないと発表した。うち、八戸・石巻・仙石線の全区間と気仙沼・常磐の各路線の一部はすでに再開している。

運休の続く区間

2018年(平成30年)4月1日時点での運休路線(平成23年7月新潟・福島豪雨に伴う只見線の運転見合わせを除く)および再開予定は以下の通り。大船渡線の気仙沼駅 - 盛駅間と気仙沼線柳津駅 - 気仙沼駅間はBRTで再開済みだが、鉄道での再開を断念したことから表から除外した。

2011年4月5日、JR東日本社長・清野智は大きな被害を受けた路線について「責任を持って復旧させる」と表明し、津波を受けたのは気仙沼線など7路線で被害は少なくとも1,700か所に上り、23駅が流失、線路が約60キロにわたって流されるなどの被害状況が発表された。駅舎流失が確認されたのは、気仙沼線陸前戸倉駅志津川駅歌津駅陸前港駅陸前小泉駅小金沢駅最知駅松岩駅南気仙沼駅、石巻線女川駅、大船渡線竹駒駅陸前高田駅脇ノ沢駅小友駅細浦駅大船渡駅、山田線陸中山田駅織笠駅大槌駅鵜住居駅、常磐線富岡駅新地駅坂元駅。ただし、復旧させる場合においても大幅な線区の変更も避けられないとの趣旨の発言もしている。

さらに常磐線は原発事故の影響で今も帰還困難区域(事故発生当初は警戒区域)に設定されたため、震災後もしばらくの間竜田駅 - 原ノ町駅間は被害状況の調査や点検作業ができなかった状態だったが、2015年2月までに被害状況の調査が終了した。

これらの影響により、2012年3月にいわき駅 - 仙台駅間で新型車のE653系で運行予定だった特急列車の運行計画が休止状態になった(後にE653系は「いなほ」および「しらゆき」への転用に方針転換され、計画は完全に中止となった)。さらに2012年3月17日のダイヤ改正で、震災後運休扱いであった特急「スーパーひたち」のいわき駅 - 仙台駅間は廃止された。

気仙沼線は当初ミヤコーバスによる振替輸送を行っていたが、JR東日本は2011年12月27日に開かれた復興調整会議でBRTによる運行を提案し、暫定運行を経て、2012年12月22日から本格的にBRTの運行を開始したが、鉄道での再開は断念することとなった。

JR東日本以外のJR各社

北海道旅客鉄道(JR北海道)では、津波警報により道南から道東にかけての太平洋沿岸部を通る路線を運休した。津軽海峡線(青函トンネル)は3月15日から運転を再開した。

東海旅客鉄道(JR東海)では、津波警報により東海道本線の一部区間・参宮線紀勢本線(亀山駅 - 新宮駅間)で運転見合わせが発生した。津波警報解除に伴い運転再開。

四国旅客鉄道(JR四国)では、津波警報により牟岐線の全線、および土讃線の太平洋沿岸部を通る後免駅 - 窪川駅間を運休した。牟岐線は12日17時13分運転再開、土讃線は13日の始発から運転を再開した。

西日本旅客鉄道(JR西日本)では津波警報により紀勢本線(きのくに線;和歌山駅 - 新宮駅間)が運休し、12日の夕方以降に運転を再開した(ただし特急列車は13日から)。また福島県浪江町にある鉄道部品メーカーが被災し、直流モーター消耗部品の調達が困難になったことで、同社在来線のほぼすべての電化線区で間引き運転を行うことを発表した。京阪神地区(アーバンネットワーク)以外の地区では4月2日から間引き運転を実施したが、当面の部品調達のめどが立ったために4月8日始発から通常運転を再開した。当初は京阪神地区でも4月11日から実施される予定だったが、こちらは間引き運転実施前に中止となった。 JR西日本では上記の山陽新幹線と九州新幹線鹿児島ルートとの相互直通運転開始に伴うダイヤ改正を3月12日に控えており、ダイヤ改正前日限りで引退する485系雷鳥」のさよなら式典や、改正により北近畿地区での本格運用が始まる287系の出発式典が行われる予定だったが、すべて中止された。

九州旅客鉄道(JR九州)では、大分・宮崎・鹿児島に発表された津波警報により日豊本線が杵築 - 鹿児島中央間で、日南線が全線にわたって運休し、警報が解除される12日まで続いた。JR九州では上記の九州新幹線鹿児島ルート全線開通に伴うダイヤ改正を3月12日に控えており、改正前日限りで引退する485系のさよなら式典や、改正により宮崎地区での本格運用が始まる787系の出発式典が行われる予定だったが、すべて中止された。改正と同時に指宿枕崎線で運行開始される予定であった「指宿のたまて箱」も津波警報により3月12日は運休し、翌13日から運行開始した。なお、九州新幹線全線開業から100日後にあたる6月19日に、九州新幹線4駅で「百日祝出発式」と称した出発式を実施した。

私鉄、第三セクター鉄道、公営鉄道など

仙台市地下鉄南北線の八乙女駅は真下の道路が通行禁止となった(2011年3月14日)
三陸鉄道北リアス線の島越駅は津波の直撃を受け、駅舎が消失し、高架橋は崩落した(2011年6月29日)
ひたちなか海浜鉄道湊線では道床と線路が歪んでしまった(2011年4月10日)

仙台空港鉄道仙台空港駅の1階部分が津波で浸水した、7月23日に名取駅 - 美田園駅間が再開、10月1日に全線再開。

仙台市地下鉄南北線黒松駅 - 泉中央駅間で高架橋が損傷し、八乙女駅が損壊した。3月14日に富沢駅 - 台原駅間が再開、台原駅 - 八乙女駅 - 泉中央駅間と台原駅 - 旭ヶ丘駅 - 黒松駅間は直通の無料バスを運行した(途中駅は通過)、4月29日に全線再開。なお、東西線は未開通だった。

弘南鉄道は3月14日に全線再開。

青い森鉄道は3月14日に青森駅 - 浅虫温泉駅間が再開、同16日に浅虫温泉駅 - 八戸駅間が再開、同17日に全線再開。

IGRいわて銀河鉄道は3月16日に盛岡駅 - いわて沼宮内駅間が再開、同17日に全線再開。

三陸鉄道北リアス線は3月16日に陸中野田駅 - 久慈駅間が再開、同20日に宮古駅 - 田老駅間が再開、同29日に田老駅 - 小本駅(現・岩泉小本駅)間が再開、2012年4月1日に田野畑駅 - 陸中野田駅間が再開、2014年4月6日に全線再開。

三陸鉄道南リアス線は2013年4月3日に盛駅 - 吉浜駅間が再開、2014年4月5日に全線再開。

山形鉄道フラワー長井線は3月20日に全線再開。

阿武隈急行線は4月6日に保原駅 - 梁川駅間が再開、同13日に梁川駅 - 富野駅間が再開、同18日に瀬上駅 - 保原駅間、角田駅 - 槻木駅間が再開、同28日に福島駅 - 瀬上駅間が再開、5月16日に全線再開。

真岡鐵道真岡線は3月23日に真岡駅 - 茂木駅間が再開、4月1日に全線再開。

わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線は3月17日に相老駅 - 神戸駅間が再開、同31日に桐生駅 - 相老駅間が再開、神戸駅 - 間藤駅間は代行バスを運転、4月1日に全線再開。

ひたちなか海浜鉄道湊線は3月19日から代行バスを運転、7月23日に全線再開。

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線新鉾田駅 - 北浦湖畔駅間で路盤が崩れたり、鹿島臨港線(貨物線)の線路が液状化現象で変形するなど大きな被害を受けた、4月2日に水戸駅 - 大洗駅間が再開、同7日に大洋駅 - 鹿島サッカースタジアム駅間が再開、同8日に大洗駅 - 新鉾田駅間が再開、同7日から新鉾田駅 - 大洋駅間と、鹿島サッカースタジアム駅 - 鹿島神宮駅間で代行バスを運行(鹿島サッカースタジアム駅 - 鹿島神宮駅間の代行バスは4月16日に鹿島線が全線再開したため4月15日をもって終了)、7月12日に全線再開。

山万ユーカリが丘線は4月1日に全線再開。

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスは3月12日に秋葉原駅 - 流山おおたかの森駅間が再開。3月13日に全線再開。6月15日に柏たなか駅 - 守谷駅間の高架橋が傾いた場所の速度制限(130→35km/h)解除。

十和田観光電鉄は東日本大震災の影響による収益悪化や、東北新幹線全線開業等の理由が重なり、2012年3月31日を以って全線廃線となった。震災の影響を理由とした廃線はこれが唯一である。

東北地方以外の鉄道会社

関西・東海地方を走る近畿日本鉄道はJR西日本同様直流モーターブラシの出荷停止により、6月以降に列車の本数を削減する対応策を検討すると発表した。この関係で4月に運行予定であった南大阪線吉野線の臨時快速急行は4月分は運転を中止することが決定し、名阪ノンストップ特急に使用する21000系は3月28日より8両編成への増結を取り止め、6両編成のみでの運行となった。こちらも部品供給の再開に伴い、4月15日より特急編成縮小は取りやめ、南大阪線・吉野線臨時快速急行の運行も行われることになった。

また、翌年以降、首都圏ではJR東日本以外の多くの鉄道事業者で、3月11日14時46分頃に巨大地震を想定した一斉停止訓練が行われるようになった。東急電鉄は黙祷も行う。

震災で廃車された車両の一覧

貨車は廃車された車両が非常に多いため、両数のみ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/08/18 11:59

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「東日本大震災によ…」の意味を投稿しよう
「東日本大震災による鉄道への影響」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

東日本大震災による鉄道への影響スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「東日本大震災による鉄道への影響」のスレッドを作成する
東日本大震災による鉄道への影響の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail