このキーワード
友達に教える
URLをコピー

東海道とは?

東海道(とうかいどう、うみつみち)は、五畿七道の一つ。本州太平洋側の中部の行政区分、および同所を通る幹線道路(古代から近世)を指す。

行政区画としての東海道

令制国一覧 > 東海道
東海道

行政区分の東海道は、畿内から東に伸びる、本州太平洋側の中部を指したもの。これは、現在の三重県から茨城県に至る太平洋沿岸の地方に相当する。当初、武蔵国は東山道に属しており、771年に加わったものである。

変遷

東海道令制国の変遷
名称の変更に限るもので、令制国間の郡・郷の移動に関しては記載していない。
古代国
(令制国前身)
 |  |  | 
 | 
 | 大宝律令制定
(701年)
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 | 824年-明治 | 
 | 
 |  | 明治時代 | 
 | 
 | 現在の都道府県

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

伊賀国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 伊賀国
(680年-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 伊賀国 | 
 | 
 | 
 | 伊賀国 | 
 | 
 | 三重県(西部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

伊勢国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 伊勢国
(7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 伊勢国 | 
 | 
 | 
 | 伊勢国 | 
 | 
 | 三重県(北中部)・愛知県(一部)・岐阜県(一部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

島津国 | 
 | 
 |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | 志摩国
(8世紀初め-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 志摩国 | 
 | 
 | 
 | 志摩国 | 
 | 
 | 三重県(東部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

尾張国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 尾張国
(7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 尾張国 | 
 | 
 | 
 | 尾張国 | 
 | 
 | 愛知県(西部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

参河国(三川国・三河国) | 
 | 
 | 
 | 
 | 参河国
(7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 三河国
(784年-) | 
 | 
 | 三河国 | 
 | 
 | 
 | 三河国 | 
 | 
 | 愛知県(東部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

穂国 | 
 | 
 |  | 
 | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  |  | 
 | 


遠淡海国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 遠江国
(7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 遠江国 | 
 | 
 | 
 | 遠江国 | 
 | 
 | 静岡県(西部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

久努国 | 
 | 
 |  | 
 | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  |  | 
 | 


素賀国 | 
 | 
 |  | 
 | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  |  | 
 | 


珠流河国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 駿河国
(7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 駿河国 | 
 | 
 | 
 | 駿河国 | 
 | 
 | 静岡県(中部・北東部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

廬原国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  |  | 
 | 


伊豆国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 伊豆国
(680年-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 伊豆国 | 
 | 
 | 
 | 伊豆国 | 
 | 
 | 静岡県(伊豆半島)、東京都(伊豆諸島)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

甲斐国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 甲斐国
(7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 甲斐国 | 
 | 
 | 
 | 甲斐国 | 
 | 
 | 山梨県
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

相武国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 相模国
(7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 相模国 | 
 | 
 | 
 | 相模国 | 
 | 
 | 神奈川県(北東部以外大部分)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

師長国 | 
 | 
 |  | 
 | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  |  | 
 | 


 |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 武蔵国
(771年東山道から移管) | 
 | 
 | 
 | 武蔵国 | 
 | 
 | 
 | 武蔵国 | 
 | 
 | 東京都(大部分)、埼玉県(大部分)、神奈川県(北東部) | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

総国(捄国)
(阿波国など十数カ国) |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | 安房国
(718年-742年) | 
 | 
 | 
 | 
 | 安房国
(757年-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 安房国 | 
 | 
 | 
 | 安房国 | 
 | 
 | 千葉県(南部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

上総国
(上捄国、6世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 上総国
(令制国、7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 上総国 | 
 | 
 | 
 | 上総国 | 
 | 
 | 千葉県(中部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

下総国
(下捄国) | 
 | 
 | 
 | 
 | 下総国
(令制国、7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 下総国 | 
 | 
 | 
 | 下総国 | 
 | 
 | 千葉県(北部)、茨城県(南西部)、埼玉県(一部)、東京都(一部)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

茨城国など7カ国 | 
 | 
 | 
 | 
 | 常陸国
(7世紀-) | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 常陸国 | 
 | 
 | 
 | 常陸国 | 
 | 
 | 茨城県(南西部以外大部分)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  | 
 | 
 | 陸奥国(東山道) |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  |  | 
 | 


  1. ^ 田中卓が「尾張国はもと東山道か」(1980年)という論文を著し、東海道は本来は伊勢国から海路で三河国に向かうルートを取っていたとする観点から、尾張国が武蔵国と同様に元は東山道で後に東海道に移管されたとする説を唱えている。
  2. ^ 阿波国のほか、長狭国須恵国馬来田国菊麻国伊甚国上海上国武社国下海上国千葉国印波国
  3. ^ 『帝王編年記』は上総国の成立を安閑天皇元年(534年)とする。
  4. ^ 茨城国のほか、筑波国新治国久自国仲国高国(多珂国)、道口岐閉国
令制国
五畿七道 | 
畿内 | 

東海道 | 

東山道 | 

北陸道 | 

山陰道 | 

山陽道 | 

南海道 | 

西海道 | 

 | 
畿内 東海道 東山道 北陸道 山陰道 山陽道 南海道 西海道
五畿八道 | 
北海道 | 


- | 
その他 | 
国力による分類
大国
上国
中国
下国
距離による分類
近国
中国
遠国




道(みち)としての東海道

主要カテゴリ > 技術・社会・歴史 > 交通 > テーマ史・技術史・交通史 > 各国の交通史 > 日本の交通史 > 街道 > 東海道
東海道の概略

律令時代

概説

東海道は律令時代に設けられた五畿七道駅路の一つで、中路である。律令時代の東海道の道幅は、中世や江戸時代の道より広く、より直線的に建設された。

その一方で、当時は大河川に橋を架ける技術は発達しておらず、揖斐川長良川木曽川大井川安倍川富士川多摩川利根川(当時)といった渡河が困難な大河の下流域を通過するため、むしろ東山道の山道の方が安全と考えられていた時期もあり、東海道が活発になるのは、渡河の仕組が整備された10世紀以降のことと考えられている。

中世に大半が改廃されたため、当時の正確な道筋については議論されているが、おおむね以下のような経路を通っていた考えられている。

畿内から近国まで

首都飛鳥に置かれた時期には、大和国宇陀が、東海道方面への入口だったと考えられているが、その後、平城京に遷都されると、平城京から平城山を北上し、木津から木津川の谷間を東へ入って伊賀国に入り、鈴鹿山脈布引山地の鞍部を加太越えで越えて伊勢国へ、木曽三川を下流域で渡って尾張国津島へ、名古屋市を通り、三河国と続いていったと考えられている。およそ、現在の国道163号線国道25号線国道1号に沿ったルートであった。

ただし、木曽三川の下流部は古来より水害が激しく、実際には船による移動に頼っていたと考えられ、あるいは飛鳥平城京から鈴鹿峠を経由してそのまま伊勢国の港から伊勢湾を横断する海路が用いられる事も多かったとみられている。だが、その一方でこうした船には馬を同伴させることが出来ず、東国から馬に乗ってきた旅行者は三河国か尾張国で馬を他者に預けて伊勢国に向かう船に乗る必要が生じたが、帰途時に馬の返還を巡るトラブルなどもあった(『日本書紀』大化2年(646年)3月甲申条)。このため、徒歩や馬で旅を続けようとする人の中には、本来は認められていなかった尾張国府から北上して美濃国にある東山道の不破関に出る経路も用いられていた。伊勢湾を横断する海路と東山道に出る脇道の存在は、江戸時代の七里の渡し美濃路の原型として考えることもできる。

平安京に遷都されると、起点が平安京に移ったため、伊賀国から、近江国を通るルートに変更されることになる。平安時代初期には現在の杣街道から伊賀国に入る経路がとられたが、886年(仁和2年)に鈴鹿峠を通る経路に変更され、ほぼ現在の国道1号のルートに準ずるようになった。

中国・遠国

現在の浜松市付近から駿河国府(静岡市)に至る経路は、江戸時代の旧東海道よりも、やや海岸寄りを通っていたとみられている。焼津市静岡市との境は難所であり、日本坂と呼ばれ、日本武尊の東征伝説や万葉集の歌にも詠まれている。平安時代には、やや内陸寄りの宇津ノ谷峠を通る経路へ変更され、蔦の細道として文献に現れる。

静岡市葵区長沼・駿河区東静岡にある曲金北遺跡では、1994年(平成6年)4月から1995年(平成7年)5月にかけて東静岡駅前開発に伴い行われた発掘調査で、古代東海道と見られる幅約9メートル、両脇の側溝幅2~3メートルの大型直線道路が発見されたため、駿河国府以東では、現在の東静岡駅前にある静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)直下付近を走っていたことが判っている。

駿河国と相模国の国境の峠越えについては、沼津から永倉駅(長泉町)を経て横走駅(御殿場)を経由し足柄峠を越え、坂本駅(関本)に至る足柄路が使われた。ただし富士山延暦噴火(800年〜802年)の際にこの駿河側の復旧に時間を要したため、新たに三島から箱根カルデラを縦貫し小田原へ至る箱根路(箱根八里)が開かれ一時的に使われた。甲斐国府(山梨県笛吹市)へは横走駅から北上する分岐路(甲斐路)を通った。

相模国では国府津から大磯まで相模湾沿いに東へ進み、相模国中部(寒川町南西付近)で相模川を渡った。鎌倉以東は、東京湾岸の河川の渡河を避け海路をとるため、三浦半島へ入り、走水から浦賀水道を渡って房総半島(上総国富津)に入った。そこから北上して、上総国府(現在の千葉県市原市)を経て下総国荒海駅(成田市)で香取海渡船常陸国榎浦津駅(稲敷市柴崎)へ入り、常陸国

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/06 00:43

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「東海道」の意味を投稿しよう
「東海道」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

東海道スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「東海道」のスレッドを作成する
東海道の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail