このキーワード
友達に教える
URLをコピー

東海道線_(JR東日本)とは?

東海道線

相模川橋梁を渡る東海道線の列車
茅ケ崎駅 - 平塚駅間

【基本情報】

【通称】
上野東京ライン
湘南新宿ライン(鶴見駅 - 小田原駅間)
【国】
日本
【所在地】
東京都神奈川県静岡県
【起点】
東京駅
【終点】
熱海駅
【駅数】
21駅
【経由路線】
東海道本線
【路線記号】
JT
【開業】
1872年10月14日
【所有者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
【運営者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
【使用車両】
使用車両を参照
【路線諸元】

【路線距離】
104.6 km
軌間
1,067 mm
【線路数】
複線(東京-小田原間は複々線)
電化方式
直流1,500 V
架空電車線方式
閉塞方式
複線自動閉塞式
保安装置
ATS-P
最高速度
120 km/h

東海道線 (JR東日本)(とうかいどうせん)

この項目では、JRグループの運営する東海道本線のうち、東日本旅客鉄道(JR東日本)が管轄する東京都千代田区東京駅から静岡県熱海市熱海駅までの区間について、主にこの区間で運行される中距離旅客列車(いわゆる湘南電車)の運転系統を中心に記述する。

目次

  • 1 概要
  • 2 東海道線東京口普通列車の沿革
    • 2.1 年表
      • 2.1.1 国鉄時代
      • 2.1.2 分割民営化後
    • 2.2 停車駅の変遷
  • 3 運行形態
    • 3.1 ダイヤの概要
    • 3.2 優等列車・夜行列車
    • 3.3 通勤ライナー
    • 3.4 上野東京ライン・東京駅発着列車
      • 3.4.1 通勤快速
      • 3.4.2 快速「アクティー」
      • 3.4.3 普通
      • 3.4.4 常磐線直通列車
    • 3.5 湘南新宿ライン
      • 3.5.1 特別快速
      • 3.5.2 快速
  • 4 使用車両
  • 5 利用状況
    • 5.1 混雑率の推移
    • 5.2 東京圏と北関東との間の鉄道需要
    • 5.3 熱海駅を跨ぐ直通需要
  • 6 データ
    • 6.1 路線データ
    • 6.2 駅一覧
      • 6.2.1 過去の接続路線
  • 7 脚注
  • 8 出典
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

概要

東京から南へ伸び、横浜市藤沢市平塚市小田原市など神奈川県太平洋側の各都市を経由して熱海市へ至る。沿線各都市から東京都心への通勤路線となっているほか、東京から伊豆半島へ向かう特急列車「踊り子」「スーパービュー踊り子」も運行されている。また現在ではごくわずかだが中国四国地方への夜行列車も運行されている。ラインカラーは通称「湘南色」と呼ばれる車体の色の一部であるオレンジ()で案内されている。日本国有鉄道(国鉄)の運営であった時代は、この区間の普通列車を指して湘南電車の語が旅客案内において用いられていた。駅ナンバリングで使われる路線記号はJT

ラッシュ時の利用者が1日の普通列車利用者数の半数を占め(1989年時点)、また遠距離通勤客の増加による混雑の激化を背景に、JR東日本はラッシュ時の輸送改善に力を入れており、貨物線を有効活用した通勤ライナーの増発や2階建てグリーン車の連結による着席サービスの向上、座席のロングシート化による定員増や4ドア普通車の導入などによる混雑緩和が図られている。21世紀に入ってからは新たな運行体系として2001年湘南新宿ライン2015年上野東京ラインの運転が開始され、東京から北関東方面へ向かう東北本線(宇都宮線)や高崎線との相互直通運転を行っている。

東京駅 - 品川駅間は東京の古くからの中心部を抜け、横浜駅 - 大船駅間は丘陵越え、小田原駅 - 熱海駅間は海岸沿いのトンネルが連続する区間を走り、敷設条件から線形はあまりよくない。また、東海道本線の中でも最初期に建設された区間を含めて平地を走る幹線としては曲線半径が小さく、速度制限を強いられる箇所がいくつかある。一転して大船駅 - 小田原駅間は相模灘に沿って線路が敷設され、線形はおおむね良く最高速度120km/hでの運転が行われている。

東海道線東京口普通列車の沿革

路線・駅設置などの沿革については「東海道本線#年表」を、
優等列車の沿革については「踊り子 (列車)#首都圏対湘南・伊豆半島連絡列車沿革」「東海 (列車)#東京対名古屋間優等列車沿革」「東海道本線優等列車沿革」を、
夜行普通列車の沿革については「ムーンライトながら#東海道本線夜行普通列車沿革」を、
「湘南ライナー」などのライナー列車の沿革の詳細は「湘南ライナー#沿革」を参照

本節では、“湘南電車”の通称を持つ80系電車の登場以降の普通列車の沿革について記述する。

年表

国鉄時代

80系電車(写真は飯田線での運用)

分割民営化後

211系2階建てグリーン車
オール2階建ての215系による快速「アクティー」

停車駅の変遷

(1) 1976年10月1日改正時
横須賀線との線路分離前。この改正で地下を走る総武快速線が品川駅まで開業。
(2) 1984年2月1日改正時
横須賀線と分離運転開始後。休日を中心とした臨時快速を設定。
(3) 1990年3月10日改正時
前年に快速「アクティー」、この年に通勤快速が運行を開始。
(4) 2001年12月1日改正時
湘南新宿ラインが運行開始。
(5) 2004年10月16日改正時
湘南新宿ライン増発、特別快速を新たに設定。
(6) 2010年3月13日改正時
2010年に横須賀線武蔵小杉駅開業。

運行形態

運転系統図

東海道線東京駅 - 熱海駅間における運行形態の詳細を以下に記す(2015年3月14日ダイヤ改正時点)。

かつてはほぼすべて東京駅を起終点として運行されていたが、2001年12月1日の改正からは横須賀線の線路と山手貨物線新宿駅を経由して高崎線へと直通する湘南新宿ラインの運転が始まり、2015年3月14日の改正からは東北本線(宇都宮線)・高崎線・常磐線の始発駅となっていた上野駅までの間に東京駅から列車線が新設(厳密には復活)され、これを経由して上野東京ラインとして前述3路線との直通運転が開始された。

東海道線列車は、東京駅 - 大船駅間では専用の複線の線路(列車線)を走行する。並行する山手線京浜東北線横須賀線の線路よりもホーム設置駅が少なく、この区間では普通列車も含めて事実上、速達輸送の役割を担っている。湘南新宿ラインは山手貨物線大崎駅から連絡線(大崎支線)を通って戸塚駅まで横須賀線の線路で運転されるが、この線路上では東海道線・高崎線直通列車は武蔵小杉駅横浜駅のみ停車する。また東京駅 - 小田原駅間では貨物列車が走行する東海道貨物線とも線路が分離されており、貨物列車のダイヤに影響されることなく、多数の旅客列車を運行することができるようになっている。

なお、川崎駅付近の人身事故など、品川駅 - 川崎駅( - 鶴見駅 )- 横浜駅間が不通になった場合、東海道線系統の列車が品鶴線を経由し、武蔵小杉駅に臨時停車することがある。また、横須賀線系統が運転を見合わせている場合、東海道線系統の列車が横須賀線線路に転線して保土ケ谷駅東戸塚駅に臨時停車することがある。

ダイヤの概要

上野東京ラインおよび東京駅(以南)発着系統は東海道列車線の各駅に停車する“普通”が中心であり、日中から夜間にかけては快速列車である「アクティー」、平日夜の下り方面(東京発小田原行き)には通勤快速が運行される。湘南新宿ラインは特別快速(戸塚駅以西は「アクティー」と同一の停車駅)と快速(戸塚駅以西各駅停車)の2種別が東海道線に乗り入れる。詳細は後述するが、東京駅以南発着系統は早朝・夕夜間の一部列車のみで、大半の列車が上野駅経由または新宿駅経由で赤羽駅浦和駅大宮駅方面の東北本線(宇都宮線)または高崎線と直通しており、東海道本線(鶴見駅 - )横浜駅 - 大船駅間と東北本線 赤羽駅 - 大宮駅間は運転系統としてほぼ一体化している(この記事では詳述しない湘南新宿ライン横須賀線系統も含む)。

このほかに朝夕夜ラッシュ時には座席定員制の通勤ライナーである「湘南ライナー」、「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」が運行されている。優等列車伊豆半島方面への特急が日中を中心に、岡山経由山陰・四国方面への寝台特急が夜間にそれぞれ運行されている。

平日朝ラッシュ時は、上り(東京・新宿方面)の列車が上野東京ライン普通と湘南新宿ライン快速とあわせて最短2分30秒間隔の過密ダイヤとなっており、下りは4 - 8分ほどの間隔である。土曜・休日朝は平日よりも間隔が長くなる。

日中の時間帯は特急を除くと東京駅が始発・終着となる列車は運行されておらず、上野東京ライン(常磐線直通を除く)は1時間に6本(うち1本が快速「アクティー」、5本が普通)の運行である。宇都宮線(「アクティー」を含む)・高崎線とも3本ずつが直通する。下り列車は1986年3月3日改正で確立されたダイヤを現在も継承するかたちで10分間隔発車となっており、上り列車についても2015年3月14日改正より東京着がほぼ10分間隔に揃えられた。湘南新宿ラインは特別快速と快速が1時間に1本ずつ運行されており、これらを合わせた東海道列車線上の特急を除いた日中1時間の運行本数は、東京駅 - 横浜駅 - 戸塚駅間が6本、戸塚駅 - 平塚駅間が8本、平塚駅 - 国府津駅 - 小田原駅間が7本、小田原駅 - 熱海駅間が3本である。快速運転を行う列車は「アクティー」と特別快速を合わせて1時間に2本である。

横浜駅 - 戸塚駅 - 大船駅間は、湘南新宿ライン 高崎線 - 東海道線系統(毎時2本)保土ケ谷駅・東戸塚駅にも停車する、横須賀線(毎時4 - 5本)や湘南新宿ライン 宇都宮線 - 横須賀線系統(毎時2本)も合わせ、1時間に14 - 15本(特急列車を除く)運転されているが、間隔は均等ではない。また、戸塚駅では対面乗り換えができるが、終電間際を除き、相互接続は考慮されていない場合が多い。

夕方以降は上野東京ライン(常磐線直通を除く)が1時間に6本ほどの運行で、ピーク時の18時台はこれより本数が多くなる。小田原方面行きの下りは東京発の快速(平日は通勤快速、土休日は「アクティー」)が1時間間隔で設定されている。湘南新宿ラインは快速が1時間あたり2本の運行となる。なお、上野東京ラインの運行は22時台に東京駅に到着または23時ごろに東京駅を出発する列車で終了し、それ以降は東京駅または品川駅の発着となる。

優等列車・夜行列車

特急「スーパービュー踊り子」

昼行の特急列車として、東京都心と伊豆半島とを結ぶ特急「踊り子」・「スーパービュー踊り子」が定期列車で1日6往復設定されている。一部新宿・池袋発着列車も設定されている。東京発の列車は9時から13時まで毎時00分に東京駅を発車する。また、常磐線特急「ひたち」・「ときわ」が朝ラッシュ時を除いて(ひたち1号は品川発)上野東京ライン・東海道線経由で品川駅まで乗り入れる。

夜行列車は、岡山経由四国・山陰方面の寝台特急「サンライズ瀬戸」・「サンライズ出雲」が1日1往復運行される。

このほか多客期には臨時列車として以下の列車が運行される。

停車駅などの詳細は各列車記事を参照。

通勤ライナー

湘南ライナー
詳細は「湘南ライナー」を参照

通勤時間帯に運行される、座席定員制の列車で、1986年11月1日国鉄最終年度のダイヤ改正から運行を開始した。運行区間は東京駅・新宿駅 - 小田原駅間である。

朝は東京・新宿方面の上り方向、夜は小田原方面の下り方向に運行される。列車名は東京駅発着系統が朝晩とも「湘南ライナー」、新宿駅発着系統については、朝は「おはようライナー新宿」、夜は「ホームライナー小田原」となっている。全列車が横浜駅を通過し、一部の列車は東海道貨物線の横浜羽沢駅(貨物駅)経由で運行されるため横浜駅を経由しない。なお貨物線経由のライナーは、藤沢駅・茅ケ崎駅で貨物線上に設けられたライナー専用ホームに停車する。

2015年3月14日改正時点では1日あたり、「湘南ライナー」が朝上り7本・夜下り9本、「おはようライナー新宿」が朝上り3本、「ホームライナー小田原」が夜下り2本の運行であり、いずれも土曜・休日は運行されない。

2014年3月17日から、下り列車で大船駅および藤沢駅より先で料金不要の快速列車として運転されるようになった。ただし停車駅は改正前と変わらず、後述する通勤快速や快速「アクティー」とも停車駅は異なり、旅客線経由の場合は通勤快速や快速「アクティー」が通過する辻堂駅・二宮駅(一部)にも停車、貨物線経由の場合は通勤快速や快速「アクティー」が停車する大船駅・平塚駅・国府津駅を通過する。

上野東京ライン・東京駅発着列車

上野東京ライン」も参照

以下では普通列車・快速列車について解説する。

現在、東京駅・品川駅を発着する日中の全列車は、東京駅 - 東北本線上野駅間の上野東京ライン、さらに上野駅 - 同線大宮駅以北の宇都宮線(東北本線)・高崎線まで直通している。東京駅を始発・終点とする普通列車・快速列車は、5・6時台の下り普通と23時台の上下線普通、夕・夜間の下り通勤快速(平日)/快速「アクティー」(土休日)、夜間の上り1本の最終快速「アクティー」に限られる。また、品川駅が始発・終点となる列車は早朝下り2本、深夜上り3本のみである。なお、平日朝下り快速「アクティー」土休日朝下り普通1本と、夕・夜間下り普通のうち平日4本/土休日3本上野始発、朝上り普通のうち約半数上野止まりが存在する。

通勤快速

1990年3月10日改正より、平日夜間に東京始発小田原行きの下り方向のみ運行されている快速列車。1989年3月11日改正にて夜間の遠距離速達を目的に快速「アクティー」(後述)として登場したが、混雑が激しく本来の利用目的に合わないため、通勤快速として再編された。快速「アクティー」の停車駅のうち、遠距離通勤者の便宜を図る目的から川崎駅横浜駅戸塚駅を通過し、それ以外は同一の停車駅である。上野東京ライン開業後も通勤快速は東京発で運行されている。土休日は通勤快速の運行はなく、この時間帯に快速「アクティー」が運行される。

設定当初は1日4本運行されており、19時台から22時台のそれぞれ50分に東京駅を発車していたが、2009年3月14日のダイヤ改正で22時台の列車が廃止され、1日3本の運行となった。全列車が東京駅10番線から発車し、大船駅で先行の普通列車と連絡する。東京駅19時台の列車は国府津駅・小田原駅、20時台の列車は小田原駅でも先行の普通列車と連絡する。東京駅 - 小田原駅間の所要時間は70-73分と日中の下り快速「アクティー」より、2-5分程度所要時間が短縮されている。

快速「アクティー」

1989年3月11日のダイヤ改正から運行されている快速列車。平日に藤沢駅茅ケ崎駅・平塚駅・真鶴駅に停車するが休日には通過(真鶴駅には毎日上下2本ずつ停車)していたエル特急「踊り子」の停車駅を削減し、通過駅を快速が代替するかたちで設定された。

当初の通過駅は戸塚駅・辻堂駅大磯駅二宮駅鴨宮駅早川駅根府川駅の7駅であったが、早川駅・根府川駅には1998年3月14日改正で一部列車が停車、2004年10月16日改正で全列車が停車するようになり、小田原駅 - 熱海駅間は各駅停車に統一された。2007年3月18日改正では横須賀線・湘南新宿ラインとの乗り換えの便を図って戸塚駅にも全列車が停車し東京駅 - 藤沢駅間も全駅停車となり、通過駅は辻堂駅・大磯駅・二宮駅・鴨宮駅の4駅となった。

運行頻度は1時間に1本程度で、東京以北に直通する列車は日中を中心に(朝の下りと夕上りも)宇都宮線(東北本線)とのみ直通し、宇都宮線区間は普通として運行する。深夜の上り1本と休日夜の下り3本(後述)は東京駅発着、平日の下り1本は上野発である。朝夕の列車は主に(宇都宮線〈小金井駅または古河駅〉 - )東京駅 - 小田原駅間、日中、および夜間の上り は宇都宮線(宇都宮駅・小金井駅) - 東京駅 - 熱海駅間で運行される。かつては品川駅発着の快速も設定されていた。

平日の運行時間帯は、下りが東京発8 - 16時台、上りが平日東京着11 - 23時台となっている。日中の下り列車は設定当初、東京駅の発車時刻が毎時40分であったが、現在は毎時37分となっている。上り列車は毎時10分前後に熱海駅を発車する。

土曜・休日には日中時間帯以外に、下りが平日の通勤快速に代わる列車として東京発19 - 21時台に運行される。これらの「アクティー」は、かつては通勤快速と同様に東京駅毎時50分発であったが、2007年3月18日改正で戸塚駅停車となったことで所要時間が伸びたため、この改正からは毎時48分発、2010年12月4日改正からは47分発と早くなった。2015年3月14日改正では19時48分・20時48分・21時49分発となっている。これらの列車は東京始発で運行される。

基本的に、下りは平塚駅で普通列車と接続する。上り列車は小田原駅で普通列車に接続する。東京駅 - 熱海駅間における所要時間は約95 - 105分と列車によって開きがある。なお一部を除き、上り列車は途中駅で先行列車に追いつかない。上りの一部列車は、土曜・休日ダイヤに限り途中の平塚駅で特急列車に抜かれる。

湘南新宿ライン運行開始以前は「湘南ライナー」で運用されている全車2階建ての215系も一部の列車で使用されていたが、現在ではすべて普通列車と共通の車両で運用されている。2006年3月18日のダイヤ改正以降、一部列車を除いて宇都宮線内も含め全区間で15両編成での運行となっている。

国鉄時代には、横須賀線との分離運転開始後の1981年10月ダイヤ改正より、休日を中心に伊東線・伊豆急行線や御殿場線に直通する快速が運行されていた(臨時列車扱い)。1984年2月・1985年3月改正時点では東海道線内のみで平日に運行される列車も上り・下り1本ずつ存在したが、平日の快速は1986年3月3日改正でいったん廃止となっている。現在の「アクティー」との違いは、新橋駅・戸塚駅・茅ケ崎駅・早川駅・根府川駅を通過する点であった(一部例外あり)。

普通

東海道線(列車線)の線路上にホームのある駅すべてに停車する。早朝の東京始発および品川始発の下り列車と東京駅を深夜23時台以降に発着する列車(上り品川行きも含む)を除いて上野駅や宇都宮線・高崎線と直通する。朝の上り(北行)列車のみ、宇都宮線内で快速「ラビット」・高崎線内で快速「アーバン」として運転される列車が各2本ある。

日中は宇都宮線(宇都宮駅・小金井駅・古河駅)・高崎線(高崎駅深谷駅籠原駅) - 東京駅 - 小田原駅・熱海駅間の運行が基本である。一部列車は宇都宮線宇都宮経由で氏家駅黒磯駅まで、高崎線高崎経由で上越線新前橋駅両毛線前橋駅まで直通する。

日中以外の時間帯には、上野・東京方面から平塚駅・国府津駅までの区間列車が設定されているほか、熱海駅を越えて伊東線伊東駅まで1日5往復、東海旅客鉄道(JR東海)東海道線沼津駅まで1日9往復が東京駅から(その多くは上野方面から)直通運行している。かつては東京駅 - 静岡駅・島田駅間などの直通列車が設定されていたほか、伊東線直通が日中にも設定されていたが、2004年10月16日の改正で静岡駅発着が1往復になり、沼津駅発着も朝晩のみに見直された。2012年3月17日の改正ではその1往復のみ残っていた東京駅 - 静岡駅間の列車が東京駅 - 沼津駅間に短縮、伊東線直通が下り6本・上り5本に見直され、2013年3月16日の改正で伊東線直通列車1本が東京発熱海行きに見直されて現在に至っている。

平日朝ラッシュ時は二宮藤沢始発の列車がそれぞれ2本ずつ設定されているほか、毎日朝夕には上野駅発着の東海道線列車や、宇都宮線・高崎線から品川行きの列車も設定されている。また、平日朝1本のみ高崎線からの大船行き列車が設定されている。朝には下り2本の平塚発熱海行き、深夜23時台には熱海発小田原行きの区間列車が設定されている。平塚始発の区間列車は5両で運行されている。

東京駅 - 熱海駅間の所要時間は、日中約100 - 120分、ラッシュ時約110 - 120分と列車によって開きがある。

常磐線直通列車

東京駅 - 品川駅間では、上野駅経由で常磐線と直通する列車も東海道線の線路で運行されている。朝および夕方以降は取手駅および我孫子駅経由・成田線成田駅発着で運行される ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/12/11 09:44

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「東海道線_(JR東日…」の意味を投稿しよう
「東海道線_(JR東日本)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

東海道線_(JR東日本)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「東海道線_(JR東日本)」のスレッドを作成する
東海道線_(JR東日本)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail