このキーワード
友達に教える
URLをコピー

松任谷由実とは?

 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2015年5月)
  • 大言壮語的な記述になっています。(2015年10月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2015年10月)

 | 
この項目「松任谷由実」は加筆依頼に出されており、内容をより充実させるために次の点に関する加筆が求められています。
加筆の要点 - 呉田軽穂について(松任谷由実との差別化など)
(貼付後はWikipedia:加筆依頼のページに依頼内容を記述してください。記述が無いとタグは除去されます)
(2016年9月)

松任谷 由実

【出生名】
荒井 由実(旧姓)
【別名】
ユーミン(Yuming)
呉田 軽穂
(基本的に本人が歌わない前提の楽曲提供時に使われるペンネーム)
【生誕】
(1954-01-19) 1954年1月19日(64歳)
【出身地】
日本東京都八王子市
【学歴】
多摩美術大学
【ジャンル】
フォークソング
ニューミュージック
ポップ・ミュージック
J-POP
【職業】
シンガーソングライター
作詞家
作曲家
【担当楽器】
ボーカル
ピアノ
【活動期間】
1971年 -
【レーベル】
EMIミュージック・ジャパン
(1972年 - 2013年)
ユニバーサルミュージック/EMI Records
(2013年 - )
【事務所】
雲母社
【共同作業者】
かまやつひろし
村井邦彦
川添象郎
ティン・パン・アレー
松任谷正隆
【公式サイト】
松任谷由実オフィシャルサイト
プロコル・ハルム
ピンク・フロイド

松任谷 由実(まつとうや ゆみ、戸籍名:同じ、1954年(昭和29年)1月19日 - )は、日本シンガーソングライター旧姓名および旧芸名荒井 由実(あらい ゆみ)。1972年にシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。愛称は「ユーミン」。紫綬褒章受章者(2013年)。公式ファンクラブは「Yuming Fan Club」。所属レコード会社はユニバーサルミュージック(旧:EMIミュージック・ジャパン)。

アーティストへの作品提供の際には、本名の他、呉田 軽穂(くれだ かるほ)というペンネームを使用する場合もある。夫はアレンジャー松任谷正隆で、彼女の音楽プロデューサーを務める。血液型O型

オリコンでは、女性最多となるアルバムミリオン「通算10作」、アルバム首位「通算24作目」、アルバム1位獲得最年長記録(女性1位の64歳3ヶ月、歴代2位)の記録を持つ。1970・1980・1990・2000・2010年代と5つの年代10連続でアルバム売上首位を獲得(歴代1位)。徳永英明桑田佳祐山下達郎(3人とも1980・1990・2000・2010年代)が保持していた記録を塗り替えた。

毎年新潟県苗場プリンスホテルで開催される冬のコンサート『SURF&SNOW in Naeba』では、自身が持つ同一会場でコンサートを行う女性アーティスト1位の記録を毎年更新。

目次

  • 1 人物
  • 2 経歴
    • 2.1 荒井由実時代
    • 2.2 松任谷由実時代
  • 3 ディスコグラフィー
    • 3.1 オリジナルアルバム
    • 3.2 ベストアルバム
    • 3.3 セルフカバーアルバム
    • 3.4 ライブアルバム
    • 3.5 CD BOX
    • 3.6 非公式ベストアルバム
    • 3.7 シングル
    • 3.8 配信限定シングル
    • 3.9 コラボレートシングル
    • 3.10 映像作品
  • 4 オリコン記録
  • 5 コンピレーション・アルバム
  • 6 他アーティスト作品への参加
  • 7 タイアップ一覧
  • 8 ライブ
  • 9 アーティストへの提供曲
    • 9.1 荒井由実
    • 9.2 呉田軽穂
    • 9.3 松任谷由実
  • 10 アーティストによるカバー
  • 11 出演
    • 11.1 ラジオパーソナリティー
    • 11.2 テレビ番組
    • 11.3 映画
    • 11.4 CM
  • 12 書籍
    • 12.1 著書・写真集・関連本
    • 12.2 連載
    • 12.3 評論
  • 13 アイテム
  • 14 受章歴
  • 15 受賞歴
  • 16 脚注
    • 16.1 注釈
    • 16.2 出典
  • 17 関連項目
  • 18 外部リンク

人物

立教女学院高等学校多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業。

雲母社取締役、苗場プリンスホテル名誉総支配人(期間限定)。1972年荒井由実の名でEMIミュージック・ジャパンからデビューし、1976年の結婚と同時に松任谷由実へ改名。スタジオジブリ作品へは旧姓の荒井で楽曲を提供した。2013年、EMIJ解散に伴いユニバーサルミュージックへ移籍。

名前は「ゆみ」と読んで「由実」と書くが、時々「由美」と書き間違えられている。

愛称の「ユーミン」は、デビュー以前の14歳の頃、ムーミンにちなみ当時親しかったシー・ユー・チェンが呼び始めたことに由来。

ユーミンと呼ばれるようになった14歳の頃、初めて作曲した。EMIJ在籍時代の後輩にあたる安室奈美恵がデビューした年齢と、宇多田ヒカルが初めて作詞・作曲をした年齢も同じく14歳で、2018年4月7日放送の『嵐にしやがれ』でミッツ・マングローブが彼女らの名を挙げて「世の中の天才と呼ばれる人の多くは何かが14歳で起きている」と言及している。ちなみに宇多田とは誕生日が同じである。

2012年、歌手デビュー40周年として発売された『日本の恋と、ユーミンと。』がオリコン1位を記録し、CDアルバム売り上げ枚数は、ソロアーティスト並びに女性アーティスト史上初の3000万枚を突破。後に100万枚(ミリオン)の売り上げを達成した。

2016年、オリジナルアルバム38枚目として発売された『宇宙図書館』がオリコン週間アルバムチャートで、初登場1位を記録。1位を記録したことによってアルバム首位獲得数が通算23作目となり、自身が持つ、女性およびソロアーティストの最多アルバム首位「通算22作」を「通算23作」に更新した。また、62歳10か月での首位獲得により、女性アーティストの歴代最年長記録を更新した。

黒柳徹子ものまねが得意で、黒柳が司会を務めたNHK総合テレビ『あなたとともに50年 今日はテレビの誕生日』(2003年2月1日放送)に出演した際、本人の前でそれを披露した。ちなみに、テレビ朝日徹子の部屋』には出演歴はないが、最終回への出演を希望している。

現在のレギュラーは、TOKYO FM / JFN「松任谷由実のYuming Chord」毎週金曜11:00〜11:30。 インターネットラジオ「松任谷由実 はじめました」(通称:うそラジオ)毎週金曜11:00更新、翌木曜11:00までオンデマンドで24時間聴取可能。 ニッポン放送「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」毎月第3金曜日もしくは毎月第4金曜日22:00~0:00。 集英社 月刊「éclat[エクラ]」連載〜松任谷由実 おしゃれ☆Road Show。

中央フリーウェイ」などの曲もあるが、自身は「自動車の運転免許を持っていない」と語っている。また、松任谷由実のオールナイトニッポンTVにて、「原付の無免許運転で二回捕まり、錦糸町の簡易裁判所で簡易裁判を受けた」と語っていた。

2018年4月11日発売の『ユーミンからの、恋のうた。』が発売初週に10.8万枚を売り上げ、初登場1位を記録。2016年に自身が前作『宇宙図書館』で記録した女性アーティスト最年長記録を64歳3ヶ月に更新した。同時にアルバム首位獲得数は通算24作となり、自身が持つ女性アーティストならびに男女通じてソロアーティスト歴代最多記録も更新した。また、このアルバムと共に前ベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」が8位にランクインし、ランキングトップ10に2作同時ランクインの記録も打ち立てた。

経歴

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2009年12月)

荒井由実時代

1954年1月、東京都八王子市1912年から続く、老舗の呉服店・荒井呉服店で、三男二女の第四子(二女)として生まれ、6歳からピアノ、11歳から三味線、14歳からベースを始めた。

中学時代には、カツラを購入し、寝てるように家族には見せかけ内緒で当時国内外の文化人が集まるサロン的存在だった港区麻布台3丁目(1969年まで麻布飯倉片町8番地の住所表記だった場所)のイタリアンレストラン「キャンティ」に出入りしており、またフィンガーズの追っかけもしていた。後に同レストランに集まったアーティストから、アルファレコードが生まれ、デビューのきっかけを作った。また高校にかけては、御茶の水美術学院に通い、年長の同窓生の影響でアルチュール・ランボージャック・プレヴェールを愛唱、多大な影響を受ける。

14歳の頃、当時親しかったシー・ユー・チェンが、荒井を「ユーミン」と呼び始め、これが後に愛称として定着。

1971年に17歳で作曲家としてデビューした。その作品は彼女を本格的なデビューへと誘った加橋かつみ(元ザ・タイガース)へ提供した「愛は突然に…」である(当作品はリリース数年前、14歳当時の作曲)。

染色の専攻を志し、1972年4月に多摩美術大学に入学。初めは作曲家志望だったが、アルファレコードを設立した村井邦彦の勧めで、同年7月5日にかまやつひろしがプロデュースしたシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。しかし同シングルは数百枚しか売れなかった。1973年11月にファーストアルバム『ひこうき雲』を発売、TBSラジオの深夜放送番組『パックインミュージック』金曜日第2部を担当していたパーソナリティ林美雄の絶大な支持を受けて知名度が上がり、翌1974年より本格的にステージ活動を開始する。

2012年 - 2013年の特番と『SONGS』で、「立教女学院のパイプオルガンプロコル・ハルムに強い衝撃を受けた」と語り、確かに「ひこうき雲」はプロコルを髣髴とさせるメロディーラインを持っている。また「キーボードでのロック (音楽)ができるかもしれない」と思ったとも語っている。

1975年10月発売のシングル「あの日にかえりたい」(TBSドラマ家庭の秘密』主題歌)が、初のオリコンチャート1位を獲得(それ以前にもバンバンへの提供曲の「『いちご白書』をもう一度」が1位を獲得している)、1976年のシングル年間ランキング第10位のヒットとなり、第一次ブームを迎える。

松任谷由実時代

1975年12月にアレンジャー・松任谷正隆と婚約、1976年11月29日横浜山手教会にて結婚。本人は引退する考えだったが、専業主婦にはなりきれず、結婚後の戸籍名である松任谷由実として音楽活動を続行することを決意。1978年から1983年はオリジナルアルバムを毎年2枚リリースするなど、ブレッド&バター松田聖子小林麻美などに楽曲提供をしながらもハイペースで曲を製作。「埠頭を渡る風」、「DESTINY」、「恋人がサンタクロース」、「カンナ8号線」、「真珠のピアス」、「ダンデライオン」などはこの頃作られた。また、リゾート地でのコンサートのスタイルをこの時期に確立。

1981年6月のシングル「守ってあげたい」が1981年のシングル年間ランキング第10位のヒットとなり、第二次ブームが到来。その年のアルバム『昨晩お会いしましょう』以降のオリジナルアルバムは17枚連続でオリコン1位を獲得、1987年のアルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』以降は9作連続のミリオンセラーを獲得。

彼女が始めた“見せる”ステージは1979年から始まり、本物の象が出た『OLIVE』・マジックを取り入れた『MAGICAL PUMPKIN』・エレベータを設置した『BROWN'S HOTEL』・噴水ショー『SURF & SNOW』・30mの竜に乗った『水の中のASIAへ』など年々エスカレート。億単位の金をかけ、内外の最新技術を積極的に取り入れた、コンサートの枠を超えた新たな一大エンターテイメントになっていった。当時のインタビューでも、「レコードで儲けた分、コンサートで夢と一緒にファンの方にお返しするのが役目」と語っていた。

当時人気の高かったスキーを題材にした映画『私をスキーに連れてって』(1987年)の主題歌と挿入曲を一手に担当し、「若者のカリスマ」、「恋愛の教祖」などと呼ばれた。「失恋」についてを歌い、彼女自身がライバルと評する中島みゆきの作風とは一線を画し、「中級以上の育ちじゃないとわからない世界観」、「中産階級の手に届く夢」(当時の音楽ライターによる表現)を歌って、バブル景気に沸く時代の波に乗ったユーミンだった。

しかし、1990年代に入ると精神世界や民族的な音楽にも着目。「満月のフォーチュン」や「DAWN PURPLE」、「真夏の夜の夢」、「春よ、来い」、「輪舞曲」などを生み出す。

1996年、旧姓・荒井由実の名で活動を行う。セルフカバーシングル「まちぶせ」を発売。また、当時の仲間のミュージシャンを集めて、『Yumi Arai The Concert with old Friends』を開催した。このライブ・アルバム発売に伴い、年末リリースのアルバムが数か月遅れた。これ以降、日本の恒例行事とまで呼ばれたサイクル(冬のアルバム発売〜夏までツアー)が若干緩やかになった。

1999年にはロシアサーカスチームとコラボレートしたコンサート『シャングリラ』を開催。同コンサートは2003年に『シャングリラII』、2007年にはシリーズ最後を飾る『シャングリラIII』として開催された。『シャングリラ』3回の総制作費は120億円以上、観客動員数は100万人。

2005年、これまで度々出演の打診を受けては辞退し続けていたNHK紅白歌合戦(第56回)に松任谷由実 with Friends Of Love The Earth名義で初出演。

2010年代以降の楽曲提供としては、綾瀬はるか「マーガレット」(作曲:呉田軽穂)、くるり「FIRE」(作詞:岸田繁・松任谷由実)、オルケスタ・デ・ラ・ルス「太陽と黒いバラ」(作詞作曲:松任谷由実)、坂本真綾「おかえりなさい」(作曲:松任谷由実)、芦田愛菜「雨に願いを」(作詞作曲:松任谷由実)、Char「Night Flight」(作詞作曲:松任谷由実)、松田聖子「永遠のもっと果てまで」「惑星になりたい」(作曲:呉田軽穂)、鈴木雅之「Melancholia」(作詞作曲:松任谷由実)、岩沢幸矢「夜空にあなたの名を呼べば」(作詞:呉田軽穂)、NOKKO「ふふふ」(作曲:松任谷由実)がある。

2011年春、NHK『SONGS』と組み、「春よ、来いプロジェクト」を展開。新たにレコーディングされた「(みんなの)春よ、来い」第1弾を5月に配信、11月には第2弾「(みんなの)春よ、来い 2011年秋編」、2012年3月には「(みんなの)春よ、来い 2012」を配信。収益の全てが被災地へ寄付された。

2012年、2014年、2017年には帝国劇場にて、「ユーミン×帝劇」を開催。

詳細は「松任谷由実のコンサート一覧」を参照

2013年、デビュー以来所属していたレコード会社・EMIミュージック・ジャパンが消滅、煽りを受けユニバーサルミュージックへ移籍する。

2013年春の叙勲で紫綬褒章受章。 2015年、石川県観光ブランドプロデューサーに就任。 2017年、東京芸術文化評議会委員に就任。世田谷区名誉区民。

2016年11月には映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」日本語吹替版主題歌「気づかず過ぎた初恋(Extra Winter Version)」、映画「真田十勇士」主題歌「残火(のこりび)」、フジテレビ系ドラマ「Chef〜三ツ星の給食〜」主題歌「Smile for me」、三菱UFJニコス「MUFGカード スマート」CMソング「月までひとっ飛び」、ハウス食品「北海道シチュー」CMソング「あなたに会う旅」、ネイチャーラボ「ダイアンボタニカル」CMソング「君(と僕)のBIRTHDAY」、小林麻美セルフカバー「GREY」などを含む38枚目のオリジナルアルバム『宇宙図書館』を発売。オリコン週間チャート1位を獲得する。11月18日から2017年9月22日まで、全80公演にも及ぶコンサートツアー「宇宙図書館」を開催した。2018年4月11日にはこの模様を収録したライブ作品「コンサートツアー 宇宙図書館」をリリースした。

2018年2月2日~16日まで38回目となる「SURF & SNOW in Naeba」全8公演を開催。3月17日にはアルバムコンセプトライブ「SONGS & FRIENDS」を開催。4月11日にはデビュー45周年を記念して、実売100万枚突破を記録し、ロングセラーとなっている40周年記念ベスト『日本の恋と、ユーミンと。』の続編となる、初めて自ら45曲を選曲した45周年記念ベスト『ユーミンからの、恋のうた。』をリリース。また、2枚のベスト盤を引っ提げ、全32公演にも及ぶ「TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years」と題したアリーナツアーを開催予定。数々の伝説の名場面が蘇る、まるでタイムマシーンに乗ったようなステージを構想中。9月24日には、『ひこうき雲』から『ユーミンからの、恋のうた。』までのほとんどのアルバムとシングルのサブスプリクション配信が開始された。

ディスコグラフィー

オリジナルアルバム

 | 発売日 | タイトル
1 | 1973年11月20日 | ひこうき雲
2 | 1974年10月5日 | MISSLIM (ミスリム)
3 | 1975年6月20日 | COBALT HOUR
4 | 1976年11月20日 | The 14th Moon(14番目の月)
5 | 1978年3月5日 | 紅雀(べにすずめ)
6 | 1978年11月5日 | 流線形'80
7 | 1979年7月20日 | OLIVE
8 | 1979年12月1日 | 悲しいほどお天気(The Gallery in My Heart)
9 | 1980年6月21日 | 時のないホテル
10 | 1980年12月1日 | SURF&SNOW
11 | 1981年5月21日 | 水の中のASIAへ
12 | 1981年11月1日 | 昨晩お会いしましょう
13 | 1982年6月21日 | PEARL PIERCE
14 | 1983年2月21日 | REINCARNATION
15 | 1983年12月1日 | VOYAGER
16 | 1984年12月1日 | NO SIDE
17 | 1985年11月30日 | DA・DI・DA
18 | 1986年11月29日 | ALARM à la mode
19 | 1987年12月5日 | ダイアモンドダストが消えぬまに
(before the DIAMONDDUST fades...)

20 | 1988年11月26日 | Delight Slight Light KISS
21 | 1989年11月25日 | LOVE WARS
22 | 1990年11月23日 | 天国のドア(THE GATES OF HEAVEN)
23 | 1991年11月22日 | DAWN PURPLE
24 | 1992年11月27日 | TEARS AND REASONS
25 | 1993年11月26日 | U-miz(ユーミッズ)
26 | 1994年11月25日 | THE DANCING SUN
27 | 1995年12月1日 | KATHMANDU(カトマンドゥ)
28 | 1997年2月28日 | Cowgirl Dreamin'
29 | 1997年12月5日 | スユアの波(WAVE OF THE ZUVUYA)
30 | 1999年11月17日 | FROZEN ROSES
31 | 2001年6月6日 | acacia (アケイシャ)
32 | 2002年11月20日 | Wings of Winter, Shades of Summer
33 | 2004年11月10日 | VIVA! 6×7 (ビバ! シックス バイ セブン)
34 | 2006年5月24日 | A GIRL IN SUMMER
35 | 2009年4月8日 | そしてもう一度夢見るだろう
36 | 2011年4月6日 | Road Show
37 | 2013年11月20日 | POP CLASSICO
38 | 2016年11月2日 | 宇宙図書館

ベストアルバム

 | 発売日 | タイトル
1 | 1976年6月20日 | YUMING BRAND
2 | 1977年12月25日 | ALBUM
3 | 1998年11月6日 | Neue Musik(ノイエ・ムジーク)
YUMI MATSUTOYA COMPLETE BEST VOL.1

4 | 2001年11月14日 | sweet,bitter sweet〜YUMING BALLAD BEST
 | 2002年3月20日 | Yuming THE GREATEST HITS(香港限定)
5 | 2007年3月7日 | SEASONS COLOURS -春夏撰曲集-
6 | 2007年10月24日 | SEASONS COLOURS -秋冬撰曲集-
7 | 2012年11月20日 | 日本の恋と、ユーミンと。
2015年11月25日 | 日本の恋と、ユーミンと。(GOLD DISC Edition)
8 | 2018年4月11日 | ユーミンからの、恋のうた。

セルフカバーアルバム

 | 発売日 | タイトル
1 | 2003年12月17日 | Yuming Compositions: FACES

ライブアルバム

 | 発売日 | タイトル
1 | 1986年6月25日 | YUMING VISUALIVE DA・DI・DA
2 | 1996年12月7日 | Yumi Arai The Concert with old Friends

CD BOX

 | 発売日 | タイトル
1 | 1999年1月27日 | Yumi Matsutoya 1978-1989
2 | 2004年2月18日 | Yumi Arai 1972-1976

非公式ベストアルバム

 | 発売日 | タイトル
1 | 1979年10月25日 | YUMING BRAND PART.2
2 | 1981年11月21日 | YUMING BRAND PART.3
3 | 1987年3月25日 | YUMING SINGLES 1972-1976
4 | 1987年11月28日 | YUMING HISTORY
5 | 1990年9月11日 | 決定版 荒井由実 ベストセレクション
6 | 1992年9月21日 | YUMING COLLECTION
7 | 1996年8月28日 | Super Best Of Yumi Arai

シングル

 | 発売日 | タイトル | c/w
1 | 1972年7月5日 | 返事はいらない | 空と海の輝きに向けて
2 | 1973年11月5日 | きっと言える | ひこうき雲
3 | 1974年4月20日 | やさしさに包まれたなら | 魔法の鏡
4 | 1974年10月5日 | 12月の雨 | 瞳を閉じて
5 | 1975年2月20日 | ルージュの伝言 | 何もきかないで
6 | 1975年10月5日 | あの日にかえりたい | 少しだけ片想い
7 | 1976年3月5日 | 翳りゆく部屋 | ベルベット・イースター
8 | 1977年5月5日 | 潮風にちぎれて | 消灯飛行
9 | 1977年11月5日 | 遠い旅路 | ナビゲイター
10 | 1978年3月5日 | ハルジョオン・ヒメジョオン | 罪と罰
11 | 1978年7月20日 | 入江の午後3時 | 静かなまぼろし
12 | 1978年10月5日 | 埠頭を渡る風 | キャサリン
13 | 1979年6月20日 | 帰愁 | 稲妻の少女
14 | 1980年3月20日 | ESPER | よそゆき顔で
15 | 1980年5月21日 | 白日夢・DAY DREAM | ためらい
16 | 1980年8月5日 | 星のルージュリアン | 12階のこいびと
17 | 1981年6月21日 | 守ってあげたい | グレイス・スリックの肖像
18 | 1981年11月1日 | 夕闇をひとり | A HAPPY NEW YEAR
19 | 1983年8月25日 | ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ | 時をかける少女
20 | 1984年2月1日 | VOYAGER〜日付のない墓標〜 | 青い船で
21 | 1985年8月1日 | メトロポリスの片隅で | パジャマにレインコート
22 | 1987年11月5日 | SWEET DREAMS | SATURDAY NIGHT ZONBIES
23 | 1989年6月28日 | ANNIVERSARY〜無限にCALLING YOU | ホームワーク
24 | 1993年7月26日 | 真夏の夜の夢 | 風のスケッチ
25 | 1994年7月27日 | Hello, my friend | Good-bye friend
26 | 1994年10月24日 | 春よ、来い | 
発売中止 | 1995年2月20日 | 命の花 | 砂の惑星
27 | 1995年11月13日 | 輪舞曲 (ロンド) | Midnight Scarecrow
28 | 1996年7月15日 | まちぶせ | 
29 | 1996年10月16日 | 最後の嘘 | 忘れかけたあなたへのメリークリスマス
30 | 1997年1月29日 | 告白 | Moonlight Legend
31 | 1997年11月12日 | Sunny day Holiday | 夢の中で〜We are not alone, forever
32 | 1999年11月3日 | Lost Highway | Spinning Wheel
33 | 2000年9月20日 | PARTNERSHIP | So long long ago
34 | 2001年1月11日 | 幸せになるために | TWINS
35 | 2001年4月25日 | 7 TRUTHS 7 LIES〜ヴァージンロードの彼方で | Song For Bride
TUXEDO RAIN
ANNIVERSARY
36 | 2003年2月5日 | 雪月花 | Northern Lights
37 | 2005年6月1日 | ついてゆくわ | あなたに届くように
38 | 2006年2月15日 | 虹の下のどしゃ降りで | Smile again
39 | 2007年9月5日 | 人魚姫の夢 | Au Nom de la Rose
40 | 2010年5月26日 | ダンスのように抱き寄せたい | バトンリレー
41 | 2012年3月14日 | 恋をリリース | 夜明けの雲

配信限定シングル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/11 12:08

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「松任谷由実」の意味を投稿しよう
「松任谷由実」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

松任谷由実スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「松任谷由実」のスレッドを作成する
松任谷由実の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS

2010Happy Mail