このキーワード
友達に教える
URLをコピー

松沢成文とは?

松沢 成文
まつざわ しげふみ
2014年8月25日、事務所でコメントする松沢成文(56歳)

【生年月日】
(1958-04-02) 1958年4月2日(60歳)
【出生地】
神奈川県川崎市多摩区
【出身校】
慶應義塾大学法学部
【所属政党】
(無所属→)
(新生党→)
(新進党→)
(国民の声→)
(民政党→)
(民主党→)
(無所属→)
(みんなの党→)
(次世代の党→)
(無所属(無所属クラブ→)
(旧希望の党→)
希望の党
【公式サイト】
松沢しげふみ公式サイト
参議院議員

【選挙区】
神奈川県選挙区
【当選回数】
1回
【在任期間】
2013年7月29日 - 現職
民選第15・16代 神奈川県知事

【当選回数】
2回
【在任期間】
2003年4月23日 - 2011年4月23日
衆議院議員

【選挙区】
(旧神奈川2区→)
神奈川9区
【当選回数】
3回
【在任期間】
1993年7月19日 - 2003年3月25日
神奈川県議会議員

【選挙区】
川崎市麻生区選挙区
【当選回数】
2回
【在任期間】
1987年4月 - 1993年7月6日

松沢 成文(まつざわ しげふみ、1958年4月2日 ‐ )は、日本政治家希望の党所属の参議院議員(1期)、希望の党代表。

神奈川県知事(民選第15・16代)、衆議院議員(3期)、次世代の党幹事長神奈川県議会議員(2期)を歴任した。2011年6月からよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

目次

  • 1 来歴
    • 1.1 生い立ち
    • 1.2 地方議員に
    • 1.3 国政へ
    • 1.4 県知事に
    • 1.5 国政復帰
  • 2 政策・主張
    • 2.1 衆議院議員
    • 2.2 神奈川県知事
      • 2.2.1 教育
      • 2.2.2 産業振興
      • 2.2.3 治安政策
      • 2.2.4 外交安全保障政策
      • 2.2.5 受動喫煙防止条例
      • 2.2.6 その他
    • 2.3 参議院議員
      • 2.3.1 健康増進法改正
      • 2.3.2 その他
  • 3 人物
  • 4 所属する団体・議員連盟
  • 5 著書
  • 6 テレビ出演
  • 7 寄稿
  • 8 関連文献
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

来歴

生い立ち

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年8月)

神奈川県川崎市多摩区生田生まれ。川崎市立生田小学校、慶應義塾中等部慶應義塾高等学校慶應義塾大学法学部政治学科卒業。中学校から大学まで慶應義塾に通学した。中学時代からラグビーを続け、高校3年時には「オール神奈川選抜チーム」に選ばれた。家族が田川誠一の支持者で、小さい頃から政治に関心はあったものの、親戚にまったく政治家はいなかった。

大学在学中、アメリカに短期留学しグリーンリバー短期大学に在籍した。また、講談社の雑誌HOT DOG PRESSの海外取材員として、ヨーロッパアメリカオセアニア諸国を訪問、執筆活動を展開。

大学卒業後の1982年4月、松下政経塾に入塾(第3期生)。同期生には鈴木淳司笹木竜三前田正子らがいる。松下政経塾在籍中の1984年アメリカ合衆国ワシントンD.C.にて、ベバリー・バイロン連邦下院議員の政策スタッフとして活動、翌1985年には、メリーランド州にてスティーブ・サックス州司法長官のスタッフを務めながらアメリカ民主政治を実践研究する。その経験に基づいて『この目で見たアメリカ連邦議員選挙』(中公新書)を出版。1987年に卒塾。

地方議員に

同年4月、神奈川県議会議員選挙に川崎市麻生区選挙区から無所属(進歩党推薦)で出馬し、初当選。当時は29歳の誕生日を迎えたばかりで、神奈川県政史上最年少の県議であった。1991年に再選。

国政へ

1993年7月、任期途中で県議を辞職。第40回衆議院議員総選挙に結党したばかりの新生党公認で旧神奈川2区から出馬し、当選。翌1994年末の新進党結党に参加した。1996年小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された第41回衆議院議員総選挙では神奈川9区から出馬し、再選。

1997年末の新進党解党に伴い、国民の声に参加。民政党を経て、民主党に合流した。1999年民主党代表選挙に立候補。代表選は菅直人代表の圧勝に終わったが、51票を獲得した。2000年第42回衆議院議員総選挙で3選。

県知事に

2003年2月、民主党を離党し、4月の神奈川県知事選挙に無所属で出馬する意向を表明。選挙戦では盟友関係にあった中田宏横浜市長や同じ保守派の石原慎太郎東京都知事の支援を受け、社会民主党参議院議員田嶋陽子らを破り、当選を果たした。2007年の知事選では、自由民主党神奈川県連推薦の杉野正(埼玉高速鉄道社長)や日本共産党推薦の鴨居洋子を破り、次点の杉野にトリプルスコアの大差をつける圧勝で再選。多選禁止条例受動喫煙防止条例の制定を始めとする全国初の先進的な取り組みを推進し、2期8年間で自ら掲げたマニフェストの約8割を達成したとしている。

2010年12月、高校無償化での朝鮮学校への補助金交付に関して、朝鮮学校での教育内容を確認する必要があるとして、神奈川県が朝鮮学校への補助金支出の内示を留保していた問題で、自ら朝鮮学校を訪問して教育内容を確認し、また、教科書の表現の見直しを求め、学校側に文書での回答を求めた。そして、視察の結果や朝鮮学校側からの回答などを総合的に判断し、朝鮮学校への県補助金の支給を決定した。その際に松沢は「拉致問題砲撃事件は非道な行為で北朝鮮への怒りは収まらないが、朝鮮学校で学ぶ子どもにまったく罪はない。こういうときこそ、冷静に判断しなければならない」と述べた。

2011年の知事選にも3選出馬が有力視されていたが、2011年3月1日東京都知事選挙への出馬を表明する。4選不出馬が有力視されていた石原慎太郎知事の事実上の後継候補であったが、一転、石原が同年3月11日東京都議会で4選出馬を表明したため、石原の立候補を支持し、同年3月14日出馬を撤回した。

2011年4月22日に任期満了に伴い退任し、翌5月に筑波大学客員教授に就任。同年6月16日にはよしもとクリエイティブ・エージェンシー入りした。他に聖マリアンナ医科大学客員教授、神奈川工科大学顧問、明治大学兼任講師、PHP総研コンサルティングフェロー、一般社団法人首都圏政策研究所代表理事、一般社団法人スモークフリージャパン代表理事などを務める。

2012年12月に行われた東京都知事選挙無所属で出馬し、621,278票を獲得したが、猪瀬直樹宇都宮健児に次ぐ3位に終わり、供託金が没収された。

国政復帰

2013年第23回参議院議員通常選挙に、みんなの党公認で神奈川県選挙区から出馬。740,207票を獲得し、得票数2位で当選した。選挙後、みんなの党国民運動委員長に就任。

2014年11月19日、みんなの党の解党決定に伴い、和田政宗と共に新党結成を模索するが断念。11月26日に、入党要請を受けていた次世代の党に入党し、副党首に就任。12月25日、第47回衆議院議員総選挙で落選した山田宏の後任として幹事長に就任。

2015年8月26日、次世代の党の党首選に立候補する意欲を示したが、党再建への路線対立を理由として27日に離党届を提出。28日の両院議員総会で離党が了承され、無所属となった。その後、2016年7月に参議院院内会派無所属クラブに参加した。

2017年9月27日、希望の党創設に参加する。11月の希望の党共同代表選挙後の党役員人事では参議院議員団代表に就任した。

2018年5月、分党により新たに結党した希望の党の代表に就任した。

政策・主張

衆議院議員

神奈川県知事

教育

産業振興

治安政策

外交安全保障政策

受動喫煙防止条例

その他

参議院議員

健康増進法改正

その他

人物

所属する団体・議員連盟

著書

テレビ出演

寄稿

2010Happy Mail