このキーワード
友達に教える
URLをコピー

松沼博久とは?


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


松沼 博久(まつぬま ひろひさ、1952年9月29日 - )は、東京都墨田区出身の元プロ野球選手(投手)。野球解説者

弟は元西武投手の松沼雅之。西武在籍当時、博久は「松沼兄」雅之は「松沼弟」と呼ばれていた。通称「アニヤン」。

来歴

プロ入りまで

東京都墨田区から千葉県流山市に転居。当時の茨城県の公立高校は越境入学が可能であったため、取手二高に進学。1969年秋季関東大会県予選準々決勝に進むが、磯原高に敗退。

高校卒業後は東洋大学に入学。後に西武でチームメイトになる同期の市村則紀と、投手の二本柱として活躍した。しかし東都大学野球リーグでは駒大中大に阻まれてリーグ初優勝には届かず、1973年秋季リーグから3季連続で2位に甘んじる。4年生の1974年秋季リーグは全試合に登板し、8勝5敗の成績を残した。リーグ通算60試合登板し、22勝13敗、防御率2.40、203奪三振。

大学卒業後は、社会人野球東京ガスに入社。1978年都市対抗野球では、1回戦で丸善石油から毎回の17三振を奪い、平松政次の持つ大会記録(16奪三振)を塗り替える。また7連続奪三振の大会記録も樹立した。同年の日本選手権では4勝をあげ決勝に進出するが、北海道拓殖銀行に0-1で惜敗した。この大会では敢闘賞を獲得し、同年の社会人ベストナインにも選出されている。

現役時代

1978年オフのドラフト外西武ライオンズに、東洋大に在籍していた弟の雅之と同時に入団。1979年は、小柄ながらアンダースローから繰り出される独特のボールを武器に、チーム最多の16勝を挙げ、新人王に輝いた。同年はライオンズが福岡から所沢に移転した最初の年であったが、チームは最下位に沈み、開幕から2つの引き分けを挟む12連敗を記録する。この連敗を止め、所沢での初勝利を挙げたのはこの松沼であった。

翌年以降も先発投手として活躍し、1982年のリーグ優勝に貢献。同年の中日との日本シリーズでも2試合に先発し、1958年以来の日本一に力を添えた。1983年巨人との日本シリーズでは3試合に先発。第1戦では江川卓に投げ勝ち、自身の日本シリーズ初勝利を飾る。1988年中日との日本シリーズは最終第5戦の延長10回から登板。延長11回裏、伊東勤のサヨナラ安打で勝利投手となった。通算6回の日本シリーズに登板、主に先発で3勝2敗を記録している。

1986年頃から、後にトレードマークとなっている口ひげを蓄えるようになった。1990年限りで引退。川崎球場でのロッテオリオンズとのレギュラーシーズン最終戦が引退試合となったが、相手チーム先発の村田兆治もこの試合限りでの引退を表明している。

解説者、指導者として

引退後は1991年から1994年までフジテレビニッポン放送の野球解説者、1993年には「プロ野球ニュース」の週末のキャスターを務める。1995年に西武時代の監督広岡達朗GMを務める千葉ロッテマリーンズの一軍ブルペンコーチに就任。1996年から1997年は二軍投手コーチ、1998年は再び一軍ブルペンコーチを務めていたが12連敗(最終的には18連敗)の責任を取らされる形で一軍投手コーチの中村稔がシーズン途中に解任となりシーズン終了後まで一軍投手コーチ、1999年は二軍投手コーチを務め、同年退団。

2000年から2001年テレビ朝日テレビ埼玉文化放送野球解説者。2002年から西武一軍投手コーチを務めるが、前半戦が終了した2003年7月17日に投手陣不振の責任(チーム防御率4.28)を取らされる形で弟・雅之と一・二軍を入れ替えられ、球団代表の小野賢二は「前半戦の投手陣のふがいなさ含めて松沼博久コーチに一切の責任を取ってもらった。現場ではなく、フロントが決断した」と話した。 事実上の更迭となり同年限りで兄弟共に退団した。

その後はJ SPORTS解説者を務めながら2006年より茨城ゴールデンゴールズ投手コーチ、2009年より同チームのヘッドコーチを務め、2010年に監督の萩本欽一と同時に退団。また、プロ野球マスターズリーグの札幌アンビシャスに加入していた。

2012年よりテレ朝チャンネル解説者、さらに2015年からは再び文化放送の解説者を務めている。

人物

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2011年8月)

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1979 | 西武 | 34 | 29 | 10 | 0 | 0 | 16 | 10 | 0 | -- | .615 | 885 | 212.1 | 189 | 25 | 80 | 2 | 11 | 134 | 2 | 0 | 101 | 95 | 4.03 | 1.27
1980 | 33 | 29 | 13 | 0 | 2 | 9 | 14 | 1 | -- | .391 | 852 | 202.2 | 188 | 36 | 58 | 3 | 11 | 139 | 1 | 0 | 97 | 89 | 3.95 | 1.21
1981 | 23 | 20 | 7 | 0 | 2 | 5 | 13 | 0 | -- | .278 | 523 | 120.1 | 127 | 19 | 36 | 0 | 8 | 69 | 0 | 0 | 66 | 59 | 4.41 | 1.35
1982 | 34 | 25 | 10 | 2 | 0 | 10 | 9 | 0 | -- | .526 | 705 | 180.2 | 130 | 20 | 36 | 3 | 9 | 152 | 0 | 0 | 61 | 57 | 2.84 | 0.92
1983 | 23 | 22 | 3 | 0 | 0 | 12 | 6 | 0 | -- | .667 | 551 | 132.0 | 111 | 23 | 47 | 1 | 6 | 87 | 3 | 0 | 59 | 56 | 3.82 | 1.20
1984 | 26 | 26 | 8 | 1 | 1 | 12 | 7 | 0 | -- | .632 | 644 | 154.0 | 138 | 13 | 47 | 1 | 10 | 90 | 0 | 0 | 78 | 71 | 4.15 | 1.20
1985 | 27 | 26 | 8 | 1 | 0 | 14 | 6 | 0 | -- | .700 | 715 | 171.0 | 154 | 32 | 60 | 4 | 7 | 88 | 1 | 0 | 87 | 79 | 4.16 | 1.25
1986 | 20 | 20 | 3 | 2 | 0 | 5 | 6 | 0 | -- | .455 | 414 | 94.1 | 94 | 13 | 36 | 4 | 9 | 40 | 0 | 0 | 63 | 56 | 5.34 | 1.38
1987 | 15 | 14 | 2 | 0 | 0 | 8 | 5 | 0 | -- | .615 | 332 | 77.2 | 69 | 8 | 30 | 4 | 6 | 39 | 0 | 1 | 34 | 33 | 3.82 | 1.27
1988 | 23 | 19 | 4 | 2 | 0 | 6 | 6 | 0 | -- | .500 | 481 | 113.2 | 107 | 16 | 34 | 9 | 8 | 48 | 2 | 0 | 61 | 54 | 4.28 | 1.24
1989 | 24 | 23 | 8 | 1 | 0 | 11 | 5 | 0 | -- | .688 | 619 | 146.0 | 124 | 20 | 66 | 5 | 5 | 58 | 2 | 0 | 70 | 60 | 3.70 | 1.30
1990 | 15 | 13 | 0 | 0 | 0 | 4 | 7 | 0 | -- | .364 | 266 | 57.1 | 65 | 7 | 26 | 1 | 4 | 31 | 1 | 0 | 40 | 35 | 5.49 | 1.59
通算:12年 297 | 266 | 76 | 9 | 5 | 112 | 94 | 1 | -- | .544 | 6987 | 1662.0 | 1496 | 232 | 556 | 37 | 94 | 975 | 12 | 1 | 817 | 744 | 4.03 | 1.23

タイトル

表彰

記録

初記録
その他の記録

背番号

関連情報

主な出演

テレビ番組

現在の出演番組
過去の出演番組

MV

脚注

  1. ^ 広岡達朗監督時代に出場した3度の日本シリーズでは、東尾修をロングリリーフに回すという戦術の都合もあり、3度とも松沼が第1戦の先発投手を務めた。
  2. ^ この時、テレビ朝日での解説では入れ替わりで現場復帰した弟・雅之が担当していたネット裏からの球種チェック役(いわゆる「ネット裏解説」)を引き継いでいる。
  3. ^ 松沼博コーチが2軍降格 投手陣不振の責任とる共同通信社、2003年7月17日
  4. ^ 「野球小僧 アンダースロー論」
  5. ^ [ブログ]かたり職人 小笠原 聖のホームページ
  6. ^ 坂井保之・永谷脩『西武と巨人のドラフト10年戦争』宝島社刊、ISBN 978-4800207609 2013年6月7日発行(88-92ページ)
  7. ^ 2014年3月19日CSテレ朝チャンネル2で中継された「オープン戦西武対広島」において、西武のランディ・ウィリアムスが顎髭を貯えていることが話題となり、その流れでこの中継の解説を務めていた松沼の口髭について、本人が語ったエピソード。
  8. ^ 文化放送「岩本勉のまいどスポーツ」(2019年3月25日)
  9. ^ がんばれ!Victory、新曲MVで元プロ野球選手と乱闘”. 音楽ナタリー (2015年8月4日). 2015年8月4日閲覧。

関連項目

外部リンク

業績
パシフィック・リーグ新人王
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】

記述のない年は該当者なし

パシフィック・リーグ最多奪三振
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】

1989年にタイトル制定

日本シリーズにおけるパシフィック・リーグ出場チーム第1戦先発投手
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】
2010Happy Mail