このキーワード
友達に教える
URLをコピー

松田忠徳とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2014年12月)

松田 忠徳(まつだ ただのり、1949年3月24日 - )は日本の評論家旅行作家モンゴル研究家、ナチュラリスト。国際的な温泉学者。札幌国際大学観光学部名誉教授(温泉学、観光学)。モンゴル国立医科大学教授(温泉医学)、北京徳稲教育機構(DeTao)教授(温泉学)、グローバル温泉医学研究所所長を兼任する。数々の温泉関連の本を執筆する。

来歴

北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉出身。東京外国語大学大学院修了。モンゴル国立医科大学大学院修了。文学博士、医学博士。2014年3月まで、札幌国際大学観光学部で教授として教鞭をとっていた。

温泉評論家としての活動

入浴したことがある温泉の数は4700湯を超えるという。1998年1月から1999年9月にかけて、キャンピングカーで移動しながら全国2500湯を制覇しているという。その間に「列島縦断2500湯」という日本経済新聞の連載も1年半に亘って行なっている。この「列島縦断2500湯」は2000年3月に日本経済新聞社から書籍として刊行された。また、2000年から2002年まで「日本百名湯」を、2000年から2004年まで「新・日本百名湯」の連載をそれぞれ日本経済新聞の土曜日版にて行った。その後、2006年10月7日号から同紙にて「古湯を歩く」シリーズにて、初回の和歌山県湯の峰温泉に始まり、最終回愛媛県道後温泉で閉める全52回の連載を行った。2008年10月4日からは、同じく土曜版で「温泉列島再発見」シリーズを、初回野沢温泉を皮切りに連載開始した。

2005年から、週刊新潮江戸温泉物語を連載中。

2007年6月より、旅チャンネルにて「温泉教授・松田忠徳の本物の温泉力~北海道の源泉ゼミナール~」という番組が本人出演で放送されている。全13回。 本番組では、北海道の温泉の紹介を中心に、自身の収集した資料の公開や温泉の入り方のレクチャーを行っている。

著書

代表的な著書は以下のものがある。

主なモンゴル関連

主な温泉関連

主な自然関連

主な訳書

テレビ出演

ゲーム監修

脚注

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.465
温泉
【用語】
 | 
【世界の温泉】

【日本の温泉】

【療養泉の泉質】

【温泉食品】

【研究所】

【関連人物】

【関連項目】

【外部リンク】

【カテゴリ】

【温泉分析機関】

ポータル

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/06 13:10

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「松田忠徳」の意味を投稿しよう
「松田忠徳」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

松田忠徳スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「松田忠徳」のスレッドを作成する
松田忠徳の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail