このキーワード
友達に教える
URLをコピー

板尾創路とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2013年5月)
 | 
テレビ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、DVDやBlu-rayなどでの販売や公式なネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい検証可能性に基づき除去される場合があります。

板尾 創路
Itsuji Itao


【本名】
板尾 創路
【ニックネーム】
イッツジー
【生年月日】
(1963-07-18) 1963年7月18日(56歳)
【出身地】
日本大阪府富田林市
【血液型】
A型
【身長】
177cm
【言語】
日本語
【方言】
大阪弁 共通語
【最終学歴】
東大阪大学柏原高等学校卒業
【出身】
吉本総合芸能学院(NSC)
大阪校4期
【コンビ名】
130R
【相方】
ほんこん
【芸風】
漫才(ボケ)
【立ち位置】

【事務所】
吉本興業
【活動時期】
1985年 - 1994年
1995年 -
【同期】
今田耕司中山秀征

【過去の代表番組】
淀川★キャデラック
DIVA
Neo Happy系教育テレビ
板尾ロマン
着信御礼!ケータイ大喜利
ほか
【作品】
板尾創路の脱獄王
【他の活動】
俳優
【配偶者】
既婚

板尾 創路(いたお いつじ、1963年7月18日 - )は日本お笑いタレント俳優であり、お笑いコンビ130Rボケ担当である。相方はほんこん。愛称はイッツジー

大阪府富田林市出身。父は川柳家の板尾岳人。吉本興業所属。吉本総合芸能学院(NSC)4期生。既婚。身長177cm、体重62kg。

目次

  • 1 経歴
  • 2 人物・エピソード
  • 3 出演番組
    • 3.1 バラエティ
      • 3.1.1 現在
      • 3.1.2 過去
    • 3.2 テレビドラマ
    • 3.3 配信ドラマ
    • 3.4 ドキュメンタリー番組
    • 3.5 映画
    • 3.6 アニメ
    • 3.7 舞台
    • 3.8 インターネット配信
    • 3.9 DVD
    • 3.10 ラジオ
    • 3.11 プロモーションビデオ
    • 3.12 CM
  • 4 作品
    • 4.1 映像
    • 4.2 音楽
    • 4.3 著書
  • 5 脚注
  • 6 外部リンク

経歴

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年12月)

ケーキ店「パルナス」三国ヶ丘店(堺市堺区)に勤める両親の息子として生まれる。柏原高校(現:東大阪大学柏原高等学校)卒業後、蓬莱に就職するもしばらくして退職、その後は色々な職を経験し、10代の頃にケーキを持って島田紳助の家にいきなり押しかけ、弟子入りを志願したことがある。紳助には当時すでに弟子が1人いたため断られるが、吉本興業のタレント養成所であるNSCへの入学を勧められ、のちに同校の第4期生として入学した。

NSCでは「ホンコン・マカオ」というコンビを組み、「ホンコン」の芸名を名乗ったが程なくコンビ解消。のちに同期の蔵野孝洋(現・ほんこん)に「ホンコン」の名を譲り渡した(ほんこん参照)。

その後ダウンタウンが司会を務めていた『4時ですよーだ』に出演していたが、1991年よりフジテレビ系列ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演したのを機に、全国にその名を知られるようになる。

1994年に18歳未満の少女(当時14歳)と淫行をしたとして、青少年保護条例違反容疑で逮捕され、罰金30万円の刑を受ける。このことにより一時期芸能活動を自粛することとなった。しかし、相手の少女が別件で補導された際に板尾との関係を切りだし、18歳以上であると偽って交渉した事が明らかになったことや、松本人志からの働きかけもあり、プロダクションの専属契約解除までには至らず、その結果、年内いっぱいの芸能活動を謹慎する処分を受けるに留まった。

2001年には、木村祐一と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場、3回戦まで勝ち進んだ。

2010年3月には、約9年ぶりに木村祐一と2人きりの舞台であるトークライブ「ざっぱ」が開催され、以降も定期的に開催されている。

テレビドラマ映画、舞台など、俳優としても活動している。特に2005年辺りからは役者の活動が目立ち自身もインタビューで「もう僕らの時代じゃない。」「笑いに未練もない。」 と語っている。 私生活では1998年に東京で知り合った8歳下の一般女性と結婚。2007年9月に長女英美が誕生するも2009年8月16日に急死。2012年6月に次女が誕生している。

2010年10月からは『板尾ロマン』(テレビ東京)がスタートし、自身の番組では在京キー局初の冠番組を持つことになった。

人物・エピソード

独特な発想には定評があり、『虎の門』のコーナー「しりとり竜王戦」で最多優勝数を誇るなど大喜利を得意とする。『ケータイ大喜利』では審査委員長の肩書きを持ち、『IPPONグランプリ』の第13回大会では初参戦ながらレジェンド扱いで千原ジュニア博多大吉からは板尾と並んで大喜利に挑むことへの喜びと緊張を語った。

かなりの天然ボケで『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』や『やりすぎコージー』では板尾の「伝説」が特集された。

出演番組

130Rとしての出演番組は130R#出演を参照。

バラエティ

現在

過去

テレビドラマ

配信ドラマ

ドキュメンタリー番組

映画

アニメ

舞台

インターネット配信

DVD

ラジオ

プロモーションビデオ

CM

作品

映像

映画
ドラマ

音楽

CDアルバム
  1. 陰部第三高等学校校歌(独唱)
  2. 砂渡し爺
    峯田と参加したPVが制作され、HEY!HEY!HEY!にも出演。
  3. ホテル住まいの小学生
  4. 陰部第三高等学校校歌(合唱)
    全作詞:板尾創路、全作曲・プロデュース:峯田和伸(銀杏BOYZ)
CDシングル
  1. 少年B
  2. 少年A
  3. 少年B’
  4. 少年B (Instrumental)
    全作詞:板尾創路、全作曲・プロデュース:TEI TOWA
  1. 君とボクと
    作詞:大宮エリー、作曲:南こうせつ、唄:板尾こうせつ(板尾創路・南こうせつ)名義。
    連続ドラマ小説 木下部長とボク主題歌
  2. 君とボクと (Instrumental)

著書

出版元:リトルモア

脚注

  1. ^ https://news.yahoo.co.jp/pickup/6302797
  2. ^ 板尾創路×壇蜜、ただ語り合う新番組スタート「収録した感じがまったくない」”. お笑いナタリー. 2019年12月5日閲覧。
  3. ^ “「株価暴落」試写会で織田裕二の握手を瀬戸康史がスルー!?”. livedoorニュース. (2014年10月8日). http://news.livedoor.com/article/detail/9337289/ 2014年10月11日閲覧。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/23 10:45

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「板尾創路」の意味を投稿しよう
「板尾創路」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

板尾創路スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「板尾創路」のスレッドを作成する
板尾創路の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail