このキーワード
友達に教える
URLをコピー

林房雄とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年3月)
林 房雄
(はやし ふさお)


ペンネーム
白井 明
【誕生】
後藤 寿夫(ごとう ひさお)
(1903-05-30) 1903年5月30日
大分県大分市大分港
【死没】
(1975-10-09) 1975年10月9日(72歳没)
【墓地】
鎌倉報国寺
【職業】
小説家評論家
【最終学歴】
東京帝国大学法科中退
【活動期間】
1925年(大正14年) - 1974年(昭和49年)
【代表作】
『青年』(1932年)
『壮年』(1936年)
『息子の青春』(1950年)
『妻の青春』(1952年)
大東亜戦争肯定論』(1964年)
『続・大東亜戦争肯定論』(1965年)
『西郷隆盛』(1942年-1948年、1964年-1970年)
【主な受賞歴】
第13回文学界賞(1937年)
第1回大衆雑誌懇話会賞(1947年)
【デビュー作】
「日和見主義の誕生」(1925年)
「林檎」(1926年)
【配偶者】
繁子(妻)
影響を与えたもの

林 房雄(はやし ふさお、1903年(明治36年)5月30日 - 1975年(昭和50年)10月9日)は、日本小説家文芸評論家大分県大分市出身。本名は後藤 寿夫(ごとう ひさお)。戦後の一時期の筆名は白井 明。戦後は中間小説の分野で活動し、『息子の青春』、『妻の青春』などを出版し舞台上演され流行作家となった。

略歴

父が酒に溺れたため、家業の雑貨商が破産。このため母が紡績工場の女工として家計を支えた。1916年(大正5年)、旧制大分中学(現県立大分上野丘高校)入学後は、銀行家の小野家の住み込み家庭教師として働きながら苦学し、1919年(大正8年)、第五高等学校に入学してからも小野家の援助を受ける。東京帝国大学法科中退。

三島由紀夫との交流

三島由紀夫と林の出会いは、1947年(昭和22年)6月27日「新夕刊」編集部であった。当初より三島は、林に好感を持ち、親交を続けた。林への書簡で、自身の文学論や高見順ら左翼的文壇人への憤慨などを吐露する。三島は同じ東京帝国大学法学部出身でもあった林を、常に尊敬し1963年(昭和38年)に『林房雄論』を書く。三島は、1966年(昭和41年)に対談『対話・日本人論』が実現したときには感激したという。1969年(昭和44年)に、対談『現代における右翼と左翼』を行っている。

だが『対話・日本人論』の時点で、天皇観を巡り、意見の相違がやや現れた。林が、「天皇にも人として過ちはある。(中略)天皇に逆賊と言われたら甘んじて刑死すべきです。恨んではいけない。」と、主張したのに対して三島は、「僕は天皇無謬説なんです。(中略)僕はどうしても天皇というのを、現状肯定のシンボルにするのはいやなんです。(中略)天皇は現状肯定のシンボルでもあり得るが、いちばん先鋭な革新のシンボルでもあり得る二面性をもっておられる。いまあまりにも現状肯定的ホームドラマ的皇室のイメージが強すぎるから、先鋭な革新の象徴としての天皇制というものを僕は言いたいということです。」と語った。最終的には林も三島のその考え方に同意し、「革新のシンボルになります。これからも必ずなります」と賛同している。

三島は、自決寸前の1970年(昭和45年)9月には、徳岡孝夫に、「林さんはもうダメだ。右翼と左翼の両方からカネを貰っちゃった」と言い、失望の色を隠さなかったという。ただし、これについて徳岡孝夫は、回想記『五衰の人-三島由紀夫私記』において、三島は「楯の会」の活動で思い詰めていたが故に、林側の事情と行動を誤解したのではないかと推測している。

林は、1971年(昭和46年)1月24日に築地本願寺で行なわれた三島の本葬・告別式に際し、弔辞で、「満開の時を待つことなく自ら散った桜の花」、「日本の地すべりそのものをくいとめる最初で最後の、貴重で有効な人柱である、と確信しております」と述べてその死を悼んだ。「憂国忌」の道筋をつけた。

晩年は、何冊か関連著作(三島事件の「追悼本」)の執筆・編纂・出版にあたり、月刊誌『浪曼』(1972年-1975年)発行にも参与、民族派の論客としても活動し続けた。闘病生活を送りつつ、皇統論や西郷隆盛語録などを執筆した。

大東亜戦争肯定論

詳細は「大東亜戦争肯定論」を参照

大東亜戦争肯定論』は、『中央公論1963年(昭和38年)9月号から1965年(昭和40年)6月号にかけ連載され、単行判は番町書房(正・続)2冊で刊(のち新版全1巻)。様々な再刊を経て、2001年(平成13年)に夏目書房で再刊、普及版も刊行されたが、夏目書房の倒産(2007年(平成19年))により長らく入手困難となっていた。2014年(平成26年)に中公文庫で初の文庫版として再刊された。

林はあえて、敗戦占領下にGHQにより使用を禁じられ、占領終了後もタブー視された「大東亜戦争」という名称を用いた。

「肯定論」の中心をなす主張は、幕末の弘化年間(1845年-1848年)以来の日本近代史を、アジアを植民地化していた欧米諸国に対する反撃の歴史である「東亜百年戦争」と把握している点にある。そして、1945年(昭和20年)8月15日に終わった大東亜戦争はその全過程の帰結だった、としている。さらに、その過程(朝鮮併合満州事変日中戦争など)における原動力は経済的要因ではなくナショナリズムであったとし、それの集中点は「武装せる天皇制」だった、とも提起している。

翻訳

著作

単著

共著

対談

訳書

脚注

  1. ^ 林房雄とは”. コトバンク. 2018年6月13日閲覧。
  2. ^ ほかには、火野葦平尾崎士郎ら数百名が政治的発言や行動を禁止された
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)23頁
  4. ^ 三島由紀夫『林房雄論』(新潮社(限定版)、1963年)、のち『作家論』(中央公論社、1970年10月。中公文庫、1974年、新版2016年)に収録。
  5. ^ 三島由紀夫・林房雄共著『対話・日本人論』(番町書房、1966年)
  6. ^ 三島由紀夫『尚武のこころ 三島由紀夫対談集』(日本教文社、1970年10月)に収録。
  7. ^ 徳岡孝夫『五衰の人』(文藝春秋、1996年。文春文庫、1999年。文春学藝ライブラリー(文庫)、2015年)
  8. ^ 林 1964b
  9. ^ 林 1965a
  10. ^ 林 1970
  11. ^ 『林房雄著作集』林 & 1968-1969、『林房雄評論集』林 & 1972-1974林 1984
  12. ^ 林 2001
  13. ^ 林 2006
  14. ^ 林 2014
  15. ^ 西谷格 (2018年3月29日). “禁断の書『大東亜戦争肯定論』がいま台湾で読まれている背景”. NEWSポストセブン. 2018年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月13日閲覧。
  16. ^ 「繭 獄中記 白夫人の妖術」が『日本文学全集 66 林房雄・檀一雄集』に収録(集英社、1969年、新版1975年)
  17. ^ 横山まさみち作画で劇画化(新版は講談社+ガイドワークスなど)
  18. ^ 全8巻予定だった。「3 日本よ美しくあれ」、「5 日本への直言」、「7 文芸時評」、「8 悲しみの琴」が未刊。
  19. ^ 「随筆池田勇人」の改訂再刊。池田・林は、共に第五高等学校の出身。
  20. ^ 「青年」は『日本の文学40 林房雄 武田麟太郎 島木健作』(中央公論社、1968年、普及版1974年)に収録、解説担当・付録対談は三島由紀夫。
  21. ^ 三島由紀夫と対話。他に三島由紀夫「林房雄論(抄)」、林房雄「悲しみの琴―三島由紀夫への鎮魂歌(抄)」。
  22. ^ 相手は保田與重郎、飯守重任筑波常治葦津珍彦浅野晃田中忠雄嘉悦康人村松剛勝部真長藤島泰輔黛敏郎と対話。
  23. ^ 中心になって編んだ作家作品論、冒頭に村松剛と対談、のち村松剛『日本文化を考える 対談集』(日本教文社、1979年)にも収録。

外部リンク

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/03/29 18:22

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「林房雄」の意味を投稿しよう
「林房雄」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

林房雄スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「林房雄」のスレッドを作成する
林房雄の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail