このキーワード
友達に教える
URLをコピー

林義一とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年8月)
林 義一
【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
徳島県徳島市常三島
【生年月日】
(1920-02-01) 1920年2月1日
【没年月日】
(2008-01-17) 2008年1月17日(87歳没)
【身長
体重】
173 cm
71 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1949年
【初出場】
1949年11月7日
【最終出場】
1958年4月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


林 義一(はやし ぎいち、1920年2月1日 - 2008年1月17日)は、徳島県徳島市常三島出身のプロ野球選手(投手)・コーチ監督解説者評論家

パ・リーグ初のノーヒットノーラン達成者。

経歴

徳島商業時代は楠安夫(高松商)・千葉茂(松山商)と並ぶ「四国のビッグ3」と称され、1935年春の選抜に徳島県勢として初めて出場。岐阜商との2回戦に捕手として出場し、7回からマウンドに上がるも大敗。2年後の1937年にエースとして春夏出場を果たし、選抜では準決勝まで進んだ。卒業後は明治大学大王製紙を経て、地元のノンプロチーム「全徳島」に入り、エースと4番を務める。1946年1947年と2年連続で都市対抗に出場し、1947年には全大阪との3位決定戦で別当薫と投げ合ったが、敗戦投手となった。当時はプロ化の動きもあったほど人気のあったチームで、メンバーには平井三郎蔦文也らがいた。

1949年大映スターズへ入団し、11月7日南海戦(宇治山田)で初先発・初勝利を記録。同13日中日戦(桐生新川)では服部受弘から初安打を放った。右の横手投げ・技巧派で、豊田泰光曰く「ブーメランのように投げた方に戻っていく」カーブを武器に、2年目の1950年からはエースとして活躍。同年5月29日近鉄戦(後楽園)では黒尾重明から初本塁打を放った。5年連続開幕投手を務め、3年目の1951年には第1回オールスターゲームに選出されている。7月8日の第3戦(後楽園)では4番手のリリーフで登板してMVPを獲得。1952年4月27日阪急戦(高崎城南)では、パシフィック・リーグ初のノーヒットノーランを達成。1四球のみの準完全試合であった。1953年8月29日西鉄戦(平和台)では、中西太に推定160m以上と言われる本塁打を打たれている。1954年は8勝20敗に終わり、2桁勝利が4年連続でストップ。この年はチームも最下位に終わったが、1955年には復活して自己最高の19勝をマーク。1956年からはコーチ兼任となり、三浦方義太田正男後藤修を指導するも、自身は4勝12敗と過去最低の成績となり、同年に自由契約。1957年に大映時代の監督・藤本定義率いる阪急ブレーブスへ移籍し、6月19日の古巣・大映戦(西宮)で移籍後初勝利を挙げる。この年は4勝中2勝が東映戦で挙げたものであり、いずれも敗戦投手は米川泰夫であった。1958年4月20日の東映戦(駒沢)を最後に登板が無くなり、同年引退。

引退後は近鉄の一軍投手コーチ(1959年 - 1960年)、一軍チーフコーチ(1961年)を務め、1959年には病気で療養した監督の千葉に代わってチームを指揮した。1961年には36勝103敗と最下位を独走したが、新人王徳久利明を送り出した。退団後はサンケイ新聞記者(1962年 - 1963年)を務めたが、大学の先輩で当時評論家であった中沢不二雄に職探しの相談をしたところ、中沢が国鉄スワローズ水野成夫オーナーに投手コーチに採用してもらえないかと依頼。水野が「中沢さんが推薦するほどの人ならいっそのこと監督になってもらおう」といい、1964年、国鉄の監督に就任。1年目はいきなり前年16勝12敗と勝ち越した巨人に開幕3連敗をしてしまい、後半戦に入るとエース・金田正一との対立が表面化。3位進出を賭けた8月8日からの広島戦(広島市民)では登板拒否され、チームも11連敗を喫してAクラス争いから脱落、5位に終わった。前年14勝の渋谷誠司が精彩を欠き、前年まで4年連続2桁勝利の村田元一は故障に泣くなど準エースが期待に応えられなかったが、それでも富士鉄室蘭からプロ入りした佐藤進が10勝、鎌倉学園高を卒業した半沢士郎は8勝と、ルーキーが健闘したのは大きな収穫であった。打線は徳武定之豊田泰光の3、4番コンビに、中日から移籍の小淵泰輔が加わった。西鉄時代は日本シリーズにも2度出場しながら、中日では出番に恵まれなかった小淵は、新天地で水を得た魚のように活躍。リーグ5位の打率.306、15本塁打、48打点と、いずれもキャリアハイの成績を残した。正捕手の根来広光4月15日18日にかけて、当時のセントラル・リーグ記録に並ぶ8打席連続安打をマーク。金田は同年オフに10年選手の特権を行使し、巨人へ移籍する。国鉄側は林監督の更迭と飯田徳治コーチの監督就任を主張したが、サンケイ側は林留任を主張したため留任。2年目の1965年は開幕から6連敗し、4月23日にサンケイによる経営へ一本化されたが、林は2日後の同27日に退任。その後は2度目のサンケイ新聞記者(1966年 - 1967年)を経て、恩師・藤本の招聘で阪神タイガース一軍投手コーチ(1968年)を務める。まだストレートしか投げられなかった江夏豊に「ゴムまりの天井投げ」でカーブを伝授したほか、砲丸投げで学んだ「担ぎ投げ」の投球フォームを改良し、外角低めストレートでの勝負もアドバイス。阪神退団後は日本教育テレビ千葉テレビ解説者東京スポーツ評論家(1969年 - 1980年)を務め、西武ライオンズ二軍バッテリーコーチ(1981年)・二軍投手コーチ(1982年 - 1983年)も歴任。在任中はオーバースローに戻していた小林誠二を再びサイドスローに戻した。

2008年1月17日心不全のため、東京都北区の病院で死去。87歳没。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1949 | 大映 | 4 | 2 | 2 | 0 | 0 | 1 | 1 | -- | -- | .500 | 105 | 25.0 | 25 | 2 | 4 | -- | 0 | 10 | 0 | 0 | 11 | 9 | 3.24 | 1.16
1950 | 42 | 27 | 20 | 5 | 1 | 18 | 11 | -- | -- | .621 | 1047 | 254.2 | 214 | 16 | 88 | -- | 6 | 158 | 0 | 1 | 89 | 68 | 2.40 | 1.19
1951 | 34 | 25 | 23 | 2 | 5 | 12 | 11 | -- | -- | .522 | 1033 | 255.0 | 222 | 16 | 62 | -- | 3 | 95 | 0 | 1 | 88 | 72 | 2.54 | 1.11
1952 | 40 | 29 | 20 | 3 | 0 | 15 | 15 | -- | -- | .500 | 1097 | 269.2 | 249 | 17 | 59 | -- | 4 | 72 | 3 | 0 | 113 | 89 | 2.97 | 1.14
1953 | 36 | 30 | 26 | 2 | 5 | 17 | 11 | -- | -- | .607 | 1133 | 283.2 | 260 | 13 | 42 | -- | 3 | 90 | 0 | 0 | 97 | 84 | 2.66 | 1.06
1954 | 38 | 25 | 21 | 0 | 2 | 8 | 20 | -- | -- | .286 | 1014 | 248.0 | 246 | 5 | 55 | -- | 2 | 89 | 2 | 0 | 91 | 80 | 2.90 | 1.21
1955 | 42 | 25 | 19 | 6 | 4 | 19 | 15 | -- | -- | .559 | 1096 | 278.0 | 239 | 10 | 48 | 4 | 6 | 91 | 3 | 0 | 89 | 73 | 2.36 | 1.03
1956 | 23 | 10 | 6 | 0 | 1 | 4 | 12 | -- | -- | .250 | 466 | 109.1 | 111 | 3 | 17 | 2 | 4 | 40 | 0 | 0 | 57 | 35 | 2.86 | 1.17
1957 | 阪急 | 21 | 7 | 1 | 0 | 1 | 4 | 2 | -- | -- | .667 | 250 | 59.2 | 66 | 4 | 7 | 0 | 1 | 22 | 1 | 0 | 31 | 18 | 2.70 | 1.22
1958 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | -- | ---- | 8 | 2.0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0.00 | 1.00
通算:10年 281 | 180 | 138 | 18 | 19 | 98 | 98 | -- | -- | .500 | 7249 | 1785.0 | 1634 | 86 | 382 | 6 | 29 | 667 | 9 | 2 | 666 | 528 | 2.66 | 1.13

年度別監督成績

【年度】
【球団】
【順位】
【試合】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
【ゲーム差】
【チーム
打率】
【チーム
本塁打】
【チーム
防御率】
年齢
1959 | 近鉄 | 6位 | 82 | 27 | 52 | 3 | .342 | 49.0 | .229 | 48 | 3.68 | 39歳
1964 | 国鉄 | 5位 | 140 | 61 | 74 | 5 | .452 | 18.5 | .242 | 117 | 3.43 | 44歳
1965 | 6位 | 13 | 2 | 10 | 1 | .167 | 45.5 | .221 | 64 | 3.42 | 45歳
通算 235 | 90 | 136 | 9 | .398 | Bクラス3回

表彰

記録

背番号

関連情報

出演番組

書籍

脚注

  1. ^ 週刊ベースボールプラス6 1950-2011 わが愛しのスワローズ 国鉄から始まった栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2011年、P39
  2. ^ 1960年代 | 東京ヤクルトスワローズ
  3. ^ 小林誠二 “見える魔球”を駆使したサイドハンド右腕/プロ野球1980年代の名選手

関連項目

外部リンク

国鉄スワローズ監督 1964 - 1965.4.25


業績
日本プロ野球オールスターゲームMVP
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】

【2020年代】
  • 2020 (中止)


大映スターズ開幕投手
【1940年代】

【1950年代】

1958年開幕直前に毎日オリオンズと球団合併により消滅

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/05 11:57

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「林義一」の意味を投稿しよう
「林義一」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

林義一スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「林義一」のスレッドを作成する
林義一の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail