このキーワード
友達に教える
URLをコピー

林義雄_(台湾)とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2017年1月)
中華民国(台湾)の政治家
林義雄 (台湾)
Lîm Gī-hiông


【生年月日】
(1941-08-24) 1941年8月24日(77歳)
【出生地】
台湾 台北州羅東郡(現・宜蘭県)
【出身校】
国立台湾大学
ハーバード大学大学院
【所属政党】
民主進歩党(1986年 - 2006年)
無所属(2006年 - )
【配偶者】
方素敏
第8代民主進歩党主席

【在任期間】
1998年7月18日 - 2000年4月20日
【Lîm Gī-hiông】

【職業:】
弁護士政治家
【各種表記】

繁体字: 林義雄
簡体字: 林义雄
英語名: Lin Yi-hsiung
学歴
  • 国立台湾大学法律系卒業
    (1964年)
  • アメリカ ハーバード大学大学院行政学修士
    (1987年)

経歴
  • 弁護士としての活動を開始
    (1966年-)
  • 台北平民法律サービスセンターの創業者の一人となる
    (1973年-)
  • 中国比較法学会秘書長に就任
    (1974年-)
  • 台湾省議会(第六期)議員に就任
    (1977年-1979年)
  • 慈林文教基金会の創設者となる
    (1991年)
  • 慈林文教基金会会長となる
    (1991年3月-)
  • 核四公投(第四原発を巡る国民投票)促進会の発起人となる
    (1991年-)
  • 核四公投促進会の執行委員に就任
    (1991年-)
  • 核四公投促進会の召集人となる
    (1994年-1997年)
  • 民主進歩党の首席顧問に就任
    (1996年-1998年)
  • 民主進歩党(第八期)主席に就任
    (1998年7月18日-2000年4月20日)

林 義雄(1941年8月24日 - )は、台湾の政治家。民主進歩党(民進党)の創立者の一人で、同党の元主席。

目次

  • 1 略歴
  • 2 語録
  • 3 脚注
  • 4 外部リンク

略歴

1941年日本統治時代台湾宜蘭県五結郷に生まれる。宜蘭中学(今は国立宜蘭高級中学)を卒業と台湾大学を入学。1964年に国立台湾大学法律学院法律系(法学部法学科)を卒業し、1966年から弁護士としての活動を始める。

1975年姚嘉文と共同で宜蘭の「党外」台湾省議員だった郭雨新の選挙訴訟を担当、これが政治活動の入口となる。1977年、その郭雨新の地盤を受け継ぎ、台湾省議員に当選する。

1979年12月、美麗島事件に関与した罪で投獄される。1980年2月28日、林の母親と双子の娘が家で殺害され、長女の林奐均が重傷を負うという「林家事件」が発生する。この事件は未解決である。

1984年、仮釈放。その後、妻の方素敏と共にハーバード大学大学院に留学し、1987年行政学修士号を取得する。1989年に帰島。

1991年、宜蘭で「慈林教育基金会」を設立し、社会運動の人材を育成した。同時に反原発運動団体「核四公投(第四原子力発電所国民投票法案)促進会」を発足させ、2003年末までに、台湾全土を徒歩で縦断する「第四原発国民投票千里苦行」運動を三度行った。

1998年7月18日に第八期民進党主席に就任。林の主席在任時に実施された2000年総統選挙では民進党から出馬した陳水扁が勝利し、政権交代を果たす。その一ヵ月後の同年4月20日、林は主席を退任する。

2001年、停止していた第四原発の工事が再開後、2月21日に民進党中央で記者会見を開く。「第四原発を巡る争議で自分に恥じるべき点はないが、やはり連帯責任を負わねばならない」と、民進党顧問を辞任した。

2002年9月21日、核四公投促進会を率いて台北市龍山寺を出発し、全島に「誠信立国」を呼びかけ、国会議員の半減改革、第四原発国民投票と公民投票による立法運動を主張、2004年の総統選挙に介入すべく政治活動を行った。2004年3月開票後、国民党を中心とする泛藍連盟連戦宋楚瑜コンビと民進党を中心とする泛緑連盟の陳水扁・呂秀蓮コンビの票数が僅差だったことにより騒動が発生したが、この際に林義雄は公開で政治人物は民族間の衝突を激化させるべきではないと呼びかけた。

2004年、林義雄は国会議員半減改革を進めるため、立法院前で座り込みを行った。同年8月、立法院は議員198人全員の賛成で国会改革憲法修正案を通過させた。その後、2006年5月の国民大会で憲法修正案が発表された。

2006年1月15日に実施された民進党主席補欠選挙では、林義雄は翁金珠を支持したが、翁金珠は敗北し、游錫堃が当選する。その9日後の同年1月24日、《永遠に民主国家の主人であるために——民主進歩党を離党。同志への手紙》を公開し、同時に民進党を離党した。

2008年8月1日、国民党が立法院の約3/4の議席を占める状況を鑑み、民進党の応援活動を始めた。2009年年末の県市三合一選挙で、謝長廷、呂秀蓮、現職の党主席蔡英文らと共に、全力で民進党候補者の応援を行った。民進党的任務分配に基づき、游錫堃と林義雄は主に宜蘭県長の応援活動を担当し、最終的に林聡賢の当選を助けた。

2014年4月22日、第四原発の廃止を訴えて無期限ハンガー・ストライキを始めた。

zh:2014年林義雄反核四禁食行動」も参照

語録

脚注

  1. ^ 国民党独裁時代に民主化を目指して活動していた政治家。
  2. ^ “台湾の現職・元総統、元野党党首に深い関心 第4原発反対ハンストで”. フォーカス台湾日本語版. (2014年4月23日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201404230006.aspx 2014年4月29日閲覧。

外部リンク

民主進歩党
先代:
許信良
 | 
党主席
1998年 - 2000年
 | 
次代:
謝長廷


民主進歩党主席
江鵬堅1986-1987 / 姚嘉文1987-1988 / 黄信介1988-1991 / 許信良1991-1993 / 施明徳1994-1996 / 許信良1996-1998 / 林義雄1998-2000 / 謝長廷2000 / 陳水扁2000-2004 / 蘇貞昌2005 / 游錫2006-2007 / 陳水扁2007-2008 / 蔡英文2008-2012 / 蘇貞昌2012-2014 / 蔡英文2014-現職


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/14 18:30

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「林義雄_(台湾)」の意味を投稿しよう
「林義雄_(台湾)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

林義雄_(台湾)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「林義雄_(台湾)」のスレッドを作成する
林義雄_(台湾)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail