このキーワード
友達に教える
URLをコピー

柳河藩とは?

柳河藩(柳川藩、やながわはん)は、筑後国に存在した。藩庁は柳川城(現:福岡県柳川市)。当初は筑後一国を支配する大藩であったが、のちに久留米藩の成立により筑後南部のみを領有する中藩となった。

目次

  • 1 歴史
  • 2 歴代藩主
    • 2.1 田中家
    • 2.2 立花家
  • 3 立花家時代の重臣家
    • 3.1 御両家
    • 3.2 一門家
    • 3.3 家老家
      • 3.3.1 大組組頭世襲家
      • 3.3.2 大組迯家
  • 4 立花家時代の軍制
    • 4.1 大組
    • 4.2 大組迯
    • 4.3 物頭席
    • 4.4 小姓組
  • 5 立花家時代の役職
    • 5.1 列役
    • 5.2 端列
    • 5.3 諸役人
    • 5.4 備考
  • 6 藩邸および江戸における菩提寺
  • 7 幕末の領地
  • 8 脚注
  • 9 参考文献
  • 10 関連項目

歴史

柳河(柳川)地域を中心とする下筑後(筑後南西)地方は、鎌倉時代から戦国時代末期まで蒲池氏の領地であり、次いで蒲池氏を滅ぼした龍造寺氏が一時期支配する。

豊臣時代立花宗茂柳川城主として13万2千石を領していたが、慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦いで西軍に与したため改易除封となった。

同年、三河国岡崎城田中吉政が、石田三成を捕らえた功により筑後一国32万5千石を与えられ、柳川城に入った。吉政は筑後川などの河川改修、新田開発の奨励、有明海沿岸に「慶長本土居」と呼ばれる32キロメートルにも及ぶ堤防の構築など、領内の整備を精力的に行った。元和6年(1620年)、2代忠政が病没すると、無嗣断絶により改易となった。

同年のうちに旧田中領は分割され、西軍荷担の罪を赦され陸奥国棚倉藩3万石を領していた立花宗茂が8万石弱の加増を受けて10万9千石で柳川城に返り咲いた。また久留米城有馬豊氏が21万石で入部し、久留米藩を立藩した。さらに翌元和7年(1621年)には、宗茂の甥にあたる立花種次三池郡に1万石で入り三池藩を立藩している。

渡辺村男の『旧柳川藩志』には、2代忠茂万治元年(1658年)家臣の禄を地方知行制から蔵米知行制に変更したとあるが、知行制の変遷についての具体的な推移は解明されていない。これにより藩士は、分限帳上においてその収入が地方知行制による石高で表わされる「給人」と呼ばれる知行取と、蔵米知行による禄高を切米の容量と与えられる扶持米により「〜石○○人扶持」と表わされる「無足」に大別され、家中の役負担や格付に差がでるようになる。

4代鑑任元禄10年(1697年)城の西方に藩主別邸「集景亭」を造営した。鑑任死後は会所となったが、元文3年(1738年)に柳川城二の丸にあった奥(江戸城大奥に相当)が同所に移転され、以降は御花畠と呼ばれるようになった。この建築物は旧藩主立花家が経営する料亭旅館「御花」として現存している。

8代鑑寿の時に下手渡藩に左遷転封となった一族の旧三池藩領1万4千石は西国筋郡代支配となっていたが、文化13年(1816年)にこれが柳河藩預かりに変更された。その後嘉永4年(1851年)に預かり地のうち5千石が下手渡藩領に復し、明治元年(1868年)に下手渡藩が藩庁を三池に移転したことで三池藩が再び立藩、これにより柳河藩の預かりは終了した。

最後の藩主である12代鑑寛安政年間(1854年 - 1859年)、家老の立花壱岐を登用し安政の改革を断行した。明治2年(1869年)戊辰戦争での軍功により明治政府より賞典禄5千石を与えられた。

明治4年(1871年)、廃藩置県により柳川県となったのち、三潴県を経て福岡県に編入された。

明治2年(1869年)、立花家華族に列し、明治17年(1884年)に伯爵となった。

歴代藩主

歴代藩主の〈 〉内の年号は藩主在任期間

田中家

外様 32万5千石 (1600年 - 1620年)

  1. 吉政(よしまさ)〔従四位下筑後守侍従〕〈慶長5年 - 慶長14年(1600年 - 1609年)〉
  2. 忠政(ただまさ)〔従四位下、筑後守・侍従〕〈慶長14年 - 元和6年(1609年 - 1620年)〉

立花家

なお、1902年(明治35年)まで立花鑑広と立花鑑備が別人であることが極秘とされていたために、それまでは鑑広改め鑑備が10代、鑑寛が11代ということになっていた。

外様 10万9千石 (1620年 - 1871年)

  1. 宗茂(むねしげ)〔従四位下、左近将監・侍従〕〈元和6年 - 寛永15年(1620年 - 1638年)〉
  2. 忠茂(ただしげ)〔従四位下、左近将監・侍従〕〈寛永15年 - 寛文4年(1638年 - 1664年)〉
  3. 鑑虎(あきとら)〔従四位下、左近将監・侍従〕〈寛文4年 - 元禄9年(1664年 - 1696年)〉
  4. 鑑任(あきたか)〔従四位下、飛騨守〕〈元禄9年 - 享保6年(1696年 - 1721年)〉
  5. 貞俶(さだよし)〔従四位下、飛騨守〕〈享保6年 - 延享元年(1721年 - 1744年)〉
  6. 貞則(さだのり)〔従四位下、飛騨守〕〈延享元年 - 延享3年(1744年 - 1746年)〉
  7. 鑑通(あきなお)〔従四位下、左近将監・侍従〕〈延享3年 - 寛政9年(1746年 - 1797年)〉
  8. 鑑寿(あきひさ)〔従四位下、左近将監・侍従〕〈寛政9年 - 文政3年(1797年 - 1820年)〉
  9. 鑑賢(あきかた)〔従四位下、左近将監〕〈文政3年 - 天保元年(1820年 - 1830年)〉
  10. 鑑広(あきひろ)〔夭折のため官位官職なし〕〈天保元年 - 天保4年(1830年 - 1833年)〉
  11. 鑑備(あきのぶ)〔従四位下、左近将監〕〈天保4年 - 弘化3年(1833年 - 1846年)〉
  12. 鑑寛(あきとも)〔従二位、左近将監・少将・侍従〕〈弘化3年 - 明治4年(1846年 - 1871年)〉

立花家時代の重臣家

柳河藩重臣の概要は以下のとおり

御両家

藩主家家門で江戸幕府徳川御三家に相当し、2家しかないが江戸幕府にならって「御三家」と表記する史料もある。当初は組迯であったが、江戸時代後期以降は家老家より上座扱いで分限帳や武鑑では柳河藩家臣団では最上位扱い。藩政に参与。

一門家

藩主家家門。江戸幕府の御三卿に相当し、幕府にならって「御三卿」と記載する史料もある。柳河藩から用達が出向する。両家に次ぐ家格で家老より上座。

家老家

家老を輩出する家は、立花四天王などから構成された6組ある大組を統括する大組頭を兼務する家と、家格が大組組迯(軍制上、大組に属さない家)である家に分かれる。なお、両家の内膳家も家老に就任するが、他の家老家よりも扱いが格上であった。

・家老家:谷川新左衛門鎮親家(現大牟田市)

大組組頭世襲家

大組の組頭を世襲する。大組は6組なので、6家有る。米多比立花家改易後に由布家が昇格し、6家体制は維持されている。

2010Happy Mail