このキーワード
友達に教える
URLをコピー

柳澤伯夫とは?

柳澤 伯夫
やなぎさわ はくお
2006年9月26日厚生労働大臣就任画像

【生年月日】
(1935-08-18) 1935年8月18日(84歳)
【出生地】
日本 静岡県袋井市
【出身校】
東京大学法学部第2類卒業
【前職】
大蔵官僚
内閣官房長官秘書官
衆議院議員
厚生労働大臣
【現職】
城西国際大学学長
日本茶業中央会会長
静岡県土地改良事業団体連合会会長
静岡県農業共済組合連合会会長
日本茶インストラクター協会理事長
【所属政党】
自由民主党(宏池会)
【称号】
旭日大綬章
法学士(東京大学・1961年)
【配偶者】
妻・柳澤紀子
【親族】
長女・柳澤田実
【公式サイト】
城西国際大学 - 学長あいさつ
第7代 厚生労働大臣

【内閣】
第1次安倍内閣
【在任期間】
2006年9月26日 - 2007年8月27日
金融担当大臣

【内閣】
第2次森改造内閣(中央省庁再編後)
第1次小泉内閣
【在任期間】
2001年1月6日 - 2002年9月30日
第7代 金融再生委員会委員長

【内閣】
第2次森改造内閣(中央省庁再編前)
【在任期間】
2000年12月5日 - 2001年1月6日
初代 金融再生委員会委員長

【内閣】
小渕内閣
小渕第1次改造内閣
【在任期間】
1998年12月15日 - 1999年10月5日
衆議院議員

【選挙区】
(旧静岡3区→)
静岡3区
【当選回数】
9回
【在任期間】
1980年6月23日 - 2009年7月21日
その他の職歴

国務大臣(金融再生担当)
(小渕内閣)
(1998年10月23日 - 1998年12月15日)
第31代 国土庁長官
(小渕内閣)
(1998年7月30日 - 1998年10月23日)

柳澤 伯夫(やなぎさわ はくお、1935年8月18日 - )は、日本大蔵官僚政治家勲等旭日大綬章。静岡県農業共済組合連合会会長理事特定非営利活動法人日本茶インストラクター協会理事長。報道等では柳沢 伯夫とも表記される。

衆議院議員(9期)、国土庁長官(第31代)、国務大臣(金融再生担当)、金融再生委員会委員長(・第7代)、金融担当大臣(初代)、自由民主党税制調査会会長厚生労働大臣(第7代)、明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科特別招聘教授、城西国際大学学長社団法人日本茶業中央会会長、静岡県土地改良事業団体連合会会長、全国土地改良事業団体連合会理事河村電器産業株式会社監査役(非常勤)などを現任・歴任。

来歴・人物

静岡県袋井市出身。静岡県立静岡高等学校に進学、新聞配達で学費・生活費を賄う。高校1年生の夏休みに母が死去、2学期から定時制に移り、昼も働く。2年次から地元に近い静岡県立掛川西高等学校に転校。当時は貧しさを題材にした石川啄木に励まされたという。進学した東京大学法学部ではマルクスらの社会主義に心酔した。しかし大学4年生の時、池田勇人内閣が掲げた所得倍増計画に関する講義を受ける。社会主義にしかできないと思っていた貧困の克服が、経済政策でも可能だと気付き感銘を受けた。

1961年、東京大学を卒業すると大蔵省(のち財務省)に入省。田中六助内閣官房長官秘書官を務めたことなどがきっかけで政界に転じた。自民党の宏池会に所属し、衆議院文教委員長、国土庁長官金融再生委員会委員長金融担当大臣厚生労働大臣を歴任。

学究活動としては、慶應義塾大学では講師として経済学部金融資産市場中小企業金融論を講じた。また、明治大学では大学院の特別招聘教授に就任し、グローバル・ビジネス研究科にて教鞭を執った。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙にて静岡3区から立候補したが、小山展弘に敗れ落選した。政界を引退し、2010年4月より、城西国際大学学長河村電器産業株式会社監査役(非常勤)に就任する。

2011年1月31日菅政権によって、社会保障と税の一体改革を議論する「集中検討会議」の有識者メンバーに選任されたことが発表された。

問題発言

「産む機械」発言報道

2007年1月27日、島根県松江市で開かれた自民党県議の集会で『これからの年金・福祉・医療の展望について』を議題に講演した際、少子化対策について、「機械って言っちゃ申し訳ないけど」「機械って言ってごめんなさいね」との言葉を挟みつつ、「15-50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と女性を機械に例えた発言として報じられた。柳澤は共同通信社の取材に対し、「人口統計学の話をしていて、イメージを分かりやすくするために子供を産み出す装置という言葉を使った」と説明し、発言自体は直後に取り消したと述べた。

野党は大臣の辞任を要求し、2月1日の衆院予算委員会を欠席した。柳澤は辞任せず、2007年8月の安倍改造内閣発足に伴い退任するまで厚生労働大臣を務めたが、 共同通信社の2007年2月に行った電話世論調査によると柳澤の発言は安倍政権に対する女性の支持率を低下させる一因となった。政府は2月13日の閣議で、辻元清美(社民党)の質問主意書に答える形で、柳沢発言について「女性の方々を傷付ける不適切なものであり、その発言が厚労相の真意、または政府の方針であるかのような誤解を国民に与えたと考える」との答弁書を決定した。

橋下徹は、この発言を「比喩としては問題あるかもしれない。しかし『女性が子供を産む機械』だということを彼は言おうとしたわけじゃない。産まない人、産めない人を批判している言葉じゃないのに、勝手に逆手にとり『産めない人は欠陥なのか!?』、とか日本には国語力がそんなにないのか!」とマスコミの報道と問題視する政治家・世論に疑問を呈した。眞鍋かをりは「全然気にならなかったのに、ここまで大きな問題になるのにビックリした。問題発言ではあるが、そんなこと本気で思っている人はいないし気にならない。というか相手にしなくっていいのでは?」と過剰反応だと述べた。西川史子は「私達は何とも思っていない。」と批判一色の報道に疑問を呈した。

公明党は批判していた菅直人民主党代表代行が同様の発言を選挙応援演説でしていたことを疑問視して、「鬼の首を取ったように取り上げ、政府・与党批判を繰り返しているが、菅氏にいったい批判する資格があるのか」と批判した。J-CASTニュースの取材に民主党は「党事務局としては、コメントすることはない」と返答し、菅直人代表代行は2007年2月8日午後に行われた記者会見で「『柳沢発言』の大きな問題性は、多くの国民の皆様には相当程度、私たちの行動には共感いただいたと思っている」と述べた一方で決まり文句となっていた可能性が指摘される過去の発言の有無を問う質問に菅氏は答えなかったことを伝えている。

その他

若年層への世論調査に関する発言
2月6日の記者会見で柳澤は、政府による調査の結果を引き合いに「若い人たちは、結婚したい、子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいる。若者の健全な希望にフィットした政策を出していくことが大事」と発言。健全という表現は不適切、古い道徳観からくる発言、などの批判が朝日新聞からされた。
産科医の減少に関する発言
2007年2月7日、枝野幸男(民主党)の国会質問で、「医師の数が減っているのは産婦人科と外科医だけだがなぜだと思うか」と問われた際に、「産科の医師は出生数あたりでは減っているわけではない」「出生数の減少で医療ニーズがはっきり低減していることの反映」と回答した。この発言は訴訟リスクや24時間体制の勤務などに触れていなかったことから、産科医の反発を招いたと朝日新聞に報道され、出生数の減少以上に産科医と出産可能施設は減少している事実を見落としているとの批判も同社にされた。
工場労働に関する発言
2007年2月15日に行われた参議院厚生労働委員会にて、ホワイトカラーエグゼンプション制度に関する答弁の中で、工場労働について「労働時間だけが売り物です、というようなところ」とする趣旨の発言を行った。民主党の川内博史は、2007年2月19日の衆議院予算委員会で「現場の努力が製造業の世界進出の原動力だ。時間だけが売り物ではない」と発言の撤回を要求し、共産党の市田忠義も「厚労相の国語力の問題ではなく、人間観が問われている。単なる失言ではない」と批判した。柳沢は、「全体を見てもらえば誤解が生じるとは思わないが、『だけ』という表現が、ある人々を傷つけるとの指摘なので、(議事録からの削除が)可能かどうかを相談したい」と述べ、発言の撤回と議事録からの削除を検討する考えを表明した。

エピソード

家族・親族

騒動

略歴

2007年7月11日アメリカ合衆国保健福祉省副長官代理のエリック・ハーガンらと会談する柳澤

所属していた団体・議員連盟

栄典

著書

脚注

  1. ^ 来歴ここまで讀賣新聞、2007年2月9日、15頁
  2. ^ 第7回アジアの未来
  3. ^ 「衆院選勝利――選挙区8人に当選証書――静岡」『衆院選勝利 選挙区8人に当選証書 静岡 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年9月2日
  4. ^ 柳沢伯夫氏:城西国際大学学長に 政界引退、4月から 毎日.jp・2010年3月9日
  5. ^ “女性は「産む機械、装置」 松江市で柳沢厚労相”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年1月27日). http://www.47news.jp/CN/200701/CN2007012701000324.html 2014年4月19日閲覧。
  6. ^ “「失礼なので取り消した」 柳沢厚労相”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年1月27日). http://www.47news.jp/CN/200701/CN2007012701000401.html 2015年4月7日閲覧。
  7. ^ “与党単独で衆院予算委 辞任求め野党欠席”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年2月1日). http://www.47news.jp/CN/200702/CN2007020101000302.html 2015年4月7日閲覧。
  8. ^ “女性の「安倍離れ」後押し 電話世論調査、厚労相発言が影響”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年2月4日). http://www.47news.jp/CN/200702/CN2007020401000458.html 2015年4月7日閲覧。
  9. ^ “「産む機械」発言は不適切 政府答弁書”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年2月13日). http://www.47news.jp/CN/200702/CN2007021301000355.html 2014年4月19日閲覧。
  10. ^ 「今の女性が子供を一生の間に沢山、あの、大体、この人口統計学ではですね、女性は15歳から50歳までが、まあ出産をしてくださる年齢なんですが、15歳から50歳の人の数を勘定すると、もう大体分かるわけですね。それ以外産まれようがない。急激に男が産むことはできないわけですから。特に今度我々が考えている2030年ということになりますと、その2030年に、例えば、まあ20歳になる人を考えるとですね、今いくつ(何歳)、もう7、8歳になっていなきゃいけないということなんです。産まれちゃってるんですよ、もう。30年(2030年)のときに20歳で頑張って産むぞってやってくれる人は。そういうことで、後はじゃあ、産む機械っちゃあなんだけど、装置がもう数が決まっちゃったと。機械の数・装置の数っちゃあなんだかもしれないけれども、そういう決まっちゃったということになると、後は1つの、ま、装置って言ってごめんなさいね。別に、この産む役目の人が一人頭(ひとりあたま)で頑張ってもらうしかないんですよね、皆さん」
  11. ^ みのもんたの朝ズバッ 2007年1月29日放送 TBS
  12. ^ “橋下徹弁護士 「柳沢擁護」に熱弁”. Livedoor ニュース. J-CASTニュース. (2007年2月5日). http://archive.is/5aEIw 2017年10月22日閲覧。
  13. ^ https://www.j-cast.com/2007/02/08005426.html?p=all
  14. ^ “「子どもは2人以上という健全な希望」 柳沢厚労相が発言”. 朝日新聞. (2007年2月6日)
  15. ^ “「子どもは2人、健全」また厚労相、疑問や反発”. 朝日新聞. (2007年2月6日)
  16. ^ “産科医減少「少子化の反映」 柳沢氏答弁に医師反発”. 朝日新聞. (2007年2月16日)
  17. ^ “柳沢厚労相:議事録からの削除求める考え 工場労働発言”. 毎日新聞. (2007年2月19日)
  18. ^ 「第23号――平成14年7月9日(火曜日)」『第154回国会 財務金融委員会 第23号(平成14年7月9日(火曜日))衆議院2002年7月9日
  19. ^ 『月刊官界』1988年12月

外部リンク


公職
先代:
川崎二郎 |  厚生労働大臣
2006年 - 2007年 | 次代:
舛添要一
先代:
創設 |  金融担当大臣
2001年 - 2002年 | 次代:
竹中平蔵
先代:
創設
相澤英之 |  金融再生委員会委員長
1998年 - 1999年
2000年 - 2001年 | 次代:
越智通雄
金融担当大臣へ移行
先代:
創設 |  国務大臣(金融再生担当)
1998年 | 次代:
金融再生委員会委員長へ移行
学職
先代:
工藤智規 | 城西国際大学学長
2010年 - | 次代:
現職
厚生労働大臣(2006年-2007年)
【再編前】
厚生大臣

労働大臣
出典:wikipedia
2020/05/29 10:39

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「柳澤伯夫」の意味を投稿しよう
「柳澤伯夫」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

柳澤伯夫スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「柳澤伯夫」のスレッドを作成する
柳澤伯夫の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail