このキーワード
友達に教える
URLをコピー

柴咲コウとは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2014年11月)
  • 雑多な内容を羅列した節があります。(2012年2月)
しばさき コウ
柴咲 コウ
【別名義】
RUI、KOHgalaxias!ギャラ子、MuseK
【生年月日】
(1981-08-05) 1981年8月5日(37歳)
【出生地】
日本東京都豊島区
【身長】
160 cm
【血液型】
B型
【職業】
女優歌手実業家
【ジャンル】
映画テレビドラマ
【活動期間】
1998年 -
【活動内容】
1998年:女優デビュー
2002年:歌手デビュー
2016年:レトロワグラース設立、CEO就任
【事務所】
スターダストプロモーション
【公式サイト】
柴咲コウ オフィシャルウェブサイト
【主な作品】


受賞
日本アカデミー賞

第25回 最優秀助演女優賞『GO』
ブルーリボン賞

第44回 新人賞『GO』
【その他の賞】

受賞歴参照


柴咲 コウ(しばさき コウ、1981年8月5日 - )は、日本女優歌手実業家(Les Trois Graces〈レトロワグラース〉代表取締役CEO)。日本国外向けの歌手活動名義はMuseK(ミュゼック)。本名非公開。東京都豊島区生まれ。スターダストプロモーション所属。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 女優
    • 1.2 歌手
  • 2 人物・エピソード
    • 2.1 交友関係
  • 3 受賞歴
    • 3.1 映画
    • 3.2 ドラマ
    • 3.3 その他
  • 4 出演
    • 4.1 映画
    • 4.2 テレビドラマ
    • 4.3 劇場アニメ
    • 4.4 ドキュメンタリー
    • 4.5 CM
  • 5 音楽
    • 5.1 シングル
    • 5.2 配信限定シングル
    • 5.3 オリジナルアルバム
    • 5.4 galaxias!名義の作品
    • 5.5 カバーアルバム
    • 5.6 ベストアルバム
    • 5.7 参加作品
    • 5.8 ミュージックビデオ
    • 5.9 主なライブ・ライブビデオ
    • 5.10 その他のライブ・ライブビデオ
    • 5.11 音楽番組
    • 5.12 その他
  • 6 ラジオ
  • 7 連載
  • 8 写真集
  • 9 タイアップ
  • 10 脚注
    • 10.1 注釈
    • 10.2 出典
  • 11 外部リンク
    • 11.1 公式
    • 11.2 その他

経歴

14歳の時に友達と池袋サンシャインシティを歩いているところスターダストプロモーションスカウトされる。当時は高校受験を控えており、なおかつ芸能界入りを父親に猛反対されたこともあってすぐには所属しなかった。高校入学後に所属し、16歳で芸能活動を始める。

現在の芸名は、かわかみじゅんこの漫画 『ゴールデン・デリシャス・アップル・シャーベット』(短編集『少女ケニヤ』収録)の登場人物、「柴崎 紅」に由来する。

女優

デビューは1998年7月4日に放送された番宣番組『倶楽部6』(TBS)。1999年放送の日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)の「ポンズ・ダブルホワイト」の「ファンデーションは使ってません」という台詞のCMで注目される。以後は映画『バトル・ロワイアル』や『GO』での演技が評価され、数々のテレビドラマや映画に出演した。特に『GO』での演技は高く評価され、日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞、キネマ旬報ベスト・テン 最優秀助演女優賞をはじめ、その年の映画賞を総なめにし、女優としての地位を確立した。

主な出演映画代表作は、『バトル・ロワイアル』(2000年)、『GO』(2001年)、『黄泉がえり』(2003年)、主演作の『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『メゾン・ド・ヒミコ』(2005年)、『日本沈没』『県庁の星』(2006年)など。

2007年には主演を務めた『どろろ』が公開。同年、コメディ作品である『舞妓Haaaan!!!』で阿部サダヲ堤真一と共に主演を務め、捨てられた恋人を追いかけて舞妓になるという風変わりなOLを演じた。翌2008年には主演作『少林少女』、福山雅治とダブル主演の『容疑者Xの献身』が公開。

2010年、人気小説を映画化した『食堂かたつむり』で主演を務めた。

2013年には、自身もファンと公言する名探偵コナンの劇場版『名探偵コナン 絶海の探偵』でゲスト声優を務めた。また同年には、全編英語の台詞に挑戦した『47RONIN』のヒロイン役でハリウッド映画デビュー。

2014年、劇団ひとりが初監督をして話題となった『青天の霹靂』に出演し、芸人である恋人をあたたかく見守るヒロインを好演した。

主な出演ドラマ代表作は『GOOD LUCK!!』(2003年)、『オレンジデイズ』(2004年)、『Dr.コトー診療所』(2003年・2004年・2006年)など。いずれも高視聴率を記録した。特に『GOOD LUCK!!』は最高視聴率37%を記録し、柴咲の影響で整備士を志願する女性が急増した。2007年に放映された『ガリレオ』も大ヒットし、映画化もされた。2010年、フジテレビ開局50周年記念作品のラストである三谷幸喜脚本の『わが家の歴史』で主演を務めた。

2013年には『ガリレオ』のスピンオフ作品である『ガリレオ XX(ダブルエックス) 内海薫 最後の事件 愚弄ぶ』で主演を務め、「内海刑事がもっと見たい」というガリレオファンからの要望に応える形となった。

2015年『○○妻』で女優歴17年目にして初めて単独での連続ドラマ主演を務めた。

2017年には、第56回NHK大河ドラマおんな城主 直虎』で主人公の井伊直虎を演じ、NHKドラマ初出演にして大河ドラマの主演を務めた。

歌手

歌手活動を始めるきっかけはニッポン放送グローバーのウラナイ!」での「柴咲コウ 夢の印税生活」というコーナーが元であり、デビュー曲の歌詞はリスナーから募集したものだった。

ユニバーサルミュージックから2002年にシングルTrust my feelings」でデビュー

2003年RUI(ルイ)の名義でリリースした映画『黄泉がえり』の主題歌月のしずく」が100万枚(ミリオン)を超える大ヒット曲となる。オリコンチャートでは最高位1位、年間チャートでも5位を記録した。

2004年には、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌「かたち あるもの」(最高位2位)が60万枚を超える大ヒットを記録し、年間チャートでもトップ10入りした。

ほとんどの曲は柴咲自身が作詞を担当しており、「」(最高位2位)や「invitation」など、本人による歌詞は原作の内容をよく理解して作られており、作詞に関する評価も得ている。

2008年、初のベストアルバム『Single Best』『The Back Best』を2枚同時リリース。オリコン初登場1位を獲得した。

2007年には福山雅治とのユニットKOH+として、福山と共演した『ガリレオ』の主題歌「KISSして」、2008年には同じく福山と共演した映画『容疑者Xの献身』の主題歌「最愛」をリリースした。2011年11月23日にはDECO*27TeddyLoidと共にgalaxias!としてミニアルバムを発売した。

2011年7月号の『音楽と人』で、「甘美な孤独 呟くが如く」という連載がスタートしている。彼女にとっては初の雑誌の連載である。

2014年8月5日 - VOCALOID技術を用い、柴咲コウの声をベースとした歌声合成ソフトウェア「ギャラ子NEO」がヤマハより発売される。

2014年8月27日発売のシングル『蒼い星』より、レコード会社をビクターエンタテインメントへ移籍した。

2015年6月17日、初のカバーアルバム『こううたう』を発売。

2018年、全世界向けに英語詞の楽曲「Blessing」を制作し、国外活動の際のアーティスト名としてMuseK(ミュゼック)を名乗ることを発表した。

人物・エピソード

交友関係

受賞歴

映画

ドラマ

その他

出演

映画

テレビドラマ

劇場アニメ

ドキュメンタリー

CM

2010Happy Mail