このキーワード
友達に教える
URLをコピー

柴田勲とは?


コーチ歴

  • 読売ジャイアンツ (1982 - 1985)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


柴田 勲 (しばた いさお、1944年2月8日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手(外野手投手)、野球解説者日本プロ野球名球会副理事長。高校時代は甲子園優勝投手として名を馳せ、読売ジャイアンツに入団後はリードオフマンとして巨人のV9に貢献した。通算579盗塁はNPB歴代3位でセ・リーグ記録。現在日本プロ野球名球会副理事長、巨人OB会会長。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入りまで
    • 1.2 現役時代
    • 1.3 引退後
  • 2 プレイスタイル
  • 3 人物
    • 3.1 赤い手袋
    • 3.2 多摩川ブルース
    • 3.3 交友関係
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別打撃成績
    • 4.2 年度別投手成績
    • 4.3 タイトル
    • 4.4 表彰
    • 4.5 記録
    • 4.6 背番号
  • 5 関連情報
    • 5.1 現在の出演番組
    • 5.2 過去の出演番組
    • 5.3 CM出演
  • 6 脚注
  • 7 関連書籍
  • 8 関連項目

経歴

プロ入りまで

法政大学第二高等学校のエースとして全国大会で活躍した。柴田を擁する法政二高は1960年全国高等学校野球大会優勝、つづく1961年選抜高等学校野球大会も優勝。怪童・尾崎行雄浪商とのライバル物語は有名で、3度対戦がある。法政二高の3連覇がかかった1961年の夏の甲子園で両者は準決勝で対戦し、延長11回2-4で浪商が3度目の対戦で勝った。そして浪商はその大会の優勝を飾った。甘いマスクもあって人気者であった。プロ入りした高校同期に是久幸彦、的場祐剛(大洋)がおり、1年後輩には後に日本人初のメジャーリーガーとなる村上雅則がいた。

現役時代

1961年10月19日に投手として読売ジャイアンツに入団。1年目の開幕から一軍に抜擢され、開幕第2戦に先発。阪神タイガース村山実と投げ合うが5回途中までに4点を失い降板、敗戦投手となる。5月3日にも広島カープを相手に先発するが、初回に1安打2四球を与え降板。3度目の先発となった8月5日中日ドラゴンズとの対戦でも長谷川繁雄に本塁打を浴びるなど打ち込まれ、6失点を喫し3回に降板、敗戦投手となる。同年は0勝2敗に終わり「投手失格」の烙印を押された。

このため強肩俊足を活かし外野手に転向するとともに、左打ちにも取り組み、日本初のスイッチヒッターとなる。翌1963年には5月末から中堅手、一番打者に定着、打率.258(18位)ながら高木守道に次ぐ43盗塁を記録する。1965年は4月末に故障欠場、2ヶ月を棒に振るが無事に復活した。1966年には初の盗塁王を獲得。同年の南海ホークスとの日本シリーズでは、全6試合で23打数13安打7打点2本塁打と活躍、シリーズ最優秀選手賞(MVP)、打撃賞を獲得する。1967年は打撃にも進化が見られ、打率.287(11位)、本塁打18本と好記録を残し、初のベストナインに選出された。

1968年には首脳陣の意向で、打線のアキレス腱であった5番打者への定着を図るため、長打力のある右打に特化する。この年のオールスターゲーム第2戦では鈴木啓示から3点本塁打を放つなど、3安打1盗塁の活躍でMVPを獲得した。しかし同年は自己最多の26本の本塁打を放つが、確実性を欠いたフルスイングから三振が急増、三振も自己最多となってしまい、転じて出塁と盗塁機会も減ったことから盗塁王のタイトルも古葉竹識に奪われた。1971年にはスイッチヒッターに戻し打率.282(4位)、翌1972年は自己最高の打率.293(6位)を記録するが、右打席専念は数年間の打撃低迷の一因となった。1976年阪急ブレーブスとの日本シリーズでは、第4戦の9回に山口高志から勝利を決める2点本塁打を放つ。日本一はならなかったが27打数11安打5打点2本塁打と気を吐き、シリーズ敢闘賞、打撃賞を受賞した。

赤い手袋をトレードマークに盗塁王6回(1978年、「34歳で開幕を迎えたシーズンの盗塁王獲得」は現在もセ・リーグ最年長記録である)。自己最高は1967年の70盗塁通算盗塁数579はセ・リーグ記録。また通算で194本塁打を放っている。1969年7月3日の対阪神戦では、当時、破竹の勢いを続けていた相手投手江夏豊への苦手意識を払拭する「刺激療法」として、川上監督は1試合のみ「3番・長嶋茂雄、4番・柴田、5番・王貞治」というクリーンナップで4番打者に抜擢し、見事に本塁打を放っている。王・長嶋の現役時代において、この二人がともに先発出場しながらそれを抑えて4番を務めたのは、柴田ただ一人である(王・長嶋が負傷などで欠場したため、代役で4番を務めた選手はいる)。

1980年にはロイ・ホワイトの入団、松本匡史の台頭もあって出場機会が減少するが、通算2000本安打を達成。巨人の生え抜き選手としては四人目。また引退までシーズン3割未達なのは柴田と田中幸雄のみ。名球会の会員で打撃の三冠タイトルを記録してない数少ない選手でもある。

2000本安打を達成した1980年限りでの引退を決意していたが、シーズン終了後に長嶋茂雄が監督を辞任して、新監督に就任した藤田元司から慰留され、翌1981年も現役を続行する。巨人はその年リーグ優勝と日本一を達成した。日本ハムファイターズとの日本シリーズでは第4戦から先発出場。10打数4安打1打点を記録し、これを花道として10月11日に現役引退。

引退後

引退後は1982年から1985年まで巨人守備走塁コーチ。三塁コーチスボックスに立つが、王貞治監督時の1984年~1985年はマスコミから「壊れた信号機」と酷評されることが多かった。巨人は1984年、1985年と連続で優勝を逃し、その責任を取る形で柴田は投手コーチの堀内恒夫ともに退団した。

その後一度フジテレビに復帰した後、ラジオ日本の解説者に就任。巨人OBという立場ながら阪神中心のデイリースポーツの評論家を務めていた(巨人OBのデイリースポーツ評論家は他にも関本四十四がいる)。2004年に死去した夫人は広川弘禅・元農林水産大臣の孫。

2008年12月7日、巨人OB会の新副会長に選出された(新会長は王貞治)。2009年12月には前任者である金田正一の退任に伴い、株式会社日本プロ野球名球会の代表取締役社長に就任した(株式会社としての法人は、2011年2月12日の株主総会で解散)。

2014年12月、巨人OB会の第9代会長に選出された。

プレイスタイル

NPBにおけるスイッチヒッターの草分け的存在であると言える。日本プロ野球での通算2000安打達成者の中では、2015年に松井稼頭央が達成するまでは唯一人のスイッチヒッターであった。しかし、194本塁打を記録したパンチ力をもちながらも、左打席での長打力の弱さは度々指摘されており(打席数は左の方が多いにもかかわらず通算の本塁打数は左右で大差がなかった)、左右打席本塁打は1度も記録できなかった。

人物

赤い手袋

柴田は現役時代、「赤い手袋」をはめてプレーしたことで有名である。

これを着用し始めたのは1967年からである。巨人はこの年の春季キャンプとして、ドジャースのベロビーチキャンプに参加。柴田は走塁練習中に手を擦り、バッティング練習が出来なくなった。柴田は隣のゴルフ場に手袋を買いに行ったが、柴田の手に合うものが女性用の赤い手袋しかなかったので、やむを得ずそれを買った。その後ナイトゲームに赤い手袋をつけてプレーし、安打と盗塁を記録した。ナイトゲーム下での緑の芝との赤い手袋が映えているようでカッコイイとチームメイトに言われ、日本でも赤い手袋をしたままバッティングするようになった。

多摩川ブルース

甲子園での2連続優勝という実績を引っ提げて巨人に入団し、投手としてプロでやっていこうと張り切っていた柴田だったが、開幕第2戦でいきなりノックアウトされ、またその後のピッチングも芳しくなく、柴田は早くも挫折感を味わうことになる。そしてついに投手失格の烙印を押され野手に転向し、二軍生活を味わうことになる。

柴田は「練鑑ブルース」の替え歌「多摩川ブルース」を作ったが、その詞が巨人の二軍選手が味わう悲哀をよく表現していると評され、巨人の二軍選手の間で長らく語り継がれていった。

交友関係

現役時代には歌手の伊東ゆかりとの交際が幾度となく噂されていた。そのため柴田が打席に入ると、相手チームの応援団が柴田を揶揄する意味で、伊東の代表曲である「小指の想い出」を演奏するシーンが頻繁に見られた。野村克也もささやき戦術で柴田に向けて歌ったという。

後に柴田が明らかにしたところによれば、本当に伊東と1970年頃に交際していた時期があり、一時は当時巨人のヘッドコーチだった牧野茂仲人として結婚する話まで進んでいたという。しかし当時トップアイドルだった伊東が結婚により収入を減らすことを恐れた伊東の両親が結婚に猛反対したためこの話は流れ、結局交際は自然消滅してしまった。 ちなみに二人は映画「ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗」で共演している。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1962 | 巨人 | 8 | 4 | 4 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | .250 | .250 | .250 | .500
1963 | 126 | 466 | 415 | 72 | 107 | 9 | 3 | 7 | 143 | 27 | 43 | 14 | 1 | 2 | 44 | 0 | 4 | 71 | 2 | .258 | .333 | .345 | .678
1964 | 134 | 566 | 495 | 86 | 125 | 20 | 6 | 15 | 202 | 40 | 50 | 11 | 2 | 0 | 68 | 0 | 1 | 77 | 4 | .253 | .344 | .408 | .752
1965 | 92 | 356 | 309 | 47 | 74 | 8 | 0 | 8 | 106 | 26 | 26 | 6 | 6 | 4 | 37 | 0 | 0 | 48 | 2 | .239 | .317 | .343 | .661
1966 | 114 | 481 | 406 | 72 | 102 | 14 | 3 | 7 | 143 | 25 | 46 | 13 | 5 | 1 | 65 | 0 | 4 | 66 | 4 | .251 | .359 | .352 | .711
1967 | 126 | 541 | 470 | 88 | 135 | 15 | 2 | 18 | 208 | 50 | 70 | 13 | 1 | 3 | 64 | 0 | 3 | 70 | 3 | .287 | .374 | .443 | .817
1968 | 130 | 523 | 473 | 79 | 122 | 28 | 6 | 26 | 240 | 86 | 37 | 10 | 5 | 5 | 40 | 1 | 0 | 106 | 7 | .258 | .313 | .507 | .820
1969 | 111 | 394 | 349 | 44 | 80 | 15 | 1 | 9 | 124 | 32 | 35 | 10 | 4 | 0 | 36 | 3 | 5 | 67 | 7 | .229 | .310 | .355 | .666
1970 | 128 | 387 | 355 | 34 | 91 | 11 | 2 | 9 | 133 | 40 | 22 | 16 | 8 | 0 | 23 | 0 | 1 | 60 | 6 | .256 | .303 | .375 | .678
1971 | 119 | 490 | 436 | 55 | 123 | 23 | 3 | 3 | 161 | 32 | 35 | 20 | 4 | 2 | 46 | 0 | 2 | 43 | 8 | .282 | .352 | .369 | .721
1972 | 128 | 538 | 454 | 88 | 133 | 12 | 8 | 6 | 179 | 28 | 45 | 19 | 6 | 2 | 73 | 1 | 3 | 48 | 4 | .293 | .393 | .394 | .787
1973 | 125 | 552 | 495 | 81 | 137 | 17 | 6 | 6 | 184 | 34 | 24 | 11 | 2 | 3 | 51 | 1 | 1 | 68 | 2 | .277 | .344 | .372 | .715
1974 | 128 | 500 | 448 | 67 | 123 | 14 | 2 | 12 | 177 | 50 | 13 | 9 | 5 | 2 | 44 | 0 | 1 | 64 | 9 | .275 | .339 | .395 | .734
1975 | 126 | 517 | 450 | 73 | 118 | 13 | 4 | 10 | 169 | 45 | 24 | 10 | 0 | 2 | 59 | 1 | 6 | 48 | 3 | .262 | .354 | .376 | .730
1976 | 121 | 454 | 395 | 69 | 112 | 24 | 1 | 10 | 168 | 36 | 20 | 6 | 3 | 3 | 47 | 3 | 6 | 45 | 1 | .284 | .366 | .425 | .791
1977 | 127 | 565 | 506 | 94 | 145 | 24 | 7 | 18 | 237 | 52 | 34 | 5 | 2 | 3 | 51 | 0 | 3 | 50 | 5 | .287 | .353 | .468 | .822
1978 | 125 | 542 | 459 | 90 | 134 | 32 | 6 | 13 | 217 | 50 | 34 | 8 | 1 | 2 | 76 | 1 | 4 | 59 | 5 | .292 | .396 | .473 | .868
1979 | 114 | 449 | 395 | 53 | 95 | 18 | 1 | 9 | 142 | 33 | 10 | 9 | 4 | 0 | 47 | 3 | 3 | 59 | 3 | .241 | .326 | .359 | .685
1980 | 86 | 247 | 213 | 28 | 53 | 7 | 1 | 7 | 83 | 18 | 10 | 2 | 0 | 1 | 32 | 1 | 1 | 27 | 2 | .249 | .348 | .390 | .738
1981 | 40 | 47 | 43 | 3 | 8 | 1 | 0 | 1 | 12 | 4 | 1 | 1 | 0 | 1 | 3 | 0 | 0 | 8 | 1 | .186 | .234 | .279 | .513
通算:20年 2208 | 8619 | 7570 | 1223 | 2018 | 305 | 62 | 194 | 3029 | 708 | 579 | 193 | 59 | 36 | 906 | 15 | 48 | 1087 | 78 | .267 | .347 | .400 | .747

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1962 | 巨人 | 6 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | -- | -- | .000 | 53 | 11.0 | 16 | 5 | 4 | 0 | 1 | 9 | 0 | 0 | 12 | 12 | 9.82 | 1.82
通算:1年 6 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | -- | -- | .000 | 53 | 11.0 | 16 | 5 | 4 | 0 | 1 | 9 | 0 | 0 | 12 | 12 | 9.82 | 1.82

タイトル

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

関連情報

現在の出演番組

過去の出演番組

CM出演

脚注

  1. ^ プロ野球 名選手列伝 驚きの記録を残したツワモノたち。著者・吉野秀。2008年6月15日。36頁。
  2. ^ 柴田勲、右打席専念指令で成績急降下
  3. ^ パ・リーグで1982年福本豊1993年大石大二郎2016年糸井嘉男が並んだ。
  4. ^ なお、柴田自身も四番として起用されていることにはアナウンスをされるまでは知らされておらず、入ることが多い一番と二番で自分の名前がなかったことで外されていたと思ったとのこと(その試合の一番は高田繁だった)。
  5. ^ なお、柴田は、すべての打順で先発出場を経験した(東京読売ジャイアンツ:デジタルG党)。
  6. ^ 巨人の星」でも柴田が4番打者に抜擢された試合が再現され、江夏からホームランを打った場面も再現されている。
  7. ^ 近藤唯之 『引退 そのドラマ』 新潮社(新潮文庫)、1986年、137頁。
  8. ^ 2011年(平成23年)3月7日『官報』号外第44号87ページ「解散公告」
  9. ^ [1]
  10. ^ NPBでは1975年5月17日にリッチー・シェーン(広島)が初めて記録。日本人選手では柴田の現役引退後の1982年5月15日に松永浩美(阪急)が初めて記録した。
  11. ^ 東京スポーツ・2010年9月8日付 4面「柴田勲 怪盗紳士の告白」
  12. ^ 【8月7日】1980年(昭55) スイッチヒッター初 ケンカで転向した柴田勲 2000安打達成 スポーツニッポン 2010年8月7日

関連書籍

関連項目

業績
名球会 歴代会員
投手 | 

打者 | 
  • 山内一弘
  • 榎本喜八
  • 野村克也
  • 長嶋茂雄
  • 広瀬叔功
  • 張本勲
  • 王貞治
  • 江藤慎一
  • 土井正博
  • 高木守道
  • 松原誠
  • 柴田勲
  • 大杉勝男
  • 藤田平
  • 衣笠祥雄
  • 福本豊
  • 山崎裕之
  • 山本浩二
  • 有藤通世
  • 若松勉
  • 谷沢健一
  • 加藤秀司
  • 門田博光
  • 大島康徳
  • 新井宏昌
  • 秋山幸二
  • 駒田徳広
  • 立浪和義
  • 鈴木一朗(イチロー)
  • 清原和博
  • 古田敦也
  • 野村謙二郎
  • 石井琢朗
  • 松井秀喜
  • 田中幸雄
  • 前田智徳
  • 金本知憲
  • 松井稼頭央
  • 小笠原道大
  • 稲葉篤紀
  • 宮本慎也
  • 小久保裕紀
  • アレックス・ラミレス
  • 中村紀洋
  • 谷繁元信
  • 井口資仁
  • 和田一浩
  • 新井貴浩
  • 福留孝介
  • 荒木雅博
  • 青木宣親
  • 阿部慎之助
  • 鳥谷敬
  • 内川聖一
  • 福浦和也


  • 日本シリーズMVP
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 近藤昭仁
  • 1961 宮本敏雄
  • 1962 土橋正幸, 種茂雅之
  • 1963 長嶋茂雄
  • 1964 J.スタンカ
  • 1965 長嶋茂雄
  • 1966 柴田勲
  • 1967 森昌彦
  • 1968 高田繁
  • 1969 長嶋茂雄

  • 1970年代 | 
  • 1970 長嶋茂雄
  • 1971 末次民夫
  • 1972 堀内恒夫
  • 1973 堀内恒夫
  • 1974 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/10/15 21:15

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「柴田勲」の意味を投稿しよう
    「柴田勲」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    柴田勲スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「柴田勲」のスレッドを作成する
    柴田勲の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail