このキーワード
友達に教える
URLをコピー

柴田阿弥とは?

柴田 阿弥【プロフィール】

【愛称】
あやちゃん
【出身地】
日本 愛知県
【生年月日】
(1993-04-01) 1993年4月1日(26歳)
【血液型】
B型
【最終学歴】
金城学院大学生活環境学部生活マネジメント学科
【所属事務所】
セント・フォース
【職歴】
アイドルSKE48メンバー
(2010年 - 2016年)
【活動期間】
2010年10月6日 -
【ジャンル】
歌手、アナウンサー
【配偶者】
未婚
【公式サイト】
セント・フォース
【出演番組・活動】

【出演中】
AbemaPrime
ウイニング競馬
けやきヒル'sNEWS
【出演経歴】
柴田阿弥の金曜The NIGHT
イマドキッ
『ザ・ヒットスタジオ(火)』
『マスターズへ連れて行って』
クリス松村のザ・ヒットスタジオ

柴田 阿弥(しばた あや、1993年4月1日 - )は、日本キャスタータレントである。女性アイドルグループ・SKE48の元メンバー。身長154cm。愛称は、あやちゃん。愛知県出身。セント・フォース所属。

目次

  • 1 略歴
    • 1.1 SKE48として
    • 1.2 アナウンサーとして
  • 2 人物
    • 2.1 SKE48時代
    • 2.2 セントフォース時代
  • 3 SKE48での参加楽曲
    • 3.1 シングル選抜楽曲
    • 3.2 アルバム選抜楽曲
    • 3.3 その他の参加楽曲
    • 3.4 劇場公演ユニット曲
  • 4 出演
    • 4.1 情報番組
    • 4.2 テレビドラマ
    • 4.3 ラジオ
    • 4.4 ネット配信
    • 4.5 ゲーム
    • 4.6 吹き替え
    • 4.7 その他
  • 5 書籍
    • 5.1 写真集
  • 6 脚注
    • 6.1 注釈
    • 6.2 出典
  • 7 外部リンク

略歴

SKE48として

2010年9月30日、『SKE48第4期生オーディション』に合格し(応募総数5888名、最終合格者16名)、10月6日にZepp Nagoyaで開催されたコンサート『SKE48 汗の量はハンパじゃない』で他の4期生とともにお披露目された。12月6日、研究生から新設されたチームEに昇格。

オーディション合格当初、柴田が通っていた高校からSKE48としての活動を自粛するよう運営に指導があり、このままでは高校を卒業することができないという事態にまで発展したことにより、高校の卒業までは学業に専念するため、2011年2月1日よりSKE48の活動を休止した。3月1日に高校を卒業し、改めてSKE48の活動を再開した。

2011年4月、金城学院大学生活環境学部生活マネジメント学科に入学。

2013年4月13日、日本ガイシホールで開催された『SKE48春コン2013「変わらないこと。ずっと仲間なこと」』で「組閣」と称したチーム再編により、チームKIIへの異動が発表された。5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では17位で、アンダーガールズに選出された。この総選挙で圏外から17位まで大幅に順位を上げたことを受け、「ジャンプアップ賞」を受賞し、ドラマ『WONDA×AKB48 ショートストーリー「フォーチュンクッキー」』への出演が決まった。7月17日、新チーム体制に再編。11月20日発売のSKE48 13thシングル「賛成カワイイ!」で初めて選抜メンバーに選出された。

2014年1月、SKE48とGALAXYによる新ユニットGALAXY of DREAMSが結成され、メンバーに選出された。2月24日に開催された『AKB48グループ大組閣祭り』において、チームEへの異動が発表された。5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では15位で、「心のプラカード」で初めてAKB48のシングル選抜入りをする。テレビ出演時のカメラ目線がネットで話題となり、9月14日放送の『有吉反省会』(日本テレビ)に出演した。

2015年5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では15位で、シングル選抜入りをする。10月5日、劇場デビュー7周年記念特別公演において、SKE48内のユニット「トランジットガールズ」のメンバーに選ばれた。

2016年3月、舞台『AKB49〜恋愛禁止条例〜』で、主役の浦川みのり・浦山実役に抜擢されたが、大学の留年のため学業優先にスケジュールを見直しした結果、舞台出演を辞退となり、5月から6月にかけて実施される『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』には立候補しないことを表明し、6月24日にニコニコ生放送の番組『SKE48柴田阿弥 卒の行〜CALL&RESPONSE〜』で、タレントになるため8月末でSKE48を卒業することを発表した。SKE48の20thシングル「金の愛、銀の愛」の選抜は支配人と話し合って辞退したことを表明した。8月26日にはSKE48卒業コンサートとして『柴田阿弥卒業感謝祭〜でも阿弥ちゃんからは卒業しません!〜』を開催した。8月31日、SKE48劇場において卒業公演を実施し、SKE48としての活動を終了。

アナウンサーとして

2016年9月9日、9月よりセント・フォースに所属したことが明かされ、フリーアナウンサーとして活動すると発表された。2016年9月28日放送開始の『ザ・ヒットスタジオ(火)』(毎日放送)で初めてラジオのメインパーソナリティを務める。

2017年1月5日より、テレビ東京系『ウイニング競馬』の司会を務める。同年、大学を卒業。5月15日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」24号で表紙を担当。キャスター転向以降初の水着グラビアを披露した。

週4日3番組でMC、キャスターとして出演することからAbemaTVの顔とも呼称される。

人物

好きな食べ物はトマトパイナップル。趣味は読書、ドラマ鑑賞。特技は書道。温泉ソムリエ秘書技能検定試験2級の資格を取得している。

上記の他の趣味として「アイドル研究」を挙げている。SKE48 チームE「逆上がり」公演当時に手本としていたのは高橋愛で、モーニング娘。のいわゆる「プラチナ期」のDVDを見ていた。また、渡辺美優紀(当時NMB48)の「わるきー」をかわいい曲のパフォーマンスの参考にしていた。

弟は法政大学野球部出身で、東邦ガス硬式野球部所属の柴田圭輝。神宮球場まで弟の試合の応援に訪れることもあった。

SKE48在籍当時の将来の夢はマルチタレントリポーターだった。

SKE48時代

SKE48時代のキャッチフレーズは「チャームポイントは大きな瞳。みなさんを目からビームでドキドキさせちゃいます♪」。

センターを務めた楽曲には「あうんのキス」(SKE48・白組)、「冬のかもめ」(同)、「愛の意味を考えてみた」(AKB48 アンダーガールズ)、「歌いたい」(AKB48・かとれあ組)、「だって 雨じゃない?」(トランジットガールズ)、「サヨナラが美しくて」がある。なかでも「あうんのキス」は、初めてセンターを務めたこともあり、柴田にとっての「代表曲」とされることがある。

メンバーへの強いライバル意識から、「ぼっちキャラ」と言われていたが、時が経てば大場美奈や後輩の二村春香と仲が良くなっており、変化が出ている。

須田亜香里惣田紗莉渚とともに、苗字が須田→Su・惣田→Sou・柴田→Shibaと変換できることと、総選挙での実績や、握手会に定評があるという共通点から、ファンの間では「S田三姉妹」と呼ばれている。

セントフォース時代

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年8月)

セントフォース加入時より目標とする先輩は川田裕美神田愛花である旨を、何度も公言している。2018年初頭時点の担当マネージャーは川田と同じく杉本で、「(川田が売れっ子であるため)フォローが薄め」と自虐ブラックジョークを飛ばすこともある。

2018年から本格的にジムに通い始めたが、そのトレーニングメニューとしてなぜかキックの練習メニューを組まれているとのこと。親心を発症したトレーナーによる夜道が危ないからとの配慮らしいが、本人は納得していない。同年7月10日放送の『志村の夜』では、ダチョウ倶楽部上島竜兵にキックを披露した。

SKE48での参加楽曲

シングル選抜楽曲

SKE48名義

AKB48名義

アルバム選抜楽曲

SKE48名義

AKB48名義

その他の参加楽曲

劇場公演ユニット曲

チームE 1st Stage「パジャマドライブ」

チームE 2nd Stage「逆上がり」

チームKII 4th Stage「シアターの女神」

チームE 4th Stage「手をつなぎながら」

出演

SKE48のコンサート、およびグループとしての出演(CM・イベント含む)については「SKE48#出演」を参照

情報番組

テレビドラマ

ラジオ

ネット配信

ゲーム

吹き替え

その他

書籍

写真集

  1. あやちゃん(2017年10月23日、小学館、撮影:佐藤佑一)ISBN 978-4096822593

脚注

注釈

  1. ^ 松本梨奈とのダブルセンター。
  2. ^ 須田亜香里とのダブルセンター。
  3. ^ 柴田の卒業ソング。
  4. ^ 名古屋放送局制作、中部7県のみの放送。

出典

  1. ^ 柴田阿弥のプロフィール”. セント・フォース. 2016年9月9日閲覧。
  2. ^ SKE48|プロフィール|柴田阿弥”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE. 2016年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月31日閲覧。
  3. ^ “元SKE・柴田阿弥、第2章はフリーアナ!「サプライズ届けたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年9月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160909/geo16090905050006-n1.html 2016年9月9日閲覧。
  4. ^ SKE48を卒業するメンバー9人の軌跡を紹介!! - SKE48 Mobileサイトにて同期生原望奈美の合格日記載、2013年4月13日付
  5. ^ “SKE48の第4期生16名が初お披露目……新メンバーはこんな娘たち!”. RBB TODAY (イード). (2010年10月6日). http://natalie.mu/music/news/41654 2016年9月9日閲覧。
  6. ^ “SKE48チームE誕生!チームKIIは新体制で3rd公演突入”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年12月6日). http://natalie.mu/music/news/41654 2016年9月9日閲覧。
  7. ^ 湯浅洋 (2011年2月1日). “ご報告”. SKE48運営事務局ブログ. 2016年9月9日閲覧。
  8. ^ “元SKE・柴田阿弥、第2章はフリーアナ!「サプライズ届けたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 3. (2016年9月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160909/geo16090905050006-n3.html 2016年9月9日閲覧。
  9. ^ 柴田阿弥 (2016年3月16日). “柴田阿弥より皆様へ”. SKE48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2016年9月9日閲覧。
  10. ^ SKE48 組閣発表”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE. AKS (2013年4月13日). 2013年4月13日閲覧。
  11. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  12. ^ “大島優子「ごくごく普通の女性」を熱演 WONDA×AKB48ドラマいよいよ明日放送!”. シネマカフェ (イード). (2013年7月6日). http://www.cinemacafe.net/article/2013/07/06/17940.html 2016年7月13日閲覧。
  13. ^ “SKE柴田、初選抜に涙「一生忘れない」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年10月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20131027-1209770.html 2016年9月9日閲覧。
  14. ^ GALAXY of DREAMS結成のお知らせ - SKE48オフィシャルサイト(2014年1月24日)
  15. ^ AKB48グループ大組閣祭り 組閣後 SKE48 - AKB48公式サイト
  16. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  17. ^ “『有吉反省会』SKE48柴田阿弥がカメラ目線を反省、禊は「24時間日テレでカメラ目線」さくらまやギャルサー1日加入”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2014年9月14日). オリジナルの2016年9月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160915041037/http://dogatch.jp/news/ntv/28112 2016年9月9日閲覧。
  18. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2015年6月6日)
  19. ^ “SKE48、7周年で初のユニットデビュー 来年には2ndアルバムも”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年10月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2060310/full/ 2015年10月6日閲覧。
  20. ^ “「AKB49〜恋愛禁止条例〜」SKE48単独で再演、主演は須田亜香里と柴田阿弥”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年3月7日). http://natalie.mu/stage/news/178629 2016年3月8日閲覧。
  21. ^ “ミュージカル「AKB49〜恋愛禁止条例〜」SKE48単独公演出演者変更のお知らせ”. SKE48オフィシャルサイト. (2016年3月16日). http://www.ske48.co.jp/news/?id=1458129802 2016年3月17日閲覧。
  22. ^ 2016年3月26日のツイート
  23. ^ SKE柴田阿弥が卒業発表「タレント目指し野心むき出しで頑張る」 東スポWeb 2016年6月24日
  24. ^ “SKE48柴田阿弥が卒業を発表、ニコ生で恩人へ生電話”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年6月24日). オリジナルの2016年7月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160708061347/http://news.dwango.jp/2016/06/24/94692/idol/ 2016年7月13日閲覧。
  25. ^ “SKE斉藤真木子、8年目で初選抜「念願の場所」 6期・竹内彩姫&日高優月も”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年7月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2074836/full/ 2016年7月13日閲覧。
  26. ^ “SKE48柴田阿弥、万感のラストステージ「私からは卒業しないでください」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年8月27日). http://natalie.mu/music/news/199675 2016年8月27日閲覧。
  27. ^ 柴田阿弥 卒業記念ページ”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE. AKS. 2016年8月27日閲覧。
  28. ^ “柴田阿弥 最高の笑顔でSKE48卒業「これからもよろしく!」”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年8月31日). オリジナルの2016年9月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160902163712/http://news.dwango.jp/2016/08/31/102819/idol/ 2016年8月31日閲覧。
  29. ^ “元SKE柴田阿弥「9月からセントフォースさんに所属しております。貪欲にいきます!」”. J-CASTテレビウォッチ (ジェイ・キャスト). (2016年9月9日). http://www.j-cast.com/tv/2016/09/09277628.html 2016年9月9日閲覧。
  30. ^ “元SKE・柴田阿弥 ラジオで初メイン番組「今までにない責任感とプレッシャー」”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2016年9月21日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/21/0009511021.shtml 2016年9月23日閲覧。
  31. ^ “元SKE柴田阿弥 卒業後初のラジオレギュラー、27日スタート”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年9月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/21/kiji/K20160921013397750.html 2016年9月21日閲覧。
  32. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/08/19 04:43

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「柴田阿弥」の意味を投稿しよう
「柴田阿弥」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

柴田阿弥スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「柴田阿弥」のスレッドを作成する
柴田阿弥の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail