このキーワード
友達に教える
URLをコピー

栗野慎一郎とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年9月)
栗野慎一郎
栗野慎一郎
ハーバード大学在学中の栗野慎一郎(右)(親友の金子堅太郎(中央)、團琢磨(左)と)

栗野 慎一郎(くりの しんいちろう、嘉永4年11月7日(1851年11月29日) - 昭和12年(1937年)11月15日)は、明治大正期の日本外交官。初代駐フランス特命全権大使

目次

  • 1 来歴・人物
  • 2 栄典
  • 3 エピソード
  • 4 演じた俳優
  • 5 脚注

来歴・人物

福岡藩槍術師範・栗野小右衛門の長男として、現在の福岡市中央区に生まれる。幼名は昇。藩校修猷館に学んだ後、西新瀧田紫城の塾「折中堂」に入門し漢学、国学、蘭学を学ぶ。

慶応元年(1865年)、福岡藩第11代藩主黒田長溥の命により藩費留学生に選ばれ、英語修得のため長崎の何礼之の英語塾に入塾し、同年入塾した陸奥宗光高峰譲吉山口尚芳芳川顕正らと共に学んでいる。しかし、慶応3年(1867年)、ここで同藩士が起した英国水兵殺害事件に巻き込まれ、京都六角の獄に拘留される。明治2年(1869年)に釈放されるが、このことがもとで明治4年(1871年)に同郷の金子堅太郎團琢磨が渡米した岩倉使節団随行の米国留学からは外された。

しかし、その後も東京で平賀義質のもとで英語修行に励み、明治8年(1875年)に再び藩費留学生に選ばれ米国に留学し、ハーバード大学に入学して法律を専攻する。ハーバード大学では、金子堅太郎や小村壽太郎と親交を結び、同じボストンにあるマサチューセッツ工科大学に学んでいた團琢磨とも親交を深めた。明治14年(1881年)、ハーバード大学を卒業して帰国し、同年12月に外務省に入省する。

外務省では、井上馨外務大臣の下で、明治15年(1882年)8月に権少書記官、明治18年(1885年)3月に条約改正掛、明治19年(1886年)3月に翻訳局次長などを務め、不平等条約の改正会議に備えたが、改正条約草案を巡って青木周蔵外務次官と衝突して外務省を退官。同年4月、榎本武揚逓信大臣の要望により逓信大臣秘書官に転任する。その後、逓信省で参事官や外信局長を歴任し、東京郵便電信学校を設立して初代校長に就任、郵便法や万国郵便電信規則を制定、明治23年(1890年)3月には、パリでの万国電信会議の日本代表を務めた。

明治24年(1891年)5月、榎本武揚が外務大臣に就任し、条約改正に意欲を燃やす榎本は、同年8月、栗野を新設された外務省政務局の初代局長に任命した。明治25年(1892年)9月まで取調局長も兼務している。明治27年(1894年)、陸奥宗光が外務大臣となると、同年7月、陸奥に駐米公使兼駐メキシコ公使に任命され渡米し、米国との条約改正交渉に務め、同年11月にはグレシャム国務長官との間で、日米改正新通商条約の調印を成し遂げる。その後、明治29年(1896年)4月、駐イタリア公使兼駐スペイン公使となり、明治30年(1897年)1月にスペインとの条約改正を成し遂げる。

明治30年(1897年)5月、駐フランス公使となり、駐在武官である同郷の明石元二郎と出会う。明治33年(1900年)には、パリ万国博覧会において、同郷の川上音二郎の公演を支援し大成功を収めている。明治34年(1901年)10月、桂太郎首相に説かれて駐ロシア公使となり、日露戦争開戦直前まで外交交渉に尽力した。このときの駐在武官も明石元二郎であった。明治37年(1904年)2月6日、小村壽太郎外務大臣の命によりロシア政府に宣戦布告文を提出し、ここに日露戦争が開戦した。なお、この宣戦布告文を起草したのは、修猷館の後輩である山座円次郎である。

その後、フランス公使館が大使館に昇格した明治39年(1906年)1月に、初代駐フランス特命全権大使に任命される。明治40年(1907年)6月、日仏協約を締結し、同年、積年の功が認められ男爵位を授けられた。明治44年(1911年)8月、日仏通商航海条約の調印を果たし、ここに全ての列強との関税自主権が回復したことにより不平等条約の改正が完了する。

明治45年(1912年)に帰国し、同年3月に子爵位を授けられ、大正2年(1913年)11月に退官。昭和7年(1932年)1月には枢密顧問官に就任している。

栄典

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

エピソード

演じた俳優

脚注

  1. ^ The Japan Year Book1906, p86
  2. ^ 『官報』第379号「賞勲叙任」1884年10月1日。
  3. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  4. ^ 『官報』第5249号「叙任及辞令」1900年12月28日。
  5. ^ 『官報』第7175号「叙任及辞令」1907年6月1日。
  6. ^ 『官報』第329号「叙任及辞令」1928年2月4日。
  7. ^ 『官報』第1935号「叙任及辞令」1889年12月9日。
  8. ^ 『官報』第3152号「叙任及辞令」1893年12月29日。
  9. ^ 『官報』第3553号「叙任及辞令」1895年5月7日。
  10. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  11. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  12. ^ 『官報』第7266号「授爵・叙任及辞令」1907年9月16日。
  13. ^ 『官報』第8622号「叙任及辞令」1912年3月19日。
  14. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  15. ^ 『官報』第3264号「叙任及辞令」1937年11月17日。
  16. ^ 『官報』第2511号「辞令」1891年11月11日。
  17. ^ 『官報』第2767号「叙任及辞令」1892年9月15日。
  18. ^ 『官報』第3207号「叙任及辞令」1894年3月12日。
  19. ^ 『官報』第3338号「叙任及辞令」1894年8月14日。
  20. ^ 『官報』第4283号「叙任及辞令」1897年10月9日。
  21. ^ 『官報』第4324号「叙任及辞令」1897年11月29日。
  22. ^ 『官報』第5888号「叙任及辞令」1903年2月21日。
  23. ^ 『官報』第7839号「叙任及辞令」1909年8月11日。


日本の爵位
先代:
陞爵 | 子爵
栗野(慎一郎)家初代
1912年 - 1937年 | 次代:
栗野斎次郎
先代:
叙爵 | 男爵
栗野(慎一郎)家初代
1907年 - 1912年 | 次代:
陞爵
在フランス日本全権大使 (1906年-1912年)
全権公使 | 

全権大使 | 
  • 栗野慎一郎1906-1912
  • 石井菊次郎1912-1915
  • 松井慶四郎1915-1920
  • 石井菊次郎1920-1927
  • 安達峰一郎1927-1929
  • 芳澤謙吉1930-1932
  • 長岡春一1932-1933
  • 佐藤尚武1933-1935
  • 杉村陽太郎1937-1938
  • 沢田廉三1939-1940
  • 加藤外松1941-1942
  • 三谷隆信1942-1946
  • 閉鎖
  • 西村熊雄1952-1956
  • 古垣鉄郎1957-1961
  • 萩原徹1961-1967
  • 松井明1967-1970
  • 中山賀博1970-1975
  • 北原秀雄1975-1979
  • 井川克一1979-1982
  • 内田宏1982-1984
  • 本野盛幸1984-1989
  • 木内昭胤1989-1992
  • 矢田部厚彦1992-1994
  • 松浦晃一郎1994-1999
  • 小倉和夫1999-2002
  • 平林博2002-2006
  • 飯村豊2006-2009
  • 齋藤泰雄2009-2011
  • 小松一郎2011-2013
  • 鈴木庸一2013-2016
  • 木寺昌人2016-


  • 在ロシア日本全権公使 (1901年-1904年)
    在ロシア帝国全権公使 | 

    在ロシア帝国全権大使 | 
  • 本野一郎 1908-1916
  • 内田康哉 1916-1918
  • N/A

  • 在ソビエト連邦全権大使 | 
  • 田中都吉 1925-1930
  • 広田弘毅 1930-1932
  • 太田為吉 1932-1936
  • 重光葵 1936-1938
  • 東郷茂徳 1938-1940
  • 建川美次 1940-1942
  • 佐藤尚武 1942-1946
  • N/A
  • 門脇季光 1957-1961
  • 山田久就 1961-1963
  • 下田武三 1963-1965
  • 中川融 1965-1970
  • 新関欽哉 1971-1973
  • 重光晶 1974-1978
  • 魚本藤吉郎 1978-1982
  • 高島益郎 1982-1984
  • 鹿取泰衛 1984-1987
  • 武藤利昭 1987-1990
  • 枝村純郎 1990-1991

  • 在ロシア連邦全権大使 | 
  • 枝村純郎 1991-1994
  • 渡辺幸治 1994-1996
  • 都甲岳洋 1996-1999
  • 丹波實 1999-2002
  • 野村一成 2002-2006
  • 齋藤泰雄 2006-2009
  • 河野雅治 2009-2011
  • 原田親仁 2011-2015
  • 上月豊久 2015-


  • 在スウェーデン日本全権公使(1901年-1904年)
    全権公使 | 

    全権大使 | 
  • 島重信:1957年-1959年
  • 松井明:1959年-1962年
  • 鶴岡千仭:1962年-1966年
  • 高橋通敏:1966年-1968年
  • 三宅喜二郎:1968年-1971年
  • 日向精蔵:1971年-1973年
  • 上田常光:1973年-1975年
  • 都倉栄二:1975年-1978年
  • 滝川正久:1978年-1981年
  • 大和田渉:1981年-1983年
  • 越智啓介:1983年-1986年
  • 野村豊:1987年-1989年
  • 村角泰:1989年-1991年
  • 熊谷直博:1991年-1994年
  • 股野景親:1994年-1997年
  • 藤井威:1997年-2000年
  • 内田富夫:2000年-2004年
  • 大塚清一郎:2004年-2007年
  • 中島明:2007年-2010年
  • 渡辺芳樹:2010年-2013年
  • 森元誠二:2013年-2015年
  • 山崎純:2015年-2018年
  • 廣木重之:2018年-


  • 在フランス日本全権公使 (1897年-1901年)
    全権公使 | 

    全権大使 | 
  • 栗野慎一郎1906-1912
  • 石井菊次郎1912-1915
  • 松井慶四郎1915-1920
  • 石井菊次郎1920-1927
  • 安達峰一郎1927-1929
  • 芳澤謙吉1930-1932
  • 長岡春一1932-1933
  • 佐藤尚武1933-1935
  • 杉村陽太郎1937-1938
  • 沢田廉三1939-1940
  • 加藤外松1941-1942
  • 三谷隆信1942-1946
  • 閉鎖
  • 西村熊雄1952-1956
  • 古垣鉄郎1957-1961
  • 萩原徹1961-1967
  • 松井明1967-1970
  • 中山賀博1970-1975
  • 北原秀雄1975-1979
  • 井川克一1979-1982
  • 内田宏1982-1984
  • 本野盛幸1984-1989
  • 木内昭胤1989-1992
  • 矢田部厚彦1992-1994
  • 松浦晃一郎1994-1999
  • 小倉和夫1999-2002
  • 平林博2002-2006
  • 飯村豊2006-2009
  • 齋藤泰雄2009-2011
  • 小松一郎2011-2013
  • 鈴木庸一2013-2016
  • 木寺昌人2016-


  • 在スペイン日本全権公使 (1897年-1901年)
    公使 | 

    大使 | 
  • 渋沢信一:1952年-1956年
  • 与謝野秀:1956年-1961年
  • 島津久大:1961年-1963年
  • 関守三郎:1963年-1967年
  • 高野藤吉:1967年-1969年
  • 高橋覚:1969年-1973年
  • 佐藤正二:1973年-1975年
  • 加川隆明:1976年-1978年
  • 横田弘:1978年-1981年
  • 林屋永吉:1981年-1984年
  • 枝村純郎:1984年-1987年
  • 石井亨:1987年-1991年
  • 山口達男:1991年-1995年
  • 坂本重太郎:1995年-1998年
  • 荒船清彦:1998年-2001年
  • 田中克之:2001年-2004年
  • 島内憲:2004年-2006年
  • 吉川元偉:2006年-2009年
  • 高橋文明:2009年-2011年
  • 佐藤悟:2011年-2014年
  • 越川和彦:2014年-2016年
  • 水上正史:2016年-


  • 在ポルトガル日本全権公使 (1897年-1901年)
    公使 | 

    大使 | 
  • 大使館昇格1959
  • 磯野勇三1959-1961
  • 吉田賢吉1961-1965
  • 勝野康助1966-1968
  • 服部五郎1968-1971
  • 和田周作1971-1974
  • 大口信夫1975-1977
  • 谷盛規1977-1981
  • 田村豊1981-1983
  • 岡田富美也1983-1987
  • 村上和夫1987-1991
  • 平岡千之1991-1993
  • 市岡克博1993-1995
  • 國安正昭1995-1998
  • 西村元彦1998-2000
  • 笹口健2000-2002
  • 浜中秀一郎2002-2005
  • 原聰2005-2008
  • 三輪昭2008-2010
  • 四宮信隆2010-2013
  • 東博史2013-2017
  • 新美潤2017-


  • 在イタリア日本全権公使 (1896年-1897年)
    全権公使 | 

    全権大使 | 
  • 高平小五郎:1907年-1908年
  • 林権助:1908年-1916年
  • 伊集院彦吉:1916年-1919年
  • 落合謙太郎:1920年-1926年
  • 松田道一:1926年-1929年
  • 吉田茂:1931年-1932年
  • 松島肇:1932年-1934年
  • 杉村陽太郎:1934年-1936年
  • 堀田正昭:1936年-1937年
  • 白鳥敏夫:1938年-1939年
  • 天羽英二:1939年-1940年
  • 佐藤尚武:1940年
  • 堀切善兵衛:1940年-1942年
  • 日高信六郎:1943年-1945年
  • N/A
  • 原田健:1952年-1955年
  • 太田一郎:1956年-1959年
  • 鈴木九萬:1959年-1961年
  • 門脇季光:1961年-1963年
  • 中川融:1964年-1965年
  • 与謝野秀:1965年-1967年
  • 田付景一:1967年-1969年
  • 高野藤吉:1969年-1972年
  • 竹内春海:1972年-1975年
  • 藤山楢一:1975年-1979年
  • 影井梅夫:1979年-1982年
  • 堀新助:1982年-1984年
  • 西田誠哉:1984年-1987年
  • 手島冷志:1987年-1990年
  • 浅尾新一郎:1990年-1992(平成4)年
  • 渡辺幸治:1992年-1993年
  • 英正道:1993年-1997年
  • 瀬木博基:1997年-2000年
  • 林暘:2000年-2002年
  • 松原亘子:2002年-2005年
  • 中村雄二:2005年-2008年
  • 安藤裕康:2008年-2011年
  • 河野雅治:2011年-2014年
  • 梅本和義:2014年-2017年
  • 片上慶一:2017年-


  • 在アメリカ合衆国日本全権公使 (1894年-1896年)
    代理公使・弁理公使 | 

    特命全権公使 | 
  • 吉田清成 1874–82
  • 寺島宗則 1882–84
  • 九鬼隆一 1884–88
  • 陸奥宗光 1888–90
  • 建野郷三 1891–94
  • 栗野慎一郎 1894–96
  • 星亨 1896–98
  • 小村寿太郎 1898–1900
  • 高平小五郎 1900–06

  • 特命全権大使 | 
  • 青木周蔵 1906–08
  • 高平小五郎 1908–09
  • 内田康哉 1909–11
  • 珍田捨巳 1912–16
  • 佐藤愛麿 1916–18
  • 石井菊次郎 1918–19
  • 幣原喜重郎 1919–22
  • 埴原正直 1922–24
  • 松平恒雄 1924–28
  • 出淵勝次 1928–34
  • 斎藤博 1934–39
  • 堀内謙介 1938–40
  • 野村吉三郎 1941
  • 来栖三郎 1941
  • (閉 鎖 1941–52)
  • 新木栄吉 1952–53
  • 井口貞夫 1954–56
  • 谷正之 1956–57
  • 朝海浩一郎 1957–63
  • 武内竜次 1963–67
  • 下田武三 1967–70
  • 牛場信彦 1970–73
  • 安川壮 1973–75
  • 東郷文彦 1975–80
  • 大河原良雄 1980–85
  • 松永信雄 1985–89
  • 村田良平 1989–92
  • 栗山尚一 1992–95
  • 斎藤邦彦 1995–99
  • 柳井俊二 1999–2001
  • 加藤良三 2001–08
  • 藤崎一郎 2008–12
  • 佐々江賢一郎 2012–18
  • 杉山晋輔 2018–現任

  • 外務少輔・外務卿代理を一時期兼ねる
    再任
    遣アメリカ合衆国特命全権大使(在アメリカ合衆国特命全権大使の野村に加えての大使)
    1941年12月の日米開戦後に大使館が閉鎖されたため実質的に失職、両名は翌年8月の抑留者交換船で帰朝

    在メキシコ日本全権公使(1894年-1896年)
    全権公使 | 
    2010Happy Mail