このキーワード
友達に教える
URLをコピー

桑田佳祐とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2012年6月)
 | 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。(2018年2月)
桑田 佳祐

【出生名】
桑田 佳祐
【別名】
  • 嘉門 雄三
  • 桑竹 居助
  • JOHN PAUL MacLENNON
  • 夷撫 悶汰
  • 古賀 紅太
  • 波乗亭 米祐
  • 稲川ジェーン・フジオカ

【生誕】
(1956-02-26) 1956年2月26日(64歳)
【出身地】
日本神奈川県茅ヶ崎市
【学歴】
青山学院大学経営学部 除籍
【ジャンル】

【職業】

【担当楽器】

【活動期間】

【レーベル】

【事務所】

【共同作業者】

【公式サイト】
SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE

桑田 佳祐(くわた けいすけ、1956年2月26日 - )は、日本男性ミュージシャンシンガーソングライター。自身がバンドマスターを務めるサザンオールスターズ作詞作曲ボーカルギターを担当。神奈川県茅ヶ崎市出身。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルタイシタレーベル鎌倉学園高等学校卒業、青山学院大学経営学部除籍愛称は、けいちゃん桑っちょなど。身長は170cm。

はサザンオールスターズのキーボード・ボーカル担当の原由子岩本えり子

概要

1978年にロックバンド「サザンオールスターズ」のボーカルとしてメジャーデビューを果たし、1987年に「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」でソロデビューを開始させた。その後ソロとして「波乗りジョニー」「白い恋人達」「明日晴れるかな」などが大ヒットし、ソロデビュー以降サザンとソロの活動を交互に行っている。音楽活動を通して、アクト・アゲインスト・エイズ東日本大震災を含む様々な災害の復興支援活動を行ったり、2020年東京オリンピックのテーマソングを提供するなど社会的貢献も行っている。

人物

音楽性

詳細については「サザンオールスターズ#音楽性」を参照

歌唱法

歌唱法はジョー・コッカー前川清から影響されている。桑田が学生時代の時にダミ声が流行しており、その際に桑田も声を潰そうと思って、声質をより近付けるため、ウイスキーを飲み自宅の部屋にこもって枕に顔を押し付けて大声を出し続けることを行っていたという。

また、テレビの音楽番組における歌詞の字幕スーパー(テロップ)が流される端緒を作ったとされており、きっかけは桑田の早口の歌い方に視聴者が「歌詞が判らない」と苦情を寄せたため、テレビ局が桑田の歌い方に対応するために歌番組でのテロップ表示を行ったとのことである。

曲作り

曲作りは、ほとんどが曲先(作曲された曲に詞を当てはめる)であるが、作品によっては作詞から先に行う詞先のケースもある。

自身の音楽観については「言い訳が許されない音楽っていうのが一番正しい」とし、桑田にとってそれはポップスだとしている。

桑田は作詞・作曲を行っているが、楽譜が読めなく、サザンのメンバーで楽譜が読めるのは原のみである。以前に河口湖へ合宿した際に新田一郎を講師として迎え、楽譜の勉強会を行ったが進歩はしていないという。

桑田はニール・ヤングボブ・ディランポール・マッカートニーエリック・クラプトンアラン・トゥーサンビートルズからの影響を語っているが、音楽以外で影響を受けた人物としては、向田邦子アントニオ猪木志村けんクリント・イーストウッド松田優作らの名前を挙げている。

哲学・思想

デビュー当時のサザンは「勝手にシンドバッド」のイメージからメンバーが意図しない形でコミックバンドとして評されたり、湘南サウンドと評されたりしたことがあった。ネット上では左翼反日、反日本政府、反自民党と書かれたり、桑田の生い立ちや出自についてのデマが流れたりすることがある。桑田は「今までもいろんなことを言われ書かれましたが、全然事実と違うこととか、語られたことがあるんですけど、語られ続けると思うんですけど、大衆音楽や大衆芸能を生業にしていると誤解や曲解とか、そこは避けて通れないし、我々は腹を決めなければいけない」とコメントしている。 著書「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」(1984年、新潮社、p214)で「僕の中にあるのは、当然、日本人の情緒そのもの」と述べ、また『週刊文春』2014年9月18日号でのインタビュー特集(p15)で「やはり僕は日本人」と発言している。なお、2017年8月23日、「モーニングジャム」(FM福岡)に出演した際、本籍地が北九州市若松区であることを公表した。

桑田の思想については「僕には何か特定の主義もなければ思想もありませんし、でも左でもリベラリストでもなけりゃ、聖人君子でも何でもない」と述べている。サザンの楽曲には桑田の地元茅ヶ崎市やその周辺地域が歌詞に登場し、同市の知名度、経済に貢献している。2014年秋に紫綬褒章を受賞した際にファンや自身の音楽性に影響を与えた音楽家に感謝の念を述べている。天皇陛下に対する尊敬の念を述べており、褒章は神棚に保管し、ライブでの褒章の取り扱いやオークションを意識した冗談がネット上やファンから問題視された際には素直に自らの非を認め謝罪している。北朝鮮による日本人拉致問題の解決を訴える楽曲をCD、ライブなどで複数発表し 、日本政府の拉致問題解決に関する基本方針と同様の主張を歌詞に含めた。映画版「永遠の0」の主題歌のオファーを受け、同映画のラッシュ(仮制作のフィルム)を見てその内容に共感し主題歌の「蛍」を書き下ろした。ライブやラジオで国歌「君が代」を原曲通りに歌唱する。ソロ曲「漫画ドリーム09」で新疆ウイグル自治区騒乱を取り上げ中国当局を批判する楽曲を披露した。ビートルズの「Sun King」の歌詞を北朝鮮ミサイル発射実験核実験主体思想を批判する歌詞に変えて歌った。「桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜」で与野党、イデオロギーを問わず複数の政党を風刺する。ソロアルバム「MUSICMAN」で民主党政権下を風刺した楽曲が存在する。日本人スポーツ選手の功績を称賛する、チーム・アミューズ!!名義の「Let's try again」及びソロ曲の「明日へのマーチ」「Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜」といった東日本大震災の被災者への応援歌が制作され、前者の収益金については「アミューズ募金」を通じて全額寄付が行われ、後者についてもCD、「宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜」本公演及びDVDの収益の一部が義捐金として日本赤十字社及び地方公共団体に対して寄付され、同ライブで演奏された「月光の聖者達」のアウトロで罰マークのついていない正式な日章旗がバックモニターに投影される、宮城ライブ以後も宮城県を中心に被災地を訪れ記念樹としてソメイヨシノを植樹したり、ライブ活動をしている。

東日本大震災によって甚大な津波被害が発生して以降はライブで同災害を連想させる可能性がある「TSUNAMI」を演奏していないなど、被災者の感情に配慮した一面も持っている。

「ピースとハイライト」や年越しライブの騒動の影響から一時期、桑田のソロアルバム「MUSICMAN」の日本庭園に体を赤くペイントされた女性がうずくまっている内容のジャケットに対しても「日の丸(女性)が中国と韓国(ジャケットの左奥の石)に土下座している」といったデマも流れた、なお、このタイトルとジャケットが決定したいきさつについてはアルバムタイトルを考える会議で「明日への夜明け」、「男と女」、「光と影」といったイメージを持っていた桑田に対し、デザイナーの山口健司がアルバムジャケットのデザイン案を提示し、その中にすでに「MUSICMAN」と書かれており、結果的に「面白い」という理由で採用され、ジャケットも桑田が2010年4月上旬に京都を訪れていたことが影響し山口の案が採用され、桑田は「うずくまっているのは女性だけど、胎児にも見えるし、太陽にも見えるんですよね」と政治とは関係のないことを述べている。

別名義

嘉門 雄三(かもん ゆうぞう)
1981年ライブ「嘉門雄三&Victor Wheels」等で使用。英語の「COME ON(カモン)」と、同郷で桑田が敬愛する加山雄三から。
桑竹 居助(くわたけ いすけ)
1988年、RCサクセションのアルバム『COVERS』等で使用。名前の区切りを変えたぎなた読み。漢字は当て字である。
JOHN PAUL MacLENNON(ジョン ポール マッカレノン)
1988年、泉谷しげるのアルバム「吠えるバラッド」にスライドギター奏者として参加した際に使用。The Beatlesジョン・レノンポール・マッカートニーより。
夷撫 悶汰(いヴ もんた)
1996年のAAAライブで使用。フランスの俳優イヴ・モンタンより。
古賀 紅太(こが こうた)
2001年、シングル「波乗りジョニー」PV等で使用。桑田がCMソングを担当した「コカ・コーラ」のもじり。
波乗亭 米祐(なみのりてい べいすけ)
2016年、NHK『SONGS』出演時等で使用。「米祐」は「スケベ」のもじりでもある。
稲川ジェーン・フジオカ(いながわジェーン・フジオカ)
2017年のLIVE TOUR 2017「がらくた」のツアー本編で映し出された映像で使用したものであり、京都の「三十三間堂」の怪談話を披露した。なお、名前の由来は桑田が監督を担当した映画『稲村ジェーン』と怪談話をする稲川淳二と、桑田が所属するアミューズの後輩のディーン・フジオカを組み合わせたものである。

交流関係

嘉門タツオ
落語家、笑福亭笑光こと鳥飼達夫は1981年12月、桑田のソロ名義のライブ「嘉門雄三&Victor Wheels」のライブに前座として出演。翌1982年にはアミューズのスタッフとして「チャコの海岸物語」の宣伝活動に回りながら、サザンのライブの打ち上げにも毎回顔を出し、次第に桑田に気に入られる。そして鳥飼は「芸名をつけて欲しい」と桑田に頼み、嘉門雄三から苗字を取り、嘉門達夫(現:嘉門タツオ)と名乗るようになる。その後も現在に至るまで、桑田は嘉門の替え歌を容認し続けるなどの仲である。
福山雅治
アミューズの後輩である福山雅治に対しては、ラジオや共演したライブの際に極端にイジり倒す場面も見られるが、実際にはプライベートでも交流があり福山は桑田に誕生日のお祝いをプレゼントしたり、逆に桑田が自身のラジオ番組で福山と吹石一恵の結婚を祝福するなどの仲である。
2008年に行われたサザンの30周年ライブ『真夏の大感謝祭』の会議にてサザンのメンバーやスタッフの前で桑田が真剣な表情で「30周年を機会に、福山をサザンのリードギターに迎えるのはどうか」と提案したが、実現はすることは無かった。この話を聞いた福山本人も驚いたという。
平井堅
サザンのファンを公言する平井堅は、大学時代に桑田の自宅の門の上に「桑田佳祐様、原由子様、コーラスでいいので雇ってください。平井堅」と、メッセージを添えたデモテープを置いて行った。このテープには、プロコル・ハルム青い影」、ビリー・ジョエルニューヨークの想い (英語)」の2曲が収録されていた。なお、このテープは桑田の自宅で保管されており、その後、自身のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』に平井堅がゲスト出演した回にテープの音源が流された。2003年の『FNS27時間テレビ〜みんなのうた』内の『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜サザンオールスターズスペシャル』では、サザンの「栞のテーマ」のコーラスを担当し、桑田と共演を果たした。
平井は自身のアルバム『Ken's Bar』ではKUWATA BANDの「ONE DAY」、『Ken's Bar II』では「白い恋人達」、『Ken's Bar III』ではサザンの「いとしのエリー」をカバーしている。
ゆず
フォークデュオゆずがメジャーデビューを果たす前は、路上でのライブを行っていたが、路上活動時代の時にゆずの2人が桑田のラジオ番組に「桑田さんとセッションがしたいです」と手紙を送ったところ、後日に桑田がゆずの路上ライブに来て3人でセッションを行ったという。メジャーデビュー後は、音楽番組などで共演を果たしている。
桜井和寿
Mr.Children桜井和寿との交流は、1980年後半から1990年前半にかけてサザンやソロ作品の共同アレンジやプロデュースに携わった小林武史がきっかけであり、同時にMr.Childrenのプロデューサーでもある小林の縁で、1995年に桑田佳祐&Mr.Children名義で「奇跡の地球」発売した。そこから桑田と桜井の交流は続き、2000年に放送されたフジテレビ系列のレギュラー番組『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』にてカラオケ対決を行ったり、2006年には桜井が主催に携わるライブ『ap bank fes '06』に桑田が出演したり、同年には桑田が主催したライブ『THE 夢人島 Fes.』にMr.Childrenが出演したりしている。
内村光良
ウッチャンナンチャン内村光良もサザンのファンを公言している一人である。桑田とは1989年にフジテレビ系列バラエティ番組夢で逢えたら』に出演して共に出会った。2001年には「白い恋人達」のミュージック・ビデオや『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』に内村が出演したりしている。2016年には内村自身が監督・主演を務めた映画『金メダル男』の主題歌を書いてほしいことを手紙して桑田に送っており、桑田はその返事として「君への手紙」を収録したCDをマネージャーを通して内村に送ったりしている。

趣味

ボウリング

学生時代、桑田はプロボウラーを目指していた時期があり、アマチュア公認の試合に出場してマイボールを保持していたという。当時は毎週4ゲームずつ投げ、アベレージ220は出ていた。また、ボウリング場でアルバイトをしていた経験があり、レーンにオイルを引いたりして、お客が来ない早朝には練習もしていたという。しかし、ボウリングのレーンの規定などが変わってからファームが決まらず、そこでプロボウラーになることを諦めたという。

2016年、親交のあった矢島純一プロに還暦祝いとしてマイボールをプレゼントされて以降ボウリング熱が再燃し、週に一度スタッフと10ゲーム以上プレーしている。その実力は年を重ねても衰えておらず、1年後の2017年には279(10フレーム目の1投目を9本、2投目に残りの1本を倒した他はすべてストライク)という高記録を達成した動画を公式のYouTubeに掲載している。同年には自ら編集長に就任し『Sports Graphic Number』のボウリング特集号『Number PLUS 桑田佳祐×ボウリング特集』(文藝春秋、ISBN 9784160082311)を製作している。

2018年から2019年にかけて、自らが旗振り役になり、ボウリング大会『KUWATA CUP 2019』を開催。日本全国で予選会を開催する、誰でもが気軽に参加ができる史上最大規模の大会となる。また桑田はこの大会の為に楽曲「レッツゴーボウリング」(桑田佳祐 & The Pin Boys名義)を書き下ろしており、同曲は「日本ボウリング競技 公式ソング」として日本ボウリング機構から認定されている。

2019年から2020年には2回目となる『KUWATA CUP 2020』が開催され、それに伴い桑田佳祐 & The Pin Boys名義による2枚目のシングル「悲しきプロボウラー」を制作した。決勝大会に先立つ2020年1月31日には、自身初となるパーフェクトゲームを達成したことをSNSにて報告した。

その他

人柄・エピソード

トラブル

2014年12月31日、年越しライブ『ひつじだよ!全員集合!』にて、同年11月3日に秋の叙勲にて受賞した紫綬褒章を披露した際に、明仁天皇のものまねをし、褒章をジーンズのポケットから取り出し、その直後に客にオークションを連想させ、「5000円から行きましょう」と冗談を述べたところ、ネット上で「天皇陛下を侮辱している」「不敬だ」といった批判が寄せられ、これに合わせた抗議デモも発生した。年が明けて2015年1月15日、アミューズは桑田と連名で前述の発言に対する謝罪文を発表し、桑田本人も同年1月17日放送の「桑田佳祐のやさしい夜遊び」の冒頭で謝罪を行った。しかし、NHK紅白歌合戦で歌った「ピースとハイライト」の歌詞がメディアで政権批判、反日と批判されたことは真っ向から否定した。「『反日だ』『お前は日本人じゃない』と言い出す方がいるのは本当に残念ですし、明確に否定させていただきます。」と述べた。そして「たかが歌なのでたいした力はないかもしれませんが、私は日本を愛する者ですし、平和を願う者として、“希望の苗を植えていこうよ、地上に愛を植えていこうよ”というメッセージをお伝えしたい」と紅白で歌った「ピースとハイライト」の歌詞になぞらえて思いを語った。

来歴

ここでは桑田中心に記す。サザンオールスターズの活動に関してについては「サザンオールスターズ#来歴」を参照

生い立ち

1956年2月26日に神奈川県茅ヶ崎市にて生誕。桑田が音楽に興味を持ったのは、姉・えり子の影響が大きい。姉の岩本えり子は後年、いくつかサザン、桑田ソロの曲で英語補作詞として参加している。桑田によると、作詞に行き詰った際に電話で相談し、参考にしていた。学生時代は、姉が集めていたビートルズ等のレコードを聴き入っていた。

学生時代 影響を受けたアーティストは、上記のビートルズ以外に、エリック・クラプトンリトル・フィートボブ・ディランなどがいる。また、フィラデルフィアポップス筒美京平の作品にも影響を受け、それらは後の音楽活動(演奏、作曲等)の下地になっている。

学生・アマチュア時代

1971年に鎌倉学園高等学校に入学、1974年に青山学院大学に入学した。大学の音楽サークルBetter Days”(ベター・デイズ)に所属し、本格的にバンド活動を開始。「温泉あんまももひきバンド」「脳卒中」「ピストン桑田とシリンダーズ」「青学ドミノス」など、頻繁にバンド名の変更やメンバーチェンジを繰り返していたが、1976年頃から自身のバンドに“サザンオールスターズ”の名を使用した。その後1978年6月25日にビクター音楽産業より、サザンオールスターズとして「勝手にシンドバッド」でメジャーデビューを果たした。

なお、桑田は1979年に青山学院大学を除籍している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/09/21 05:07

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「桑田佳祐」の意味を投稿しよう
「桑田佳祐」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

桑田佳祐スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「桑田佳祐」のスレッドを作成する
桑田佳祐の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail