このキーワード
友達に教える
URLをコピー

桑田佳祐とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります
出典検索: "桑田佳祐"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2012年6月)
桑田 佳祐

【出生名】
桑田 佳祐
【別名】
  • 嘉門 雄三
  • 桑竹 居助
  • JOHN PAUL MacLENNON
  • 夷撫 悶汰
  • 古賀 紅太
  • 波乗亭 米祐
  • 稲川ジェーン・フジオカ

【生誕】
(1956-02-26) 1956年2月26日(65歳)
【出身地】
日本神奈川県茅ヶ崎市
【学歴】
青山学院大学経営学部 除籍
【ジャンル】

【職業】

【担当楽器】

【活動期間】

【レーベル】

【事務所】

【共同作業者】

【公式サイト】
SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE

桑田 佳祐(くわた けいすけ、1956年2月26日 - )は、日本男性ミュージシャンシンガーソングライター。自身がバンドマスターを務めるサザンオールスターズ作詞作曲ボーカルギターを担当。神奈川県茅ヶ崎市出身。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルタイシタレーベル鎌倉学園高等学校卒業、青山学院大学経営学部除籍愛称は、けいちゃん桑っちょなど。身長は170センチメートル。

はサザンオールスターズのキーボード・ボーカル担当の原由子岩本えり子

概要

1978年にロックバンド「サザンオールスターズ」のボーカルとしてメジャーデビューを果たし、1987年に「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」でソロ活動を開始。以降はサザンとソロの活動を交互に行い、ソロとしても「波乗りジョニー」「白い恋人達」「明日晴れるかな」などが大ヒットしている。音楽活動を通して、アクト・アゲインスト・エイズ東日本大震災を含む様々な災害の復興支援活動を行ったり、2020年東京オリンピックのテーマソングを提供するなど社会的貢献も行っている。

人物

音楽性

詳細については「サザンオールスターズ#音楽性」を参照

歌唱法

歌唱法はジョー・コッカー前川清から影響されている。桑田が学生時代の時にダミ声が流行しており、その際に桑田も声を潰そうと思って、声質をより近付けるため、ウイスキーを飲み自宅の部屋にこもって枕に顔を押し付けて大声を出し続けることを行っていたという。

また、テレビの音楽番組における歌詞の字幕スーパー(テロップ)が流される端緒を作ったとされており、きっかけは桑田の早口の歌い方に視聴者が「歌詞が判らない」と苦情を寄せたため、テレビ局が桑田の歌い方に対応するために歌番組でのテロップ表示を行ったとのことである。

曲作り

曲作りは、ほとんどが曲先(作曲された曲に詞を当てはめる)であるが、作品によっては作詞から先に行う詞先のケースもある。

自身の音楽観については「言い訳が許されない音楽っていうのが一番正しい」とし、桑田にとってそれはポップスだとしている。

制作する楽曲には、エロティックな内容も多く、サザン・ソロ名義問わず放送禁止にならないギリギリのラインを狙って作詞するケースも多い。

桑田は作詞・作曲を行っているが、楽譜が読めなく、サザンのメンバーで楽譜が読めるのは原のみである。以前に河口湖へ合宿した際に新田一郎を講師として迎え、楽譜の勉強会を行ったが進歩はしていないという。

桑田は洋楽ではニール・ヤングボブ・ディランポール・マッカートニーエリック・クラプトンアラン・トゥーサンビートルズザ・ビーチ・ボーイズフィル・スペクターボブ・マーリーから、邦楽では吉田拓郎加山雄三内山田洋とクール・ファイブザ・ピーナッツハナ肇とクレージーキャッツ奥村チヨ欧陽菲菲弘田三枝子岡林信康野坂昭如浅川マキ美空ひばり松任谷由実中島みゆき坂本九からの影響を語っているが、音楽以外で影響を受けた人物としては、向田邦子アントニオ猪木志村けんクリント・イーストウッド松田優作らの名前を挙げている。

かつては「自分もアメリカ人イギリス人みたいになりたい」「いつかなれるんじゃないかって本気で思ってた」と思う程海外のロックに憧れていたが、次第に「なれるわけない」と気づき「逆に日本人の良さを出したいというか、の感じで勝負したいな」と考えを改め、後述の日本語の歌詞を重視した和洋折衷な方向性になっていった。また、日本の歌謡曲文部省唱歌沖縄音楽などの影響も受けており、度々そのイメージを楽曲に取り入れている。

時折世相を憂いたりその要素を取り入れた楽曲を発表する事もあるが、桑田本人は「それはあくまでも物語というか、ひとつひとつのドラマの脚本であってね。別に世の中に対するメッセージでもなんでもないんです」と語っている。ビクターのスタッフは「桑田さんは、ミュージシャンである前に一人の日本人だということを昔からよく言っていたので、今の日本の置かれている状況を感じ取って、特別に意図的ではなく、自然な感じで作っていると思うんですよね。桑田さんはあくまで音楽の表現者であり、世の中に対して直接政治的な動きは全くしないでしょうから」といった見解を示している。

サスペンスドラマや映画から着想を得た楽曲も度々制作されている。

インチキ外国語が主体(外国語に聞こえるように歌っており実際には日本語)の楽曲も存在しており、藤村有弘タモリに少なからず影響を受けたという。

「ミスマッチの仕方が、多少定番とズレている方が面白い」という理由でスペイン語ハングルを興味本位で楽曲や映像に取り入れた事がある。特に後者は出自や思想に関するデマがネット上で流れる遠因になった。

カバーに関して、桑田自身がカバーしたい楽曲はあると公言しており、自身の冠番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』やライブ『ひとり紅白歌合戦』にてカバーを行っているが、カバーアルバムに関しては作らないとコメントしている。

別名義

嘉門 雄三(かもん ゆうぞう)
1981年のライブ「嘉門雄三&Victor Wheels」などで使用。英語の「COME ON(カモン)」と、同郷で桑田が敬愛する加山雄三から。
桑竹 居助(くわたけ いすけ)
1988年、RCサクセションのアルバム『COVERS』などで使用。名前の区切りを変えたぎなた読み。漢字は当て字である。
JOHN PAUL MacLENNON(ジョン ポール マッカレノン)
1988年、泉谷しげるのアルバム「吠えるバラッド」にスライドギター奏者として参加した際に使用。The Beatlesジョン・レノンポール・マッカートニーより。
夷撫 悶汰(いヴ もんた)
1996年のAAAライブで使用。フランスの俳優イヴ・モンタンより。
古賀 紅太(こが こうた)
2001年、シングル「波乗りジョニー」のMVなどで使用。桑田がCMソングを担当した「コカ・コーラ」のもじり。
波乗亭 米祐(なみのりてい べいすけ)
2016年、NHK『SONGS』出演時などで使用。「米祐」は「スケベ」のもじりでもある。
稲川ジェーン・フジオカ(いながわジェーン・フジオカ)
2017年のLIVE TOUR 2017『がらくた』のツアー本編で映し出された映像で使用したものであり、京都の「三十三間堂」の怪談話を披露した。なお、名前の由来は怪談話をする稲川淳二、桑田が監督を担当した映画『稲村ジェーン』、桑田が所属するアミューズの後輩のディーン・フジオカの3種類を組み合わせたものである。

哲学・思想

趣味

古典芸能鑑賞

万葉集
サザンの11枚目のオリジナル・アルバム『世に万葉の花が咲くなり』の制作の過程で桑田は『万葉集』を読み返しており、日本語独特の情緒や情報量の多さに興味を覚えながら「この言葉を我々はなくしていいのだろうか」といった危機感を持った事を語っている。
また、それと比較する形で当時若者の間で流行っていた「超」や「彼氏」といった音圧とイントネーション重視の言葉に対して「頭の中でビジュアルがありすぎて、そこに向けてのセンテンス作りや一風変わったイントネーション作りが上手くなり過ぎた」「言葉から波及する、もしくは寄りかかるものが希薄なのよ」と、作詞が年々難しくなってきていることを嘆いていた。
歌舞伎
2012年の全国ツアー『I LOVE YOU -now & forever-』ではオープニングで歌舞伎を意識した演出(『青砥稿花紅彩画』の名科白のパロディ)が取り入れられた。これ以降も桑田はライブで歌舞伎の見栄を意識したポーズを取る事がある。
18代目中村勘三郎のファンであり、本人とも手紙などを通して間接的な交流があった。
歌舞伎への興味ゆえに2012年に大阪で作中に歌舞伎のフレーズが多用されている落語「七段目」を演じた3代目桂春蝶を見て感動していた。
落語
落語ファンである事を公言しており、特に好きな落語家として立川談志古今亭志ん朝などを挙げている。また、立川志の輔3代目桂春蝶桂雀々らとの交流がある事が語られている。
落語に関しては桑田自身も架空の落語家『波乗亭 米祐(なみのりてい べいすけ)』に扮して演じた経験がある。
5代目古今亭志ん生に関しては桑田の父と同じ満州からの引揚者という事もあって親近感を持っており、『おりんさん』(フジテレビ)で志ん生を演じた中村嘉葎雄の演技に感動していた。
講談
講談では特に神田伯山を評価しており、2017年に桂雀々の落語会にゲストで出演していた伯山(当時:神田松之丞)を見た事を自身のラジオ番組で言及している。
後に伯山との共演が増えることになる太田光はそれ以前から桑田に教えてもらった事によって存在を知っていた。

ボウリング

学生時代、桑田はプロボウラーを目指していた時期があり、アマチュア公認の試合に出場してマイボールを保持していたという。当時は毎週4ゲームずつ投げ、アベレージ220点は出ていた。また、ボウリング場でアルバイトをしていた経験があり、レーンにオイルを引いたりして、お客が来ない早朝には練習もしていたという。しかし、ボウリングのレーンの規定などが変わってからフォームが決まらず、そこでプロボウラーになることを諦めたという。

2016年、親交のあった矢島純一プロに還暦祝いとしてマイボールをプレゼントされて以降ボウリング熱が再燃し、週に一度スタッフと10ゲーム以上プレーしている。その実力は年を重ねても衰えておらず、1年後の2017年には279点(10フレーム目の1投目を9本、2投目に残りの1本を倒した他はすべてストライク)という高記録を達成した動画を公式のYouTubeに掲載している。同年には自ら編集長に就任し『Sports Graphic Number』のボウリング特集号『Number PLUS 桑田佳祐×ボウリング特集』(文藝春秋、ISBN 9784160082311)を製作している。

2018年から2019年にかけて、自らが旗振り役になり、ボウリング大会『KUWATA CUP 2019』を開催。日本全国で予選会を開催する、誰でもが気軽に参加ができる史上最大規模の大会となる。また桑田はこの大会の為に楽曲「レッツゴーボウリング」(桑田佳祐 & The Pin Boys名義)を書き下ろしており、同曲は「日本ボウリング競技 公式ソング」として日本ボウリング機構から認定されている。

2019年から2020年には2回目となる『KUWATA CUP 2020』が開催され、それに伴い桑田佳祐 & The Pin Boys名義による2枚目のシングル「悲しきプロボウラー」を制作した。決勝大会に先立つ2020年1月31日には、自身初となるパーフェクトゲームを達成したことをSNSにて報告した。

KUWATA CUP」も参照

その他

人柄・エピソード

トラブル

来歴

ここでは桑田中心に記す。サザンオールスターズの活動に関してについては「サザンオールスターズ#来歴」を参照

生い立ち

1956年2月26日に神奈川県茅ヶ崎市にて生誕。父は満州からの引揚者であり、湘南の地方新聞の記者、茅ヶ崎の映画館(大黒館。後に茅ヶ崎国際劇場と改名)や小田原市の西洋料理店「grill KONOMI」の雇われ支配人、妻(桑田の母)と二人三脚でのバー経営と数々の職業を転々とした。また、真偽は明確ではないが小津安二郎の運転手をやっていた時期がある事も示唆されている。母は父とのバー経営の後に平塚市割烹を経営した。

学生時代 影響を受けたアーティストは、上記のビートルズ以外に、エリック・クラプトンリトル・フィートボブ・ディランなどがいる。また、フィラデルフィアポップス筒美京平の作品にも影響を受け、それらは後の音楽活動(演奏、作曲など)の下地になっている。

学生・アマチュア時代

1962年に茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校に入学。

1968年に茅ヶ崎市立第一中学校に入学。当時は野球部に所属しており、エースだった。

1971年に鎌倉学園高等学校に入

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2021/03/09 06:08

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「桑田佳祐」の意味を投稿しよう
「桑田佳祐」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

桑田佳祐スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「桑田佳祐」のスレッドを作成する
桑田佳祐の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail