このキーワード
友達に教える
URLをコピー

桓武天皇とは?

第50代天皇

在位期間
781年4月30日 - 806年4月9日
天応元年4月3日 - 延暦25年3月17日

即位礼
781年5月10日(天応元年4月13日)
大嘗祭
781年12月4日(天応元年11月15日)
【元号】
天応
延暦
【時代】
平安時代
【先代】
光仁天皇
【次代】
平城天皇
【】

【誕生】
737年(天平9年)
【崩御】
806年4月9日(延暦25年3月17日)
平安宮正寝柏原大輔
大喪儀
806年4月28日(延暦25年4月7日)
【陵所】
柏原陵
【漢風諡号】
桓武天皇
【和風諡号】
日本根子皇統弥照天皇
【諱】
山部
【別称】
柏原帝
日本根子皇統弥照尊
天國押撥御宇柏原天皇
【父親】
光仁天皇
【母親】
高野新笠
【皇后】
藤原乙牟漏
【夫人】
藤原旅子
藤原吉子
多治比真宗
藤原小屎
【子女】
平城天皇
嵯峨天皇
淳和天皇
伊予親王
葛原親王ほか(后妃・皇子女節参照)
【皇居】
平城宮長岡宮平安宮

桓武天皇(かんむてんのう、737年天平9年〉- 806年4月9日延暦25年3月17日〉)は、日本の第50代天皇(在位:781年4月30日天応元年4月3日〉 - 806年4月9日〈延暦25年3月17日〉)。山部(やまのべ)。

平城京から長岡京および平安京への遷都を行った。また、践祚と日を隔てて即位した初めての天皇である。

目次

  • 1 略歴
  • 2 治世
  • 3 系譜
    • 3.1 系図
  • 4 后妃・皇子女
  • 5 諱・諡号・追号・異名
  • 6 在位中の元号
  • 7 在位年と西暦との対照表
  • 8 陵・霊廟
  • 9 百済との関係
    • 9.1 百済王氏等への厚遇
    • 9.2 天皇明仁の発言
  • 10 桓武天皇を題材とした作品
  • 11 脚注
  • 12 参考文献
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

略歴

白壁王(後の光仁天皇)の長男(第一王子)として天平9年(737年)に産まれた。生母は百済渡来人氏族の和氏の出身である高野新笠。当初は皇族としてではなく官僚としての出世が望まれて、大学頭侍従に任じられた(光仁天皇即位以前は山部王と称された)。

父王の即位後は親王宣下と共に四品が授けられ、後に中務卿に任じられたものの、生母の出自が低かったため立太子は予想されていなかった。しかし、藤原氏などを巻き込んだ政争により、異母弟の皇太子他戸親王の母である皇后井上内親王宝亀3年3月2日(772年4月9日)に、他戸親王が同年5月27日(7月2日)に相次いで突如廃されたために、翌4年1月2日(773年1月29日)に皇太子とされた。その影には式家藤原百川による擁立があったとされる。

天応元年4月3日(781年4月30日)には父から譲位されて天皇に即き、翌日の4日(5月1日)には早くも同母弟の早良親王を皇太子と定め、11日後の15日(5月12日)に即位を宣した。延暦2年4月18日(783年5月23日)に百川の兄・藤原良継の娘・藤原乙牟漏を皇后とし、彼女との間に安殿親王(後の平城天皇)と神野親王(後の嵯峨天皇)を儲けた。また、百川の娘で良継の外孫でもあった夫人藤原旅子との間には大伴親王(後の淳和天皇)がいる。

延暦4年(785年)9月頃には、早良親王を藤原種継暗殺の廉により廃太子の上で流罪に処し、親王が抗議のための絶食で配流中に薨去するという事件が起こった。これを受け、同年11月25日(785年12月31日)に安殿親王を皇太子とした。また、同年11月10日、交野柏原(現在の大阪府枚方市)において、日本で初めて、天を祀る郊祀を行った。

延暦6年(787年)11月5日に、交野柏原において、2度目の郊祀を行った。

延暦10年(791年)、藤原乙牟漏の亡きあとに神野親王(嵯峨天皇)の乳母を務めた大秦公忌寸浜刀自女に賀美能宿禰の姓を贈る。(続日本紀)

在位中の延暦25年3月17日(806年4月9日)に崩御。宝算70。安殿親王が平城天皇として即位した。

治世

平城京における肥大化した奈良仏教各寺の影響力を厭い、天武天皇流が自壊して天智天皇流に皇統が戻ったこともあって、当時秦氏が開拓していたものの、ほとんど未開の山城国への遷都を行う。初め延暦3年(784年)に長岡京を造営するが、天災や後述する近親者の不幸・祟りが起こり、その原因を天皇の徳がなく天子の資格がないことにあると民衆に判断されるのを恐れて、わずか10年後の延暦13年(794年)、側近の和気清麻呂藤原小黒麻呂(北家)らの提言もあり、気学における四神相応土地相より長岡京から艮方位(東北)に当たる場所の平安京へ改めて遷都した。

また、蝦夷を服属させ東北地方を平定するため、3度にわたる蝦夷征討を敢行、延暦8年(789年)に紀古佐美征東大使とする最初の軍は惨敗したが、延暦13年の2度目の遠征で征夷大将軍大伴弟麻呂の補佐役として活躍した坂上田村麻呂を抜擢して、延暦20年(801年)の3度目の遠征で彼を征夷大将軍とする軍を送り、田村麻呂がアテルイら500人の蝦夷を京都へ護送した延暦21年(802年)に蝦夷の脅威は減退、翌22年(803年)に田村麻呂が志波城を築いた時点でほぼ平定された。

しかし晩年の延暦24年(805年)には、平安京の造作と東北への軍事遠征がともに百姓を苦しめているとの藤原緒嗣(百川の長子)の建言を容れて、いずれも中断している(緒嗣と菅野真道とのいわゆる徳政論争)。

また、軍隊に対する差別意識と農民救済の意識から、健児制を導入したことで百姓らの兵役の負担は解消されたが、この制度も間もなく機能しなくなり、9世紀を通じて朝廷は軍事力がない状態になった。その結果として、9世紀の日本列島は無政府状態となり、結果として、日本列島は16世紀織豊政権樹立まで、700年近い戦乱の時代に陥った。そのような状況において、有力な農民が自衛のために武装して、武士へと成長することとなった。

文化面では『続日本紀』の編纂を発案したとされる。また最澄を還学生(短期留学生)として天台宗を学ばせ、日本の仏教に新たな動きをもたらしたのも桓武天皇治下で、いわゆる「南都六宗」と呼ばれた既存仏教に対しては封戸の没収など圧迫を加えている。また後宮の紊乱ぶりも言われており、それが後の薬子の変へとつながる温床となったともされる。

その他、即位前の宝亀3年には井上内親王と他戸親王の、在位中の延暦4年には早良親王の不自然な薨去といった暗い事件が多々あった。井上内親王や早良親王の怨霊を恐れて同19年7月23日(800年8月16日)に後者に「崇道天皇」と追号し、前者は皇后位を復すと共にその墓を山陵と追称したりしている。

治世中は2度の遷都や東北への軍事遠征を主導するなど、歴代天皇の中でもまれに見る積極的な親政を実施したが、青年期に官僚としての教育を受けていたことや壮年期に達してからの即位、母親を通じて騎馬民族の戦闘技術を学んだことが、これらの大規模な政策の実行を可能にしたと思われる。

系譜

桓武天皇の系譜
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 16. 第34代 舒明天皇

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 8. 第38代 天智天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 17. 第35代 皇極天皇・
第37代 斉明天皇


 | 
 | 
 | 
 | 


 | 4. 施基親王 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 






 | 9. 道伊羅都売 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 






 | 2. 第49代 光仁天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 20. 紀国益?

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 10. 紀諸人 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 






 | 5. 紀橡姫 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 






 | 11. 道氏 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 






 | 1. 第50代 桓武天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 














 | 6. 和乙継 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 














 | 3. 高野新笠 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 














 | 7. 土師真妹 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 















系図

 | 古人大兄皇子 | 
 | 倭姫王
(天智天皇后)
 | 
 | 

 | 
 | (38)天智天皇
(中大兄皇子) | 
 | (41)持統天皇
(天武天皇后)
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | (43)元明天皇
(草壁皇子妃)

 | 
 | 間人皇女
(孝徳天皇后) | 
 | 
 | (39)弘文天皇
(大友皇子) | 
 | 葛野王 | 
 | 池辺王 | 
 | (淡海)三船
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 志貴皇子
(春日宮天皇) | 
 | (49)光仁天皇 | 
 | (50)桓武天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 早良親王
(崇道天皇)

 | 
 | (40)天武天皇
(大海人皇子) | 
 | 高市皇子 | 
 | 長屋王 | 
 | 桑田王 | 
 | 磯部王 | 
 | 石見王 | 
 | (高階)峰緒
高階氏へ〕
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 草壁皇子
(岡宮天皇) | 
 | (44)元正天皇
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 大津皇子 | 
 | 
 | (42)文武天皇 | 
 | (45)聖武天皇 | 
 | (46)孝謙天皇
(48)称徳天皇

 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 忍壁皇子 | 
 | 
 | 吉備内親王 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 井上内親王
(光仁天皇后)
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 長親王 | 
 | 智努王
(文室浄三) | 
 | 大原王 | 
 | (文室)綿麻呂
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 御原王 | 
 | 小倉王 | 
 | (清原)夏野
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 舎人親王
(崇道尽敬皇帝) | 
 | 
 | (47)淳仁天皇
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 貞代王 | 
 | (清原)有雄
清原氏へ〕
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 新田部親王 | 
 | 塩焼王 | 
 | (氷上)川継
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 道祖王


 | (50)桓武天皇 | 
 | (51)平城天皇 | 
 | 高岳親王 | 
 | 
 | (在原)行平
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | 伊予親王 | 
 | 
 | 阿保親王 | 
 | 
 | (在原)業平
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | 万多親王 | 
 | 
 | (54)仁明天皇 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | (52)嵯峨天皇 | 
 | 
 | 有智子内親王
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | (源)信
嵯峨源氏へ〕

 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | (源)融
嵯峨源氏へ〕

 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | (源)潔姫
(藤原良房妻)

 |  |  |  | 
 | 
 | (53)淳和天皇 | 
 | 恒貞親王
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | 葛原親王 | 
 | (平)高棟
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | 高見王 | 
 | (平)高望桓武平氏へ〕
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | (良岑)安世 | 
 | 遍昭 | 
 | 素性
 | 
 | 


后妃・皇子女

ほか

諱・諡号・追号・異名

山部(やまべ)。崩御の後に和風諡号として日本根子皇統弥照尊(やまとねこあまつひつぎいやてりのみこと)が、漢風諡号として桓武天皇が贈られた。また山陵の名をもって柏原(かしわばら)天皇()、天国押撥御宇(あめくにおしひらきあめのしたしらす)柏原天皇とも呼ばれた。

在位中の元号

在位年と西暦との対照表

在位年と西暦との対照表
【桓武天皇】
【元年】
【2年】
【3年】
【4年】
【5年】
【6年】
【7年】
【8年】
【9年】
【10年】
【11年】
【12年】
【13年】
【14年】
【15年】
【16年】
【17年】
【18年】
【19年】
【20年】
【21年】
22年
西暦 | 781年 | 782年 | 783年 | 784年 | 785年 | 786年 | 787年 | 788年 | 789年 | 790年 | 791年 | 792年 | 793年 | 794年 | 795年 | 796年 | 797年 | 798年 | 799年 | 800年 | 801年 | 802年
元号 | 天応元年 | 延暦元年 | 延暦2年 | 延暦3年 | 延暦4年 | 延暦5年 | 延暦6年 | 延暦7年 | 延暦8年 | 延暦9年 | 延暦10年 | 延暦11年 | 延暦12年 | 延暦13年 | 延暦14年 | 延暦15年 | 延暦16年 | 延暦17年 | 延暦18年 | 延暦19年 | 延暦20年 | 延暦21年
干支 | 辛酉 | 壬戌 | 癸亥 | 甲子 | 乙丑 | 丙寅 | 丁卯 | 戊辰 | 己巳 | 庚午 | 辛未 | 壬申 | 癸酉 | 甲戌 | 乙亥 | 丙子 | 丁丑 | 戊寅 | 己卯 | 庚辰 | 辛巳 | 壬午

陵・霊廟

桓武天皇陵

(みささぎ)は、宮内庁により桃山陵墓地内にある柏原陵(かしわばらのみささぎ)に治定(京都府 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/02/20 08:54

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「桓武天皇」の意味を投稿しよう
「桓武天皇」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

桓武天皇スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「桓武天皇」のスレッドを作成する
桓武天皇の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail