このキーワード
友達に教える
URLをコピー

桜井和寿とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年6月)
桜井和寿

【出生名】
櫻井 和寿
【別名】
櫻井 和寿
【生誕】
(1970-03-08) 1970年3月8日(49歳)
【出身地】
日本東京都練馬区
【ジャンル】
ポップ・ロック
プログレッシブ・ロック
フォークロック
J-POP
【職業】
ミュージシャン
シンガーソングライター
【担当楽器】
ボーカル
ギター
ブルースハープ
ハーモニカ
ベース
ドラムス
ピアノ
キーボード
シンセサイザー
シタール
タンバリン
ホイッスル
【活動期間】
1987年 -
【レーベル】
トイズファクトリー
【事務所】
エンジン
カズプロダクション
【共同作業者】

Mr.Children
小林武史
Bank Band
Reborn-Art Session
ウカスカジー
Salyu
GAKU-MC

寺岡呼人
【公式サイト】
Mr.Children official site
浜田省吾
甲斐バンド
桑田佳祐
長渕剛など

桜井 和寿(さくらい かずとし、1970年3月8日 - )は、日本のミュージシャンシンガーソングライターロックバンドMr.Childrenボーカリストギタリスト。本名は櫻井 和寿(読みは同じ)。

東京都練馬区出身。アマチュア時代から一貫してMr.Childrenの楽曲のほぼ全ての作詞作曲を手掛けている。 Bank Band(2017年からはコンセプトを変更した「Reborn-Art Session」名義としても活動。)のボーカル・ギター、ウカスカジーのボーカルとしても活動している。

目次

  • 1 来歴
  • 2 ギター
    • 2.1 アコースティックギター
    • 2.2 エレキギター
    • 2.3 アンプ
  • 3 音楽観
  • 4 参加・提供作品
  • 5 関連項目
  • 6 出典・参考文献
  • 7 外部リンク

来歴

1985年
1987年
1989年
1992年
1993年
1994年
1997年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2014年
2016年
2017年
2019年

ギター

アコースティックギター

エレキギター

アンプ

音楽観

自身にとって音楽は「宗教みたいなもの」であるといい、反戦などのメッセージ性を込めた楽曲も制作されているが、自身がMCなどでそうしたメッセージを表明をする事には「信頼されているのは音楽であってそれを歌う歌手ではない」という理由で否定的である。

影響を受けたミュージシャンは浜田省吾甲斐バンドサザンオールスターズ岡村靖幸ECHOESユニコーン長渕剛尾崎豊玉置浩二など。2010年6月26日に放送された「佐野元春のザ・ソングライターズ」(NHK教育)へのゲスト出演時には、浜田省吾甲斐バンドを挙げた。中でも浜田への憧れは相当なもので、子供の頃からコンサートに通って部屋にスポットライトを作って真似をしたエピソードを紹介したり、浜田との対談で「世界でいちばん浜田さんの物真似が上手いミュージシャン」を自称したり、ap bank fes '05でゲスト出演した浜田を"僕が中学の時から憧れてた人です"と紹介したりした。サザンオールスターズ(桑田佳祐)に関しては、「サビへの盛り上げ方は桑田さんから」と、音楽性に多大な影響を受けたことを公言している。ECHOESに関しては初期の曲をほとんどコピーし、THE WALLS時代の楽曲はその影響を色濃く受けている。ユニコーンはアマチュア時代に出たオーディションのゲストで観て「ユニコーンの"華"を自分なりに研究した」「アレンジ面で大きな影響を受けた」などと話している。

BUMP OF CHICKENスガシカオは熱心に聴いたり歌ったりするほど好きで、特に(レーベルメイトでもある)BUMP OF CHICKENに関しては「メンバーに入りたいくらい好き」「人生で最も好きになったバンド」などと発言しているほか、2000年代の自らを最も象徴する曲として「ロストマン」を挙げ、「いっつも、ことあるごとに歌ってる」と告白している。他方、桜井本人との共演も多いスガシカオとは異なり、自身が楽曲をカヴァーすることに関しては「彼ら自身が演奏しないと意味を持たないし、説得力がなくなる」と否定的に語っていた(その後、2016年のステージで「ロストマン」をカバーしている)。スガシカオとは2002年ミュージックステーション出演時に出会ったことを機に、公私共に親しくなった。「ファスナー」はスガの作風を意識して作曲されており、スガのアルバム内にも共演したものが収録されている。

人生で聴いた音楽の傑作の一つにthe pillowsの「ストレンジカメレオン」を挙げており、Mr.ChildrenやBank Bandで同曲をカバーしている。なお、the pillowsとの親交もバンドを通じて深い。

参加・提供作品

発売日 タイトル アーティスト名 備考 規格
1994年4月1日 | 女神 (エロス) | 藤井フミヤ | 「女神 (エロス)」を作曲。 | CD
1995年11月1日 | 12月のメリーゴーランド | 寺岡呼人 | 「12月のメリーゴーランド」を寺岡呼人と共に作曲。 | CD
1996年2月21日 | これが僕の愉快なヒューマンライフ | 寺岡呼人 | 「これが僕の愉快なヒューマンライフ」を作詞。 | CD
1998年3月5日 | TIGERSONGWRITER | KAN | 「Oxanne-愛しのオクサーヌ-」にキヌガサマサト名義でコーラスで参加。 | CD
2001年4月25日 | ZERO LANDMINE | N.M.L. | 「ZERO LANDMINE」にボーカルで参加。 | CD
2001年11月28日 | Bless you, Thank you | SUNNY | 「Bless you, Thank you」を作詞。 | CD
2001年12月14日 | Mother | Acid Test | 田原健一・小林武史らとのユニットでジョン・レノンの「Mother」をカバー。 | MUSIC DELI
2002年2月16日 | はじめの一歩 | SUNNY | 「はじめの一歩」をSUNNYと共に作詞。 | CD
2003年11月17日 | 競走(はし)る為にだけ生まれてきた訳じゃねぇ | 寺岡呼人 | 「競走(はし)る為にだけ生まれてきた訳じゃねぇ」を作詞。 | CD
2005年9月30日 | HAPPY BIRTHDAY,JOHN」ジョン・レノントリビュートアルバム | Various Artists | 前述の「Mother」の初CD化となる。 | CD
2006年5月31日 | 手を出すな! | GAKU-MC / 桜井和寿 (Mr.Children) | GAKU-MCとのコラボレーション。 | CD
2007年2月7日 | 10 Stories | 甲斐よしひろ | 「くるみ」にコーラスで参加。 | CD
2007年7月11日 | ミュージック | Golden Circle featuring 寺岡呼人・松任谷由実ゆず | 「ミュージック」を松任谷由実・寺岡呼人・ゆずと共に作詞。 | CD
2007年9月12日 | つづく | 三宅伸治 | 「君が降りてきた夏」にボーカルで参加。 | CD
2007年11月28日 | RED RIBBON Spiritual Song〜生まれ来る子供たちのために〜 | AIDS チャリティ Project | 「RED RIBBON Spiritual Song〜生まれ来る子供たちのために〜」を小田和正RYO若旦那と共に作詞。 | CD
2010年10月20日 | Golden Circle | Golden Circle of Friends | 「フォーエバーヤング」を寺岡呼人と共に作詞、ボーカルで参加。 | CD
2011年2月23日 | OK!!! C'MON CHABO!!!仲井戸麗市トリビュートアルバム | Various Artists | 「月夜のハイウェイドライブ」にボーカルで参加。 | CD
2011年7月13日 | 青空/magic | Salyu | 「青空」を作詞・作曲。 | CD
2011年8月10日 | SugarlessII | スガシカオ | 「ファスナー〈with 桜井和寿(Mr.Children)〉」にボーカル・ギターで参加。 | CD
2012年3月7日 | All You Need is Love | JAPAN UNITED with MUSIC | ボーカルで参加。MVにも出演している。 | CD
2014年4月9日 | バトン | 寺岡呼人 | 「バトン」を寺岡呼人と共に作詞。 | CD
2014年7月15日 | 忘れられぬミュージック | ゆず/ももいろクローバーZ/back number/大原櫻子 & 松任谷由実 | 「忘れられぬミュージック」を松任谷由実・寺岡呼人・ゆずと共に作詞。 | 配信
2014年12月10日 | SONGS FOR THE STARLIGHT | TRICERATOPS | TRICERATOPSとのユニットQuattro Formaggiによる楽曲「STAND BY ME」を収録。 | CD
2016年2月3日 | 6×9=53 | KAN | 「安息」を作詞。 | CD
2016年8月3日 | COLOR | 寺岡呼人 | 「バトン feat. 桜井和寿」にボーカルで参加。 | CD
2017年1月18日 | トリトメナシ | チャラン・ポ・ランタン | 「かなしみ」にギター・コーラスで参加。 | CD
2017年12月20日 | 「ソングライター」三宅伸治トリビュートアルバム | Various Artists | 「ソングライター」をカバー。 | CD
2018年2月7日 | LOVE=UNLIMITED | 寺岡呼人 | 「秘密戦隊☆ゴジュウレンジャー feat. 桜井和寿」にボーカルで参加。 | CD
2018年12月12日 | 「7」 | ナオト・インティライミ | 「Amor y sol with 桜井和寿」をナオトと共に作詞、ボーカルで参加。読み方は「アモール・イ・ソル」。MVにも出演している。 | CD
2019年8月7日 | リボン feat.桜井和寿(Mr.Children) | 東京スカパラダイスオーケストラ | 「リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)」にゲストボーカルとして参加。 | CD

関連項目

出典・参考文献

  1. ^ 2018年はつま恋で開催。第一弾にBank Band、Mr.Children”. BARKS (2018年4月13日). 2018年4月19日閲覧。
  2. ^ 『LIVE TOMATO』TVK、1993年2月25日
  3. ^ 古賀サチ子/清談社 (2016年2月19日). “なぜミュージシャンは売れると妻をポイ捨て&不倫?ゲス極、ミスチル、GLAY…”. business journal. http://biz-journal.jp/2016/02/post_13901.html 2016年6月9日閲覧。
  4. ^ messy (2016年5月13日). “ベッキー&ゲス極は最悪の結果も…GLAY・TERU&PUFFY・亜美、略奪愛から理想の夫婦に?”. excite ニュース. http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0518/mes_160518_5998570146.html 2016年6月9日閲覧。
  5. ^ つづく [CD+DVD]/三宅伸治 | 三宅伸治 公式WEBサイト
  6. ^ Mr.Childrenの桜井和寿が政治的発言をしない理由 excite.ニュース
  7. ^ Mr.Childrenの桜井和寿が政治的発言をしない理由 excite.ニュース
  8. ^ 田家秀樹『J-POP列伝 音楽の中に君がいる』、シンコーミュージック、2009年、107-108頁
  9. ^ 『WHAT's IN?』ソニー・マガジンズ、2004年2月号
  10. ^ 奥田民生『FISH OR DIE』角川書店、1999年5月、89-91頁
  11. ^ 音楽サイト・バークス Mr.Childrenインタビュー
  12. ^ 別冊カドカワ 総力特集 奥田民生、角川書店、2004年10月、119頁
  13. ^ papyrus 2007年11号
  14. ^ 2008年9月19日放送のフジテレビ系『僕らの音楽』より
  15. ^ musica さらば00年代 10年総括インタビュー、FACT、2009年12月、19頁
  16. ^ 「沿志奏逢 3」Release Special 櫻井和寿Interview(前編) - FEATURE - エコレゾ ウェブ
  17. ^ 『ミュージックステーション』2014年9月26日放送

外部リンク

Mr.Children(カテゴリ)
桜井和寿 - 田原健一 - 中川敬輔 - 鈴木英哉
シングル | 
CD | 
1990年代 | 
92年 | 
1.君がいた夏 - 2.抱きしめたい

93年 | 
3.Replay - 4.CROSS ROAD

94年 | 
5.innocent world - 6.Tomorrow never knows - 7.everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

95年 | 
8.【es】 〜Theme of es〜 - 9.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

96年 | 
10.名もなき詩 - 11.花 -Mémento-Mori- - 12.マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-

97年 | 
13.Everything (It's you)

98年 | 
14.ニシエヒガシエ - 15.終わりなき旅

99年 | 
16.光の射す方へ - 17.I'LL BE


2000年代 | 
00年 | 
18.口笛 - 19.NOT FOUND

01年 | 
20.優しい歌 - 21.youthful days

02年 | 
22.君が好き - 23.Any - 24.HERO

03年 | 
25.掌/くるみ

04年 | 
26.Sign

05年 | 
27.四次元 Four Dimensions

06年 | 
28.箒星 - 29.しるし

07年 | 
30.フェイク - 31.旅立ちの唄

08年 | 
32.GIFT - 33.HANABI

09年 | 
-


2010年代 | 
10年 | 
-

11年 | 
-

12年 | 
34.祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces

13年 | 
-

14年 | 
35.足音 〜Be Strong

15年 | 
-

16年 | 
-

17年 | 
36.ヒカリノアトリエ - 37.himawari


コラボレーション | 
奇跡の地球(桑田佳祐&Mr.Children)


配信限定 | 
花の匂い - fanfare - かぞえうた - hypnosis - REM - 放たれる - here comes my love


アルバム | 
CD | 
オリジナル | 
1.EVERYTHING - 2.Kind of Love - 3.Versus - 4.Atomic Heart - 5.深海 - 6.BOLERO - 7.DISCOVERY - 8.Q - 9.IT'S A WONDERFUL WORLD - 10.シフクノオト - 11.I U - 12.HOME -13.SUPERMARKET FANTASY - 14.SENSE - 15.[(an imitation) blood orange] - 16.REFLECTION - 17.重力と呼吸

ベスト | 
Mr.Children 1992-1995 - Mr.Children 1996-2000 - Mr.Children 2001-2005 - Mr.Children 2005-2010

カップリング集 | 
B-SIDE

企画盤 | 
LAND IN ASIA - 1/42


配信限定 | 
Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25 - Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25


映像作品 | 
ライヴ | 
regress or progress '96-'97 tour final IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR '99 DISCOVERY - Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001 - Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001 - wonederful world on DEC 21 - Mr.Children Tour 2004 シフクノオト - MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field- - Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜 - Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR 2011 "SENSE" - Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field- - MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012 - Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour - Mr.Children REFLECTION{Live&Film} - Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 - Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 - Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸

ドキュメンタリー | 
【es】 Mr.Children in FILM - regress or progress '96-'97 DOCUMENT - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く

ミュージック・ビデオ | 
music clips ALIVE - Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25


映画 | 
【es】 Mr.Children in FILM - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children REFLECTION

書籍 | 
【es】 Mr. Children in 370 DAYS - Mr.Children 詩集「優しい歌」

関連項目 | 
エンジン(烏龍舎) - トイズファクトリー - ロボット - ap bank - THE WALLS - Bank Band - Reborn-Art Session


Bank Band
メンバー | 
小林武史(Keyboards) - 櫻井和寿 (Vocal & Guitar) 他多数

シングル | 
1.to U

ダウンロード配信 | 
1.生まれくる子供たちのために - 2.はるまついぶき - 3.奏逢 〜Bank Bandのテーマ〜 (Studio Live Ver.) - 4.こだま、ことだま。 - 5.MESSAGE -メッセージ-

アルバム | 
1.沿志奏逢 - 2.沿志奏逢2 - 3.沿志奏逢3 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/08/09 21:27

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「桜井和寿」の意味を投稿しよう
「桜井和寿」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

桜井和寿スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「桜井和寿」のスレッドを作成する
桜井和寿の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail