このキーワード
友達に教える
URLをコピー

桜井徳太郎_(陸軍軍人)とは?

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2019年4月)
 | 
この記事で示されている出典について、該当する記述が具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、特定が求められています。ご存知の方は加筆をお願いします。(2019年4月)

【桜井 徳太郎】

【生誕】
1897年6月21日
日本 福岡県
【死没】
(1980-12-28) 1980年12月28日(83歳没)
【所属組織】
大日本帝国陸軍
【軍歴】
1918 - 1945
【最終階級】
陸軍少将

桜井 徳太郎(さくらい とくたろう、1897年6月21日 - 1980年12月28日)は、日本陸軍軍人僧侶。最終階級は陸軍少将法名、全覚。

経歴

福岡藩士・小学校長、桜井英一の長男として福岡市に生まれる。中学修猷館熊本陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1918年5月、陸軍士官学校(30期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第36連隊付となる。1925年11月、陸軍大学校(37期)を卒業した。

陸軍戸山学校教官、北京陸大教官(中国政府招聘)、第10師団参謀、混成第8旅団参謀、歩兵第24連隊第3大隊長、陸軍歩兵学校教官、兼第1師団参謀、支那駐屯軍司令部付、第1軍参謀、陸大教官などを歴任し、1938年7月に陸軍中野学校が開校すると教官となり、支那事情を講義した。1939年8月、陸軍大佐に昇進。冀察政務委員会の第29軍軍事顧問であった。支那派遣軍司令部付、第34師団参謀長、陸軍憲兵学校陸軍軍医学校教官、歩兵第65連隊長などを経て、1943年8月、陸軍少将に進級した。

以後、第55歩兵団長、ビルマ方面軍司令部付(ビルマ国民軍顧問)などを務め、1945年4月に帰国。第212師団長として本土決戦に備える中で終戦を迎え、1945年12月に復員。

1948年4月、誠和連盟を設立。1961年12月、三無事件に関与したとして逮捕されるが不起訴処分となった。1966年6月、大覚寺得度を受け瑠璃光寺住職となる。

著書

脚注

  1. ^ 『陸軍中野学校』中野校友会編 1978年 36頁

参考文献

典拠管理

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/08 00:22

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「桜井徳太郎_(陸軍…」の意味を投稿しよう
「桜井徳太郎_(陸軍軍人)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

桜井徳太郎_(陸軍軍人)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「桜井徳太郎_(陸軍軍人)」のスレッドを作成する
桜井徳太郎_(陸軍軍人)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail