このキーワード
友達に教える
URLをコピー

森田一義アワー_笑っていいとも!とは?

【別名】
笑っていいとも!
いいとも!
【ジャンル】
バラエティ番組
【構成】
スタッフ参照
【ディレクター】
スタッフ参照
【監修】
スタッフ参照
【司会者】
森田一義(例外有)
【出演者】
いいとも青年隊
各曜日レギュラー陣
【ナレーター】
歴代ナレーション参照
【音楽】
鷺巣詩郎
伊藤銀次
【オープニング】
いいとも青年隊「ウキウキWATCHING
【エンディング】
同上(オフヴォーカル版)
【国・地域】
日本
【言語】
日本語
【話数】
全8054回
【製作】

【チーフ・
プロデューサー】
スタッフ参照
【プロデューサー】
スタッフ参照
【制作プロデューサー】
スタッフ参照
【編集】
なし(生放送)
【制作】
フジテレビバラエティ制作センター
(現・フジテレビ第2制作部)
【製作】
フジテレビ

【放送】

【放送局】
フジテレビ系列
(ネット局参照)
【映像形式】
SDTV(2005年7月22日まで)
HDTV(2005年7月25日より)
【音声形式】
モノラル
【放送期間】
1982年10月4日 - 2014年3月31日
【放送時間】
月曜 - 金曜 12:00 - 13:00
公式ウェブサイト
 | この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
 | この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(「草なぎ剛」の「なぎ」(弓剪))が含まれています(詳細)。

森田一義アワー 笑っていいとも!』(もりたかずよしアワー わらっていいとも)は、フジテレビ系列1982年(昭和57年)10月4日から2014年(平成26年)3月31日まで、毎週平日(月曜日から金曜日まで)の12:00 - 13:00(JST)に生放送されていたバラエティ番組。通称は『笑っていいとも!』、『いいとも!』。モノラル放送(モノステレオ放送)、ハイビジョン制作(2005年7月25日放送分から)を実施していた。

森田一義(タモリ)冠番組。タモリが司会を務める番組の中ではテレビ朝日系列タモリ倶楽部』 に次ぐ長寿番組。2014年3月31日の通常放送最終回、および同日ゴールデンタイムプライムタイム枠の『グランドフィナーレ 感謝の超特大号』と題した生放送特別番組で31年半の歴史に幕を下ろした。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 構成
    • 1.2 タイトルロゴ
    • 1.3 視聴率
  • 2 出演者
  • 3 番組の流れ
    • 3.1 オープニング
    • 3.2 エンディング
      • 3.2.1 歴代のタイムテーブル
  • 4 主要コーナー・企画
  • 5 番組の歴史
    • 5.1 放送時間の変遷
    • 5.2 記念回
    • 5.3 ギネス世界記録に認定
    • 5.4 タモリの休暇・不在時の対応
    • 5.5 25年連続同時間帯視聴率首位記録
    • 5.6 1980年代
    • 5.7 1990年代
    • 5.8 2000年代
    • 5.9 2010年代(2010年1月 - 2013年6月)
    • 5.10 番組末期(2013年7月 - 最終回)
    • 5.11 番組終了後
  • 6 放送事故・事件・ハプニング・現象
    • 6.1 事件・ハプニング
    • 6.2 現象
  • 7 テーマソング
    • 7.1 オープニング・エンディング曲
  • 8 観覧
  • 9 放送休止・中断
    • 9.1 重要事件・事故・自然災害による休止
    • 9.2 スポーツ関連(オリンピックなど)による休止
    • 9.3 一時中断・途中中断
  • 10 ネット局
    • 10.1 番組終了時のネット局
    • 10.2 過去のネット局
    • 10.3 ネット局に関する備考
    • 10.4 番組予告(クロスプログラム)
  • 11 スタッフ
    • 11.1 歴代ナレーション
    • 11.2 最終回時点
    • 11.3 歴代スタッフ
  • 12 関連商品
    • 12.1 書籍
    • 12.2 グッズ
    • 12.3 CD
    • 12.4 テレビゲーム
  • 13 脚注
    • 13.1 注釈
    • 13.2 出典
  • 14 関連番組
    • 14.1 派生番組
    • 14.2 いいとも!チームのスタッフによる担当番組
  • 15 関連項目
  • 16 外部リンク

概要

1982年10月4日、帯バラエティ番組『笑ってる場合ですよ!』の後継番組として放送開始。また、1982年10月24日(日曜日)には、『もう一度笑ってる場合ですよ!』の後継番組として姉妹番組の『笑っていいとも!増刊号』が放送を開始した。フジテレビ系列局がない地域においては他系列局で遅れネットも実施された。

他に派生番組として、年末年始の生放送特別番組『笑っていいとも!特大号』、の生放送大型特別番組『FNS27時間テレビ』内で日曜日の午前から午後のお昼の時間帯(10:30頃 - 12:30頃)に掛けて行われた『笑っていいとも!増刊号 生スペシャル』、番組改編時期(春3月・秋10月)に放送されていた特別番組『笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル』『笑っていいとも!新春祭』『夜の笑っていいとも!春・秋のドラマ特大号』が放送されていた。2012年夏には、当番組が放送開始30周年目ということで当番組をベースとした『FNS27時間テレビ 笑っていいとも! 真夏の超団結特大号!! 徹夜でがんばっちゃってもいいかな?』が放送されたこともある。

1970年代から1980年代当時の人気お笑いタレントが勢揃いしていた、帯バラエティ番組『笑ってる場合ですよ!』の後を受けて、当時深夜色の強いタレントであった森田一義(タモリ)を総合司会に起用する。『笑ってる場合ですよ!』に比べて視聴率的に苦戦することは十分予想できる事態であった。そのため、タモリ自身も3か月から半年での終了を予期していた。

しかし、番組放送開始から半年も経たないうちに視聴率が上昇し、同時間帯(月-金曜12時台)の年間平均視聴率では、1989年の統計開始から2013年までの25年間連続で民放横並び首位を獲得、「楽しくなければお昼じゃない!」(当時のフジテレビのキャッチフレーズ「楽しくなければテレビじゃない!」のもじり)の番組が掲げるコンセプトでタモリといいとも青年隊を軸として、月曜日から金曜日の各曜日レギュラー陣を始めとし、日替わりコーナーゲストに毎回「テレフォンゲスト」を1組招いて、タモリとトークを展開する「テレフォンショッキング」「各曜日日替わりコーナー」「曜日対抗いいともCUP」などのコーナーを主に放送していた。

末期には日本テレビ系『ヒルナンデス!』やTBS系『ひるおび!』に視聴率で越されることが多くなり、2013年4月からは40歳以上の主婦を狙った内容への転換が図られたが、新コーナーにタモリが何故か出演しないなど、番組改革とタモリとの不和が報じられていた。その後、2013年10月22日の放送において、2014年3月31日をもって終了することが発表された。

本番組の放送期間は31年6か月であった。これは本番組終了時点において、フジテレビ系列の帯番組最長記録となった。お笑い評論家のラリー遠田は、いいともの終わり(最終回)は「テレビ自体の最終回」であり、数千万人規模の大衆がそれだけを求め、心を奪われ、酔いしれる、華やかでにぎやかな「祝祭」としてのテレビの終焉と評している。

構成

当番組の特徴として、一般人・視聴者が出演者(芸能人著名人)と共に参加する視聴者参加型コーナーが、番組開始当初から長く続いていたことがあげられる。

基本的に、オープニング → 日替わりコーナー① → テレフォンショッキング → 日替わりコーナー② → 日替わりコーナー③ → 曜日対抗いいともCUP → エンディング。または、オープニング → 日替わりコーナー① → 日替わりコーナー② → テレフォンショッキング」→ 日替わりコーナー③ → 曜日対抗いいともCUP → エンディングという流れで生放送を行っていた。

生放送のため、テレフォンショッキングや番組後半の日替わりコーナー2本目が長引いた場合、日替わりコーナー3本目を休止または短縮してそのままエンディングになることがある。通常、当日にオーディションを行う視聴者が出演・参加をする日替わりコーナーを優先するが、日替わりコーナーが2本とも視聴者出演の日替わりコーナーだった場合や、報道などの事情で事前オーディションに受かって出演予定となっていた視聴者が出演できなかった例もある。

番組開始初期から続いたトークコーナーのテレフォンショッキングは、毎回ゲストを当番組に招いて、タモリとトークをするコーナーである。エンディングでは、週替わりの様々なゲームに各曜日レギュラー陣が挑戦し、曜日チーム同士の対抗戦で成績を争う 企画があった。このコーナーは『爆笑オールスター・タモリンピック』→『曜日対抗 いいとも!選手権』→『曜日対抗いいともCUP』と名称を変えながら、断続的に行われた(なお、一週間を通しての放送がない年末年始には放送されなかった)。

1991年1月から、番組生放送終了後の約30分間は総合司会の森田一義(タモリ)を始めとする、各曜日レギュラー陣がファンサービスも兼ねてスタジオ舞台上でトークを繰り広げる。その模様の一部は『笑っていいとも!増刊号』で放送されていた。増刊号の特別企画でもある「増刊号スペシャル」「いいとも!ファンクラブ通信」「森田一義アワー 座っていいとも!」「いいとも!スピンオフトーク」「いいとも!5DAYS」など複数の企画が行われていた。

日替わりゲストとしてテレフォンショッキングのゲスト1組(以下テレフォンゲスト)、各曜日日替わりコーナーゲストが宣伝や番宣を兼ねて1組から2組 出演していた。ゲストには多岐多彩な分野の人物が出演をしており、現役の内閣総理大臣が出演したこともあった。小渕恵三小泉純一郎が生放送中に電話出演したほか、2014年にはテレフォンゲストとして安倍晋三が生出演している。また、日本を訪れている外国の著名人が生出演することも多かった。

1998年10月より本番組開始前(11:57:15 - 11:57:30)に一部地域を除いて、クロスプログラム(番組宣伝)を生放送していた。

タイトルロゴ

【画像外部リンク】

番組ロゴ(フジテレビ番組基本情報ページ)

番組のタイトルロゴは、下記のとおりのデザインとなっており、番組開始から最終回まで基本的な形に変化はなかった。

2001年4月以降、『笑って』の書体を変更したデザインが、一部のセットやテロップで使われるようになった。また、ロゴの配色は基本的に赤一色だが、時期によっては、オープニングタイトルやスタジオセットなどで、赤以外の配色をしたこともある。2011年10月以降は、青・黄・緑など多色にリニューアルされたデザインがメインに用いられた(上部の画像リンクを参照)。

視聴率

1982年10月4日の第1回放送における視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下特記なき場合は省略)は4.5パーセント。

2014年3月31日放送の昼の通常放送の最終回の平均視聴率は16.3パーセント(2005年10月10日の16.6パーセント以来の高数字)、瞬間最高視聴率は12:45の18.4パーセントを記録。同日夜の『グランドフィナーレ 感謝の超特大号』の平均視聴率は28.1パーセント(瞬間最高視聴率は23:10の33.4パーセント)を記録し、有終の美を飾った。

全8,054回放送の番組平均視聴率は11.5パーセント。最高視聴率は1988年4月29日の27.9パーセント。最低視聴率は1982年10月15日の2.8パーセント。

出演者

 | 
記事の体系性を保持するため、リンクされている記事の要約をこの節に執筆・加筆してください。(使い方)

詳細は「笑っていいとも!レギュラー出演者一覧」を参照

番組の流れ

オープニング

いいとも青年隊(スタッフ隊・少女隊・AD隊)が番組テーマ曲である「ウキウキWATCHING」の歌とダンスにより放送開始し、タモリがテーマ曲のタイミングで歌いながら登場していた(タモリの歌唱は2000年2月まで。同年3月以降は後述するタモリの意向もあり、歌唱部分は省略となった)。その後、放送開始から1994年9月まではCMまでの約1分間、タモリのみのフリートークや各曜日レギュラー陣登場からのフリートーク、1994年10月以降は各曜日レギュラー陣登場後、オープニングコーナーを挟んでCM転換の形式を基調として番組進行していた。いずれの場合もCM前にタモリが「それじゃあ、今日もそろそろいってもいいかな?」とコールし、全員で「いいとも!」と言って提供クレジット(一部地域除く、初期は提供部分を差し替えるためこのコールが聞けない局もあった)が表示されていた。2014年3月31日の最終回では、本編としては実に14年ぶりとなる、タモリが歌唱しながら登場する形式がとられ、また、「グランドフィナーレ 感謝の超特大号」では初代セットおよび振付が再現された。 1988年昭和天皇病状悪化配慮に伴う歌舞音曲自粛のムードを受け、『ウキウキWATCHING』の歌を取りやめて、BGMが数秒流れてからのタモリによる挨拶・フリートーク(スタジオはすでにテレフォンショッキングのセットが出来上がっている状態でスタート)となり、CM前にテレフォンアナウンサーを呼び込んでいた。上記のコールもこの間は廃止していた。

エンディング

その日に登場した曜日レギュラー及び一部のゲストが(エンディングゲストがいる場合は招き入れて)、告知や生放送を振り返った後、コーナー募集があれば行い、放送終了時間が近づくとタモリが「また明日も見てくれるかな?」 と全員に尋ね、全員が「いいとも!」という流れで終わる形式であった。BGMは当初から一貫して「ウキウキWATCHING」のインストだったが、昭和天皇病状悪化の時期はオープニングと同じBGMでエンディングとなり、最後の流れも行われなかった。1996年までは、その後に一旦CMを挟んで放送終了後のスタジオの様子(1990年までは後枠の『ライオンのいただきます』のセットへ模様替えする様子)をバックに提供クレジット、さらに再びCMを挟んでアルタ前の様子をバックに翌日(金曜は翌週月曜日)の予告テロップを表示していた。

歴代のタイムテーブル

表記の時間など誤差あり。

1982年10月4日 - 1984年3月30日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)による番組テーマ曲「ウキウキWATCHING」の歌唱とタモリの軽いオープニングトーク
12:03頃 | テレフォンショッキング | 
12:16頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:29頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:39頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:48頃 | エンディング | 
12:53:00 | 放送終了 | 
1984年4月2日 - 1990年3月30日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)による番組テーマ曲「ウキウキWATCHING」の歌唱とタモリの軽いオープニングトーク
鶴瓶さんま鶴太郎関根などが登場する場合もある。
12:03頃 | テレフォンショッキング | 
12:20頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:40頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:50頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:55頃 | エンディング | 
12:57:00 | 放送終了 | 
1990年4月2日 - 1993年10月1日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)による番組テーマ曲「ウキウキWATCHING」の歌唱
各曜日レギュラー陣の一部出演者紹介
12:04頃 | テレフォンショッキング | 
12:20頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:40頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:50頃 | 爆笑オールスター!タモリンピック | 
12:55頃 | エンディング | 
12:57:00 | 放送終了 | 
1993年10月4日 - 1994年4月1日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)による番組テーマ曲「ウキウキWATCHING」の歌唱
各曜日レギュラー陣出演者紹介
12:04頃 | テレフォンショッキング | 
12:20頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:40頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:50頃 | 今日の反省会 | 
12:55頃 | エンディング | 
12:57:00 | 放送終了 | 
1994年4月4日 - 1995年9月29日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)による番組テーマ曲「ウキウキWATCHING」の歌唱
各曜日レギュラー陣の出演者紹介
12:02頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1)→勝手にハッピーハースデー!!(94年10月~) | 
12:12頃 | テレフォンショッキング | 
12:28頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:40頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:50頃 | いいとも!一言人生相談(~94年9月) | 
12:55頃 | エンディング | 
12:57:00 | 放送終了 | 
1995年10月2日 - 2000年3月31日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)による番組テーマ曲「ウキウキWATCHING」の歌唱
各曜日レギュラー陣出演者紹介
12:02頃 | 各曜日オープニングコーナー(1) | 
12:12頃 | テレフォンショッキング | 
12:28頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:40頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:50頃 | 曜日対抗いいとも!選手権 | 
12:55頃 | エンディング | 
12:57:00 | 放送終了 | 
2000年4月3日 - 2009年3月27日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)・各曜日レギュラー陣紹介
12:02頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:12頃 | テレフォンショッキング | 
12:28頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:45頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:55頃 | 曜日対抗いいとも!選手権
エンディング | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告(月曜日 - 木曜日)
増刊号の予告(金曜日) | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2009年3月30日 - 2010年7月16日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)・各曜日レギュラー陣紹介
12:01頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:13頃 | テレフォンショッキング | 
12:28頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:42頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:55頃 | 曜日対抗いいとも!選手権
エンディング | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告(月曜日 - 木曜日)
増刊号の予告(金曜日) | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2010年7月19日 - 2011年2月25日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)・各曜日レギュラー陣紹介
12:01頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:13頃 | テレフォンショッキング | 
12:28頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:42頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:55頃 | エンディング | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告(月曜日 - 木曜日)
増刊号の予告(金曜日) | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2011年2月28日 - 2011年4月1日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)・各曜日レギュラー陣紹介
12:03頃 | テレフォンショッキング | 放送開始当初のオープニングコーナーに復帰。
12:24頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:34頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:48頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:56頃 | エンディング | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告(月曜日 - 木曜日)
増刊号の予告(金曜日) | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2011年4月4日 - 8月5日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)・各曜日レギュラー陣紹介
12:01頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | ※曜日によってはテレフォンショッキング
12:13頃 | テレフォンショッキング | ※曜日によっては各曜日レギュラーコーナー(1)
12:28頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:42頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:55頃 | エンディング | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告(月曜日 - 木曜日)
増刊号の予告(金曜日) | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2011年8月8日 - 9月30日(パターン1)
時間 コーナー 内容
11:57:15 - 11:57:30 | ジャンクション(事前番宣告知) | 一部地域のみ放送
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいともAD隊(クルット&ハリー)・各曜日レギュラー陣紹介
12:01頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:15頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:32頃 | テレフォンショッキング | 
12:48頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:55頃 |  | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告 | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2011年8月8日 - 9月30日(パターン2)
時間 コーナー 内容
11:57:15 - 11:57:30 | ジャンクション(事前番宣告知) | 一部地域のみ放送
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいともAD隊(クルット&ハリー)・各曜日レギュラー陣紹介
12:03頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:16頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:33頃 | テレフォンショッキング | 
12:48頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:55頃 |  | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告 | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2011年8月8日 - 9月30日(パターン3)
時間 コーナー 内容
11:57:15 - 11:57:30 | ジャンクション(事前番宣告知) | 一部地域のみ放送
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいともAD隊(クルット&ハリー)・各曜日レギュラー陣紹介
12:01頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:15頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:28頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:40頃 | テレフォンショッキング | 
12:55頃 |  | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告 | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2011年10月3日 - 2012年3月30日
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)・各曜日レギュラー陣紹介
12:03頃 | テレフォンショッキング | 放送開始当初のオープニングコーナーに復帰。
12:24頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:34頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:48頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:55頃 |  | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告(月曜日 - 木曜日)
増刊号の予告(金曜日) | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2012年4月3日 - 9月28日(パターン1)
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)・各曜日レギュラー陣紹介
12:01頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:13頃 | テレフォンショッキング | 
12:28頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:42頃 | 各曜日レギュラーコーナー(3) | 
12:55頃 |  | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告(月曜日 - 木曜日)
増刊号の予告(金曜日) | 
12:58:00 | 放送終了 | 
2012年4月3日 - 9月28日(パターン2)
時間 コーナー 内容
12:00:00 | オープニング | タモリ・いいとも青年隊(少女隊・AD隊)・各曜日レギュラー陣紹介
12:01頃 | 各曜日レギュラーコーナー(1) | 
12:13頃 | テレフォンショッキング | 
12:28頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:42頃 | 各曜日レギュラーコーナー(2) | 
12:55頃 |  | 各曜日レギュラー陣やゲスト、各曜日レギュラーコーナーの告知・お知らせ など
12:57:55 | 翌日の予告(月曜日 - 木曜日)
増刊号の予告(金曜日) | 
12:58:00 | 放送終了 | 

主要コーナー・企画

笑っていいとも!のコーナー一覧」および「笑っていいとも!過去のコーナー一覧」も参照

番組の歴史

放送時間の変遷

【放送期間】
【放送時間 (JST)】
放送分数
1982年10月04日 - 1984年03月30日 | 12:00 - 12:55 | 55分
1984年04月02日 - 2014年03月31日 | 12:00 - 13:00 | 60分

記念回

※ 出典(フジテレビ公式サイト)

ギネス世界記録に認定

タモリの休暇・不在時の対応

タモリの主な休暇・不在年月日は、

などのほか、かつてはタモリが司会を務めていた深夜バラエティ番組『今夜は最高!』(日本テレビ系列)の日本国外ロケを兼ねてや1983年から1992年までの10年間は毎年、定期的に夏休みをとっていた。

当番組では、1985年から1988年の4年間は正月休暇をとったこともある。この期間の対応は、各曜日レギュラー陣の代表(リーダー)が番組全体の総合司会を担当していた。主に笑福亭鶴瓶明石家さんま関根勤片岡鶴太郎所ジョージなどが担当していた。

ゴルフのプレー中に起こした事故による時(2001年11月5日 - 14日)には、各曜日レギュラー陣が協力して番組を進行していた。

2009年7月10日放送分のエンディングで、平井理央(フジテレビアナウンサー、当時金曜日担当)から、タモリが精密検査(人間ドック)を行うために次週の放送出演を丸々休養することを発表した。その中で検査とともに白内障の手術も行うことをタモリが自ら語った。タモリが休養の期間は代役の総合司会者を立てず、各曜日レギュラー陣が臨時で司会・進行を務めた。

2013年7月1日放送分から一時、タモリが各曜日日替わりコーナーを1コーナー(オープニングコーナー)とテレフォンショッキングしか出演しないという形状になったが、2014年1月6日放送分から番組終了までは、全てのコーナーに出演する形に戻った。

笑っていいとも!レギュラー出演者一覧#タモリの休暇時の対応」も参照

過去には「タモリが前日仕事のために奈良に行って、当日の放送時間までに帰ってこられなくなった」という設定で明石家さんまにオープニングの代役を頼み、リハーサルまで行うというドッキリを仕掛けたことがある(実は本番時にタモリは観客席の最前列に座っており、さんまがオープニングテーマを歌い始めた直後にステージに上がってきて主役を奪い取り、思いっきりズッコケさせた)。

25年連続同時間帯視聴率首位記録

1980年代

2010Happy Mail