このキーワード
友達に教える
URLをコピー

横浜F・マリノスとは?

【横浜F・マリノス】

【原語表記】
横浜F・マリノス
【呼称】
横浜F・マリノス
【愛称】
横浜FM、F・マリノス、マリノス
【クラブカラー】
ブルー
レッド
ホワイト
【創設年】
1992年
【所属リーグ】
日本プロサッカーリーグ
【所属ディビジョン】
J1リーグ
【クラブライセンス】
J1
【ホームタウン】
神奈川県横浜市横須賀市大和市
【ホームスタジアム】

日産スタジアム
【収容人数】
72,081
【運営法人】
横浜マリノス株式会社
【代表者】
黒澤良二
【監督】
アンジェ・ポステコグルー
【公式サイト】
公式サイト

ホームカラー
 | 
アウェイカラー


■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ
【画像外部リンク】

横浜F・マリノス エンブレム
en:File:YokohamaFMarinos.png

横浜F・マリノス(よこはまエフ・マリノス、Yokohama F・Marinos)は、日本神奈川県横浜市 および横須賀市大和市 をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 運営会社
  • 2 歴史
    • 2.1 前身
    • 2.2 1990年代
    • 2.3 2000年代
    • 2.4 2010年代
  • 3 成績
  • 4 タイトル・表彰
    • 4.1 国内タイトル
    • 4.2 国際タイトル
    • 4.3 表彰
      • 4.3.1 J1リーグ
      • 4.3.2 Jリーグカップ
  • 5 ユニフォーム
    • 5.1 チームカラー
    • 5.2 ユニフォームデザイン
    • 5.3 スポンサー
    • 5.4 ユニフォームサプライ遍歴
    • 5.5 歴代ユニフォーム
    • 5.6 歴代スポンサー年表
  • 6 スタジアム・練習場
    • 6.1 スタジアム
      • 6.1.1 ホームゲーム開催試合数
    • 6.2 練習場
  • 7 所属メンバー
  • 8 永久欠番
  • 9 エピソード
  • 10 育成組織
    • 10.1 育成組織の沿革
      • 10.1.1 年表
    • 10.2 育成組織の戦績
      • 10.2.1 横浜F・マリノスユースの戦績
      • 10.2.2 ジュニアユース追浜の戦績
      • 10.2.3 プライマリーの戦績
      • 10.2.4 プライマリー追浜の戦績
    • 10.3 育成組織の決算
    • 10.4 ユース出身者
    • 10.5 参考文献
  • 11 ホームタウン活動
    • 11.1 サッカー教室
    • 11.2 障がい者サッカー
    • 11.3 地域イベントへの参加
    • 11.4 学校との業務提携
  • 12 トピック
    • 12.1 トリパラ
    • 12.2 メディア
    • 12.3 トリコロールマーメイズ
    • 12.4 海外クラブとの提携
    • 12.5 その他
  • 13 決算
    • 13.1 損益
    • 13.2 資産
  • 14 注釈
  • 15 出典
  • 16 関連項目
  • 17 外部リンク

概要

日産自動車サッカー部を前身として1992年に創設された、Jリーグ創設時からの加盟チーム(いわゆるオリジナル10)の一つで、元々のチーム名は「横浜マリノス」だったが、1999年に同じく横浜を本拠地としたオリジナル10の横浜フリューゲルスを吸収合併した際に、フリューゲルスを表す「F」の文字を入れた。チーム名の「マリノス (Marinos)」は、スペイン語船乗り水夫海兵隊員などを意味する。Jリーグ公式サイト及びテレビ中継では「横浜FM」、スポーツ振興くじ(toto)では「横浜M」と略される。なお、スポーツ新聞においては日刊スポーツとスポーツニッポンが、マリノスとフリューゲルスの合併以降、Fマリノスを「横浜」と表記している。

チームカラーは「青・白・赤」 の三色(トリコロール)。この三色は元々日産自動車コーポレートカラーであった。各色の意味合いは、青「冷静さと港町・横浜の海」、赤「スポーツに触れ合う場をつくり、皆が誇れるクラブを目指す」、白「皆に支えられ、息の長い活動を続ける、自立したサッカークラブを目指す」。

ホームタウンは神奈川県横浜市、横須賀市、大和市。横須賀市では1987年より夏島町追浜地区にてサッカースクールを開講している縁で2005年1月25日に、大和市は2006年より市内にてサッカースクールを開講している縁で2017年4月27日に、それぞれホームタウンへの追加が認められた。ホームスタジアムは横浜市港北区日産スタジアム(横浜国際総合競技場)。Jリーグ発足当初より横浜市神奈川区ニッパツ三ツ沢球技場(三ツ沢公園球技場)を使用していたが、2016年よりJリーグへの届け出上の本拠地を日産スタジアムに一本化した(詳細後述)。

クラブマスコットは、カモメをモチーフとした「マリノス君」と「マリノスケ」である。マリノスケは『月刊コロコロコミック』誌上で誕生、マリノス君の甥という設定。マリノスケはホームゲーム以外に地域のイベントにも参加している。2008年に横浜FM非公認のマスコットとして「ワルノス」が誕生し、「ワルノスクイーン」と共に行動している。2008年の開幕戦は「トリコロールランド」でダンスを披露。2008レジェンド・オブ・F・マリノスのトレーディングカードにも登場、非売品のグッズ(バンダナなど)のプレゼントや広報活動を行っている。2010年にチームよりTシャツとコインパースが公式グッズとして発売。2012年3月31日、日本サッカー協会文部科学省から独立し、翌4月1日、横浜FMの20周年記念に来日後(記念カード発売)、テレビカメラへの取材に応じた元アルゼンチン代表FWダビド・ビスコンティと共に、日本発祥の米菓、煎餅にちなんだグッズを紹介するなどのユニークなPRも行った。

クラブ増加、さらに近年オリジナル10のチームのJ2降格が相次ぐ中、下位リーグが創設後も1度も降格経験が無いクラブである。2018年現在、創設メンバーで一度も降格がないクラブは他に鹿島アントラーズのみ(合併で消滅した横浜フリューゲルスを除く)。

運営会社

横浜マリノス株式会社
YOKOHAMA MARINOS LTD.
種類
株式会社
【市場情報】
未上場
【本社所在地】
222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-3 DSM新横浜ビル 5F
【設立】
1992年7月17日
業種
サービス業
法人番号
7020001023990
【事業内容】
サッカークラブの運営
【代表者】
黒澤良二(代表取締役社長)
【資本金】
9,900万円(2018年1月期)
【売上高】
47億6,500万円(2018年1月期)
【営業利益】
600万円(2018年1月期)
【経常利益】
2,400万円(2018年1月期)
【純利益】
2,500万円(2018年1月期)
【純資産】
4,400万円(2018年1月期)
【総資産】
18億5,600万円(2018年1月期)
【決算期】
1月期
【主要株主】
日産自動車
シティ・フットボール・ジャパン
【外部リンク】
http://www.f-marinos.com
特記事項:1999年2月、日産フットボールクラブ株式会社から商号変更

運営会社である横浜マリノス株式会社は、元々は日産自動車の全額出資により設立・運営されていた(当時の商号は日産フットボールクラブ株式会社)が、横浜フリューゲルスとの経営統合時に、フリューゲルスの運営母体であった全日空スポーツを合併しており、全日空スポーツの親会社である全日本空輸 (ANA) が資本参加して「日産70%・ANA30%」の資本構成となった。2002年2月1日付でANA出資分を日産が買い取り、再び日産の完全子会社となったが、2005年2月1日付で第三者割当増資を行い、神奈川県に本社を置く7社 から0.98%ずつの出資を受けた。

2014年7月、マンチェスター・シティFCを運営するシティ・フットボール・グループ (CFG) が日産自動車と「グローバルサッカーパートナーシップ」を締結。これに伴い、日産自動車の保有株式(全体の約93%)のうち20%弱を取得し、日産に次ぐ第2位の株主となった。なお、実際のマネジメントはCFGの全額出資により設立された日本法人「シティ・フットボール・ジャパン」となり、2016年には同社社長である利重孝夫がチーム統括本部長に就任している。

歴史

前身

詳細は「日産自動車サッカー部」を参照

1990年代

2000年代

2000年

オズワルド・アルディレスが監督に就任。5年ぶりに1stステージで優勝、2ndステージ優勝の鹿島とのチャンピオンシップに敗れた。中村俊輔が史上最年少でMVPを受賞。

2001年

三浦淳宏柳想鉄等が移籍。ファーストステージ途中にアルディレス監督が解任。セカンドステージから、セバスティアン・ラザロニが監督に就任。ナビスコカップで初優勝。リーグ戦は1stステージが15位、2ndステージが10位、年間順位13位。

2002年

東京Vから日本代表中澤佑二磐田から奥大介(レンタル)、清水範久札幌からウィルなどを獲得。1stステージは2位、2ndステージは6位、年間順位2位。セカンドステージ途中に成績不振を理由にラザロニ監督を解任。

監督 岡田武史
1榎本達也


5ドゥトラ
22中澤佑二
3松田直樹
2柳想鐵


14奥大介
8遠藤彰弘
26那須大亮
7佐藤由紀彦


36マルキーニョス
9久保竜彦
2003年基本フォーメーション <4-4-2>
2003年

監督に岡田武史が就任。広島から日本代表久保竜彦佐藤由紀彦ユサンチョルマルキーニョスなどを獲得。1stステージおよび2ndステージ共に優勝、完全優勝で年間王者を獲得。

詳細は「2003年J1・2ndステージ最終節」を参照
2004年

岡田体制2年目。清水から韓国代表FWの安貞桓等を補強。昨年度の2ndステージに続きこの年の1stステージでも優勝、3ステージ連続優勝を達成。2ndステージは6位、サントリーチャンピオンシップで2ndステージ優勝の浦和と対戦、ホームは1 - 0で勝利、アウェイは0 - 1で敗退、PK戦で勝利し2年連続の年間王者となった。天皇杯は5回戦でJFL草津Vゴール負け。

2005年

岡田体制3年目。AFCチャンピオンズリーグ2005はグループステージで敗退。リーグ戦9位。

2006年

岡田体制4年目。元名古屋のFWマルケスを補強、開幕4連勝で首位に立ったが、第5節(浦和戦)以降の15試合で2勝と低迷。8月に岡田が監督を辞任、水沼貴史が後任監督に就任、前年と同じ9位で終了。

2007年

みなとみらいの『マリノスタウン』へクラブ事務所などを移転。奥大介久保竜彦ドゥトラなどのベテラン選手が退団、ユース・高校・大学からの若手選手が加入。監督に早野宏史が11年振りに就任し、前監督の水沼はコーチ就任。

FWの大島秀夫坂田大輔、トップ下の山瀬功治が2ケタ得点をマーク。大島は日本人最多得点、坂田はフェアプレー個人賞受賞、山瀬は日本代表にも選出。前年度を上回る7位でリーグ戦を終了したが、目標とした3位以内には届かなかった。天皇杯終了後に監督の早野、コーチの水沼・高橋真一郎・武藤覚らが退任。横浜FCとの横浜ダービーが開催され、横浜FCホームの第2節は0-1で敗れたが、横浜FMホームの第19節はチーム新記録の1試合8得点を記録し、8 - 1で勝利。なお同試合の前夜に日産スタジアム付近で「JUST GEDO」という名称のサポーター団体が横浜FCサポーターを暴行するという事件を起こし逮捕されている。

2008年

磐田元監督の桑原隆が監督就任。4月に3位につけたが、第9節の東京V戦から第19節のFC東京戦まで10試合連続で勝利無し(クラブタイ記録の公式戦6連敗も記録)で、第16節時点で16位へ転落。7月に桑原が解任、後任に統制本部長の木村浩吉が就任。第20節のG大阪戦で勝利を挙げると、第22節の札幌戦の勝利で降格圏を脱出した。年間順位は9位。天皇杯は準決勝でG大阪に敗退。

2009年
チームスローガン:Enjoy・Growing・Victory

木村吉体制2年目。田中隼磨名古屋乾貴士C大阪大島秀夫が新潟に移籍した。

リーグ戦13得点を挙げた渡邉千真天野貴史飯倉大樹などの抜擢・台頭、長谷川アーリアジャスールの成長、坂田大輔狩野健太らの復調など、上位の鹿島、川崎、清水、名古屋にホームゲームで勝利している一方、下位の山形に逆転負けを喫し、この年J2に降格となった千葉に2引き分けした。結局18チーム中10位に終わり、3年契約だった木村は監督契約を解除。

2010年代

2010年
チームスローガン:ACTIVE

元日本代表でクラブOBの木村和司が監督就任。6年ぶり復帰の波戸康広エスパニョールから8年ぶりの復帰の中村俊輔藤田優人バスティアニーニが入団。本シーズンは入場者数が前年比17.6%の増加となった。リーグ戦は一時上位争いに加わったが、最終順位8位。

最終節前に松田直樹山瀬功治などと契約更新しないと発表。最終節の大宮戦に敗北した後、この決定に反発したサポーターの前で社長の嘉悦朗が「2011年シーズンで3位以内でなければ辞任する」と発表。

シーズン終了後、松田(JFL松本へ移籍)、山瀬(川崎へ移籍)のほか、田中裕介(川崎)、河合竜二(札幌)、清水範久(福岡)、坂田大輔(ギリシャ1部アリス・テッサロニキ)、浦田延尚(鳥栖)、JFL金沢に期限付き移籍していた斎藤陽介(新潟S)がそれぞれ移籍、草津に期限付き移籍していた梅井大輝が退団、藤田優人横浜FC齋藤学愛媛FC田代真一がJFL・町田に1年間の期限付き移籍をし、シーズン途中に栃木に期限付き移籍した水沼宏太が、同クラブへの期限付き移籍期間を1年延長した。

2011年
チームスローガン:進化する心・技・体 ACTIVE 2011

木村和体制2年目。清水から青山直晃、川崎からユース出身の谷口博之から小林祐三東京Vから昨シーズンFC東京にレンタル移籍していた大黒将志を獲得、昨シーズン山形にレンタル移籍していた金根煥が復帰。4月30日付けで阿部陽輔が退団した。

リーグ戦は前半戦を首位で折り返した。後半戦も川崎に4 - 0で勝利する(9月14日ナビスコカップ第1回戦)などしたが、やがて優勝争いからも脱落。最終順位5位。天皇杯は準決勝で京都に延長戦で敗退。12月30日、監督の木村和司を解任。

8月12日松田直樹(8月4日死去)が在籍時に使用していた背番号3を永久欠番にすると発表。Jリーグ創設以来、サポーターナンバーを除いて初の永久欠番となった。

シーズン終了後、波戸康広が現役を引退、横浜FCへ期限付き移籍中の藤田優人(柏へ移籍)、秋元陽太(愛媛へ移籍)、渡辺千真長谷川アーリアジャスール(共にFC東京へ移籍)、端戸仁(北九州へ期限付き移籍)、武田英二郎(千葉へ期限付き移籍)、金根煥(鳥栖へ期限付き移籍)がそれぞれ移籍、田代真一が、町田への期限付き移籍期間を1年延長。

2012年
チームスローガン:All for Win

樋口靖洋が監督に就任。東京Vから富澤清太郎福岡から六反勇治中町公祐アトレチコ・ミネイロから2003年に在籍していたマルキーニョスを獲得、愛媛へ期限付き移籍していた齋藤学が復帰。シーズン開幕後の3月23日、かつて6シーズン在籍したドゥトラが、約6年ぶりに復帰。

序盤はチームワーストの開幕7戦未勝利であったが、第8節(神戸戦)から第22節(川崎戦)まで15戦無敗の成績。シーズン中はマルキーニョス富澤清太郎らのプレッシングに長けた移籍組が年間を通して活躍をみせ、秋口の連敗を経て再度順位をあげてゆき年間最少敗戦、最少失点を含めた4位でシーズンを終えた。天皇杯は準決勝で柏に敗退。

シーズン終了後、松本怜(大分へ期限付き移籍)、松本翔(愛媛へ期限付き移籍)、金井貢史(鳥栖へ期限付き移籍)、大黒将志(杭州緑城へ期限付き移籍)、青山直晃(甲府へ移籍)、森谷賢太郎(川崎へ移籍)、小野裕二(スタンダール・リエージュへ移籍)、谷口博之狩野健太(共に柏へ移籍)、水沼宏太(期限付き移籍先の鳥栖へ移籍)、金根煥(新潟へ移籍)がそれぞれ移籍し、千葉へ期限付き移籍していた武田英二郎鳥取に期限付き移籍。

監督 樋口靖洋
1榎本哲也


5ドゥトラ
22中澤佑二
4栗原勇蔵
13小林祐三


27富澤清太郎
8中町公祐
11齋藤学
25中村俊輔
7兵藤慎剛


18マルキーニョス
2013年基本フォーメーション <4-5-1>
2013年
チームスローガン:All for Win -Realize-

樋口体制2年目。SAGAWA SHIGA FCから奈良輪雄太、千葉から藤田祥史SC相模原からファビオを獲得し、町田へ期限付き移籍していた田代真一、北九州へ期限付き移籍していた端戸仁中国スーパーリーグ・杭州緑城へ期限付き移籍していた丁東浩が復帰。開幕から6連勝で第1節から第7節まで首位をキープ。第15、16節で4位に順位を下げたが、第21節で首位に浮上。第23節からは第28節を除いて第33節まで首位に立ったが、第33節、第34節(ホームの新潟戦、アウェーの川崎戦)と勝てば優勝という残り2節を続け様に落とし、残り2節を連勝した広島に優勝を奪われリーグ戦2位の成績。

ナビスコ杯は準決勝で柏に敗退。天皇杯は決勝で広島に勝利。日産FC横浜マリノスの名称であった第72回大会以来の優勝(日産自動車時代を含めて7度目の優勝)。

シーズン終了前に、マルキーニョス(後に神戸へ移籍)、丁東浩(蔚山現代へ移籍)が退団。
シーズン終了後に、天野貴史(千葉へ期限付き移籍)、田代真一(千葉へ移籍)、比嘉祐介(京都へ期限付き移籍)、金井貢史(期限付き移籍先の鳥栖へ完全移籍)、鳥取へ期限付き移籍中の武田英二郎(福岡へ期限付き移籍)がそれぞれ移籍した。 更に、中村俊輔がMVPを史上最年長で受賞した。

2014年
チームスローガン:All For Win -Fight it out!-

樋口体制3年目。新潟から三門雄大大宮から下平匠名古屋から藤本淳吾清水から伊藤翔、川崎から矢島卓郎を獲得。愛媛FCへ期限付き移籍していた松本翔が復帰。

FUJI XEROX SUPER CUPでは2013年シーズンの公式戦は3戦全勝していた広島に0-2で敗れ、初優勝を逃す。

9年ぶりに出場したAFCチャンピオンズリーグ2014では、第5節まで全チーム勝ち点7にひしめく大混戦、最終節で前年王者の広州恒大に敗れ、決勝トーナメント進出を逃す。

リーグ戦、マルキーニョス退団の穴を埋められず得点力不足に陥り、W杯中断中まで12と低迷。得点力不足打破のため、群馬G大阪にも在籍したラフィーニャKリーグ蔚山現代FCから完全移籍で獲得。

天皇杯3回戦では、J2北九州に延長戦を含めシュート30本を浴びせ(北九州は9本)圧倒しながら、延長後半アディショナルタイムに渡大生に逆転ゴールを許し2-3で敗退、ま

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/09/23 22:53

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「横浜F・マリノス」の意味を投稿しよう
「横浜F・マリノス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

横浜F・マリノススレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「横浜F・マリノス」のスレッドを作成する
横浜F・マリノスの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail