このキーワード
友達に教える
URLをコピー

横田真之とは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


横田 真之(よこた まさし、1962年11月26日 - )は、高知県南国市出身の元プロ野球選手(外野手)。ロッテオリオンズ・千葉ロッテマリーンズ中日ドラゴンズ西武ライオンズに在籍し、俊足巧打の外野手として活躍した。

目次

  • 1 経歴
  • 2 人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 表彰
    • 3.3 記録
    • 3.4 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

父親が王貞治のファンだったため、右利きながら小さい頃に左打ちに転向させられている。

香長中学では三番・三塁手を務めて県大会の決勝まで進んだが、中西清起を擁する小筑紫中学に敗れた。また、同じく3年生の時には南国市の相撲大会で優勝している。

熱心な勧誘を受けて、創立後間もない明徳高校に進学。同期には河野博文がいた。三塁手のレギュラーとして迎えた1年夏は初戦で敗退。

しかし2年の夏は五番・左翼手として5割近い打率でチームの高知県大会決勝進出に貢献し、惜しくも延長戦で高知高校に敗れている。

最後の夏となった1980年は再び決勝に進出するも、中西がエースを務める高知商高に2対3で敗れ、全国大会出場はならなかった。高校卒業後は、監督の松田昇の勧めもあって駒澤大学に河野とともに進む。

東都大学リーグ通算86試合に出場し、打率.274(314打数86安打)、6本塁打、40打点。1984年の秋季リーグ戦では優勝に貢献し最高殊勲選手に選ばれた。ベストナイン3度受賞。1984年のプロ野球ドラフト会議ロッテオリオンズから4位指名を受けて入団した。

ルーキーイヤーの1985年のキャンプは二軍スタートとなったが、一軍外野手のレギュラー候補だった高橋忠一がオープン戦で肩を脱臼し、紅白戦での二塁打を覚えていた落合博満が横田を推薦して一軍に昇格した。開幕戦の対日本ハム戦ではスタメン起用され、一時は控えとなるもオールスターゲーム前には打率が3割を超えてスタメンに定着している。同年は打率.300ちょうどで最終戦の第3打席を迎え、数字は気にしなくて良いという監督の稲尾和久の方針でそのまま松沼博久と対戦。緊張して臨んだ打席だったが、死球を受けて新人ながらシーズン3割を達成し、ベストナインに選ばれている。なお新人王は、同じく外野手のベストナインに選ばれ本塁打と打点で上回った阪急熊野輝光が選出され、投票では次点に終わった。

2年目の1986年はオープン戦で不調に陥るが、開幕後は一転して調子が上向きになる。最終的に前年を上回る打率.304で長嶋茂雄以来の史上2人目となる新人から2年連続での3割を記録し、ベストナインにも選ばれた。

落合が中日に移籍した1987年背番号が2となり、監督の有藤道世の方針で三番を任されるようになった。プレッシャーもあって打率が2割4分台まで低下したが、一番・西村徳文の後の二番に戻ると打撃が復調し、シーズン通算では打率.284と前年の2倍以上の26盗塁を残している。

その後もレギュラーとして活躍し、1988年10月15日の対阪急戦で右肩に全治3週間の怪我を負ったが、オフには元ミス鹿児島の女性と結婚している。

6年目の1990年7月14日の対オリックス戦でドン・シュルジーから死球を受け、右ヒジを骨折した。同年秋に戦列に復帰したものの、翌1991年はチームの若返りもあって出場機会が減少。

1992年オフに宇野勝長嶋清幸との交換で今野隆裕とともに中日にトレードされると、チームになじめず不振に陥り、1994年は一軍に上がれないまま自由契約となる。

1995年西武に移籍するも復調せず、同年で現役を引退した。

引退後は社会勉強のため宅配便のアルバイトを経て、知人の焼肉屋に勤務。料理を勉強して妻の出身地である鹿児島県だご汁などを出す飲食店を開業したが、2002年ごろに閉業。また、冬季はプロ野球マスターズリーグに参加し、福岡ドンタクズ・名古屋80D'sersに所属した。

人物

2013年のプロ野球ドラフト会議で実子の横田慎太郎阪神タイガースから2位指名を受けた。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1985 | ロッテ | 124 | 467 | 406 | 77 | 122 | 21 | 3 | 9 | 176 | 51 | 17 | 7 | 24 | 1 | 30 | 0 | 6 | 30 | 3 | .300 | .357 | .433 | .790
1986 | 123 | 441 | 398 | 57 | 121 | 15 | 1 | 8 | 162 | 42 | 11 | 7 | 17 | 1 | 22 | 1 | 3 | 46 | 4 | .304 | .344 | .407 | .751
1987 | 125 | 441 | 399 | 52 | 112 | 19 | 5 | 7 | 162 | 51 | 26 | 4 | 14 | 3 | 25 | 2 | 0 | 49 | 4 | .281 | .321 | .406 | .727
1988 | 122 | 475 | 428 | 41 | 116 | 20 | 4 | 3 | 153 | 27 | 10 | 10 | 15 | 2 | 26 | 1 | 4 | 60 | 10 | .271 | .317 | .357 | .675
1989 | 117 | 408 | 374 | 58 | 104 | 14 | 5 | 2 | 134 | 26 | 18 | 3 | 8 | 1 | 24 | 1 | 1 | 36 | 7 | .278 | .323 | .358 | .681
1990 | 66 | 165 | 143 | 17 | 32 | 5 | 2 | 3 | 50 | 16 | 4 | 2 | 5 | 1 | 14 | 1 | 2 | 10 | 2 | .224 | .300 | .350 | .650
1991 | 103 | 284 | 250 | 43 | 71 | 11 | 4 | 4 | 102 | 17 | 7 | 2 | 16 | 1 | 17 | 0 | 0 | 27 | 3 | .284 | .328 | .408 | .736
1992 | 96 | 212 | 175 | 24 | 45 | 4 | 2 | 2 | 59 | 9 | 15 | 3 | 10 | 1 | 23 | 1 | 3 | 24 | 1 | .257 | .351 | .337 | .689
1993 | 中日 | 27 | 18 | 17 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 2 | 1 | .059 | .111 | .059 | .170
1995 | 西武 | 14 | 20 | 19 | 0 | 3 | 1 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .158 | .158 | .211 | .368
通算:10年 917 | 2931 | 2609 | 370 | 727 | 110 | 26 | 38 | 1003 | 239 | 108 | 39 | 110 | 11 | 182 | 7 | 19 | 285 | 35 | .279 | .329 | .384 | .713

表彰

記録

背番号

脚注

  1. ^ 週刊ベースボール、2000年11月6日号、P.124
  2. ^ Number、1989年3月20日号、P.39
  3. ^ 週刊ベースボール、2000年11月6日号、P.125
  4. ^ 読売新聞、1988年10月18日付朝刊、P.19
  5. ^ 読売新聞、1990年7月17日付朝刊、P.19
  6. ^ 横田阪神2位に父真之さん「負けました」

関連項目

外部リンク

パシフィック・リーグ ベストナイン(外野手)
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 田宮謙次郎, 張本勲, 山内和弘
  • 1961 田宮謙次郎, 張本勲, 山内和弘
  • 1962 張本勲, 山内一弘, 吉田勝豊
  • 1963 張本勲, 広瀬叔功, 山内一弘
  • 1964 高倉照幸, 張本勲, 広瀬叔功
  • 1965 張本勲, 広瀬叔功, 堀込基明
  • 1966 高倉照幸, 張本勲, 毒島章一
  • 1967 土井正博, 長池徳二, 張本勲
  • 1968 G.アルトマン, 土井正博, 張本勲
  • 1969 長池徳二, 永淵洋三, 張本勲

  • 1970年代 | 
  • 1970 G.アルトマン, 長池徳二, 張本勲
  • 1971 門田博光, G.アルトマン, 長池徳二
  • 1972 長池徳二, 張本勲, 福本豊
  • 1973 長池徳二, 張本勲, 福本豊
  • 1974 D.ビュフォード, 張本勲, 福本豊
  • 1975 佐々木恭介, 白仁天, 弘田澄男
  • 1976 門田博光, 弘田澄男, 福本豊
  • 1977 門田博光, 福本豊, L.リー
  • 1978 佐々木恭介, 福本豊, 簑田浩二
  • 1979 新井宏昌, 栗橋茂, 福本豊

  • 1980年代 | 
  • 1980 栗橋茂, 福本豊, L.リー
  • 1981 島田誠, テリー, 福本豊
  • 1982 新井宏昌, 栗橋茂, 福本豊
  • 1983 島田誠, テリー, 簑田浩二
  • 1984 高沢秀昭, T.クルーズ, 簑田浩二
  • 1985 金森永時, 熊野輝光, 横田真之
  • 1986 秋山幸二, 新井宏昌, 横田真之
  • 1987 秋山幸二, 新井宏昌, T.ブリューワ
  • 1988 秋山幸二, 高沢秀昭, 平野謙
  • 1989 秋山幸二, 藤井康雄, R.ブライアント

  • 1990年代 | 
  • 1990 秋山幸二, 石嶺和彦, 西村徳文
  • 1991 秋山幸二, 佐々木誠, 平井光親
  • 1992 秋山幸二, 佐々木誠, 高橋智
  • 1993 秋山幸二, 佐々木誠, 藤井康雄
  • 1994 イチロー, K.ライマー, 佐々木誠
  • 1995 イチロー, 佐々木誠, D.ジャクソン
  • 1996 イチロー, 田口壮, 村松有人
  • 1997 イチロー, 佐々木誠, T.ローズ
  • 1998 イチロー, 大村直之, 柴原洋
  • 1999 イチロー, 谷佳知, T.ローズ

  • 2000年代 | 
  • 2000 イチロー, 柴原洋, S.オバンドー
  • 2001 礒部公一, 谷佳知, T.ローズ
  • 2002 谷佳知, T.ローズ, 小関竜也
  • 2003 谷佳知, T.ローズ, 和田一浩
  • 2004 和田一浩, SHINJO, 谷佳知
  • 2005 和田一浩, 宮地克彦, M.フランコ
  • 2006 稲葉篤紀, 松中信彦, 和田一浩
  • 2007 稲葉篤紀, 森本稀哲, 大村直之
  • 2008 稲葉篤紀, 栗山巧, リック
  • 2009 鉄平, 糸井嘉男, 稲葉篤紀

  • 2010年代 | 
  • 2010 多村仁志, T-岡田, 栗山巧
  • 2011 糸井嘉男, 内川聖一, 栗山巧
  • 2012 糸井嘉男, 角中勝也, 内川聖一
  • 2013 長谷川勇也, 内川聖一, 中田翔
  • 2014 柳田悠岐, 糸井嘉男, 中田翔
  • 2015 秋山翔吾, 柳田悠岐, 清田育宏
  • 2016 角中勝也, 糸井嘉男, 西川遥輝
  • 2017 柳田悠岐, 秋山翔吾, 西川遥輝
  • 2018 柳田悠岐, 秋山翔吾, 吉田正尚


  • ロッテオリオンズ 1984年ドラフト指名選手

    1位:笠原栄一 / 2位:小川博 / 3位:岡部明一 / 4位:横田真之 / 5位:金沢健一(入団拒否) / 6位:伊藤優


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/02 16:37

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「横田真之」の意味を投稿しよう
    「横田真之」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    横田真之スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「横田真之」のスレッドを作成する
    横田真之の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail