このキーワード
友達に教える
URLをコピー

橋本龍伍とは?

橋本 龍伍
はしもと りょうご
【生年月日】
1906年6月2日
【出生地】
日本 東京府荏原郡目黒村
【没年月日】
(1962-11-21) 1962年11月21日(56歳没)
【死没地】
日本 東京都
【出身校】
東京帝国大学法学部法律学科
【前職】
大蔵官僚
【所属政党】
(民主自由党→)
(自由党→)
自由民主党
【称号】
法学士
正三位
勲一等瑞宝章
【親族】
父・橋本卯太郎
長男・橋本龍太郎
次男・橋本大二郎
孫・橋本岳
第81代 文部大臣

【内閣】
第2次岸内閣
【在任期間】
1958年12月31日 - 1959年6月18日
第32代 厚生大臣

【内閣】
第2次岸内閣
【在任期間】
1958年6月12日 - 1959年6月18日
第21代 厚生大臣
第7代 行政管理庁長官

【内閣】
第3次吉田第2次改造内閣
第3次吉田第3次改造内閣
【在任期間】
1951年7月4日 - 1952年1月18日
衆議院議員

【選挙区】
岡山県第2区
【当選回数】
6回
【在任期間】
1949年1月24日 - 1962年11月21日

橋本 龍伍(はしもと りょうご、1906年(明治39年)6月2日 - 1962年(昭和37年)11月21日)は、日本大蔵官僚政治家衆議院議員(6期)。位階勲等正三位勲一等瑞宝章。称号は法学士

大日本麦酒常務を務めた橋本卯太郎の五男で、第82代・第83代内閣総理大臣橋本龍太郎および高知県知事を務めた橋本大二郎の父、衆議院議員橋本岳の祖父である。

少年の頃に結核性の腰椎カリエスに罹って11年に及ぶ闘病生活を送り、生涯杖を離せない身体となった。苦学して第一高等学校東京帝国大学法学部を卒業、大蔵官僚内閣官房次長を経て吉田学校の一員として文部大臣厚生大臣等を歴任した。

目次

  • 1 来歴・人物
    • 1.1 生い立ち
    • 1.2 大蔵官僚として
    • 1.3 政治家として
  • 2 栄典
  • 3 家族・親族
    • 3.1 橋本家
  • 4 エピソード
    • 4.1 人柄・性格
    • 4.2 その他
  • 5 脚注
  • 6 参考文献
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

来歴・人物

生い立ち

1906年6月2日、東京府荏原郡目黒村大日本麦酒(現・サッポロビール)社員の橋本卯太郎・マツの五男として生まれた。本籍渋谷区

逗子開成中学、第一高等学校文科乙を経て、1934年東京帝国大学法学部法律学科独法科卒業。大蔵省に入る。

大蔵官僚として

広島税務署長、大蔵省大臣官房戦時施設課長、経済安定本部財政金融局企業課長を歴任し、その間に独占禁止法などの立案に携わる。吉田茂首相の下で内閣官房次長となり、政界入りを勧められ退官。

政治家として

1949年衆院選で岡山2区より民主自由党公認で出馬し当選(当選同期に池田勇人佐藤栄作岡崎勝男前尾繁三郎麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。1951年7月、12月第3次吉田内閣第2次改造内閣第3次吉田内閣第3次改造内閣で厚生大臣兼行政管理庁長官に就任。1958年6月第2次岸内閣で厚生大臣に就任。1959年1月第2次岸内閣で文部大臣に就任。

1962年11月21日、喉頭により東京麻布の自宅において死去。葬儀委員長は自身と当選同期で親交があった佐藤栄作。墓は岡山県総社市宝福寺にある。

栄典

家族・親族

橋本家の人々、昭和16 (1941) 年撮影

橋本家

(岡山県総社市倉敷市東京都渋谷区港区)
実家
自家
左から二男・大二郎龍伍、後妻・正、長男 龍太郎
(昭和31年、撮影)

エピソード

人柄・性格

小学校はなんとか卒業することができたが、開成中学に進むころから闘病生活に入った。闘病生活の間に独学で勉強し、検定で開成中学を卒業した。病院から退院した時には高等学校の受験資格を得ていたため、第一高等学校に進学するべく願書を提出した。しかし身体障害者は軍事教練ができないという理由で、願書は突き返された。ひとまず慶應義塾に入学したが、入学したのと同時に連日文部省に通い直談判した。その結果、受験資格の認定制度が改定され、自分で行動できる障害者にも国立の高等学校、大学への受験資格が与えられるようになった。慶應を卒業することはなかったが、一度自分に門戸を開いてくれた学校への愛着は変わらず、長男龍太郎の慶應進学を大変喜んだという。

龍伍について長男龍太郎は「物心つくころから私には父におぶってもらったり抱いてもらったという記憶はありません。いつも松葉杖かステッキをついている父の後を追って歩いた、そんな思い出だけが残っています」。「私が自分の父親を尊敬し今でも誇りに思うのはそのハンディキャップにもかかわらず自分の人生を自分の力で切り拓いていった、その強靭な精神力です。そして絶対に物事に対してあきらめを持たなかった。本当に挑戦者という姿勢を生涯とり続けたことです」と述べている。

思想問題で官憲に追及されている友人を下宿にかくまったことにより、警察に2度拘留された。

自身の体が不自由だったことから、「政治は弱い人のためにある」を政治信条にしていた。

その他

趣味は登山、写真、美術鑑賞、和歌。宗教は臨済宗。住所は東京都港区麻布仲ノ町、岡山県総社市秦下。

脚注

  1. ^ 『岡山県歴史人物事典』には“東京都出身”とある。
  2. ^ 『第廿一版 人事興信録 下』昭和36年(1961年)、は二八に「東京都渋谷区在籍」とある。
  3. ^ 橋本龍伍著『独占禁止法と我が国民経済』日本経済新聞社、1947年、奥付・著者略歴
  4. ^ 『人事興信録 5版』(大正7年)は八五
  5. ^ 『明治大正人物史』
  6. ^ 橋本明著『戦後50年・年譜の裏面史 昭和抱擁 -天皇あっての平安-』 112頁
  7. ^ 石光真清著『城下の人』
  8. ^ 『仕事師と呼ばれた男 橋本龍太郎』 12-14頁
  9. ^ 『仕事師と呼ばれた男 橋本龍太郎』11頁
  10. ^ 『仕事師と呼ばれた男 橋本龍太郎』15頁
  11. ^ 『岡山県歴史人物事典』
  12. ^ 『第廿一版 人事興信録 下』昭和36年(1961年)、は二八より

参考文献

関連項目

外部リンク


行政管理庁長官(1951年 - 1952年)
総裁 | 

長官 | 
  • 船田享二
  • 殖田俊吉
  • 工藤鉄男
  • 本多市郎
  • 岡野清豪
  • 広川弘禅
  • 橋本龍伍
  • 木村篤太郎
  • 野田卯一
  • 本多市郎
  • 塚田十一郎
  • 西田隆男
  • 川島正次郎
  • 河野一郎
  • 大久保留次郎
  • 石井光次郎
  • 山口喜久一郎
  • 益谷秀次
  • 高橋進太郎
  • 小沢佐重喜
  • 川島正次郎
  • 山村新治郎
  • 増原恵吉
  • 福田篤泰
  • 田中茂穂
  • 松平勇雄
  • 木村武雄
  • 荒木万寿夫
  • 中村寅太
  • 浜野清吾
  • 福田赳夫
  • 保利茂
  • 細田吉蔵
  • 松沢雄蔵
  • 荒舩清十郎
  • 西村英一
  • 荒舩清十郎
  • 金井元彦
  • 宇野宗佑
  • 中曽根康弘
  • 斎藤邦吉
  • 後藤田正晴
  • 廃止


  • 文部大臣(1958年 - 1959年)
    再編前 | 
    文部大臣 | 
    文部卿 | 

  • 森有礼
  • 榎本武揚
  • 芳川顕正
  • 大木喬任
  • 河野敏鎌
  • 井上毅
  • 西園寺公望
  • 蜂須賀茂韶
  • 濱尾新
  • 外山正一
  • 尾崎行雄
  • 犬養毅
  • 樺山資紀
  • 松田正久
  • 菊池大麓
  • 児玉源太郎
  • 久保田譲
  • 桂太郎
  • 牧野伸顕
  • 小松原英太郎
  • 長谷場純孝
  • 柴田家門
  • 奥田義人
  • 大岡育造
  • 一木喜徳郎
  • 高田早苗
  • 岡田良平
  • 中橋徳五郎
  • 鎌田栄吉
  • 犬養毅
  • 岡野敬次郎
  • 江木千之
  • 岡田良平
  • 三土忠造
  • 水野錬太郎
  • 勝田主計
  • 小橋一太
  • 田中隆三
  • 鳩山一郎
  • 斎藤実
  • 松田源治
  • 川崎卓吉
  • 潮恵之輔
  • 平生釟三郎
  • 林銑十郎
  • 安井英二
  • 木戸幸一
  • 荒木貞夫
  • 河原田稼吉
  • 松浦鎮次郎
  • 橋田邦彦
  • 東條英機
  • 岡部長景
  • 二宮治重
  • 兒玉秀雄
  • 太田耕造
  • 松村謙三
  • 前田多門
  • 安倍能成
  • 田中耕太郎
  • 高橋誠一郎
  • 森戸辰男
  • 下条康麿
  • 高瀬荘太郎
  • 天野貞祐
  • 岡野清豪
  • 大達茂雄
  • 安藤正純
  • 松村謙三
  • 清瀬一郎
  • 灘尾弘吉
  • 松永東
  • 灘尾弘吉
  • 橋本龍伍
  • 松田竹千代
  • 荒木万寿夫
  • 愛知揆一
  • 中村梅吉
  • 有田喜一
  • 剱木亨弘
  • 灘尾弘吉
  • 坂田道太
  • 高見三郎
  • 稲葉修
  • 奥野誠亮
  • 三原朝雄
  • 永井道雄
  • 海部俊樹
  • 砂田重民
  • 内藤誉三郎
  • 谷垣専一
  • 田中龍夫
  • 小川平二
  • 瀬戸山三男
  • 森喜朗
  • 松永光
  • 藤尾正行
  • 塩川正十郎
  • 中島源太郎
  • 西岡武夫
  • 石橋一弥
  • 保利耕輔
  • 井上裕
  • 鳩山邦夫
  • 森山眞弓
  • 赤松良子
  • 与謝野馨
  • 島村宜伸
  • 奥田幹生
  • 小杉隆
  • 町村信孝
  • 有馬朗人
  • 中曽根弘文
  • 大島理森
  • 町村信孝


  • 科学技術庁長官 | 
  • 正力松太郎
  • 宇田耕一
  • 正力松太郎
  • 三木武夫
  • 高碕達之助
  • 中曽根康弘
  • 荒木万寿夫
  • 池田正之輔
  • 近藤鶴代
  • 佐藤栄作
  • 愛知揆一
  • 上原正吉
  • 有田喜一
  • 二階堂進
  • 鍋島直紹
  • 木内四郎
  • 西田信一
  • 平泉渉
  • 木内四郎
  • 前田佳都男
  • 森山欽司
  • 足立篤郎
  • 佐々木義武
  • 前田正男
  • 宇野宗佑
  • 熊谷太三郎
  • 金子岩三
  • 長田裕二
  • 中川一郎
  • 安田隆明
  • 岩動道行
  • 竹内黎一
  • 河野洋平
  • 三ッ林弥太郎
  • 伊藤宗一郎
  • 宮崎茂一
  • 中村喜四郎
  • 斎藤栄三郎
  • 大島友治
  • 山東昭子
  • 谷川寛三
  • 中島衛
  • 渡辺省一
  • 江田五月
  • 近江巳記夫
  • 田中眞紀子
  • 浦野烋興
  • 中川秀直
  • 近岡理一郎
  • 谷垣禎一
  • 竹山裕
  • 有馬朗人
  • 中曽根弘文
  • 大島理森
  • 町村信孝


  • 再編後 | 
  • 町村信孝
  • 遠山敦子
  • 河村建夫
  • 中山成彬
  • 小坂憲次
  • 伊吹文明
  • 渡海紀三朗
  • 鈴木恒夫
  • 塩谷立
  • 川端達夫
  • 高木義明
  • 中川正春
  • 平野博文
  • 田中眞紀子
  • 下村博文
  • 馳浩
  • 松野博一
  • 林芳正
  • 柴山昌彦

  • 省庁再編により、文部大臣と科学技術庁長官は文部科学大臣に統合された。テンプレート中の科学技術庁長官は国務大臣としてのもの。

    厚生大臣(1951年 - 1952年、1958年 - 1959年)
    再編前 | 
    厚生大臣 | 
    出典:wikipedia
    2019/06/07 21:40

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「橋本龍伍」の意味を投稿しよう
    「橋本龍伍」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    橋本龍伍スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「橋本龍伍」のスレッドを作成する
    橋本龍伍の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail