このキーワード
友達に教える
URLをコピー

檜枝岐村とは?

【国】
日本
【地方】
東北地方
【都道府県】
福島県
【郡】
南会津郡
団体コード
07364-4
法人番号
1000020073644
【面積】
390.46km

【総人口】
571
(推計人口、2018年10月1日)
人口密度
1.46人/km
【隣接自治体】
南会津郡只見町南会津町
群馬県利根郡片品村
新潟県魚沼市
栃木県日光市
【村の木】
ヒノキ
【村の花】
ミズバショウ
【村の鳥】
コマドリ
【檜枝岐村役場】

【村長】
星光祥
【所在地】
967-0525
福島県南会津郡檜枝岐村字下ノ原880番地
北緯37度1分26.9秒東経139度23分20.2秒座標: 北緯37度1分26.9秒 東経139度23分20.2秒

【外部リンク】
檜枝岐村

― 市 / ― 町・村



ウィキプロジェクト

檜枝岐村(ひのえまたむら)は、福島県南会津郡にある1889年(明治22年)4月1日に誕生した。

日本有数の「特別豪雪地帯」。平家の落人伝説が残る。村民の姓は「」「平野」「」で占められる。

目次

  • 1 概要
  • 2 地理
    • 2.1 隣接している自治体
  • 3 人口
  • 4 歴史
    • 4.1 年表
    • 4.2 変遷表
  • 5 行政
    • 5.1 村長選挙・村議会
  • 6 郵便
  • 7 教育
  • 8 交通
    • 8.1 鉄道
    • 8.2 道路
    • 8.3 路線バス
  • 9 警察
  • 10 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
  • 11 名品
  • 12 関連書籍・映像
  • 13 関連項目
  • 14 出典
  • 15 外部リンク

概要

高度経済成長期を迎えるまでは焼畑が夏の風物詩であり、山菜採りを主要な収入源とした他、木地加工や狩猟も行われてきた。前述の「平野」姓は平家の落人の系譜につながるとされ、「橘」姓は織田信長に追われた伊勢治田城主・楠七郎左衛門正具の一統に由来するとされている。

後述の通り、標高の高い山々に四方を囲まれた地域であるが、1960年代のダム開発と70年代の尾瀬の観光地化によって、80年代より農家の民宿業への転身、1986年の野岩線の浅草直結に伴う振興計画により、観光地化が進んでいる。1979年には景観保全のため、家々の屋根を赤錆色に統一。山人(やもーど)料理や年3回開催される檜枝岐歌舞伎スキー場も観光客を集めている。山人料理は山村ならでは食材を鍋料理などに仕立てることで知られ、山菜やキノコイワナなどの川魚、ウサギカモなどの肉、豆腐、裁ち蕎麦などを使う。珍しい料理としては、ハコネサンショウウオ唐揚げや、トウガラシを塩漬けした「山人漬」がある。

地理

檜枝岐村は、駒ケ岳と、燧ケ岳、帝釈山に囲まれ、それらの間を通る檜枝岐川(伊南川の俗称)と沿線の国道352号沿いに位置する。特に燧ケ岳 (2,356m) は、東北地方で最も標高が高い山である。村役場に隣接した集落の他は、村の面積のうち約98%を林野が占めている。福島県内で人口が最も少ない市町村であり、日本一人口密度の低い市町村となっている。

隣接している自治体

人口


檜枝岐村と全国の年齢別人口分布(2005年) | 檜枝岐村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 檜枝岐村
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

檜枝岐村(に相当する地域)の人口の推移
1970年 | 851人 | 

1975年 | 827人 | 

1980年 | 765人 | 

1985年 | 735人 | 

1990年 | 702人 | 

1995年 | 727人 | 

2000年 | 757人 | 

2005年 | 706人 | 

2010年 | 636人 | 

2015年 | 615人 | 


総務省統計局 国勢調査より

歴史

年表

変遷表

檜枝岐村村域の変遷表
1868年
以前 明治22年
4月1日 明治22年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
 | 檜枝岐村 | 檜枝岐村 | 檜枝岐村 | 檜枝岐村 | 檜枝岐村

行政

村長選挙・村議会

1963年の村長選挙は立候補した二人が義理の兄弟で親族を巻き込み村を二分した激戦になり、しこりが残ったといい、それ以降はその様になることを嫌って、1967年から2003年までは10回連続で村長は無投票当選となっていた。2007年には候補者が2人出現したため、無投票とはならずに村長選挙が行われたが、ポスターや演説が行われない選挙活動で選挙が行われた。また、村議会議員は民宿などの宿泊施設の経営者で占められている。

郵便

教育

鷹巣地区の学校については、魚沼市を参照のこと。

交通

鉄道

道路

路線バス

警察

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

会津駒ヶ岳
桧枝岐の舞台
桧枝岐名物裁蕎麦とはっとう餅

名品

関連書籍・映像

書籍
TV

関連項目

出典

  1. ^ 日本の地誌4 東北 488頁
  2. ^ “サンショウウオ・山菜…福島の秘境に「山人料理」主食はソバ、村人の知恵”. 日本経済新聞夕刊(食ナビ). (2017年2月28日). http://style.nikkei.com/article/DGXKZO13421790X20C17A2NZ1P01?channel=DF140920160961
  3. ^ 檜枝岐村役場 公式ホームページ
  4. ^ 日本の地誌4 東北 498頁
  5. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 7 福島県』、角川書店、1981年 ISBN 4040010701より
  6. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より
  7. ^ 2006年までは枝折峠区間において「午前は魚沼市街→銀山平方向への、午後は銀山平→魚沼市街方向への各一方通行&二輪車終日通行禁止」とする規制が行われていた。
  8. ^ 東北地方と関東地方を結ぶ車両通行が可能な一般道の最西端は「栃木県道・福島県道350号栗山舘岩線」となる(但し県境部は未舗装で冬期閉鎖)。
  9. ^ 新日本風土記>「奥会津檜枝岐」

外部リンク

福島県自治体
市部 | 

伊達郡 | 
  • 桑折町
  • 国見町
  • 川俣町

  • 安達郡 | 
  • 大玉村

  • 岩瀬郡 | 
  • 鏡石町
  • 天栄村

  • 南会津郡 | 
  • 下郷町
  • 檜枝岐村
  • 只見町
  • 南会津町

  • 耶麻郡 | 
  • 北塩原村
  • 西会津町
  • 磐梯町
  • 猪苗代町

  • 河沼郡 | 
  • 会津坂下町
  • 湯川村
  • 柳津町

  • 大沼郡 | 
  • 三島町
  • 金山町
  • 昭和村
  • 会津美里町

  • 西白河郡 | 
  • 西郷村
  • 泉崎村
  • 中島村
  • 矢吹町

  • 東白川郡 | 
  • 棚倉町
  • 矢祭町
  • 塙町
  • 鮫川村

  • 石川郡 | 
  • 石川町
  • 玉川村
  • 平田村
  • 浅川町
  • 古殿町

  • 田村郡 | 
  • 三春町
  • 小野町

  • 双葉郡 | 
  • 広野町
  • 楢葉町
  • 富岡町
  • 川内村
  • 大熊町
  • 双葉町
  • 浪江町
  • 葛尾村

  • 相馬郡 | 
  • 新地町
  • 飯舘村


  • 【典拠管理】

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/19 23:28

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「檜枝岐村」の意味を投稿しよう
    「檜枝岐村」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    檜枝岐村スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「檜枝岐村」のスレッドを作成する
    檜枝岐村の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail