このキーワード
友達に教える
URLをコピー

櫻井よしことは?

この記事は中立的な観点に基づく疑問が提出されているか、議論中です。そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。議論はノートを参照してください。(2018年7月)
 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年7月)

 | 
この記事は大言壮語的な記述になっています。
Wikipedia:大言壮語をしないを参考に修正して下さい。(2018年7月)

櫻井 良子

2015年7月10日伊藤穰一撮影

【生誕】
(1945-10-26) 1945年10月26日(72歳)
フランス領インドシナ連邦 ハノイ
(現:ベトナム社会主義共和国ハノイ市)

【国籍】
日本
【別名】
櫻井 よしこ(さくらい よしこ)
【教育】
ハワイ大学マノア校歴史学部卒業
【職業】
ジャーナリスト
ニュースキャスター
代表経歴
NNNきょうの出来事』メインキャスター
新報道プレミアA』コメンテーター
【肩書き】
国家基本問題研究所理事長
「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会代表
「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表
言論テレビ会長
【公式サイト】
http://yoshiko-sakurai.jp/

櫻井 よしこ(さくらい よしこ、1945年(昭和20年)10月26日 - )は、日本政治活動家、自称ジャーナリストインターネット番組のニュースキャスター国家基本問題研究所理事長、言論テレビ株式会社会長(代表権なし)、「21世紀の日本と憲法」有識者会議代表、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表。本名は櫻井 良子(さくらい よしこ)。以前は本名の「櫻井良子」名義で活動していたが、1994年4月に「櫻井よしこ」の表記に改めた。 血液型はO型。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 生い立ち
    • 1.2 ジャーナリスト・言論活動
    • 1.3 メディア出演
  • 2 人物・発言
    • 2.1 歴史認識
    • 2.2 世界
    • 2.3 ジャーナリズム
    • 2.4 皇室
    • 2.5 国籍法改正・外国人参政権
    • 2.6 選択的夫婦別姓制度
    • 2.7 原子力発電
    • 2.8 沖縄基地問題
    • 2.9 その他
  • 3 批判
  • 4 著書
    • 4.1 単著
    • 4.2 共編著
    • 4.3 翻訳
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

経歴

生い立ち

ベトナム民主共和国ハノイの野戦病院で日本人の両親の間に生まれた。敗戦後、大分県中津市に住んだ後、母親(小千谷市出身)の郷里に近い新潟県長岡市に転居した。

新潟県立長岡高等学校卒業後、慶應義塾大学文学部に進学するが中退し、ハワイ大学マノア校歴史学部を卒業。

ジャーナリスト・言論活動

2015年7月10日、『櫻LIVE』の収録を前に(伊藤穰一撮影)

英字新聞『クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局などを経て、1980年5月から1996年3月まで日本テレビNNNきょうの出来事』のメインキャスターを務めた。1993年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞。1995年薬害エイズ事件を論じた『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』で第26回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。なお、薬害エイズ事件で櫻井から追及された安部英は無罪判決を受け、櫻井は名誉毀損で訴えられた(後述)。

「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会』(民間憲法臨調)代表。2007年12月、国家基本問題研究所を設立し、初代理事長。2012年10月インターネットテレビ「言論テレビ:櫻LIVE」を始める。2014年10月、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」を、2015年8月には「平和安全法制の早期成立を求める国民フォーラム」を結成。2015年3月末、日本青年会議所にて「グローバルリーダー育成塾」を創設し塾頭。

メディア出演

報道2001』(フジテレビ)や『サンデープロジェクト』(テレビ朝日)などの討論番組に、不定期で出演している。『新報道プレミアA』(フジテレビ・関西テレビ)ではレギュラーコメンテーターを務めた。

人物・発言

 | 

この節には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 信頼性について検証が求められています。確認のための情報源が必要です。(2008年1月)
  • 雑多な内容が羅列されています。(2010年4月)

歴史認識

世界

2008年1月23日土井香苗(左)との人権に関する対談にて(伊藤穰一撮影)

ジャーナリズム

2015年7月10日、『櫻LIVE』の収録を前に(伊藤穰一撮影)

皇室

国籍法改正・外国人参政権

選択的夫婦別姓制度

原子力発電

福島第一原子力発電所事故後の平成23年(2011年)7月14日産経新聞社主催の第256回全国縦断「正論」鹿児島講演会で講演し、「核をつくる技術が外交的強さにつながる。原発の技術は軍事面でも大きな意味を持つ」と主張し、「原発を忌避するのではなく、二度と事故を起こさないようにする姿勢こそ必要」と強調した。

平成24年(2012年)12月8日福島県郡山市の福島県双葉郡8町村の議員研修会で講演し、「年1ミリシーベルトの除染基準は古里再生のために緩和すべきだ」、「放射線には幅広い意見があるが、政治家は事実を見るべきだ。人類が持つ科学的事実は広島、長崎、チェルノブイリの疫学データしかない。国連科学委員会や国際放射線防護委員会は100ミリシーベルト以下の影響に有意性はないと結論付けている」、「科学的根拠のない年1ミリシーベルトを除染の基準にして大量の土砂を積み上げ、自分たちで新たな問題をつくり出している。大人は年20ミリシーベルト、子どもも10ミリシーベルトまでは大丈夫と、国の責任で言わなければならない。町村議は住民と一緒にうろたえていてはいけない」と発言した。

沖縄基地問題

2014年11月9日沖縄県知事選の最中に沖縄県豊見城市で行われた講演会で、「中国の脅威の最前線に否応なく立たされている沖縄を『力強い砦』にしないといけない」「中国に侵略されないような『防人』になって、もう一回、日本を盛り立てる」と、沖縄県の住民が防人になることを望む発言した。

その他

2003年8月22日伊藤穰一との住民基本台帳ネットワークに関する対談を前に(伊藤穰一撮影)

批判

著書

単著

ここまで「桜井良子」名義、以後は「―よしこ」名義

共編著

翻訳

脚注

  1. ^ テレビ朝日「グレートマザー物語」第61回「櫻井よしこの母 〜大丈夫は幸せの合言葉〜
  2. ^ 櫻井よしこ著書『何があっても大丈夫』(新潮社)2005年2月 ISBN 4104253073
  3. ^ 『何があっても大丈夫』 櫻井よしこ 2005年 新潮社 - 慶應塾生新聞
  4. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  5. ^ グローバルリーダー育成塾|講師紹介 日本青年会議所
  6. ^ 賛同者一覧※平成20年1月24日現在”. 映画「南京の真実」製作委員会. 2016年6月17日閲覧。
  7. ^ 櫻井よしこ「沖縄集団自決、高裁判決を疑う」、『週刊新潮』2008年11月13日号、新潮社2011年6月13日閲覧。
  8. ^ つくる会「沖縄問題」緊急シンポ 600名が東京・杉並公会堂に集う 大江裁判の第一審不当判決を厳しく批判!”.
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/09/21 14:59

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「櫻井よしこ」の意味を投稿しよう
    「櫻井よしこ」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    櫻井よしこスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「櫻井よしこ」のスレッドを作成する
    櫻井よしこの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail