このキーワード
友達に教える
URLをコピー

武山真吾とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
愛知県名古屋市緑区
【生年月日】
(1984-06-22) 1984年6月22日(34歳)
【身長
体重】
179 cm
88 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
捕手
【プロ入り】
2002年 ドラフト10巡目
【初出場】
2008年5月31日
【年俸】
1,500万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


武山 真吾(たけやま しんご、1984年6月22日 - )は、愛知県名古屋市緑区出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 横浜時代
    • 1.3 西武時代
    • 1.4 中日時代
  • 2 人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別守備成績
    • 3.3 記録
    • 3.4 背番号
    • 3.5 登場曲
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入り前

中学時代は、名古屋市内では強豪の緑クラブへ入団する。中学2年生の頃から正捕手の座を勝ち取り、卓越した強肩・強打で打順5番・6番を務める。明かりのない夜にキャッチャーフライをしても、音と感覚で場所がわかり見事にキャッチする事がこのころからできていた。

2002年度ドラフト会議にて、横浜ベイスターズから10巡目指名を受けて入団。

横浜時代

横浜時代(2010年5月5日、横浜スタジアム)
西武時代(2013年7月31日、こまちスタジアム)

2005年フレッシュオールスターゲームに出場し、優秀選手賞を受賞した。

2006年、序盤から一軍に控え捕手として待機していたが出場機会はなかった。

2007年イースタン・リーグにおいて、出場機会増加を目的に三塁手へ準コンバートされ、この年は捕手・三塁手・一塁手左翼手で起用された。二軍では規定打席不足ながら打率.300を越え、チームトップの9本塁打を記録した。

2008年5月31日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)で一軍初出場を果たし、相川亮二の故障離脱を補った。チームが最下位と低迷する中、武山の活躍によってチームの起用法を若手中心に転換させた。後半は相川の再離脱も重なったことで斉藤俊雄と併用され、シーズン33試合に出場した。

2009年、5月に田代富雄が監督代行に就任すると即一軍に昇格し、新沼慎二細山田武史との併用でスタメンに抜擢されるようになった。途中加入したスティーブン・ランドルフとのバッテリーで好成績を残し、最終的には細山田に次いでマスクをかぶり自己最多の49試合に出場した。新沼や細山田の盗塁阻止率が1割台と低迷し、球団ワーストとなる阻止率.181をマークする中、自身は.273と守りでアピールした。

2010年、開幕前に移籍してきた橋本将に次ぐ2番手捕手だったが、橋本の離脱以降は前年同様に阻止率の低迷に苦しむチームに肩でアピールし、レギュラーを獲得した。チーム捕手最多の95試合に出場したが、打撃面においては打率.187と結果を残せなかった。

2011年4月12日に「8番・捕手」として初の開幕スタメン入りを果たす。一時はセントラル・リーグトップの盗塁阻止率を誇ったが、打撃面は不調だった。その後は自身の不調や投手陣が崩壊した影響で、7月26日に降格して以降は一軍出場がなかった。同年11月22日後藤武敏との交換トレード埼玉西武ライオンズへ移籍。背番号は52

西武時代

2012年5月バセドー病に罹り、治療の末に回復はしたものの一軍昇格はならなかった。

2013年5月15日東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で西武移籍後初ヒットとなる2点タイムリーを代打で放った。

2014年4月に代打で出場したが、その1試合の出場にとどまっていた。5月2日、金銭トレードで中日ドラゴンズへの移籍が発表された。背番号は49

中日時代

2014年、打撃は低迷したが、山井大介ダニエル・カブレラなどを中心にマスクをかぶるなど谷繁元信松井雅人に次ぐ出場機会を得た。また、盗塁阻止率はチームトップの.412をマークした。

2015年、背番号を「52」に変更。開幕から松井雅と併用で使われていたが、4月18日の広島戦に代走として出場した際に本塁クロスプレーで広島の捕手會澤翼と激突して脚を負傷し、担架で運ばれて試合から退いた。同月20日に右前距腓靱帯の損傷と診断され、以降のシーズンを棒に振った。9月には負傷箇所の手術を受けた。

2016年、開幕一軍に入るもスタメン出場はなく、15試合の出場に終わった。

2017年、開幕から二軍暮らしが続いたが、6月15日の埼玉西武ライオンズ戦で一軍に昇格。17日の西武戦で移籍後初のタイムリーを放った。以降は田島慎二などを中心にバッテリーを組み抑え捕手として出場した。オフに背番号を39に変更した。

2018年は30試合に出場したが、打率1割未満に終わった。

人物

横浜時代の応援歌は2010年5月から若菜嘉晴秋元宏作中村武志に使用されていたものが使われていた。これは中村を慕う武山が自ら希望したことによる。なお、2018年より中村が中日時代に着けていた背番号39を着けることになった。 。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

2008 | 横浜 | 33 | 81 | 74 | 2 | 17 | 3 | 0 | 0 | 20 | 5 | 0 | 0 | 3 | 0 | 3 | 1 | 1 | 23 | 1 | .230 | .269 | .270 | .540
2009 | 49 | 130 | 120 | 7 | 29 | 5 | 0 | 0 | 34 | 5 | 1 | 1 | 2 | 0 | 7 | 1 | 1 | 35 | 2 | .242 | .289 | .283 | .572
2010 | 95 | 298 | 257 | 15 | 48 | 8 | 2 | 1 | 63 | 22 | 0 | 0 | 16 | 2 | 20 | 8 | 1 | 56 | 5 | .187 | .246 | .245 | .491
2011 | 46 | 102 | 88 | 4 | 11 | 3 | 0 | 1 | 17 | 5 | 0 | 0 | 6 | 1 | 4 | 0 | 3 | 26 | 4 | .125 | .188 | .193 | .381
2013 | 西武 | 19 | 16 | 15 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 6 | 0 | .067 | .125 | .067 | .192
2014 | 1 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
中日 | 33 | 72 | 63 | 4 | 8 | 0 | 0 | 1 | 11 | 5 | 0 | 0 | 4 | 1 | 3 | 0 | 1 | 15 | 1 | .127 | .176 | .175 | .351
'14計 34 | 73 | 63 | 4 | 8 | 0 | 0 | 1 | 11 | 5 | 0 | 0 | 4 | 1 | 3 | 0 | 1 | 16 | 1 | .125 | .174 | .172 | .346
2015 | 11 | 27 | 22 | 1 | 2 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 4 | 0 | 0 | 8 | 1 | .091 | .231 | .091 | .322
2016 | 15 | 5 | 4 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 2 | 0 | .000 | .200 | .000 | .200
2017 | 50 | 76 | 66 | 2 | 15 | 1 | 0 | 1 | 19 | 7 | 0 | 0 | 2 | 0 | 7 | 0 | 1 | 21 | 3 | .227 | .311 | .288 | .599
2018 | 30 | 54 | 44 | 1 | 3 | 2 | 0 | 0 | 5 | 6 | 0 | 0 | 2 | 3 | 5 | 1 | 0 | 17 | 0 | .068 | .154 | .114 | .267
NPB:10年 382 | 862 | 754 | 39 | 134 | 22 | 2 | 4 | 172 | 57 | 1 | 1 | 36 | 7 | 54 | 11 | 9 | 210 | 17 | .178 | .239 | .228 | .467

年度別守備成績

【年
度】
捕手
一塁
【試

合】


















【企

数】
【許

塁】






【試

合】
【刺

殺】
【補

殺】
【失

策】
【併

殺】



2008 | 29 | 126 | 11 | 1 | 2 | 2 | .993 | 15 | 11 | 4 | .267 | -
2009 | 49 | 293 | 27 | 2 | 4 | 2 | .994 | 33 | 24 | 9 | .273 | -
2010 | 90 | 519 | 55 | 4 | 7 | 2 | .993 | 85 | 64 | 21 | .247 | -
2011 | 45 | 189 | 26 | 0 | 0 | 3 | 1.000 | 23 | 13 | 10 | .435 | -
2013 | 6 | 13 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 0 | 0 | 0 | - | 3 | 5 | 0 | 0 | 0 | 1.000
2014 | 32 | 156 | 13 | 1 | 1 | 3 | .994 | 17 | 10 | 7 | .412 | 1 | 2 | 0 | 0 | 1 | 1.000
2015 | 10 | 42 | 6 | 0 | 1 | 1 | .994 | 10 | 7 | 3 | .300 | -
2016 | 15 | 21 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 1 | 1 | 0 | .000 | -
2017 | 50 | 168 | 16 | 0 | 0 | 1 | 1.000 | 15 | 10 | 5 | .333 | -
通算 326 | 1527 | 154 | 8 | 15 | 14 | .995 | 199 | 140 | 59 | .296 | 4 | 7 | 0 | 0 | 1 | 1.000

記録

初記録
その他の記録

背番号

登場曲

脚注

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年11月13日閲覧。
  2. ^ 【西武】武山捕手と桟原投手の入団を発表日刊スポーツ、2011年12月2日閲覧。
  3. ^ バセドー病から再起へ 炭谷居ぬ間に武山弾スポニチ、2013年2月18日閲覧。
  4. ^ トレードのお知らせ埼玉西武ライオンズ、2014年5月2日閲覧
  5. ^ ドラゴンズニュース 武山真吾捕手を獲得中日ドラゴンズ公式サイト、2014年5月2日閲覧。
  6. ^ “中日武山負傷交代、谷繁兼任監督がマスク”. 日刊スポーツ. (2015年4月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1463488.html 2015年11月7日閲覧。
  7. ^ “中日武山は右前距腓靱帯の損傷、全治は不明”. 日刊スポーツ. (2015年4月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1464932.html 2015年11月7日閲覧。
  8. ^ “中日武山、100万減で契約「チャンスは必ず来る」”. 日刊スポーツ. (2015年11月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1563127.html 2015年11月7日閲覧。
  9. ^ “谷元、背番号14に変更=プロ野球・中日”. 時事ドットコム. (2017年11月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112700811&g=spo 2018年1月18日閲覧。
  10. ^ “正捕手のテーマ”を自分の応援歌に。横浜・武山真吾が扇の要になる日。(2/3) - Number Web : ナンバー

関連項目

外部リンク

中日ドラゴンズ 2019
監督 | 

一軍コーチ | 
  • 91 伊東勤(ヘッド)
  • 85 村上隆行(打撃)
  • 71 波留敏夫(打撃)
  • 74 阿波野秀幸(投手)
  • 84 赤堀元之(投手)
  • 80 中村武志(バッテリー)
  • 83 奈良原浩(内野守備走塁)
  • 78 工藤隆人(外野守備走塁)
  • 96 勝崎耕世(コンディショニング)
  • 95 塚本洋(コンディショニング)

  • 二軍監督・コーチ | 
  • 82 小笠原道大(監督)
  • 79 石井昭男(打撃)
  • 75 森野将彦(打撃)
  • 87 門倉健(投手)
  • 86 小笠原孝(投手)
  • 81 浅尾拓也(投手)
  • 72 田村藤夫(バッテリー)
  • 88 荒木雅博(内野守備走塁)
  • 89 英智(外野守備走塁)
  • 90 立石充男(巡回野手)
  • 93 宮前岳巳(コンディショニング)

  • 投手 | 
  • 11 小笠原慎之介
  • 12 田島慎二
  • 14 谷元圭介
  • 16 又吉克樹
  • 17 柳裕也
  • 18 松坂大輔
  • 19 吉見一起
  • 21 岡田俊哉
  • 22 大野雄大
  • 24 福谷浩司
  • 25 佐藤優
  • 28 梅津晃大
  • 29 山井大介
  • 30 阿知羅拓馬
  • 33 祖父江大輔
  • 34 福敬登
  • 40 石川翔
  • 41 勝野昌慶
  • 43 三ツ間卓也
  • 46 鈴木博志
  • 47 笠原祥太郎
  • 50 清水達也
  • 54 藤嶋健人
  • 57 ロドリゲス
  • 59 山本拓実
  • 61 垣越建伸
  • 64 小熊凌祐
  • 65 伊藤準規
  • 69 丸山泰資
  • 70 ロメロ
  • 97 R.マルティネス
  • 98 木下雄介
  • 99 鈴木翔太

  • 捕手 | 
  • 27 大野奨太
  • 35 木下拓哉
  • 38 松井雅人
  • 39 武山真吾
  • 45 杉山翔大
  • 52 加藤匠馬
  • 58 石橋康太
  • 68 桂依央利

  • 内野手 | 
  • 0 高松渡
  • 1 京田陽太
  • 3 高橋周平
  • 5 阿部寿樹
  • 7 根尾昂
  • 9 石川駿
  • 32 石垣雅海
  • 36 石岡諒太
  • 37 三ツ俣大樹
  • 48 溝脇隼人
  • 53 亀澤恭平
  • 55 福田永将
  • 63 堂上直倫
  • 66 ビシエド

  • 外野手 | 
  • 4 藤井淳志
  • 6 平田良介
  • 8 大島洋平
  • 23 遠藤一星
  • 26 井領雅貴
  • 31 渡辺勝
  • 42 アルモンテ
  • 44 モヤ
  • 49 伊藤康祐
  • 51 滝野要
  • 56 松井佑介
  • 62 友永翔太
  • 67 近藤弘基

  • 育成選手 | 
  • 201 ブリトー(投手)
  • 202 浜田智博(投手)
  • 203 濱田達郎(投手)
  • 206 大藏彰人(投手)
  • 209 石田健人マルク(投手)
  • 210 A.マルティネス(捕手)


  • 横浜ベイスターズ - 2002年ドラフト指名選手


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/06/19 11:50

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「武山真吾」の意味を投稿しよう
    「武山真吾」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    武山真吾スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「武山真吾」のスレッドを作成する
    武山真吾の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail